児玉麻里さんの事を書いた時に、天才ヴァイオリニスト、ユリア・フィッシャーの名前を出しました。

 
天才というより、才女と言ったほうが合っているかもしれません。
 
ユリア・フィッシャーは1983年にドイツで生まれたヴァイオリニストです。
 
何がすごいかと言うと、1995年の12歳のときに国際的なコンクールで優勝してから、出たコンクール全て、都合8つの国際コンクールに優勝しているのです。
 
これだけでも凄いのに、そのうち3つは何とピアノのコンクールです。
 
ネットで検索すると出てきますが、グリーグのピアノ協奏曲の演奏動画も出てきます。
 
更に23歳の時に、大学の教授にもなっていて、ドイツ史上最年少との事です。
 
容姿も写真のように恵まれています。
 
              (↑デビュー盤)
 
今はヘッドホンで、バッハの無伴奏ソナタを聴いています。
 
何と21歳の時の録音で、パルティータ3曲を含めた全曲録音です。
 
若いと言う印象はまったく感じられない実に堂々とした演奏です。
 
きつい音ではなく、なんとなくクライスラーを思わせる懐かしさを感じる音色です。
 
ヒラリー・ハーンのバッハも良いと思ったのですが、ユリア・フィッシャーも素晴らしい!
 
 
 
 
 

ロボット先生として取り組んでいる「ユニボ先生」が、教科教育以外にも活動の場を広げています。

 

今回は、11月15日(日)にビッグサイトで開催される、「日米ガン撲滅サミット2020」のサポーター役としてお手伝いさせていただくことになりました。

 

 

まずは、サミットの告知ビデオで、ホームページ上に登場しています。

 

https://cancer-zero.com/

 

 

 

サミット当日は、司会のアシスタント役として、登壇する先生に質問したり、それに返したりという役割を演じます。

 

ユニボ先生の将来の夢は「AIロボドクター」なんて言ってますが、実は、「呼吸機能検査」をお手伝いするロボットとしての開発を進めています。

 

このユニボ先生も、11月にデビュー予定です。

 

 

 

最近、ベートーヴェンのピアノ・ソナタにはまっています。

 

1枚だけ購入して、これはいいなと思って集め始めたのが、児玉麻里さんのアルバムです。

 

PENTATONEというオランダのレーベルから発売されているシリーズです。

 

 

PENTATONEの録音は、フィリップスから独立した録音チームが担当しているらしく、大変高音質です。

 

天才ヴァイオリニストのユリア・フィッシャーのアルバムをいくつも出していて、それを追う過程で、児玉さんのベートーヴェンに出会ったのでした。

 

何度聴いても新しい発見があり、飽きることがありません。

 

音量を落として聴くと、面白く聴いているHJリムの演奏のように、挑戦的なところが無い、正統派の演奏に聞こえます。

 

ところがある程度音量をあげて、たとえば「月光」で有名な14番をよく聞くと、起伏に富んだ実に細やかな演奏であることがよくわかります。

 

特に音色の使い分けは素晴らしく、迫力ある力強い音の直後に、コロコロとしたチャーミングな音が飛び出したりもします。

 

こういう音で弾くのがベストなんだろうなと納得させる個所がいたるところで登場します。

 

また、音のない「休符」に意味を感じさせる点も、何度聞いても飽きない理由かもしれません。

 

じっくり聞くと面白い、安定感も抜群の演奏です。

 

録音のせいなのか、楽器のせいなのか、児玉さんのタッチのせいなのか(おそらく、その全部)左手の深く響く音も、安定感につながっているようです。