吉岡正晴のソウル・サーチン

吉岡正晴のソウル・サーチン

ソウルを日々サーチンしている人のために~Daily since 2002

■最新ブログ記事は、お知らせの後、スクロール・ダウンした後にでてきます。

■吉岡正晴 講演家、音楽ジャーナリスト(ソウル、R&B、ダンスミュージック、ブラックカルチャー)、DJ、イヴェントプロデューサー

■仕事のご依頼などはこちらへ: ebs@st.rim.or.jp (アドレスをコピー&ペーストしてお送りください)

■最新情報は吉岡正晴のツイッターで。Twitter: https://twitter.com/soulsearcher216フォロー、解除はご自由にどうぞ。

~~~~~

マーヴィン・ゲイ~引き裂かれたソウル デイヴィッド・リッツ著、吉岡正晴訳 スペースシャワー・ネットワーク 3024円 2009年5月28日発売

マーヴィン・ゲイ物語 引き裂かれたソウル (P‐Vine BOOKs)
デイヴィッド・リッツ
スペースシャワーネットワーク
売り上げランキング: 566,813


レイ・チャールズ~わが心のジョージア デイヴィッド・リッツ著、吉岡正晴訳
わが心のジョージア レイチャールズ物語
レイ チャールズ デイヴィッド リッツ
戎光祥出版
売り上げランキング: 523,854

(350円から)


■本ブログには特に決まった編集者がいません。読者のみなさんが編集者です。もし誤字脱字、事実誤認などがありましたら、いつでも上記メールアドレスまでご連絡ください。すぐに確認して修正いたします。

■「ソウル・サーチン・オリジナル・ホームページ」
http://www.soulsearchin.com/
2002年6月から始まったホームページのオリジナルです。また、そのときからのブログ全データが「アーカイブ・ダイアリー」に日付順に記録されています。

■本ブログの読者登録はご自由にどうぞ。自動的に読者になります。なお相互登録、アメンバーなどはしておりません。ご了承ください。


▢今週レディオ・ディスコ、ひな祭り

 

【Radio Disco Celebrating Doll’s Festival】

 

1週間ぶり。

 

毎週土曜日午後3時から東京のインターFM(89.7mhz)で5時40分まで生放送されているディスコ/ダンス・ミュージックに特化した番組『レディオ・ディスコ』。2012年4月からスタートし、現在11周年12年目を快走中。ディスコ・サーチャーが2024年3月2日「ディスコ・サーチン」に急遽登場することになった。「ディスコ・サーチン」は通算第82回。出演は、12月2日、30日、1月13日、2月24日以来1週間ぶり。

 

翌3日がひなまつりということで、女性シンガー、アーティスト三昧になるとのこと。「ディスコ・サーチン」も女性アーティストの話題を選んでいく予定。

 

たとえば、3月は女性シンガーの誕生日が多い。アリーサ・フランクリン、シャカ・カーン、ダイアナ・ロス、ジャズ界ではサラ・ヴォーン、ナンシー・ウィルソンなどなど。

 

あるいは、2024年は1974年のディスコ元年からちょうど50年。初期クイーン・オブ・ディスコとして、グローリア・ゲイナー、キャロル・ダグラス、ドナ・サマーあたりにスポットをあてる手もあるかもしれない。

 

何がでてくるか、お楽しみに。

 

 

■番組の聴き方

 

FMラジオで。東京地区、FM89.7mhzにダイアルをあわせて聴く

 

ラジコで。

https://radiko.jp/#!/live/INT

 

 

■先週の「ディスコ・サーチン」

 

ラジコ同録

https://radiko.jp/#!/ts/INT/20240224150000

 

聴取感謝。~ジェームス・ブラウン未発表新曲「ウィ・ガット・トゥ・チェンジ」の誕生詳細~『ディスコ・サーチン81』~『レディオ・ディスコ』

2024年2月25日

https://note.com/ebs/n/n9dfa0a4cb076

 

 

~~~~~

 

■資料・「ディスコ・サーチン」過去履歴

 

[2012]

(『レディオ・ディスコ』は2012年4 月開始)

 

2012/12/03 ジャクソンズ生ゲスト。(付き添い)

2012/12/05 ジョージ・デューク生ゲスト。(付き添い)

 

([2013] 『ソウル・サーチン・レディオ』(2013/4~2014/9) +その後不定期)

 

[2016]

 

[1 ]2016/8/6 「ソウル・サーチン・ザ・セッション15回」~モーリス・ホワイト・トリビュート告知

[2] 2016/10/1 ベスト・ヒット80ズ・ミーツ・シンフォニー告知~ジョディ・ワトリー、シーナ・イーストン

 

[2017]

 

[3] 2017/1/21 ファンタスティック・ネグリート&マサ小浜

[4] 2017/2/25 マサ小浜スペシャル音源

[5] 2017/3/25 ラルフ・ロール・ライヴ告知 (「ディスコ・サーチン」テーマ初登場)

[6] 2017/05/20 タブー・レコーズ・ミックス

[7] 2017/06/17 ハッピー・ディスコ

[8] 2017/07/22 ジェリービーン+クリスティーン・ウィルシャー生ゲスト 

[9] 2017/08/26 何度聞いても飽きないディスコ・ソング(マクファーデン&ホワイトヘッドの「エイント・ノー・ストッピン・アス・ナウ」)

[10] 2017/09/23 国産ディスコ・オムニバス 『ビクター・ディスコ・トレジャーズ』

[11] 2017/10/14 クック・ニック&チャッキー・イヴェント、『ソウル・サーチン・ラウンジ』ハッスル本多さん回告知

[12] 2017/11/11 コンピ『ソウル・サーチン~ラヴ&ハートエイク』

[13] 2017/12/09 ユーロディスコの歴史、「ダンシング・ヒーロー」(イート・ユー・アップ)

 

[2018]

 

[14] 2018/01/13 グラミー賞

[15] 2018/02/10 カール・スターケン・インタヴュー秘話 ~バルベイドスで知り合った女性の娘がのちにデビュー

[16] 2018/03/17 ラルフ・ロール

[17] 2018/04/28 マイケル・ジャクソン・スタジオ講座 告知

[18] 2018/06/09 ソウル・サーチン・ラウンジ~江守アイ回告知

[19] 2018/07/21 ディスコの歴史

[20] 2018/10/13 Tグルーヴ~「ソウル・サーチン・ラウンジ」Tグルーヴ回告知 (公式付添人)

[21] 2018/12/29 「ソウル・サーチン・ラウンジ~グラミー賞展望」、マイケル・ジャクソン・イヴェント告知など

 

[2019]

 

[22] 2019/02/09 映画『ノーザン・ソウル』

[23] 2019/02/23 ラルフ・ロール、次回ソウル・サーチン・ラウンジ

[24] 2019/04/20 マーヴィン・ゲイ新作『ユー・アー・ザ・マン』~平成を振り返る

[25] 2019/06/08 高山広『マイケル・ジャクソン終わらぬDの物語』、プリンス新譜、『ソウル・サーチン・ラウンジ』~ノリ塩田回

[26] 2019/07/13 『ソウル・サーチン・ラウンジ』星川薫回、『マイケル・ジャクソン一人芝居』感想

[27] 2019/08/10 カトリース・バーンズ、アンリ・ベロロ追悼

[28] 2019/09/14 『ソウル・サーチン・ラウンジ』マイケル・ジャクソン特集

[29] 2019/10/12 あなたの人生を変えたディスコ・ソング

[30] 2019/11/19 『ラウンジ』マイケル特集~ユーコ・スミダ・ジャクソン

[31] 2019/12/28 アリー・ウィリス追悼、江守アイ氏ゲスト

 

[2020]

 

[32] 2020/03/28マヌ・ディバンゴ追悼、江守アイ氏生ゲスト

[33] 2020/07/11 サルソウル・ハッピー・ディスコ紹介

[34] 2020/09/05 ディスコ・ミーティング、『コロナ禍のライヴ』~小曽根真ホーム・ライヴ

[35] 2020/10/03 ディスコ・ミーティング、ロッコ訃報、映画『メイキング・オブ・モータウン』

[36] 2020/10/24 アース「ブラジリアン・ライム」新ミックス

[37] 2020/10/31 ジミー・ウィリアムス追悼

[38] 2020/11/07 長岡秀星展

[39] 2020/12/05 ジンギスカン新作紹介

 

[2021]

 

[40] 2021/01/23 ジンギスカン新ミックス、マサ小浜デビュー・アルバム

[41] 2021/02/27 ケントモリ最新作

[42] 2021/03/27 日本初のディスコリミックス~「ファンキー・フラメンコ」

[43] 2021/05/01 サウスショア・コミッション

[44] 2021/06/05 大判ディスコ写真集

[45] 2021/07/03 映画『サマー・オブ・ソウル』

[46] 2021/09/04 映画『リスペクト』

[47] 2021/09/11 追悼カール・ビーン

[48] 2021/10/02 追悼アンドレア・マーティン

[49] 2021/10/16 横尾忠則展

[50] 2021/11/14 シルク・ソニック最速新作紹介

[51] 2021/12/05 ジョン・バティースト新作

 

[2022]

 

[52] 2022/01/22 エムトゥーメ追悼

[53] 2022/02/19 アヤ・イトウ

[54] 2022/03/13 テンプテーションズ60周年記念盤

[55] 2022/04/25 ファンタスティック・ネグリート

[56] 2022/05/15 トランプス

[57] 2022/06/11 Uナム

[58] 2022/07/02 映画『エルヴィス』

[59] 2022/07/23 アール・ヤング

[60] 2022/07/30 ビヨンセ最速新譜紹介

[61] 2022/09/17 スローバック~アトランティック・スター

[62] 2022/10/02 アイズレー・ブラザーズ新譜

[63] 2022/10/09 スローバック~ハッシュ系

[64] 2022/11/05 ジョー・タルシア追悼

[65] 2022/12/03 ビージーズ映画

[66] 2022/12/10 帰ってきたソウル・サーチン・レイディオ

[67] 2022/12/31 映画『ホイットニー』

 

[2023]

 

[68] 2023/01/28 ホイットニー・ホログラム・コンサート

[69] 2023/02/18 ヒューイ・スミス伝記

[70] 2023/03/25 アール・ヤング

[71] 2023/04/22 オーティス・レディング3世追悼

[72] 2023/05/06 ロック殿堂

[73] 2023/05/13 続・ロック殿堂

[74] 2023/06/03 マサ小浜

[75] 2023/06/17 エリック・ベネイ

[76] 2023/07/29 巣瀬哲夫~インタグレイト

[77] 2023/09/30 ディディ

[78] 2023/12/02 プリンス『ダイアモンズ&パールズ・デラックス』

[79] 2023/12/30  ジョン・バティースト、『アメリカン・シンフォニー』、『ワールド・ミュージック・レディオ』

 

[2024]

 

[80]2024/01/13 第66回グラミー賞大展望・大予想

[81]2024/02/24 ジェームス・ブラウン54年前の未発表音源リリース

[82]2024/03/02

 

 

ENT>RADIO>DISCO SEARCHIN>RADIO DISCO

 

 

■最終日にキース・ヘリング展

 

 

【Keith Hering Exhibition】

 

最終日。

 

1980年代に世界中で話題になったアーティスト、キース・ヘリングの展覧会が六本木ヒルズの森ビル美術館で2023年12月9日から2024年2月25日まで行われた。前々から久しぶりに行こうと思っていたが、なかなか行けずに、最終日にギリギリで見に行ってきた。

 

キース・ヘリングといえば、1980年代のニューヨークを彷彿とさせる絵画アーティスト。あの独特な筆致は一目で強烈なインパクトを与える。

 

 

1958年(昭和33年)生まれの彼は、しかし、1980年代に流行っていたAIDSに罹患し、1990年2月16日、31歳の若さで逝去。

 

 

そもそもニューヨークの地下鉄の広告スペースに絵を描き始めたところが物語は始まった。

 

今回のキャッチフレーズが「アート・トゥ・ザ・ストリート」。(アートをストリートへ)。まさにストリートから登場したアートだ。

 

https://macg.roppongihills.com/jp/exhibitions/keithharing/

 

いくつもの作品が展示されていたが、その中でも「沈黙は死」というメッセージにははっとさせられた。いまでも十分有効なメッセージだ。

 

 

キース・ヘリングは当時から社会的メッセージを込めた作品を出していた。

 

今回、「中村キース・ヘリング美術館」という常設展があることを知った。

 

https://www.nakamura-haring.com/

 

〒408-0044

山梨県北杜市小淵沢町10249-7

 

あらためて、このキース・ヘリングの作品群について、書いてみたいと思う。

 

 

ENT>ART>Haring, Keith

聴取感謝。~ジェームス・ブラウン未発表新曲「ウィ・ガット・トゥ・チェンジ」の誕生詳細~『ディスコ・サーチン81』~『レディオ・ディスコ』

 

【Revealing James Brown Never-Before-Released New Song】

 

 

発掘。

 

ジェームス・ブラウンが1970年8月16日、マイアミ・クライテリア・スタジオで録音した未発表新曲「ウィ・ガット・トゥ・チェンジ」が2024年2月16日、デジタル配信でリリースされた。

 

すでにユーチューブ映像やスポティファイなどで3ヴァージョンが公開されているが、この曲ができた経緯などを詳細に紹介した。

 

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=JfQ1CN7rLVM

 

まず、この1970年の頭に、ジェームス・ブラウン・バンドのメンバーがボスのブラウンに待遇改善を求めてストをしたときに、ブラウンが旧メンバーを全員クビにしてしまい、ライヴでは、「シンシナティで見た若いバンドを連れてこい」といって、彼らをジョージア州のコンサート会場に当日、呼び出し、演奏をさせてしまったことがあった。ミスター・ブラウンはそのバンドが気に入り、しばらく彼らを新しいジェームス・ブラウンのバックバンド(JBズ)として雇い入れる。その中に、ベースの当時はまったく無名だったブッツィー・コリンズ、兄のフェルプス・コリンズなどがいた。このJBズの面々はブラウンの全米ツアーに帯同するようになった。

 

そんなツアーの一日、1970年8月16日、マイアミのハイ・アラーイ・フロントンという会場でコンサートをやっていた。いつでも曲のアイデアを思い付くとすぐに録音したがるミスター・ブラウンは、地元の有力スタジオ、クライテリア・スタジオをブッキング。ライヴ後かライヴ前に、2曲、バンドメンバーと録音することになる。

 

このとき録音されたのが、「アイ・ガット・トゥ・ムーヴ」という曲と「ウィ・ガット・トゥ・チェンジ」という曲。メンバーは次の通り。

 

ジェームス・ブラウン、ボビー・バード(ヴォーカル)

ダニー・ハッサン・ジェイミソン、クレイトン・チキン・ガンネルズ (トランペット)

ロバート・マキュロー (サックス)

フェルプス・キャット・コリンズ (ギター)

ウィリアム・ブーツィー・コリンズ (ベース)

クライド・スタブルフィールド (ドラムス)

ジョニー・グリッグス(コンガ)

 

そして、この未発表曲を発掘、発表したディレクター、ハリー・ワインガーによると、なんとこの曲は8トラックのレコーダーが使われたが、ジェームス・ブラウンはそのうちの5トラックしか使わなかったという。これはなかなか衝撃的な事実だ。

 

その5トラックの振り分けは次の通り。

 

1)ヴォーカル

2)ホーンズ

3)ギター

4)ベース&ドラムス

5)コンガ

 

という。

 

つまり名前とまとめると

 

1)ジェームス・ブラウン、ボビー・バード(ヴォーカル)

2)ダニー・ハッサン・ジェイミソン、クレイトン・チキン・ガンネルズ (トランペット)、ロバート・マキュロー (サックス)

3)フェルプス・キャット・コリンズ (ギター)

4)ウィリアム・ブーツィー・コリンズ (ベース)、クライド・スタブルフィールド (ドラムス)

5)ジョニー・グリッグス(コンガ)

 

3つも空いてるなら、ドラムとベースを分ければいいのに、あるいは、トランペットとサックスを分けてもよいのではないか、と思われるが、ミスター・ブラウンはそんなことおかまいなしで、5つもあれば十分、みたいな感じだったのだろう。

 

そして、ハリーの頭の中には1986年にリリースされたジェームス・ブラウンの未発表曲などをまとめた『イン・ザ・ジャングル・グルーヴ』に「アイ・ガット・トゥ・グルーヴ」が収録され、CDのエクステンデッド・ヴァージョンの編纂(2003年)に携わったときから、この曲の存在を知っており、ずっといいタイミングでリリースしたいとは思っていたそうだ。

 

そして、この2月、ジェームス・ブラウンのドキュメンタリー『セイ・イット・ラウド』(4部作)が全米放映されるにあたり、当初はこの曲もいれる話はあったようだったが、結局、使われず、その公開にあわせてリリースされた。

 

ほかにもっと未発表曲はあるか、と尋ねたところ、「いわゆるオルタナティヴ・テイク(既存曲の別録音盤)はあるが、この曲程未発表曲で完成度が高いものはあまりない」ということで、それでアルバム一枚になるかは微妙なところらしい。

 

いずれにせよ、個人的には、これが8トラックで録音され、しかも、そのうちの5トラックしか使われていなかったところが衝撃だった。

 

God job, Mr. Harry Weinger

 

■ラジコタイムフリー

 

https://radiko.jp/#!/ts/INT/20240224150000

 

■期間限定同録

 

「ディスコ・サーチン」(28分)

Disco Searchin #081 2024/02/24 (28 minutes)

https://soundcloud.com/soul_searcher/disco-searchin-081-20240224-28-minutes

 

番組全部

Radio Disco 2024.2.24. by DJ OSSHY | Mixcloud

https://www.mixcloud.com/OSSHY/radio-disco-2024224/

 

~~~

 

チーム・レディオ・ディスコ

 

左からサヨコ、ディスコ・サーチャー、DJオッシー。吉岡が手に持っているのは、ハリー・ワインガー編纂のジェームス・ブラウンの4枚組CDボックスセット『スタータイム』と同じくハリーが編纂にかかわった『イン・ザ・ジャングル・グルーヴ』のCD

 

ENT>RADIO DISCO>DISCO SEARCHIN 81>James Brown

 

今日『レディオ・ディスコ』(2024年2月24日)内「ディスコ・サーチン#081」にディスコ・サーチャー6週間ぶり登場~ジェームス・ブラウン未発表新曲について詳細報告

 

【The Disco Searcher Will Be On ”Disco Searchin #081 ” In “Radio Disco” Feb 24, 2024】

 

 

6週間ぶり。

 

毎週土曜日午後3時から東京のインターFM(89.7mhz)で5時40分まで生放送されているディスコ/ダンス・ミュージックに特化した番組『レディオ・ディスコ』。2012年4月からスタートし、現在11周年12年目を快走中。ディスコ・サーチャーが2024年2月24日「ディスコ・サーチン」に登場する。「ディスコ・サーチン」は通算第81回。出演は、9月30日,12月2日、30日、1月13日以来6週間ぶり。

 

今回の話題は、日本時間2月16日(金)に発表されたジェームス・ブラウンの未発表曲「ウィ・ガット・トゥ・チェンジ」について。いかにしてこの曲が生まれたのか。そして、ドキュメンタリーについて、独自情報を含め詳細を報告する。

 

We Got To Change 3:46

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=fqpVk8GAG0o

 

We Got To Change extended version 4:34

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=JfQ1CN7rLVM

 

We Got To Change (Pixtal Remix) 3:34

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=n6f5ii4DZcw

 

■番組の聴き方

 

FMラジオで。東京地区、FM89.7mhzにダイアルをあわせて聴く

 

ラジコで。

https://radiko.jp/#!/live/INT

 

~~~~~

 

■資料・「ディスコ・サーチン」過去履歴

 

[2012]

(『レディオ・ディスコ』は2012年4 月開始)

 

2012/12/03 ジャクソンズ生ゲスト。(付き添い)

2012/12/05 ジョージ・デューク生ゲスト。(付き添い)

 

([2013] 『ソウル・サーチン・レディオ』(2013/4~2014/9) +その後不定期)

 

[2016]

 

[1 ]2016/8/6 「ソウル・サーチン・ザ・セッション15回」~モーリス・ホワイト・トリビュート告知

[2] 2016/10/1 ベスト・ヒット80ズ・ミーツ・シンフォニー告知~ジョディ・ワトリー、シーナ・イーストン

 

[2017]

 

[3] 2017/1/21 ファンタスティック・ネグリート&マサ小浜

[4] 2017/2/25 マサ小浜スペシャル音源

[5] 2017/3/25 ラルフ・ロール・ライヴ告知 (「ディスコ・サーチン」テーマ初登場)

[6] 2017/05/20 タブー・レコーズ・ミックス

[7] 2017/06/17 ハッピー・ディスコ

[8] 2017/07/22 ジェリービーン+クリスティーン・ウィルシャー生ゲスト 

[9] 2017/08/26 何度聞いても飽きないディスコ・ソング(マクファーデン&ホワイトヘッドの「エイント・ノー・ストッピン・アス・ナウ」)

[10] 2017/09/23 国産ディスコ・オムニバス 『ビクター・ディスコ・トレジャーズ』

[11] 2017/10/14 クック・ニック&チャッキー・イヴェント、『ソウル・サーチン・ラウンジ』ハッスル本多さん回告知

[12] 2017/11/11 コンピ『ソウル・サーチン~ラヴ&ハートエイク』

[13] 2017/12/09 ユーロディスコの歴史、「ダンシング・ヒーロー」(イート・ユー・アップ)

 

[2018]

 

[14] 2018/01/13 グラミー賞

[15] 2018/02/10 カール・スターケン・インタヴュー秘話 ~バルベイドスで知り合った女性の娘がのちにデビュー

[16] 2018/03/17 ラルフ・ロール

[17] 2018/04/28 マイケル・ジャクソン・スタジオ講座 告知

[18] 2018/06/09 ソウル・サーチン・ラウンジ~江守アイ回告知

[19] 2018/07/21 ディスコの歴史

[20] 2018/10/13 Tグルーヴ~「ソウル・サーチン・ラウンジ」Tグルーヴ回告知 (公式付添人)

[21] 2018/12/29 「ソウル・サーチン・ラウンジ~グラミー賞展望」、マイケル・ジャクソン・イヴェント告知など

 

[2019]

 

[22] 2019/02/09 映画『ノーザン・ソウル』

[23] 2019/02/23 ラルフ・ロール、次回ソウル・サーチン・ラウンジ

[24] 2019/04/20 マーヴィン・ゲイ新作『ユー・アー・ザ・マン』~平成を振り返る

[25] 2019/06/08 高山広『マイケル・ジャクソン終わらぬDの物語』、プリンス新譜、『ソウル・サーチン・ラウンジ』~ノリ塩田回

[26] 2019/07/13 『ソウル・サーチン・ラウンジ』星川薫回、『マイケル・ジャクソン一人芝居』感想

[27] 2019/08/10 カトリース・バーンズ、アンリ・ベロロ追悼

[28] 2019/09/14 『ソウル・サーチン・ラウンジ』マイケル・ジャクソン特集

[29] 2019/10/12 あなたの人生を変えたディスコ・ソング

[30] 2019/11/19 『ラウンジ』マイケル特集~ユーコ・スミダ・ジャクソン

[31] 2019/12/28 アリー・ウィリス追悼、江守アイ氏ゲスト

 

[2020]

 

[32] 2020/03/28マヌ・ディバンゴ追悼、江守アイ氏生ゲスト

[33] 2020/07/11 サルソウル・ハッピー・ディスコ紹介

[34] 2020/09/05 ディスコ・ミーティング、『コロナ禍のライヴ』~小曽根真ホーム・ライヴ

[35] 2020/10/03 ディスコ・ミーティング、ロッコ訃報、映画『メイキング・オブ・モータウン』

[36] 2020/10/24 アース「ブラジリアン・ライム」新ミックス

[37] 2020/10/31 ジミー・ウィリアムス追悼

[38] 2020/11/07 長岡秀星展

[39] 2020/12/05 ジンギスカン新作紹介

 

[2021]

 

[40] 2021/01/23 ジンギスカン新ミックス、マサ小浜デビュー・アルバム

[41] 2021/02/27 ケントモリ最新作

[42] 2021/03/27 日本初のディスコリミックス~「ファンキー・フラメンコ」

[43] 2021/05/01 サウスショア・コミッション

[44] 2021/06/05 大判ディスコ写真集

[45] 2021/07/03 映画『サマー・オブ・ソウル』

[46] 2021/09/04 映画『リスペクト』

[47] 2021/09/11 追悼カール・ビーン

[48] 2021/10/02 追悼アンドレア・マーティン

[49] 2021/10/16 横尾忠則展

[50] 2021/11/14 シルク・ソニック最速新作紹介

[51] 2021/12/05 ジョン・バティースト新作

 

[2022]

 

[52] 2022/01/22 エムトゥーメ追悼

[53] 2022/02/19 アヤ・イトウ

[54] 2022/03/13 テンプテーションズ60周年記念盤

[55] 2022/04/25 ファンタスティック・ネグリート

[56] 2022/05/15 トランプス

[57] 2022/06/11 Uナム

[58] 2022/07/02 映画『エルヴィス』

[59] 2022/07/23 アール・ヤング

[60] 2022/07/30 ビヨンセ最速新譜紹介

[61] 2022/09/17 スローバック~アトランティック・スター

[62] 2022/10/02 アイズレー・ブラザーズ新譜

[63] 2022/10/09 スローバック~ハッシュ系

[64] 2022/11/05 ジョー・タルシア追悼

[65] 2022/12/03 ビージーズ映画

[66] 2022/12/10 帰ってきたソウル・サーチン・レイディオ

[67] 2022/12/31 映画『ホイットニー』

 

[2023]

 

[68] 2023/01/28 ホイットニー・ホログラム・コンサート

[69] 2023/02/18 ヒューイ・スミス伝記

[70] 2023/03/25 アール・ヤング

[71] 2023/04/22 オーティス・レディング3世追悼

[72] 2023/05/06 ロック殿堂

[73] 2023/05/13 続・ロック殿堂

[74] 2023/06/03 マサ小浜

[75] 2023/06/17 エリック・ベネイ

[76] 2023/07/29 巣瀬哲夫~インタグレイト

[77] 2023/09/30 ディディ

[78] 2023/12/02 プリンス『ダイアモンズ&パールズ・デラックス』

[79] 2023/12/30  ジョン・バティースト、『アメリカン・シンフォニー』、『ワールド・ミュージック・レディオ』

 

[2024]

 

[80]2024/01/13 第66回グラミー賞大展望・大予想

[81]2024/02/24 ジェームス・ブラウン54年前の未発表音源リリース

 

■神回掘り起こし 

 

第15回 (2018年2月10日放送)カール・スターケンのインタヴュー~1978年8月にバルバドスへ行き、カールはそこで知り合った女性と結婚。以後、奥さんの実家に毎夏遊びに行くように。2003年、奥さんの友人の15歳の娘が歌がうまかったのでデモテープの制作へ。それはいったい誰か。

 

Disco Searchin 2018.02.10 Carl Sturken & Evan Rogers (約32分)

https://soundcloud.com/user-666623820/disco-searchin-20180210-carl-sturken-evan-rogers

 

そのときの話をまとめたブログ

「レディオ・ディスコ」内「ディスコ・サーチン」でカール・スターケン秘話

2018年02月11日(日)

https://ameblo.jp/soulsearchin/entry-12351770052.html

 

+++++

 

第34回 (2020年09月05日放送)ジャズ・ピアニスト、小曽根真さんが実は昔ディスコが好きだった話、コロナ禍で自宅から毎日生配信。その中からの音源を特別オンエアー

Radio Disco - Disco Searchin 2020-09-05 Live Under Corona : Makoto Ozone's "Welcome To Our Living Room" (約26分)

https://soundcloud.com/user-337154234/radio-disco-disco-searchin-2020-0905-live-under-corona

 

「アフター・ザ・ラヴ・ハズ・ゴーン」と「ヒール・ザ・ワールド」のピアノソロ。

 

~~~~

 

ENT>RADIO>DISCO SEARCHIN>RADIO DISCO

ENT>HISTORY OF DISCO SEARCHIN

 

 

 

聴取感謝。JFN各局+東京インターFMで『AOR/Soul To Soul #112』生放送~ジェームス・ブラウン未発表新曲、デュア・リパ新曲、PLスイーツ&ダンジェオン・ジョーンズ新曲、シャーリー・ジョーンズ新作アルバム~エタ-レン・デバージ追悼

 

【AOR / Soul To Soul #112 :New James BrownNever-Before-Released Song, Dua Lipa new, PJ Sweets & Dougeon Jones new,   Shirley Jones & The Jonse Girls new album,  Etterlene Debarge: RIP】

 

(シャーリー・ジョーンズ)

 

生放送。

 

ソウル・ミュージック、ブラック・カルチャーの過去現在未来を繋いでわかりやすく毎週生放送でご紹介しているブラック・ミュージック、ソウル・ミュージックの総合デパート『AOR・ソウル・トゥ・ソウル』(DJユキ・ラインハート、吉岡正晴)。その第112回が2024年2月22日午後8時からJFN各局、関東地区ではインターFM(89.7mhz)で生放送されました。今回も盛りだくさん、超充実の55分です。ラジオの前からDon’t Go Away!!  生放送を聞き逃しても、各局のラジコ・エリア・フリー、タイムフリーで1週間聴くことができます。「ソウル・ミュージック、ブラック・ミュージックの今」をお知りになりたい方、ぜひお聴きください。なお、この『AOR』という番組は、月曜から木曜まで毎日夜7時から9時までJFN各局で生放送されており、木曜の7時台もけっこうブラック、R&B系の作品が多くかかっていますので、7時台から9時まで通して聴いていただくと2時間たっぷりブラック・ミュージックにひたれます。

 

ツイッター(現X)をお使いの方は、ハッシュタグ #AORSTS をつけて、つぶやいてください。可能な限り、生放送中にも見ています。余裕があれば、リアルタイムでお返事いたします。(実際は生放送でかなりバタバタしており余裕はないのですが…w)

 

ラジコの各放送局直リンクは下記に。放送局一覧、ラジコ・プレミアムについては下記参照。

 

なんと、「ゴッド・ファーザー・オブ・ソウル」ジェームス・ブラウンの未発表曲が発掘され、2024年2月16日デジタル・リリースされた。また、2月19日~20日、全米でジェームス・ブラウンの新しいドキュメンタリー映画『セイ・イット・ラウド』が公開され、それにあててリリースされたもの。録音は1970年8月でブーツィー・コリンズ、クライド・スタブルフィールドらの重厚なメンバーがそろった作品。ドキュメンタリーについても少し紹介した。

 

続いては、グラミーで歌われたデュア・リパの新曲。グラミー・ヴァージョンと違う、レコーディングされたヴァージョン。

 

そして、レイ・フランシス・キャビアノが出してきたPLスイーツというハウス・ディスコ。PLスイーツがプロデューサーだが、名プロデューサー、リロイ・バージェスが裏にいるという。シンガーのダンジョン・ジョーンズは、顔も写真も出したくない、ただ声だけで判断してほしいと言っているそう。謎のシンガーとして売り出したいらしい。

 

ミニ特集は先週1曲かけた1979年「ユー・ゴナ・メイク・ミー・ラヴ・ソムバディー・エルス」の大ヒットを放ったデトロイト出身、フィラデルフィア・サウンドで知られる3人組ジョーンズ・ガールズのシャーリー・ジョーンズの新作。コーラスには、ジョーンズ・ガールズ(シャーリー、ヴァロリー、ブレンダ)の声も入っているようで、古い録音ながら未発表のものが選抜されている。まるで、1980年代のフィリー・ソウル作品がそのまま2024年に蘇った感じだ。

 

追悼は、デバージ、スイッチのメンバーの母親、エターレン・デバージ。本人もゴスペル・シンガーとして活躍していたので、エターレンをフィーチャーした作品。

 

今週は「チェンジ」で始めて「チェンジ」で締めてみました。

 

■『AOR/Soul To Soul』FM番組の聴き方

 

木曜日20時からの『AOR/Soul To Soul』FM番組のJFNネット局は次の通り。ラジコタイムフリーでは1週間聴取可。

 

19時台、20時台通し局 

 

FM秋田、福島、石川、長野、徳島、富山、福井、香川、高知、鹿児島、神戸、11局

 

20時台

 

インターFM、岡山、大分、宮崎、4局、計15局

 

~~~~

 

ツイッターの番組ハッシュタグは、 #AORSTS

(AORとSoul To Soul の頭文字をあわせたもの)

 

また、メール/メッセージは、JFNのオーディー(AuDee)のサイトから。この「メッセージフォーム」に

https://audee.jp/program/show/27332

「メッセージフォーム」はこちら→

https://ssl2.jfn.co.jp/mailforms/index/21

 

番組はラジコのエリア・フリー(月385円)と契約すれば日本全国で聴取可。また下記15局からは1週間タイムフリーで聴取可。放送各局のラジコ・直リンク先

 

インターFM

https://radiko.jp/#!/ts/INT/202402222000000

 

FM秋田

https://radiko.jp/#!/ts/AFM/202402222000000

 

 

FM石川

https://radiko.jp/#!/ts/HELLOFIVE/20240222200000

 

FM福島

https://radiko.jp/#!/ts/FMF/2024022290000

 

FM長野

https://radiko.jp/#!/ts/FMN//20240222200000

 

https://radiko.jp/ - !/ts/GBS/20240222200000

 

FM徳島

https://radiko.jp/#!/ts/FM801221240222200000

 

FM富山 19-21

https://radiko.jp/#!/ts/FMTOYAMA//20240222190000

 

FM福井 19-21

https://radiko.jp/#!/ts/FMFUKUI//20240222190000

 

FM神戸 KISS-FM 19-21

https://radiko.jp/#!/ts/KISSFMKOBE//20240222190000

 

FM岡山 20-21

https://radiko.jp/#!/ts/FM-OKAYAMA//20240222190000

 

FM香川 19-21

https://radiko.jp/#!/ts/FMKAGAWA//20240222190000

 

FM高知HISIX 19-21

https://radiko.jp/#!/ts/HI-SIX//20240222190000

 

FM大分AIRRADIO 20-21

https://radiko.jp/#!/ts/FM_OITA//20240222200000

 

FM宮崎 JOY FM 20-21

https://radiko.jp/#!/ts/JOYFM//20240222200000

 

FM鹿児島 19-21

https://radiko.jp/#!/ts/MYUFM//20240222190000

 

~~~~

 

ラジコ→

https://radiko.jp/

 

ラジコ・プレミアムの契約の仕方 (月額385円)

https://radiko.jp/rg/premium/

 

~~~~~

 

■期間限定同録

 

 

 

 

~~~~~

 

■セットリスト

 

Setlist AOR/Soul To Soul #112 2024/02/22

 

TM  What’s Going On 4:57 – David T. Walker

 

<Topic 1 : New James Brown single 2/16/2024 released>

 

M01 We Got To Change (4:34) James Brown

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=fqpVk8GAG0o&t=1s

 

BGM We Got To Change (3:34) (Pixal Remix)

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=n6f5ii4DZcw

 

amazon

https://amzn.to/3uO9ruM

 

<Topic 2 New Dua Lipa: album >

 

M02  Training Season 3:29 Dua Lipa

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=ZjBZ8MUnB0E

 

amazon

https://amzn.to/49kNEKv

 

BGM  Dance The Night Away 2:57 Dua lipa

 

<<Topic 3 : New PL Sweets feat Dungeon Jones single 2/9/2024 released>

 

M03  One Job 4:31 PL Sweets feat Dungeon Jones

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=zSu1_6YY4xo&list=OLAK5uy_nXj3AR8Z-gTWSM2eo_FuE5aTYz5aIunUI&index=4

 

amazon

https://amzn.to/4bJ3oZf

 

CM

 

<New Shirley Jones & The Jones Girls >

 

BGM/TM You Gonna Make Me Love Sombody Else 4:34 Jones Girls

 

M04 Soul Steppin (Soul Syndicate Remix) 4:08 cutout Shirley Jones & The Jones Girls

M05  At Your Mercy 3:50 cutout  Shirley Jones & The Jones Girls

 

 

 

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=i0UB-tdozi8&list=OLAK5uy_mkER9jyJXrMK7-VVkiETLcPcUsFaU31v4&index=3

 

https://www.youtube.com/watch?v=BzVn2SNefqQ&list=OLAK5uy_mkER9jyJXrMK7-VVkiETLcPcUsFaU31v4&index=2

 

amazon

https://amzn.to/3uGWW4e

 

BGM Who Can I Run To 3:29– Jones Girls

 

M06  I Won’t Tell If You Won’t Tell (Who Can I Run To ) 3:49 fade out Shirley Jones & The Jones Girls

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=y-BpuMslNfM&list=OLAK5uy_mkER9jyJXrMK7-VVkiETLcPcUsFaU31v4&index=4

 

BGM  When You Love Somebody 4:34 Shirley Jones & The Jones Girls))

 

https://www.youtube.com/watch?v=gX5XoirqsaM&list=OLAK5uy_mkER9jyJXrMK7-VVkiETLcPcUsFaU31v4&index=6

 

M07  Reflections 5:12 Shirley Jones & The Jones Girls

 

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=Ijq_LgdwJ5U&list=OLAK5uy_mkER9jyJXrMK7-VVkiETLcPcUsFaU31v4&index=10

 

CM3

 

RIP  Etterlene Debarge 10/13/1935 - – 2/16/2024, 88 year old

 

BGM Time Will Reveal 4:14 DeBarge

Talk  (1:30)

M08  We Shall Be Changed 3:30 – Thaddeus Price & CPC (feat. Etterlene Debarge)

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=Qd5J019n_BI

 

amazon

https://amzn.to/3I6unAa

 

END THEME Street Life – David T. Walker

 

 

ENT>RADIO>AOR/Soul To Soul

 

 

~~~~~~