ずっと暗闇の中を、もがいて、何とか生きてきました。そこから得たことを書いていくブログです。トランスジェンダー(性同一性障害、GID、FTM)としての自分のこと、自分を支えてくれたヨガのこと、コミュニケーションスキル、瞑想、心理学、食事(体質改善)、筋トレ、などについて。

僕の人生が、誰かの生きる勇気になれば幸いです。

ヨガには、自然体で生きるための知恵がたくさん詰まっています。インド5000年間もの間に培われてきた哲学をベースにしているからです。呼吸や姿勢をとして、心を調整していきます。ストレスから解放してくれます。

●souyoga ヨガレッスン 詳細はコチラ↓



●souyoga HP は、コチラ↓




●お申込・お問合せは、コチラ↓


テーマ:

ヨガインストラクター&パーソナルトレーナーの古町奏です爆  笑

 

久しぶりのブログです!!

ヨガ&トレーニング、三昧。

 

9月から、研修も含めて、休みゼロ。

睡眠時間は最優先で確保してます。

もちろん結構疲れていますが、充実しています。

怒涛の10月を乗り切り、年末まで、もうひと頑張り。新しい仕事にも徐々に慣れ、年始に確定申告を乗り越えれば、少しは落ち着くはず。

ますます、みなさんの心と身体が楽になるよう、がっつりスキルを獲得しています。お楽しみにキラキラ

 

 

 

先日お世話になっている心理カウンセラーの方がフェイスブックにあげていた言葉。

 

『日本人は、体のケアにはお金使うけど、心のケアにはお金使わない。』

 

ヨガも、心のケアでなく、体のケア目的でやっている方も多いですね。

広い意味で言えば、体と心は一体なので、体のケア=心のケアともとれますが。

 

 

なぜなのか、考えていました。

 

1。日本は、心のケアの代表=「カウンセリング」に保険がきかないので、高額。アメリカはカウンセリングが身近で、勉強の成績が上がらないとか、夫婦間がうまくいかないとか、かかりつけの医者に行くように、心理カウンセリングを利用しているそうです。

 

上司とうまくいかない、同僚からいじめにあっている、など、本当は心のプロに相談すれば早いことも、友達に愚痴る、カラオケで発散する、食べて飲んで寝て忘れる、、、で済ます。のが当たり前。

 

「心」は熱しやすく、冷めやすいものだ、とヨガの師匠綿本彰先生の本に書いてありました。

どんなに嫌なことがあっても、宝くじ1億円当たったら、とたんに忘れてハッピー。

「体」はそうはいかず、宝くじ当たっても、凝り固まった体が急に柔らかくはならない。

 

2.つまり「心」は、それだけ、表面上「切り替えてしまうことができる」。

だから、仕事でストレスが溜まっても、おいしいもの食べて、好きなことして、うまく忘れる、切り替える。それが、大人。

やり過ごす、ふたをする。気にしない。それが、大人。

人生こんなもん、私はこんなもん、みんなそんなもん。と言い聞かせ。諦める。それが、大人。

 

それで、なんとかなった、つもり。心をうまく扱った、つもりになっている。

 

3.もっといい方法がある、ことを知らない。その可能性を知らない。

かくいう僕も10年以上前、まさにそんな状態。あれだけ病んでいたにもかかわらず、カウンセリングを受ける、なんて毛頭なし。自分でぐるぐる考えてみたり、心理関係の本くらいは読んだり、占いに頼ってみたり、コミュニケーションスキルを学んでみたり。

 

間違っていないけど、遠回りしていたんだなと。

 

ヨガや心理学の勉強もして、もっと早く知っていれば!って思うことも多々あります。

知ってたら、あんなに無駄なエネルギー使わずに済みました(笑)

心って、脳って、自律神経って、呼吸って、そういう仕組みだったのカー!

 

心のケアにお金を使う=よほど特別なこと=自分は「そこまで」落ちてない、と感じていました。

あの頃は、十分「そこまで」、落ちていた。まぁ、「そこまで」、ってどこまでだよ、って感じですよね。

たとえ「そこまで」?でなくても、メンタルケアの仕方を知っているって、重要だったんだなと感じます。

 

 

たまたま僕はヨガの奥深さを知って、そのメンタルケア方法を後から知り、緊張感がとれ、不安が減り、だいぶ助けられましたが、そもそもヨガを始めたのも慢性疲労を改善したかったから。僕もはじめは、体のケア目的でした。

 

4.自分の心に向き合う体力がない。向き合ったら自分が崩壊する恐怖がある。それだけ抱えていることが大きい。忘れることで、封印することで、もう大丈夫。だと思いたい。

5.そんなことしている時間もない。自分の事に、かまっていられない。

6.心のケアをすることで、どう変わるのか、が見えにくい

心の傷は見えない。測れない。現状も見えにくいし、変化したらどんな楽さ、快適さ、心地よさが待っているか、も見えにくい。

 

 

 

心のストレスは、比較的早く、忘れる、すり替える。

体は、しんどいまま。だから、マッサージに行き、針治療を受け、楽になる。

肩こり解消、腰痛解消、疲労回復、運動不足解消、そのためにヨガをする。

それでいいと思います。

 

そして、興味が湧いたら、メンタルケアやヨガ哲学の良さも、知ってもらう。

僕は体がガチガチでした。ヨガを10数年続けて、今だってもちろん肩は凝ります。でもあの頃から比べれば、相当に楽になっています。

それは、自分の本質・根本が変わったら。

 

ということで。

体が楽になるように、ヨガのクラスをしながら、その本質を織り込んでいければと思う次第です。

 

ということで。

こんなイベント開催です・・・。

 

「肩こりが楽になる、ヨガ」
ヨガで、なぜ肩こりが楽になるのでしょうか?
肩まわりをあちこち伸ばすから?逆転して血流がよくなるから?姿勢がよくなるから?
全て正しいです。
でも本当のヨガの良さはそれだけではありません。
ヨガの魅力は、体だけでなく心を楽にしてくれること。
メンタル面で、緊張やストレスから解放してくれるので、体から余分な力が抜け、体が芯から緩み、肩が凝りにくい自分へと変わっていくのです。

そこで今回は、『なぜ、ヨガが心にも良いのか』について、心理カウンセラーに解説いただきながら、ヨガを自分の生活に取り入れ、肩こりしにくい自分になるというテーマで、ヨガイベントを企画しました。
講師は、ヨガで心の安定感を手に入れたヨガ講師souと、深い知識で人の悩みを解決してきた心理カウンセラーnorieです。

ヨガをストレスケアに活かしていただける知識満載のイベントです!
是非お気軽にご参加ください

2017年11月19日(日)
15:30~17:30
恵比寿駅徒歩3分 パーソナルトレーニングジム『Mind_Body』にて
参加費3000円

sou_yoga@yahoo.co.jp

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

トランスジェンダー、ヨガインストラクター、パーソナルトレーナーの、古町奏です!

 

●自分の原点の話。

今日はヨガの話ではなく、キャンプの話。

ヨガにもつながるけど。そのことはまたいつか書くとして・・・。

 

 

●日能研に通う

小学4年生から6年生まで、中学受験するために、日能研(学習塾)に通っていた。

受験も無事終わり、中高一貫の私立の女子校へ入学。

大学に入って、日能研のことなど忘れかけていた頃。

「子どもキャンプのボランティアスタッフしませんか?」 by日能研

というお誘いが来た。

「ボランティア」と「キャンプ」という言葉に惹かれ、一緒に参加する友達もいて、参加。

 

それが僕の人生を大きく変えることになった。

 

 

●どんなキャンプだったか

そのキャンプは、子どもたちが自己決定力を身につけるために行う教育キャンプ。

5泊6日や9泊10日、たき火したり、カヌーに乗ったり、シャワークライミングをしたり、ビバークしたり、お祭りしたりする。ただし、カヌーや火おこしの技術を得る、ということでなく、グループの仲間との関係の中で自分の言いたいことを言ってみる、とか、相手の気持ちを聞いてみる、とか、自分もみんなも大切に過ごすためにどうすればいいかを考えながら進んで行く。

大人は子どもたちをリードするのではなく、一緒に考えて、一緒に笑って泣いて、一緒にキャンプを創っていく。

 

大学生の僕らは、グループカウンセラーとして子どもたちと常に生活を共にし、グループの一員となってキャンプを過ごす。

事前に、安全管理、カウンセリングスキル、コミュニケーションスキル、など研修も受ける。大人が答えを言う・指示を出すのではなく、子どもたちが自主的に考えてもらうためにはどんな接し方がいいのか、正解は一つではない。

 

 

大自然の中での生活なんて、自分も慣れていないし、不安や恐怖もある。

子どもたちが自己決定力を身につける、前に、大学生の自分自身に、どれだけ自己決定力があるのか。。。

 

キャンプ中困ったことがあり、どうすればいいか、スタッフに聞きに行くと、逆に「どうすればいいと思うの?と聞き返される。えっ、、。頭が真っ白。分からないから聞いているのに、、、。

いかに普段自分の頭を使っていないか。常に誰かが正解を教えてくれる中で、過ごしてきたか、痛感した。

自然の中の活動に、正解などない。

次の活動に、もう1枚着ていった方がいいか、水分をどれだけ持っていけばいいか、軍手の替えを持っていくべきか、、、そういう細かいこと一つ一つ自分で決める(安全上、この装備は必須!という案内は出るけど)。

コンビニが身近にある生活では、何かなければ途中で買える。

キャンプでは、無い物は無い!

持っていきすぎても、重くて邪魔だし、体力を消耗する。

 

火を起こすには、カヌーを漕ぐには、テントを張るには、、、スタッフがこうするといいよ、と教えてくれる。けど、実際に、子どもたちと一緒にやってみて、うまくいかなくて、グループのみんなでこうしよう!と考えて、決めていく。

 


そして、そんな場を作ってくれた

スタッフの大人たちもやばかった。

めちゃめちゃ魅力的すぎるな大人たち。変な大人たち。

面白すぎて、かっこよすぎて、生きる力にあふれていて、面倒くさい。

面倒くさい、ってのは、なぁなぁに、なんとなく、で、済ませてくれない。ちゃんと関わってくれる。そんな大人たちだった。

こんな大人になりたい、そう思った。

 

 

そんなこんなで、自分の頭で考えて決める力・自分なりの正解をつくる力が、

キャンプを通じてすごくついた。それは今でも、ものすごく役に立っている。そう常々実感する。

 

 

●生きるって、、

2000年。初めてのキャンプ、

大自然も子どもたちも、自分の思い通りに行かず(当たり前だけど)、途方に暮れて、大泣きして、でも最後の夜にはやりきった感もあり、満天の星空の下で涙が止まらず、、、。

こんなに、思い切り笑って、泣いて、怒って、へとへとに疲れて、おなかが減って、ご飯がおいしくて、ぐっすり寝て、悔しくて全然寝れない日もあって、人(大人とも子どもとも自分とも)とぶつかって、

 

生きるって、こういうことかぁ。

18歳(19歳)の自分が、生きている実感を初めて持てた瞬間だった。

 

 

日能研キャンプは、

新しい価値観に出会い、衝撃的過ぎることばかりだった。

2000年から大学4年間ボラスタをして、

2009年から6年ちょっと、キャンプスタッフとして働かせてもらった。

その計10年間。

 

●そして今日。

今日、久しぶりに、キャンプの仲間と会う機会に恵まれた。同窓会的な集まりを催してくれた。

いやぁ。すごい場所だわ。ほんと。

 

キャンプをしていて心残りだったのは、自分がトランスジェンダーだというカミングアウトを、一緒に関わってきたボラスタに、ほとんど言えずに過ごしてしまったこと。

宿泊・生活を伴うので、女性として過ごさなければならない瞬間はどうしてもあり、悩ましかった。キャンプの仕事それ自体は、やりがいもありすぎたけど、

自分がトランス(性別を超えていく)上で続けていくのが苦しいと感じていた。

 

今日、改めて、ホルモン注射をして変わった自分として、みんなに会いに行ったが

まぁ、みんなフェイスブックとか、ブログとかで繋がっていたりもするし、

まぁ、みんないつものように、あたたかく、迎えてくれた。

ありがたい。

本当に。

仕事の都合をつけさせてもらって、参加できてよかった。

 

こんな場所は、他にない。

僕はラッキーだ。

日能研に通わせてくれた両親に感謝。

日能研キャンプに関わる全ての人に感謝。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

キラキラヨガインストラクター(パワーヨガ、ラージャヨガ、ハートオブヨガ)

キラキラパーソナルトレーナー(姿勢・筋力・柔軟性、体調が整うコンディショニングトレーニング)、

キラキラ心理カウンセラー(ただいま勉強中)、

FTMトランスジェンダー(性同一性障害、GID、LGBTの「T」)、

三歩進んで二歩下がる、

困ったときは石ころのポーズ、石ころヨガインストラクター古町奏です 照れ

 

 

ご無沙汰しております!

いつもブログをお読みいただいてありがとうございます!

近況報告です!

 

●ついに、50キロ!!

体重、ついに、50キロ台突入!!!

本格的に体重を増やす計画をして、1年。46キロ台だった体重が、、、約3.5キロ増。

ライザップのスタッフの方に、体重を増やすのは痩せるより「時間がかかります」と言われた通り。

1年かかりました。

トレーニングもできる範囲続けてきて、腰回り、腕、肩、足、全体的に(これでも)着実に大きくなってきました。

 

今年の夏が涼しかったのも、食欲が落ちなかったので、救いでした。

ただ8月は忙しかった、、、。転職活動、転職先の研修スタート、相方と合間を縫って2.5連休で旅行、イロドリラスト勤務、、、。

忙しくて食べられそうにないときは、エナジーゼリーとかで補給。バテない様に。

バナナも切らさず、定期購入。夜遅くまであいている、まいばすけっと常連(笑)

いやぁ。

思わず相方が、50キロ記念写真撮ってくれました笑。

 

●新しい仕事、はじまりました。

フィットネス関係の仕事でどっぷりです!

トレーニングが常に身近にあって、幸せです。

人間関係もみなさんとても親切・丁寧・いじりあってても仲良し。

いやいや、もちろん長く付き合っていけばいろいろあるでしょうし、

結局は人間関係だ、という話を新しい職場でも聞きます。それは尽きないにせよ。

 

相変わらずヨガとトレーニングばかりの日々。仕事だけでなく、研修を受け、終わっては、また始まります。習ったことを忘れない様に、レッスンに活かしていきたいです。

 

飲食店の時間の流れは、数秒先のやるべき優先順位がコロコロ変わっていました。1秒も無駄無く、ミス無く動く。お客様の来店やオーダー数によって、集中は8時間9時間それ以上、休みなく続く。ミスはどうしてもある。そしてその小さいミスが、自分やスタッフの心の負担になる。時間に追われ感情的になりやすくなる。理不尽に怒られても、こちらの疑問や意図を議論している暇がない。準備万全、やるぞって時に、お客様が来ない、なんて日も。でもいつ混むか、分からない。

調理という性質上、全てのお料理を最高においしい状態でお出しするために、時間との勝負なのは避けられません。

1秒単位で、優先順位をパズルのように当てはめて動いていくのは、実はけっこう好きでした。うまくはまると快感。そして今までなんだかんだで飲食に関わる仕事をずっとしてきましたが、体の疲労も激しく、そして、心の重圧だったのも事実。

追い詰められたからこそ、本当にやりたいことをしようと決意できました。

今の仕事の時間の流れは、秒単位でないことは確かです。限られた時間なのはどの仕事も一緒ですが。僕には、今の時間の流れ方が会っています。自分の呼吸や気の流れにも、無理がない。

 

この5年半、ヨガの勉強を傍らでずっとしてきました。

経済的な安定とか、ホルモン注射で変化していく体のことを考えて、ヨガの道にドップリはいることをためらっていましたが、男性として生活がなじんでいる今。

今、この道を踏み出して、本当にやりたいことに踏み出せて、とにかく楽しいです。

ワクワクです。感動です。

 

 

●綿本ヨーガスタジオ コミュニティクラス講師やります!

10月~12月まで、僕の大大大尊敬している、綿本彰師匠のスタジオで、コミュニティクラスの講師をさせていただくことになりました。

自分のレッスンを再度見直し、磨き上げるため、いまから準備しています。自分の録音したレッスンを聞くと、いろんなことが見えてきます。

 

自分のホーム。自分がずっとヨガをしてきたスタジオでレッスンです。精神的に不安定で、怒りや悲しみ・不安でいっぱいだった日々から、こうして今幸せに生きられるようになった、そんな自分を作ってくれた場所です。

 

入会が必要ではありますが、なんと1レッスン1000円で受けられちゃいます!

是非お気軽に、遊びに来てください!!

 

木曜日の16:00~17:30

http://www.yoga.jp/index.php

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ヨガインストラクター、
パーソナルトレーナー、
困ったときは石ころポーズ。
トランスジェンダー(性同一性障害、FTM)の古町奏です!爆笑



自分らしく生きるって、どういうことか?

わがままに、
ひとりよがりで、
周りは気にせず、、、

ということか。

そうやって生きていると、一時的に楽になるかもしれないけど、周りとのつながりを断つことになりかねないので、
結果として。どんどん生きにくくなる。

毎日他人の目や意見、評価だけを軸に生きてます!というくらいの方であれば、
まずは、思い切って、
人は、人。
気にするな!
が必要な方もいるとは思う。


ただ、よほどの人でない限り、山にこもって本当に一人で生きていく、なんてことはできないし、
誰かと関わってしか生きられない。
社会の中で、仲間や家族と共に、人に合わせ過ぎず、巻き込まれ過ぎず、生きていくためには、どうしたらいいのか。


●自分が自分を認められているかどうか。
これがめちゃくちゃ大事だと、考えている。
ありのまま、長所も短所も含めて、等身大の自分を、ああこれが自分なんだな、とちゃんと見れていること。
長所だけ。でもだめで。
短所だけ。でもだめ。
両方ちゃんと、見ていられていること。

誰にも、光の部分と、影の部分がある。
みんな、凸凹している。

それができていくと、
●他人の凸凹している部分が当たり前だと気づける。
お互い様だと気づける。
いいところは頼って、
相手が弱い部分は、自分がやればいい。

そうして、人とつながっていく。
つながり=ヨガ

僕の師匠は常に言っている。
自分の内側にどんな感覚があったとしても、それがそうであることを受け入れる。
呼吸が、いま、浅かったり、早かったり、身体がこわばっていたり、硬かったりしても、柔らかすぎても、筋力ないなって感じても。
↑もっと言えば、呼吸が、浅い、という評価もせずに。いま呼吸がそうであることを、
ただ感じている。
大切な人の話を丁寧に聴くように。
ただ聴いてあげる。
うん。そうなんだね。と。
評価もせず、批判せず。

身体の感覚を通じて、等身大の自分を認めていく。それが、ヨガ。

僕は、ずっと、
人の目ばかり気にしていました。
人と比べて自分にダメ出ししてきました。
人の意見に合わせていました。
嫌われるのが怖くて。
本当に怖かった。

ヨガを通じて一歩一歩、自分が見えて、
ああそうなんだなって。
受け入れることができてきました。



どとーん。
山梨県立博物館にて、人類と宇宙展↓
宇宙大好きなもので。










いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

キラキラヨガインストラクター(パワーヨガ、ラージャヨガ、ハートオブヨガ)

キラキラパーソナルトレーナー(姿勢・筋力・柔軟性、体調が整うコンディショニングトレーニング)、

キラキラ心理カウンセラー(ただいま勉強中)、

FTMトランスジェンダー(性同一性障害、GID、LGBTの「T」)、

三歩進んで二歩下がる、

困ったときは石ころのポーズ、石ころヨガインストラクター古町奏です 照れ

 

 

●今日も淡々と日々を過ごす

相方はお盆休みで先週から実家。

僕は淡々と、いつも通りの日々。

朝起きて、体調に合わせて、ヨガ、トレーニング、瞑想。

仕事して、家事をして、痩せないため&バテないため&筋力維持のため食事管理。

よく寝る。最近はよく本も読む(仕事関係)。

録音した指導の音声を聞き返し、ヨガ指導の練習、シークエンス組み立て。

人に教えることで、自分ができないこと・知らないことが見つかり、また勉強、繰り返し。

お金をいただいて働いている時間以外ずっと、勉強。

我ながら、コツコツ。真面目です。

皆さんがより健康に元気に楽しくいい感じになってもらえるように、どんどん知識とスキルとコミュニケーション能力を磨いていきたいです。

 

●ご報告

バイトが決まりました

面接落ちた時、FBにたくさんのコメントをいただき、励まされました!ありがとうございます!

8月末で長く関わってきた食関係の仕事を辞め、フィットネス業界へがっつり転身です!!

36歳。これからまだまだ頑張ります!

 

●面接で学んだこと

なんでダメだったか考えました。

フリーでヨガ講師してます→経験がある人(利点)でなく、→他にやりたいことがある人(欠点)

採用側の立場に立って、履歴書と職務経歴書を書き直し。余計な部分をそぎ落とし、短く分かりやすく。なぜフィットネス業界に転身したいのか、この会社じゃなければダメかを短くはっきり書き。

36年間の自分の何を切り取って見せるのか。

あとは鏡の前で話す練習。改めて、自分が話下手だなと。言葉に詰まる。活舌がイマイチ聞き取りにくい。繰り返し練習してスムーズに。

指導の時にもですが、事前に何を話すかをしっかり考えるほど、言葉に詰まることがありました。

考えた後で、そらで言葉に出してみて、言い慣れないと。

 

改善した結果、面接にてすごい経歴ですね、と言われました。

もちろんウソで盛ったわけではなく、見せ方を変えただけ。採用いただきました。

 

ちなみに履歴書の性別欄には、毎回性同一性障害である旨を書きました。

6か所受けましたが、特に問題になることはありませんでした。

 

●お知らせ

9月から、新しい仕事がはじまります。

そして、9月から12月にかけて、ヨガと筋トレの研修に複数参加するため、

パーソナルレッスン可能日が限られます。

ご容赦くださいm(__)m

 

●憧れの鈴木トレーナーのパーソナルジム『恵比寿Mind_Body』にて、ヨガレッスン開始!

上記バイトと別ですが、

僕がトレーナー養成研修を受けた、鈴木トレーナーのジムにて、

ヨガレッスンをさせていただくことになりました!!

毎週火曜日、19:15~20:15 

http://www.mind-body.jp/

恵比寿駅徒歩3分

いずれ僕の講師紹介ページがアップされると思います。

 

鈴木トレーナーは、体のちょっとした動作を見て、どこの筋力や柔軟性が弱いかを見極められる、すごい人です!!トレーニング中の姿勢や動作を的確に修正できます。

本当にびっくりするほどの、「トレーナーズ・アイ(目)」を持っています。

 

●新しい講師写真

 

素敵でしょ!! この写真は10月から12月に、僕のとても大切な場所にて、ヨガレッスンするために撮影をお願いしました。まだ告知できませんが、いずれご案内させていただきます!

 

以上、だらだらと近況報告でした!!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。