こんなこともありました。

いまみたいにオーディション情報もネットで調べられなかった1990年代。

私はすでにザルツブルクで踊っていたのですが、誰が作ったのかもわからないオーディション傾向対策情報みたいな小冊子を持って、オーディションに来た子がいて、それをみて大笑い!

「ザルツブルク州立劇場バレエ団、男性は全員背の高い人ばかり」

と…なんていい加減な情報!

だって、その当時身長173cmの私がバレエ団で一番大きかったんです。あとは小さな男性ばかり。誰が作った?その小冊子?嘘ばかり(笑)

人の噂とか情報なんて…いい加減ですし、そんなものだと思います。

私のブログだって、100%正しいなんて絶対言えませんし、私と直接話しをしたり、目の前で見てから

「あ、このひと、ブログと同じだ」

と、思ってもらえたら嬉しいです。

この写真だってそう。私が本当にエクササイズやってるか、やっていないか、この写真だけで信じてはいけませんよ(笑)


インスタ映えなら、いくらでも盛れます。美白にも出来るし、小顔にも出来るし…

それはそれで悪くない、と思います。

しかし、自分の人間性は…盛れません。残念ながら美容整形出来ても、人間性までは盛れない。いくら取り繕っても、中身が空っぽだったら、見る人が見たらバレてしまう。

人の情報とか噂が真実かどうか…確かめる術はただひとつ。

「自分の目で、耳で、肌で、その人をリアルタイムで感じること」

バーチャルが悪いわけではないし、SNSが悪いわけではない。

ちょうど、お家の門構えが立派で、お庭も手入れが行き届いてるのに、実際部屋はゴミ屋敷でした、というのと同じ。

肩書き、世間の評判、着てるもの…

そういうウワベだけを見ないで、その人の目の奥をよく見ればわかります。

それが真実なのか、嘘いつわりなのか。

だからリアルに人と接する必要があるのです。

左右木健一