今日は、
2015年の9月にお届けした記事なんだけど、
 
どうやら、
今こそお伝えすべしって感じなので、
一部加筆修正してもう一度お届けします。


ちょっと(かなり?)スピ入ってますが・・・、
 
宇宙とのつながりを望む人が
増えつつある昨今、
 
 
天ばかりを見ず、 
地に足をつけて現実社会を
しっかり生きてこそ、
 
 
天のことわりを
この地上で実現できるわけなんで、
 
 
いつもの通り辛口ですが、
そのつもりでどうぞ。
 
 
さてさて・・・
 
 
 

読者さまの中に、
どの講座を受けたらいいですか?って
メールで質問する方がいらっしゃるけど、
 

それ意味ないよってことね。

 
 
・・・だってね、


会ったこともない方の、
どの講座を受けたらいいですか?っていう質問に、

私が「はいあなたは○○です!」
って自信を持って答えたとします。


そうしたら、
多分その方はそれを受けますよね。


相手は、
私を頼って相談してくださってる、
場合によっては
すがりたい気持ちもあるかも・・・
 

なんて中で、
 
本人が自分で気づくべき答を、
こちらが言い当てる。
っていうか、押し付ける。 
 

それってある意味「命令」状態だよね・・。
 
 
選択に迷っている人に対して、
目に見えないものを扱っている立場の人間が、
断定的な助言や預言をしたら、
 
 
よほど肝が据わった人以外は、
それを鵜呑みにしちゃうんですよね。
 
 
それ、
マインドコントロールですよね。
 
「依存への道へようこそ」ってか?
 
 
もちろん、
それは共依存だから、
伝える側だけの問題ではないのです。
 
 
でもね、 
人を依存させる、
コントロールのエネルギーは、
天のものじゃないのね。
 
 
 

人間を信じて信じて、
どんな愚かな行動も許して、
自分で気づいて道を切り開くのを見守っている。
 
 
そのくらい器の大きな愛が宇宙の愛・神の愛。

 
神様なんだから、
おいそれと人を操るような、
みみっちいことしない。

 
 
人間は神の現身と言われ、
他の生命と違い、唯一自分の意志がある生き物です。
 
 
 
すべての生き物には、
その遺伝子上に、人生の設計図が刻まれています。
 

ひまわりが太陽の方を向いて花開くこと。
 
赤とんぼが秋の夕暮れに飛び回ること。
 
柿や栗が、秋にたわわに実ること。

それらは全てそれぞれの遺伝子上に刻まれた

設計図通りの生命の営み。
 

 
ある意味、植物や動物は、
神様の命令のまんま生きてるの。




 
 
でも、人間だけは、ちょっと違うんですね。
 

もちろん
 
お腹の中に十月十日いて、
寝たきりから、
首が座るまでは4か月くらいで・・って、

 
ある程度決まってるところはあるけど・・・

 
それぞれの花がどんな花なのか・・・、
つまり幸せの形は、
それぞれが、それぞれに天と決めた形がある。
 
 

さらに、人間は、
その設計図をすっかり忘れて生れ落ち、
それを無視して生きる権利すらあるのです。
 

陽気に歌い踊るのが幸せっていう
設計図を持って生まれてきたとして、
 
 
そうやって生きたいって、
ハートが叫んでも・・・、


そんなの無理、って頭で抑え付け、
暗い顔してPCの前で資料を作る人生を
選択することすらできる。
 
そう、

人は全て自分で決めているんですね。
 

そうなの。

「どの講座を受けたらいいですか?って、
自分では決められない」って言う人は、


自分では決められないことを決めている。
 
 
それが人間。


人間だけがどこまでも自由に、
自分で自分をコントロールすることを
許された生き物です。
 
 
だから、
人間の人生の設計図だけは、
青写真(ブループリント)状態になっている。
 

「こんな感じでいくと幸せになれるよっ」て感じで、
抽象度が高く、
あいまいな状態なんですね。
 

なぜかっていうと人間は、
人生を創造すること自体が目的だから。
 

 
その青写真に沿って、
自分らしく命を使い、
想像を越えた場所にある、
豊かな人生を創造してもいいし、
 


そんなの一切無視して、
自分の想定内の
世間の枠組みに従ってもいい。

 

必死で自分で夢や目標を決め込んで、
それを追い求めたっていい。


 
世の中の90%以上の人が、
まだまだ世間の常識や、
自分が描く物語の中におさまっている時代。
 

本当の意味で宇宙に委ねて
自分らしく生きるのは、
チャレンジングで勇気が必要なのね。


宇宙に委ねたフリして
自力で頑張ってしまう人が多い。

・・・私もうっかりするとすぐそうなるし!


そうやって自力で頑張る反面、
心が弱っていると、
つい人に頼りたくなる。
 

答を言い当ててほしくなる。
道筋を教えて欲しくなる。
 
 
あるいは、
仲間と一緒につるみたくなる。
 
 

そういう弱さに、 
「魔がさす」んですね。
 
 
 
たとえお互いに悪気がなくとも、
お金払って人を操るのは、
魔の力によるものなんだわ・・。
 

リーディングや、
チャネリング、ヒーリングといった、
いわゆるスピ系のものはもちろん、
 

コーチングやカウンセリング、
コンサルティングだって、
(当然私のセッションだって) 
 

相手を依存させようと思ったら
ちょろいもんだよ。


相手にめちゃくちゃ同情して、
弱さにつけいって、
優しい真剣な顔で寄り添って、
「昔魔女狩りにあったカルマがー」なんて言おうもんなら、
 
 
弱っている人は
そのことが頭から離れなくなって、
お祓いに貯金つぎこみたくなるでしょ。
 
 
「本当のあなたは素晴らしい!
だから、私たちのコミュニティで開花させましょう!」
 
なんて誘われちゃったら、
そこの場所は居心地よくていたくなっちゃう。
 
 

「あなたは来年、
大ブレイクするかもしれないけれど、
それを妨げてるのは、ご先祖様のなんちゃらなので、
毎月浄化に通ってください」
 

なんて、したり顔で言われた日には、
 
そんなのインチキだ、って思いながらも、
ちょっとツキに恵まれないなって日には、
これって、ご先祖様のなんちゃらかな。。。って、
不安がよぎらないとも限らない。
 
 
最近ネット上で見かけて唖然としたのは、
 
私のブログの記事を全て読んだら
あなたに光が入ります・・ってやつ。
 
 
冷静に考えたら、
そんなのおかしいってわかるはずだけど・・
 
人の純粋さにつけいって、
教祖ぶるなっちゅーの。

・・・

そう、
人は本来、信じやすい生き物、
どんなに疑心暗鬼に満ちた状態でも、
 

心の底で、
相手を、人間を相手を信じたいという
美しいピュアな心を持ってるんです。
 
 
だからこそ、
人が人を操ってはいけないし、
他人が安易に人の未来を断定するもんじゃないと、
私は思います。
 

 
私も、
まだまだまだまだ未熟なんで、
うっかりすると、
優位に立ちたいエゴにかられて、
感じた答を言いたくなっちゃうのですが・・・。
 
 
 
私が知っている、
「本当にすごい人」たちは、
むやみやたらに、
断定的なことは言わない。

 
自分で選択できるように導いていくだけ。


だから絶対にグルになったりしない。


ファミリーとか、
コミュニティとか作らない。


 

恐らく・・・そういう偉大なマスターたちは、


真実を言い当てることで、
自分の力を誇示する必要がないから。


そして、
それが相手を囚われの身にするって
わかってるから。
 

さらにもっと言えば、
未来はすべて決まっている一方で、
今この瞬間の行動や選択しだいで、
その決まっている未来が、瞬時に書き変わっていくという
 
 
三次元的な物の見方を超越した、
宇宙の真理を、
リアルに体現して生きているからでしょう。
 
 
そう、
未来はすべて決まっている一方で、
今を生きる人間にとって青写真状態にすぎません。
 

だからこそ、
その青写真に沿って、
自分の意志と想像力で人生を創造するという
至福の使命がある。
 
 
 
そしてだからこそ、私は
自分の心の奥にしまい忘れた、
オススメします。





・・っていうか、
それが私のお役目なんで、
たんたんと伝えたんたんと実行するのみなんで、



損得とか、願望実現とか、夢を叶えるとか、
自分らしく輝くとか、

そういう次元を超越したところで、


自分に必要なご縁だと突き動かされた方にのみ、
いらしていただけたらそれでいいのですが・・。


というわけでまた。

天から与えられた使命を生きる
自分の神話の歩き方 メールマガジン(購読無料)
※携帯メールアドレスは文字化けする場合がありますので、
PCのアドレスでのご登録をオススメします。

天から与えられた使命に目覚めるセミナー一覧