日次で粗利を把握しましょう | ソリューションのおぼえがき
新型コロナウイルスに関する情報について

ソリューションのおぼえがき

中小企業を応援するために、経営者と共に元気に戦っています!


正解なき、現状の事業・組織・個人と向き合って、
ソリューションを提案しつづけるための「覚書」。

利益に対しての意識づけのために、日次決算の導入を検討してみてはいかがでしょう。

 

目的:毎日の粗利把握すること。

 

 

【作り方】

 

Excelシートで、1ヶ月間の売上、変動費、固定費を予算として設定することです。

次に、予算数値を稼働日数で割り返して、1日当たりの数値を算出します。

 

そして、毎日の売上、変動費等の「実績」を入力していきます。

その結果、粗利が毎日計算され、予算の粗利と比較可能となります。

 

これだけです。

 

 

最初に一度エクセルで表を自社に合うように設定してしまえば、後は毎日、毎月同じ作業を繰り返すだけです。

 

 

日次決算を導入することで経営状態が可視化され、日々の利益状況をしっかり把握することができます。

 

 

それにより社長自身の意識が変わるのはもちろんですが、定期的に社員と情報共有することで、社員の利益に対する意識は格段に上がります。

 

 

つまり日次決算を導入することで、

・現在の会社の利益額がすぐに把握できる。
・利益について予算と実績を把握でき、軌道修正をすぐに行える。
・社長、社員の利益に対する意識が高まる。

などの効果が期待できます。

 

なお、日次決算では、日々の売り上げと売上原価のデータが重要なので、経費は概算でもかまいません。

 

従業員もしっかりと数字を見る習慣を身に付けて、そして利益志向に変身することができますよ。