吉岡正晴のソウル・サーチン

吉岡正晴のソウル・サーチン

ソウルを日々サーチンしている人のために~Daily since 2002

■最新ブログ記事は、お知らせの後、スクロール・ダウンした後にでてきます。

■仕事のご依頼などはこちらへ: ebs@st.rim.or.jp (アドレスをコピー&ペーストしてお送りください)

■最新情報は吉岡正晴のツイッターで。Twitter: https://twitter.com/soulsearcher216フォロー、解除はご自由にどうぞ。


~~~


「ソウル・サーチン・ラウンジ」第38回~2018年11月21日水曜,イタリアのソウル・フェスに登場し世界を震撼させた話題の日本人サザン・ソウル・シンガー、青山ハルヒロさん満を持して初登場~


タイトル 「吉岡正晴のソウル・サーチン・ラウンジ~No.38~日本人サザン・ソウル・シンガー、青山ハルヒロさんを迎えて」~
日時 2018年11月21日(水)開場18時30分、第一部=19時30分~20時30分、第二部=21時~22時 (入れ替えなし、通しでお楽しみいただけます)
場所 カブキラウンジ
住所 東京都新宿区歌舞伎町 1-23-13 TC大滝ビル5階 (1階は出会いカフェ・キラ)
電話 03-6205-5125 (問い合わせは下記予約メール送り先までおよせください)
入場料 2000円(ワンドリンク付き)

出演

司会 吉岡正晴
ゲスト 青山ハルヒロ (サザン・ソウル・シンガー)
サポートDJ OSA
http://kabukilounge.tokyo/
座席数 約30

今年7月イタリアの「ポレッタ・ソウル・フェス」に登場し、現地のソウルファンをうならせた日本が誇るサザン・ソウル・シンガー、青山ハルヒロさんがついに「ソウル・サーチン・ラウンジ」に。いかにしてイタリアのソウル・フェスのステージに上がったのか、ソウル・シンガーとしての道のりなどを深掘りします。


予約方法 下記メールアドレスへ「ソウル・サーチン・ラウンジ」参加希望と書き、参加人数、お名前、連絡先などを明記してお送りください。折り返し、確認メールを差し上げます。なお、携帯メールなどで受信ドメイン指定をされている方はsoul_searchin_lounge@yahoo.co.jp からのメールを受信できるように設定してください。予約なしでも入れますが、予約をいただけば優先的にお席を確保いたします。
予約メール送り先 
soul_searchin_lounge@yahoo.co.jp

~~~~~

マーヴィン・ゲイ~引き裂かれたソウル デイヴィッド・リッツ著、吉岡正晴訳 スペースシャワー・ネットワーク 3024円 2009年5月28日発売

マーヴィン・ゲイ物語 引き裂かれたソウル (P‐Vine BOOKs)
デイヴィッド・リッツ
スペースシャワーネットワーク
売り上げランキング: 566,813


レイ・チャールズ~わが心のジョージア デイヴィッド・リッツ著、吉岡正晴訳
わが心のジョージア レイチャールズ物語
レイ チャールズ デイヴィッド リッツ
戎光祥出版
売り上げランキング: 523,854

(350円から)


■本ブログには特に決まった編集者がいません。読者のみなさんが編集者です。もし誤字脱字、事実誤認などがありましたら、いつでも上記メールアドレスまでご連絡ください。すぐに確認して修正いたします。

■「ソウル・サーチン・オリジナル・ホームページ」
http://www.soulsearchin.com/
2002年6月から始まったホームページのオリジナルです。また、そのときからのブログ全データが「アーカイブ・ダイアリー」に日付順に記録されています。

■本ブログの読者登録はご自由にどうぞ。自動的に読者になります。なお相互登録、アメンバーなどはしておりません。ご了承ください。


NEW !
テーマ:

〇ザイディファンク単独公演10月23日(火)24日(水)汐留ブルームードで

 

【Zydefunk feat. Brandon “Taz” Niederauer Will Do Solo Gig At Shiodome Bluemood On October 23 & 24】

 

ザイディファンク。

 

ファンキーなベーシスト、チャーリー・ウートン率いるザディコとファンクを合体させたグループ、その名もザイディファンクがピp-ター・バラカンのライヴ・マジック出演の後、単独で、汐留ブルームードで2日間ライヴを行う。2018年10月23日(火)と24日(水)、19時半から。

 

グループはルイジアナ州ラフィエット出身。ザディコのほか、ラテン、レゲエ、ジャズ、ブルーズなどをファンクで包み込むサウンドを聞かせる。

 

またこのバンドの若手ギタリスト、ブランドン・タズ・ニーデラウアーは若干15歳でオールマン・ブラザーズ・バンドやテデスキー・トラックス・バンド、バディー・ガイ、レディー・ガガ、ドクター・ジョンらから声がかかり、デレク・トラック、ジミ・ヘンドリックスの再来と言われている。

 

彼らのフィジカルCDは自主制作のためひじょうに量が少ないが当日は、先ごろ行われたライヴの模様を収録したCDを販売するという。

 

ザイディファンク(このうちの女性メンバー2人は今回は不参加)

 

単独公演・概要

 

タイトル:ザイディファンク・フィーチャリング・ブランドン・タズ・ニードラウアー

メンバー

Charlie Wooton (チャーリー・ウートン):ベース、ボーカル

Daniel Groover (ダニエル・グローバー) :ギター

Jermal Watson (ジャーマル・ワトソン) : ドラムス

Brandon “Taz” Niederauer (ブランドン「タズ」ニードラウアー) : ギター、ボーカル

 

日程:2018年10月23日(火曜) 、 10月24日(水曜) 18時30分開場、19時30分開演

会場:Blue Mood (東京都中央区築地5-6-10浜離宮パークサイドプレース1F)

☎03-3249-6010、03-3549-6010

チケット 前売り:6,500円、当日7,000円 *1オーダー別

チケットは        イープラスで7/27(金曜)より販売!

会場サイト(Blue-mood.jp)からも購入可、また電話での予約も承っております。

 

ライヴ・マジックは、今週土曜・日曜

2018年10月20日(土)、21日(日) 開場 12:00 / 21:30 終演予定

https://www.livemagic.jp/

 

出演

 

2018年10月20日(土) 

 

Jon Cleary Solo Piano

Flook

Zydefunk feat. Brandon "Taz" Niederauer

Garikayi Tirikoti

高田漣

The Ska Flames

民謡クルセイダーズ

中村まり

濱口祐自

K’n’K ( Katayama & Kadono )

 

2018年10月21日(日)

 

Jon Cleary Trio with Nigel Hall

Noam Pikelny & Stuart Duncan

Zydefunk feat. Brandon "Taz" Niederauer

Dereb The Ambassador

Arto Lindsay Solo

勝井祐二 × U-zhaan

Ky (仲野麻紀,ヤン・ピタール)

濱口祐自

久保田リョウヘイ

 

~~

 

1日券    12,000円

2日通し券    21,000円  *SOLD OUT!!

中学生・高校生・大学生の方は、学割チケットをご購入いただけます。

学割1日券      9,000円

学割2日通し券    15,000円

すべて税込・オールスタンディング (収容人数1500人)

小学生以下無料 (要保護者同伴)

 

Peter Barakan's LIVE MAGIC! 2018

【開催日】

2018年 10月20日(土)/  10月21日(日)

【開場/ 終演予定】

10月20日(土)開場 12:00 / 21:30 終演予定

10月21日(日)開場 12:00 / 20:00 終演予定

 

【会場】

恵比寿ガーデンプレイス ザ・ガーデンホール / ザ・ガーデンルーム

〒153-0062 東京都目黒区三田1−13−2 電話: 03-5424-0111

 

【年齢制限】

小学生以下無料(要保護者同伴)

【主催/企画】

Peter Barakan’s LIVE MAGIC!事務局

(Creativeman Productions / TOWER RECORDS / ぴあ)

【協賛】

ボルボ・カー・ジャパン株式会社

YEBISU GARDEN PLACE

東洋化成株式会社

つや姫

【制作】

Creativeman Productions

【後援】

InterFM897

【協力】

プランクトン

恵比寿ガーデンプレイス ザ・ガーデンホール / ザ・ガーデンルーム

 

ENT>LIVE>Zydefunk


テーマ:

〇今日「ソウル・サーチン・ラウンジ37」にT-グルーヴ登場

 

【Today T-Groove On Soul Searchin Lounge #37 At Kabuki Lounge】

 

本日。

 

毎回音楽界のユニークなゲストを招いて、トークとDJでお送りしている新宿歌舞伎町の特異なイヴェント「ソウル・サーチン・ラウンジ」、その37回が今日2018年10月17日(水)にカブキラウンジで行われる。2015年10月から始まり毎月第3水曜日に行われているレギュラーイヴェントは、この10月から4年目に突入。

 

 

今回のゲストは2018年9月26日に発売された日本コロムビア音源から編纂された『ディスコ・グレイト・トウキョウ』のコンピで監修・選曲を担当し、数多くのディスコ曲のリミックス、プロデュースをして、世界的なディスコ・プロデューサーとなっているT-グルーヴこと高橋ユキさん。一度、ハッスル本多さんが登場したときに、飛び入りで、ステージに上がったことがあったが、今回はこの新譜リリースに関連しての満を持しての正式な登壇だ。

 

今回は『グレイト・ディスコ・東京』のCD即売、Tグルーヴのサイン会も行う。

 

 

~~~

 

予約方法 下記メールアドレスへ「ソウル・サーチン・ラウンジ37回~T-グルーヴ回」参加希望と書き、参加人数、お名前、連絡先などを明記してお送りください。折り返し、確認メールを差し上げます。なお、携帯メールなどで受信ドメイン指定をされている方はsoul_searchin_lounge@yahoo.co.jp からのメールを受信できるように設定してください。予約なしでも入れますが、予約をいただけば優先的にお席を確保いたします。

 

予約メール送り先 

soul_searchin_lounge@yahoo.co.jp

 

予約メールは午後4時締切。以降はお店に直接いらしてください。本イヴェントは予約なしでも入れますが、予約をしていただくと、運営上助かります。

 

~~~

 

その9月26日発売の和物ディスコ・コンピについて→

 

コロムビア音源からTグルーヴが掘り起こした和製ディスコ・コンピ、9月26日発売

2018年08月17日(金)

https://ameblo.jp/soulsearchin/entry-12397918315.html

 

DISCO GREAT TOKYO-Columbia Disco Fever 1977-1980-selected by T-Groove

オムニバス

日本コロムビア (2018-09-26)

https://goo.gl/KQbXL7

 

~~~

 

ディスコ談義。

 

当日は1970年代の和物ディスコを中心に、このコンピに収録できなかった曲などの話もでてきそうだ。

 

それにしても、このコンピ選曲でもわかるように、T-グルーヴのあらゆるディスコ・ミュージックについての知識は驚くほどすごい。

 

たとえば、僕が1970年代にディスコ業界でいろいろやってきてことを、事細かに知っていたり、僕がプロデュースしたアメリカのビルボード・ディスコ・チャートでベスト10入りしたミッドナイト・パワーズの「ダンス・イッツ・マイ・ライフ」の一般発売されなかった国内盤の12インチサンプル盤を持っていたりする。

 

また僕が日本で初めてディスコ・リミックスをした話なども知っていたので、そうした話もできるかもしれない。

 

今回のコンピで一番おもしろかったのは、フィリピンのヘレン・サンタ・マリアの「ジェラシー」。ライナーノーツに書ききれなかった話などもできそうだ。

 

こうしたいわゆるディスコ・ミュージックに特化したトークは、ハッスル本多さんを招いて以来のこと。まず、他では聞かれないかなりユニークなトークになるだろう。1970年代のディスコ黎明期の話題にはことかかない「ラウンジ」になりそうだ。

 

また最近活躍目覚ましいT-グルーヴの音作りのこと、ディスコ評論家としての最近の収穫、こだわりなどもたっぷりお話いただこう。

 

9月24日(月・祝)NHK-FMで9時間にわたって放送された『今日は一日ディスコ・ミュージック三昧』でも話しきれなかったゲストだけに、今回もかなり密度の濃いトークが期待される。

 

■前回T-グルーヴ登場時のこと

 

ソウル・サーチン・ラウンジ~ハッスル本多さんを迎えて

2017年10月20日(金)

https://ameblo.jp/soulsearchin/entry-12321045917.html

 

~~~

 

■イヴェント概要

 

「ソウル・サーチン・ラウンジ」第37回~2018年10月17日水曜T-グルーヴ登場決定~『ディスコ・グレイト・トウキョウ』発売記念イヴェント

 

タイトル 「吉岡正晴のソウル・サーチン・ラウンジ~No.37~売れっ子ディスコ・プロデューサー、T-グルーヴを迎えて」

 

日時 2018年10月17日(水)開場18時30分、第一部=19時30分~20時30分、第二部=21時~22時 (入れ替えなし、通しでお楽しみいただけます)

 

場所 カブキラウンジ

 

住所 東京都新宿区歌舞伎町 1-23-13 TC大滝ビル5階 (1階は出会いカフェ・キラ)

 

電話 03-6205-5125 (問い合わせは下記予約メール送り先までおよせください)

 

入場料 2000円(ワンドリンク付き)

 

出演

 

司会 吉岡正晴

ゲスト T-グルーヴ T-Groove

サポートDJ OSA

http://kabukilounge.tokyo/

座席数 約30

 

若きディスコ評論家で、ディスコ・プロデューサーのT-グルーヴがマニアックなディスコ・ミュージックの歴史を詳細に語ります。

 

予約方法 下記メールアドレスへ「ソウル・サーチン・ラウンジ37回~T-グルーヴ回」参加希望と書き、参加人数、お名前、連絡先などを明記してお送りください。折り返し、確認メールを差し上げます。なお、携帯メールなどで受信ドメイン指定をされている方はsoul_searchin_lounge@yahoo.co.jp からのメールを受信できるように設定してください。予約なしでも入れますが、予約をいただけば優先的にお席を確保いたします。

 

予約メール送り先 

soul_searchin_lounge@yahoo.co.jp

 

ポイントカードお持ちの方、ポイントしっかり押します。ポイント10個で素敵なプレゼント進呈。まだお持ちでない方、初来場の方には新しくポイントカードを差し上げます。

 

 

ENT>EVENT>SOUL SEARCHIN LOUNGE>37>T-Groove

 

 

 

 


テーマ:

〇次週(2018年10月22日)『宇多丸のアフター6ジャンクション』にゲスト出演~和物シティ・ポップについて

 

【Yoshioka Will Be On After 6 Junction】

 

ゲスト。

 

TBSラジオが誇る毎日生放送中のカルチャー番組『アフター6ジャンクション』(司会・宇多丸、18時~21時、TBS=954mhz、FM90.5mhz)の2018年10月22日(月)放送分に吉岡正晴がゲストで出演する。出番は20時台。

 

テーマは、筆者が8月に雑誌『ジャパン・⒦ルアス』に書いた竹内まりやの「プラスチック・ラヴ」など和物ポップスが海外の音楽マニアに受けているという話を中心に、最近の和物ポップスについて、お話をします。おそらく和物ディスコの話もできるかと思います。

 

ラジコ

http://radiko.jp/#!/live/TBS

 

番組ホームページ

https://www.tbsradio.jp/a6j/

 

番組ツイッター

https://twitter.com/after6junction

 

ハッシュタグ

#utamaru #アトロク #ss954

 

■Twitter: @after6junction

■Instagram: after6junction

■E-mail:utamaru@tbs.co.jp(読まれたらステッカー進呈)

 

今回下記記事をごらんになった宇多丸さんからご指名を受けました。

 

隔月刊誌「ジャパン・クラス」で竹内まりや記事を執筆

2018年08月09日(木)

https://ameblo.jp/soulsearchin/entry-12396567340.html

 

ジャパン・クラス・アマゾン→

https://goo.gl/4uRK81

 

 

■竹内まりや、伝説のライヴ映像を映画化

 

(オフィシャル・ホームページより)

https://www.mariyat.co.jp/news#180621090002

 

デビュー40周年を記念し、過去3度にわたって行われた貴重なライブ映像が初映画化!

 

2018年、竹内まりやデビュー40周年の記念の年を迎えるにあたり、これまでライブ音源で知るしかなかった18年ぶり伝説のライブ「souvenir」、さらには2010年の「souvenir again」、2014年、33年ぶりの全国ツアーとして大きな話題となった「souvenir2014」という、いずれもチケット入手が極めて困難であったライブの映像から、ベストシーンの初映画化が決定しました。

 

映画「souvenir the movie~Mariya Takeuchi Theater Live~」として、11月23日(金・祝)〜12月7日(金)まで、全国で期間限定ロードショウ。

 

竹内まりやオフィシャル・サイト

https://www.mariyat.co.jp/

 

■「ソウル・サーチン・ブログ」での竹内まりやさん記事

 

竹内まりや~四半世紀越えのシンガー・ソングライター~笑いと涙の3時間

2014年12月29日(月)

https://ameblo.jp/soulsearchin/entry-11969920655.html

 

竹内まりや10年ぶりのライヴ~芳醇に色香を持つ楽曲の輝き

2010年12月08日(水)

https://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10729783304.html

 

どうやら、編集者はこれらのブログを見て、執筆依頼をしてきたようだ。最初依頼されたときは、ちょっと僕の手には負えないのではないかと思ったが、見本誌を送っていただいて見たところ、おもしろそうなので執筆した。

 

~~~

 

■関連記事

 

コロムビア音源からTグルーヴが掘り起こした和製ディスコ・コンピ、9月26日発売

 

2018年08月17日(金)

https://ameblo.jp/soulsearchin/entry-12397918315.html

 

ENT>MUSIC>ARTIST>Takeuchi, Mariya

ENT>MAGAZINE>Japan Class

 


テーマ:

〇Tグルーヴ、『ザ・ナイト』『レディオ・ディスコ』でプロモーション

 

【T-Groove On The Nite & Radio Disco To Promote “Soul Searchin Lounge #37” & His New CD】

 

プロモーション。

 

ディスコ・ミュージック・クリエイターであり、ディスコ・ミュージック評論家であるT-グルーヴが、ラジオ番組『ザ・ナイト』(2018年10月12日)と『レディオ・ディスコ』(10月13日)にゲスト出演し、来る17日(水)にカブキラウンジで行われるイヴェント「ソウル・サーチン・ラウンジ37」や、彼の新作などを宣伝した。

 

期間限定で同録アップしました。約38分。CM中の1分のトークもそのまま入ってますw→

■『ザ・ナイト』(2018年10月12日(金)

約38分

https://goo.gl/YSro8x

 

セットリスト

The Nite with T-Groove 2018-10-12 (38 minutes)

DJ Ohnishi, T-Groove, Yoshioka Masaharu

 

BGM マスカレード ― 庄野真代

BGM 金田一耕助の冒険:サーカス編 ー センチメンタル・シティ・ロマンス

M01 The Birth Of The Odyssey - Monkey Magic - ゴダイゴ

BGM Tokyo Joe - 坂本龍一 & 渡辺香津美

M02 This Is Hot 燃え尽きるまで ‐ 榊原郁恵

BGM ザ・マリン・エクスプレス - トミー・スナイダー

M03 クリシュナ - 村田有美

BGM I Will Give You Samba ー ソウル・メディア

M04 Disco Great Tokyo ― ピンク・パラシュート

 

■『レディオ・ディスコ』(2018年10月13日(土)約30分

(頭30秒から)→https://goo.gl/SG9mru

 

セットリスト

 

BGM Move Your Body – T-Groove

M01 "クリシュナ(T-GROOVE & MONOLOG DUB REMIX)" 村田有美

M02 "LET'S FEEL GOOD" T-GROOVE FEAT. ANIA GARVEY

 

DJオッシーも佐代子さんも、大絶賛のTグルーヴで、少し照れていた。

 

左からDJテッド、Tグルーヴ、佐代子さん、オッシー、ディスコ・サーチャー

 

~~~~

 

二つのキャラクター。

 

ディスコ・ミュージック・クリエイターとしては、T-Grooveを名乗り、ディスコ・ミュージック評論家としては高橋ユキを名乗ろうか、という話は『ザ・ナイト』内で出た。これはなかなかいいアイデアで、オフマイクのトークではプリンセス・テンコ―と引田天功のような使い分けをイメージしたらいいのでは、という話に。(笑) T-Groove ともうひとつの人格は例えばT-Yuki とかか(笑)

 

『ザ・ナイト』では予定より少し早出(はやで)したために、22時29分からの1分間のCMが入るのを話に熱中し3人とも忘れ、お聴きの方にはかなり違和感が与えてしまったようだ。お詫びを申し上げます。

 

この同録には、そのCMに入ってオンエアでは流れなかった部分もはいってる。大西さんが「あ、もうCM入ってた」と気づくところがおもしろい。

 

『レディオ・ディスコ』では、『グレイト・ディスコ東京』収録の「クリシュナ」のダブ・ミックス(配信専用)をオンエア。また、11月にでる新アルバムからの新曲「レッツ・フィール・グッド」もオンエアした。

 

また番組にゲストで登場したテッドさんのパートでは最後に、Tグルーヴらが制作した「ランアウェイ(DJミミ・オーケストラ・ディスコ・リミックス)」(テッド&T-グルーヴ・フィーチャリング・ザ・プレシャス・ローズ)もかけた。

 

"RUNAWAY (DJ MEME ORCHESTRA DISCO REMIX)" TED & T-GROOVE FEAT. THE PRECIOUS LO'S

 

テッドさんは今週、オランダ・アムステルダムで開かれるディスコ・イヴェントADE(アムステルダム・ダンス・イヴェント)にDJとして出演。10月15日に出発し、23日戻りだそう。テッドさんは、ふだんは恵比寿のソウルバー、ブラザーズ&シスターズに出てDJをしている。なんと1992年3月4日生まれの26歳だ。そこで、この日の『レディオ・ディスコ』には奇しくも20代(テッドさん)、30代(Tグルーヴ)、40代(佐代子さん、本当は年齢秘密)、50代(オッシー)、60代(ディスコ・サーチャー)という5ジェネレーションが集まった。

 

番組ホームページ(10月13日オンエア分)

https://www.interfm.co.jp/disco/index.php?mode=sat&id=27

 

 

~~~

 

■「ソウル・サーチン・ラウンジ37回」

 

ディスコ・ミュージック・プロデューサー、リミキサー、クリエイター、Tグルーヴ、ディスコ・ミュージック評論家高橋ユキが登場する「ソウル・サーチン・ラウンジ37」は、2018年10月17日(水)新宿カブキラウンジで。予約方法などは下記に。『三昧』で9時間話しても、話足りないというディスコ・ミュージック談義が、せいぜい3時間くらいですが、さらに密度濃く、マニアックに、それでも、初心者にもわかりやすくトークを繰り広げます。決して「敷居は高くありません」ので、お気軽におでかけください。

 

当日はCD即売&Tグルーヴのサイン会もあります。

 

 「ソウル・サーチン・ラウンジ」予約など詳細→

https://ameblo.jp/soulsearchin/entry-12404790837.html

 

予約方法 下記メールアドレスへ「ソウル・サーチン・ラウンジ37回~T-グルーヴ回」参加希望と書き、参加人数、お名前、連絡先などを明記してお送りください。折り返し、確認メールを差し上げます。なお、携帯メールなどで受信ドメイン指定をされている方はsoul_searchin_lounge@yahoo.co.jp からのメールを受信できるように設定してください。予約なしでも入れますが、予約をいただけば優先的にお席を確保いたします。

 

予約メール送り先

soul_searchin_lounge@yahoo.co.jp

お名前、人数などお書きの上、お送りください。24時間以内に折り返し確認メールをお送りします。

 

当イヴェントはもちろん予約なしでもご入場いただけますが、予約していただいたほうが運営上助かります。

 

■イヴェント概要

 

プロデューサー、ディスコ・ミュージック評論家、T-Groove登場~『ディスコ・グレイト・トウキョウ』発売記念イヴェント~

 

タイトル 「吉岡正晴のソウル・サーチン・ラウンジ~No.37~T-Groove(高橋佑貴)さんを迎えて」~『ディスコ・グレイト・トウキョウ』発売記念イヴェント~

日時 2018年10月17日(水)開場18時30分、第一部=19時30分~20時30分、第二部=21時~22時 (入れ替えなし、通しでお楽しみいただけます)

場所 カブキラウンジ

住所 東京都新宿区歌舞伎町 1-23-13 TC大滝ビル5階 (1階は出会いカフェ・キラ)

電話 03-6205-5125 (問い合わせは下記予約メール送り先までおよせください)

入場料 2000円(ワンドリンク付き)

 

出演

 

司会 吉岡正晴

ゲスト T-Groove(高橋佑貴)

サポートDJ OSA

http://kabukilounge.tokyo/

座席数 約30

 

このところすっかり話題の「和物ディスコ」を掘り起こした『ディスコ・グレイト・トウキョウ』発売記念イヴェント。このコンピの発売まで、選曲苦労秘話、「和製ディスコの歴史」など、ちょうど1年前のハッスル本多さん登場以来のディスコ大特集。

 

 

その9月26日発売の和物ディスコ・コンピについて→

コロムビア音源からTグルーヴが掘り起こした和製ディスコ・コンピ、9月26日発売

2018年08月17日(金)

https://ameblo.jp/soulsearchin/entry-12397918315.html

 

DISCO GREAT TOKYO-Columbia Disco Fever 1977-1980-selected by T-Groove

オムニバス

日本コロムビア (2018-09-26)

https://goo.gl/KQbXL7

 

 

ENT>RADIO>The Nite>T-Groove

ENT>RADIO>Radio Disco>T-Groove

ENT>EVENT>Soul Searchin Lounge>37

ENT>CD>COMP>Great Disco Tokyo

 


テーマ:

◎ケイリブ・ジェームス・ライヴ5本10月~11月リアル・ミュージックの秋

 

【Kaleb James Will Hit 5 Gigs Oct/Nov】

 

ライヴ。

 

「ソウル・サーチン:ザ・セッション」のホスト・バンド、ケイリブ・ジェームス&ザ・ソウル・サーチャーズのケイリブ・ジェームスがこの10月から11月にかけて5本のライヴを敢行する。

 

ケイリブのモットーは、「リアル・ミュージック・バイ・リアル・ミュージシャン・フォー・リアル・ミュージック・ラヴァー」。

 

①   タイトル ベアフット・ライヴ

日時 2018年10月22日(月)開演19時半~

会場 楽屋・中目黒 153-0051 東京都目黒区上目黒2-15-6

電話 03-3714-2607

チケット 3500円(前売り)、当日4000円

出演 ケイリブ・ジェームス (キーボード/ヴォーカル)

ノリヒト・スミトモ (サックス/イーウイ(EWI))

ジェラルド・ペニエ (ドラムス/ヴォーカル)

サイモン・クロックスオール (ベース)

 

②   タイトル ベアフット・ライヴ

日時 2018年11月06日(火)開演19時半~

会場 パラダイス・カフェ

231-0013 神奈川県横浜市中区住吉超6-72 シャンローゼ関内B1

電話 045-228-1668

チケット 3500円(前売り)、当日4000円

出演 ケイリブ・ジェームス (キーボード/ヴォーカル)

ノリヒト・スミトモ (サックス/イーウイ(EWI))

ジェラルド・ペニエ (ドラムス/ヴォーカル)

サイモン・クロックスオール (ベース)

 

③   タイトル:シンギン・アウト・ラウド5

日時 2018年10月29日(月) 開演19時半~

会場 パラダイス・カフェ

〒231-0013 神奈川県横浜市中区住吉町6-72

電話 045-228-1668

出演 ケイリブ・ジェームス (キーボード/ヴォーカル)

ユリ (ヴォーカル)

エイミー・ブラックシュレガー (ヴォーカル)

ジェラルド・ペニエ (ドラムス/ヴォーカル)

サイモン・コペル (ベース)

 

④   タイトル:シンギン・アウト・ラウド5

日時 2018年11月14日(水) 開演19時半~

会場 楽屋・中目黒 153-0051 東京都目黒区上目黒2-15-6

電話 03-3714-2607

チケット 3800円(前売り)、当日4000円

出演 ケイリブ・ジェームス (キーボード/ヴォーカル)

ユリ (ヴォーカル)

エイミー・ブラックシュレガー (ヴォーカル)

ジェラルド・ペニエ (ドラムス/ヴォーカル)

サイモン・コペル (ベース)

 

⑤   WTF(ホワット・ザ・ファンク)ライヴ・イン・トウキョウ

日時 2018年11月18日(日) 開演18時半

会場 ルーム39 東京都港区西麻布3-1-18 六本木新生ビル2階

予約メール→ k20001@mac.com

出演 ケイリブ・ジェームス (キーボード/ヴォーカル)

住友紀人 ノリヒト・スミトモ (サックス、イーウィ)

高田真 (ドラムス)

ハンク西山 (ギター)

息才隆弘 (ベース

マミコ・バード (ゲスト・ヴォーカル)

 

ENT>ANNOUNCEMENT>LIVE>James, Kaleb

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス