こんにちは、代表的の遠藤です。

 

さあ今回も、想像してみましょう。

 

とある患者様は、ヨガの前屈みになるポーズを頑張っていたら、腰に異変を感じてレッスンを抜けたそうです。

 

その後どうなったかと言うと、座ったら立てなくなりました。

 

いや、座っても立てるのですが、腰が痛くて、かなり苦労して立ち上がり、やっと歩けるようになる感じです。寝返りも出来ないと言ってました。

 

さあ、私の頭に浮かんだ原因(やるべき施術)は何でしょう?

 

答えは大腰筋ですね。

 

まずは数分かけて、ニュートライズなどのやり方で、大腰筋の緊張を取り除きました。

 

仰向けでお腹からアプローチするやり方です。

 

そうすると、施術用ベッドに仰向けで寝ていても楽になるのが感じられます。

 

腰がすーっと、無理なく伸びるようになります。

 

まだ施術を続けます。では、メインとなる施術法はと言いますと、クラニアルブロックのCAT2でした。

 

わずか1、2分ですが、骨盤を的確に矯正し、なおかつ大腰筋もストレッチさせてくれます。

 

いいですか? 歪みやねじれがある状態で大腰筋を緩めても、私にしてみたら全くもって不完全です。効果はその場だけでしょう。

 

歪みやねじれをなくした状態で大腰筋が伸びてくれれば、その効果は長続きします。

 

と言いますか、そもそもこの場合、骨盤歪みやねじれがあるからこそ、大腰筋がダメージを受け、要らぬ緊張を巻き起こした、とも言えますからね。

 

大腰筋の緩めは必須です。

 

しかし、安心してください。

 

私たち鎌倉整体スクールで教えているやり方は、大腰筋に辿り着かなくても、クラニアルブロックが適切に出来れば、それだけでもちゃんと改善させることができます。

 

というわけで、今回は大腰筋という答えに辿り着くか、という問題でした。

 

 

 

自律神経、妊活、腰痛、猫背、関節・・・の専門家も育成します。

チャンスを掴む。チャレンジする。夢を叶える。

整体本科、頭蓋骨セラピー教室、レイキヒーリング講座
超実践派・鎌倉整体スクールのHPはこちら

代表理事兼 鎌倉整体スクール主宰:遠藤
西鎌倉カイロプラクティックセンター(神奈川県鎌倉市)

副理事長:京元先生(さいたま教室室長)
京之助カイロ整体院(埼玉県さいたま市)

 

理事:八木先生
こやぎカイロ整体院(神奈川県相模原市)