新米小児科開業医のブログ:そがこどもクリニック
  • 12Sep
    • 子育てとメディアの画像

      子育てとメディア

      発達障害と診断される人の頻度は近年増加しています。その原因は脳の小さな傷というけれど、なぜそんなに発生数が変わるのか、環境因子が大きいのではないかと以前からずっと思っています。それと同様な論文、記事もしばしば目にすることもあるため、外来で保護者の方に相談を受けると「DVDやテレビ見せっぱなしは一方通行の情報の押しつけでこどもにいいことはないですよ。大変かもしれないけどテレビなどは消していっぱい目と目を見つめ合わせて遊んであげてください。何を言っているかわからなくても声を出したらそれに反応してあげていると喜んでお話が増えることがありますよ。」「テレビなどはつけっぱなしではないですか。授乳や食事の時、寝る前などはまわりを静かにして、しっかり向かいあってくださいね。」などとお話をしていました。 先日、本屋にふらっと入ったら平積みになっている本の「テレビ・スマホはすぐやめましょう」という文字に目がいき購入しました。川崎医科大学名誉教授の片岡直樹先生がEBMの時代になかなかデータとして表しにくい領域ですが、「あるあるある」「そうだよね。」というエピソードを満載に記載していただいており、夜間救急に対応しながら一気に読破してしまいました。こどもとのコミュニケーションのついて不安がある保護者にはご一読をお勧めします。Youtubeで「片岡 直樹」と検索すると動画がもアップされているそうなので、文字が苦手な方はそちらでも。

  • 09Sep
    • スキンケアの画像

      スキンケア

      こどもの皮膚の状態は個人差がとてもおおきく、こどもの皮膚の状態に合わせたスキンケアが必要です。一般的に新生児期は皮膚の皮脂は十分にあります。そのため新生児期から1か月健診の頃は皮脂が十分なため脂漏性湿疹や新生児ざ瘡をみます。新生児脂漏性湿疹は黄色のベタベタした油が固まったような発疹で、頭、眉、頬などに多くみられます。新生児ざ瘡は通常の尋常性ざ瘡(にきび)と同じように赤や黒の丘疹、面ほう、膿疱ができます。いずれもホルモンの影響があり、多くの場合数週間~数ヶ月間で自然に治ります。なかなかよくならないときにはローションなどで対応しています。  ドライスキン 生後2-3か月ころから皮脂は急激に減少し、皮膚からの水分の喪失(経表皮水分蒸散量)がふえて乾燥肌(ドライスキン)が目立ってきます。アトピー性皮膚炎の危険が高いこどもに対して新生児期からの保湿剤塗布がアトピー性皮膚炎の発症を減らせるという報告があったためか、最近、かなり早期から保湿剤を使用している方が増えています。 しかしイギリスからはご両親にアレルギー疾患があり、湿疹のリスクがあると思われる新生児に保湿剤を使用しても2歳の時の湿疹のある率には差はなかった。すなわち新生児期からの保湿剤の使用は湿疹の予防効果はなかったという報告もあります。さらに保湿剤を使用したこども達の方が皮膚の感染症を1.5倍多く起こしたとされています。上手に保湿をしてあげる必要があります。 一律によいとせず皮膚の状態を見て考えないといけないのではないでしょうか。あせも(汗疹)あせもの原因は、大量の汗が汗腺、汗管にたまり、上手く出せなくなることです。汗腺は皮膚の深いところにあり、環境温や運動などにより体内に熱がこもると汗をつくり、汗管を通して汗を排出することによって体温調節を行っています。こどもの汗腺の数は3歳頃までにほぼ成人と同様になります。そのため成人と比べて皮膚の面積に比べて多く、特におでこや首、背中、脇の下、膝のうらなど汗をかきやすいところにあせもができやすくなっています。あせもには白い水晶様と紅色汗疹があります。汗管の詰まった深さにより違い、浅いところで詰まった白い水晶様汗疹はかゆみをともなわず数日で消えます。皮膚の中で汗管が詰まった紅色汗疹はかゆみを伴い、体幹、肘や膝の裏側、首、わきの下によく発生します。紅色汗疹を繰り返していると、かゆみのない蒼白色の丘疹が多発するようになり深在性汗疹といわれ、さらに深いところ表皮と真皮の間で汗管が詰まったものです。 あせもは掻き壊して細菌がつくと伝染性膿痂疹(とびひ)の原因にもなり得ますので注意が必要です。 夏のスキンケア 汗の多い季節ですがエアコンなど皮膚の乾燥で困っているこどもがいっぱいいますので、あせもの予防のためにシャワーを浴びるのと同時に保湿をしっかり行いましょう。 最近、保湿の重要性が強調されすぎるためか夏にも軟膏をべったり塗ってあせもがいっぱいのこどもが受診されます。軟膏をクリームやローションなどに変更するだけで見違える様によくなることが多々あり、こどもの皮膚の状態にあわえた保湿をしてあげたいです。

  • 06Jul
    • 母乳?ミルク?の画像

      母乳?ミルク?

      最近、体重の増えなど外来で相談されることがあり、いつもどんな話をしているか書いてみようと思い立ちました。参考になれば幸いです。赤ちゃんの発育、発達はマニュアルどおりにはいきません。赤ちゃんはすごく個人差があります。発育、発達に幅があることが当たり前です。 おっぱいをのんでよく眠る子もいれば、 少しずつしか飲まず眠りが浅く泣くことが多い子もいます。体重が良く増える子もいればゆっくりな子もいます。 1.母乳育児について赤ちゃんが生まれると、お母さんはおっぱいをあげます。今では 50%以上のお母さんが赤ちゃんを母乳で育てています。母乳栄養の利点は、①抗体という赤ちゃんを病気から守ってくれる物質を多く含んでいます。②消化吸収しやすく、アレルギーを起こすことが少ないといわれています。③母児のスキンシップ④赤ちゃんが欲しがる時にいつもあげられます。                などが挙げられています。母乳栄養の問題点①ビタミンK欠乏症 ビタミンKが不足するとお腹や頭の中で出血しやすくなるので退院時にもらったK2シロップを定期的に飲ませてください。②母乳性黄疸 母乳栄養児では1ヶ月を過ぎても黄疸が続くことがありますが便が黄色なら心配ありません。③薬剤の母乳への移行 主治医にご相談ください。授乳直後に服薬することで対応できるものもあります。④経母乳感染 母乳を介するウイルスの母子感染に関してはまだ十分に解明されていないものがあります。心配なときは産科主治医や小児科医に相談してください。*母乳育児を成功させるために、①乳房が張らなくても母乳はでている。出産後2~3週間で乳房の張りを感じなくなることがありますが、張る、張らないは母乳の量には関係ありません。②母乳は溜めると出が悪くなるので、回数多く飲ませたほうが出が良くなるといわれています。 ③赤ちゃんが欲しがったら、欲しがる時に欲しがるだけ自由に飲ませてください。母乳は消化が良いので「腹持ちがしない」から短時間で欲しがるのは母乳不足ではないこともあります。④1日におしっこが 6 回以上、ウンチが 3回以上出ていたら母乳だけで足りていると考えられます。  混合栄養になると便の回数はがくんと減ることが良くあります。⑤体重は最低でも 1 日あたり25g増えていればミルクを足す必要はないでしょう。 2.人工乳栄養自律調乳といって、赤ちゃんの欲しがるときに好きなだけが原則です。飲み終わった後、哺乳瓶に少しミルクが残るようにしましょう。ミルクの缶に書いてある量も回数はあくまで目安です。120mlを飲んでも飲み足りないのかもしれません。”お子さんの一番のプロは保護者です。”赤ちゃんにマンツーマンで合わせてくれる保護者の存在はとても大切な存在です。自信を持っていきましょう。心配なら小児科医でも保健師さんにでも相談してください。

  • 29Jun
    • 川崎病と新型コロナウイルス

      欧米諸国から、新型コロナウイルス感染症の流行に伴い川崎病に似た症状を示す小児重症患者が増加していると報道がなされています。 外来で川崎病と新型コロナウイルスは関係あるの? 川崎病に以前かかったけど新型コロナウイルスにかかると悪くなりやすいの?という質問が増えました。川崎病って?川崎病は1967年に川崎富作先生が原因不明の発熱、発疹の患者50例をまとめて発表され、その後広く認知されるようになった病気です。今では世界で知られるようになり、日本では年間15000人以上のこどもを中心とした多くの方が発症しています。診断は発熱や白眼があかくなったり、唇があかくなったり、発疹が出たりと行った症状から診断されます。未だ原因は不明ですが全身の血管炎ということがわかっており血液製剤などで治療されています。しかし心臓の栄養血管である冠動脈の後遺症をなくすことができていません。新型コロナウイルス感染症と川崎病は関係があるの? 2020年5月7日に日本川崎病学会および日本川崎病研究センターでは川崎病と新型コロナウイルス感染症との関係に関する声明を発出しました。欧米諸国の報告をうけ5月に日本川崎病学会で日本と近隣のアジアの国にアンケート調査が行われました。日本ではまだ新型コロナウイルス感染症を診療した経験がある施設が少ないものの、川崎病に似た症状を呈した新型コロナウイルス感染症はなく、川崎病の発症数は例年と比較すると減少しているか変わらないという回答で、増えているとの回答はありませんでした。また韓国では発熱患者の全例でSARS-CoV-2 PCR検査が実施され、川崎病患者でも例外なく検査されていますが陽性例は一例も認めていないとの報告がありました。そのため現時点では川崎病と新型コロナウイルス感染症との関係を積極的に示すような情報はないといえます。           (日本川崎病学会のホームページより)なぜ欧米とそんなに違うの?川崎病は原因不明の疾患です。遺伝的素因があることは考えられ、元来欧米では少なく、日本や中国、台湾、韓国などのアジア諸国、日系アメリカ人などアジア系の人々に多い疾患です。また新型コロナウイルス感染症も欧米に比べて東アジアで死亡率が低いことが知られており、ウイルスの型や遺伝的素因など何らかの要因で同じ感染症でも違った症状、経過となっている可能性があります。欧米から新型コロナウイルス感染症では血管が血の塊でつまる(血栓症)など血管炎の症状が報告されているため川崎病様の症状を現す可能性は否定できません。 しばらく日本をはじめアジア諸国の様子を見ていく必要があるでしょう。川崎病にかかったことがあるけど何に注意をしたらいいのWith コロナのもとで特別に注意することはないと考えられます。川崎病の歴史は浅く川崎病既往者の長期経過の詳細にはまだ不明の点が多く残っています。川崎病にかかった方の注意点などは冠動脈後遺症の有無、病状などによって変わります。急性期(発熱があって治療を行った時期)に冠動脈に異常がなかった方は生活・運動面での制限は必要なく、経過観察期間は5 年とされています。 急性期および発症1か月においても異常を認めた方で,その後の経過観察中に冠動脈の所見が完全に正常化した方は生活,運動面での制限は不要ですが、高校卒業時には,CT,MRIなどの画像検査を受けておくことが望ましいとされています。冠動脈病変が残っている方、たとえ正常化していても一時的にでも冠動脈瘤の内径 が6 mm以上あった方は定期的なチェックが必要とされています。必要な定期検診は必ず受けるようにしてください。 また、川崎病は生涯の冠動脈疾患の危険因子となるか、川崎病後冠動脈障害のある成人は粥状硬化が合併しやすいかなどまだまだ不明なことがたくさんあります。川崎病の情報は日本川崎病学会のホームページなどにも記載されています。経過観察が終了した方もときどき確認していただいた方がよいと思います。

  • 05Jun
    • 新しい生活様式の画像

      新しい生活様式

      文部科学省初等中等教育局健康教育・食育課が新型コロナウイルス感染症対策について「新しい生活様式」を踏まえた家庭での取組というものを勧めています。それを踏まえて家庭でできることを自分なりに考えてみました。1 毎日の健康観察 「毎日、登園登校前にお子様の健康観察(発熱や風邪症状の有無の確認)を必ず行いましょう。」 発熱等の症状がある場合は、自宅で休養させ、また感染が周囲でまん延しているときは、同居のご家族に発熱等の風邪症状がみられる場合には、登校を控えるように言われています。  発熱があっても元気で食欲があれば多くの場合は様子をみることができます。しかし微熱であってもぐったりしている、呼吸が苦しそうなどの症状があれば受診をお勧めします。2 手洗いの励行「家に帰ったらまず手や顔を洗う。」といわれています。ウイルスは環境につくと長く生き残っていると言われています。外出先から帰っても洗髪・消毒する必要はないとかかれているものもありますが、髪にウイルスが付着していて、手で髪を触ってから目や鼻、口を触れる可能性があることを考えると、帰宅後すぐにシャワーをあびるか入浴をし、着替えるとよいのではないかと考えています。花粉を家庭に持ち込む量を減らすためにも有効といわれています。3 咳エチケットの徹底 家庭内でも咳、くしゃみをする際、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖、肘の内 側などを使って、口や鼻をおさえるといわれていますが、不自由ですね。家の中ではほどほどに。4 3密の回避(密閉、密集、密接) 人と集まる時や外出する際は、密閉、密集、密接を避けるように気を付けてください。家庭内で避けることは無理ですよね。しかし来客時、家族以外と接するときにはマスクを着用した方がよいかもしれません。自分がされたらちょっと気分が悪いかな。換気は心懸けた方がよいかもしれません。冷風機、扇風機などで気流を作って換気をした方が有効でしょう。5 抵抗力を高める 免疫力を高めるため、十分な睡眠、適度な運動やバランスの取れた食事を心がける。家の中でじっとしていると生活リズムがバラバラになり、様々な体の不調が出やすくなります。生体時計は1日25時間といわれており、少し油断をすると生活リズムは次第に後ろにずれやすくなります。朝寝坊が簡単なのはそのためです。1日のリズムはしっかりと強い朝陽を浴びると、体にスイッチが入って体内時計を24時間リズムにリセットされます。太陽の光を浴びて、運動をすると代謝も活発になり、適度に疲れる事で、寝つきやすくなります。まずは、早起きし朝しっかり太陽の光を浴びましょう。そして病院、クリニックでの感染を恐れ、乳幼児健診の受診率、ワクチンの接種率が低下しているといわれています。乳幼児健診は病気の早期発見に、予防接種は感染症の感染や重症化を予防することが目的です。それらを制限することによって、予防できる新型コロナウイルス感染症以外の重大な病気の危険性が高まることは絶対に避けなければなりません。新型コロナウイルスとの戦いは長く続くことも考えられます。できることからコツコツとみんなで頑張っていきましょう。

  • 04Jun
    • 発達障害 その2の画像

      発達障害 その2

      発達障害の児は6%くらいいて最近増えていると前回書きました。専門としていなくても外来で相談を受けることが多く、書籍や講演会で知識を得るようにしています。しばしば診断のし過ぎでは思うことがあります。 以前、極度のはずがしがり屋で人の目を見られず発語の少ない子がいました。小学校で担任の先生に「自閉症だから病院に行くように。」と言われたと母親と受診されました。幼稚園のころに入院したことがあり、慣れるまでに時間がかかりましたが、慣れるとよく笑ってくれる子であったのを覚えていたので「ありえない。自分とこんなにコミュニケーションをとれるんだから大丈夫。相性が悪いだけ。ほっとけ。」と乱暴にいって、お母さんは少し安心、でも100%は信じきれない感じでした。その後日々の様子を聞ききながら通院していただき、進級し担任がベテランの先生に変わったら「こんなものでしょう。」といわれ別に気にされなかったといってお母さんに外来で泣かれたことがありました。今は立派な中学生です! 多動、コミュニケーションがとりにくい、複数のことに同時に対応しにくい、興味のかたより、感覚の過敏など様々なタイプのこどもがいます。以前昭和大学の田角勝先生に困った子ではなく”困っている子”なんだよと教えていただき衝撃を受けました。本人は理解しようとしている、でも理解しきれなくて解決方法が分からなくパニックになる。パニックになりたくないから別の行動を起こす。それがたまたま私たちの対応の仕方が違うので「発達障害」と診断されてしまうのではないかと考えています。もちろん軽度から重度までさまざまなこどもがいますが、困っているのはこどもだと思って接すると受け入れやすいように思います。そのためしつけを放棄した保護者をみるとつい強くいってしまうことがあります。ごめんなさい。多動なこどもの中に五感が過敏な子がいます。公共の場が苦手だというのでイヤホンをして音楽を聴いているふりをしたらと勧めたことがあります。これはかなり効果がありました。失敗は後日授業中にもイヤホンをし、教師に怒られたといわれ、返答に困りました。いわゆるおとなしすぎる全く困らないこどもも発達障害の可能性があります。2年生の女子児童で成績がよくないと相談をされましたが、「成績以外困っていなければ、生活が困らなければいいんじゃない。」と答え、母親の心配が強かったので児童精神科に紹介したところ発達障害と診断をされ、療育を始めますとお返事をいただいたことがあります。  自分で考えて自分で説明する、動く訓練をしているとのちに聞きました。安易に返事をしてはいけないと落ち込みました。成人のひきこもりや精神疾患の中に小児期からの発達障害が含まれることがわかっています。こどもが何に困っているかを早く見つけて早期訓練が必要です。まず誰かに、かかりつけ医でも養護教諭でも保健師にでも相談をしてこどもへの働きかけを始めましょう。

    • 発達障害の画像

      発達障害

      発達障害は、脳機能の発達が関係する障害です。発達障害がある人は、コミュニケーションや対人関係をつくるのが苦手です。また、その行動や態度は「自分勝手」とか「変わった人」「困った人」と誤解され、敬遠されることも少なくありません。それが、親のしつけや教育の問題ではなく、脳機能の障害によるものだと理解すれば、周囲の人の接し方も変わってくるのではないでしょうか。(政府広報オンラインから)発達障害は自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害などに分類され、その頻度は6%程度で増加傾向にあると言われています。見た目では障害はわからないため、彼らの得意・不得意の凸凹と、環境や周囲の人との協調がうまくいかないことなどから社会生活に困難が発生します。ということは発達障害と診断されても(そうだとおもっても)社会生活にそれなりに適応できれば良いのではないでしょうか。そのため診察室で子供が暴れて物を壊しても「発達障害なので」「○○だから言ってもしょうがないんです。」とこどもを止めない、怒らない保護者に何人も会いました。正しい指導ではないかもしれませんし、家庭ではもっと大変なのかもしれませんが、私は「この子のしつけをあきらめたら将来はないよ。」といって何人もの方を怒らせたと思います。何人かの方は「そうですね。」と言ってくださいました。一人とても印象深い子を経験しました。8歳くらいの女児で多動傾向が強く、授業中も動き回ってしまう状況でした。診察室でも動き回っていますが、それなりに会話は成立し意思疎通はできました。何回目かの診察時、子供のなき声が聞こえると耳をふさいで落ち着かなくなるのに気づいて「○○ちゃん。優しいね。赤ちゃんが泣くの嫌なの。」と話しかけ、お母さんに「○○ちゃんは耳が敏感だね。音楽でもやってみたら。」と思い付きで言ってしまいました。数か月後「先生ありがとう。ピアノの前ならずっと座っていられるようになったの。ピアノを弾くのが大好きになったみたい。」といわれ、更にしばらくして「最近授業中も座っていられるようになったの。」といわれました。私は自分の無責任な発言を忘れていましたが本当に子どもの特性を見つけることは大切なんだということを学ばせていただきました。 岩波明先生が文春新書で偉人を例に発達障害についてとても読みやすく書かれています。皆さんの回りはいかがですか。こだわりが強かったり、空気が読めなかったり、発達障害っぽい人はいませんか。私は思いつく人が・・・・・。

  • 30May
    • 乳幼児健診 の画像

      乳幼児健診 

      乳幼児健診 乳児健診はこどもの栄養状態、発育、発達などをチェックするために行います。生後1ヶ月、3-4ヶ月、6-7ヶ月、9-10ヶ月、12ヶ月、1歳半、3歳の頃に行われることが多いです。自治体での健診市町村によって違います。横浜市は4ヶ月健診と1歳半と3歳時に保健所で行われています。クリニック、病院での健診 母子手帳に3枚乳児健診票があり、無料になります。これを必ず使ってください。使われていない人がときどきいます。 1歳になるお誕生日月までしか使うことができませんので、それまでに必ず健診を受けて下さい。★ 1か月健診 生後1ヶ月は出生した病院、産院でみていただくことが多いです。必ず小児科医にみてもらってください。1ヶ月健診では発達は顔を左右に向けることができ、手足をさかんに動かしていれば多くの場合は大丈夫です。しかしもう一つ、全身の病気がないかという視点が必要です。もう十数年経験していませんが以前3-4ヶ月健診まで小児科医の受診がなく、保健所の健診で重篤な先天性心疾患が見つかったこどもがいました。最近は我々小児科には2か月から予防接種のために受診されることがおおくなっていますが、そこまで重篤なものではなくても湿疹などもう少し早く対処してあげたら楽だったのにと思うことが時々あります。1か月健診は必ず小児科医にみてもらってください。 3-4ヶ月健診以後は体重、身長などとともに発達もみていきます。母子手帳に重要なチェック項目は書かれていますが主なチェック項目は下記です。★3-4ヶ月健診ではあやすと笑い、喃語が出て、呼びかける方向を向いてくれて、くびが坐り、ガラガラを持たせれば持ってくれるようになります。何をしてもよく笑ってくれてかわいい盛りです。6-7ヶ月健診では人見知りが始まり、寝返り、お座りができ、おもちゃを両手でつかむことができるようになります。泣くことが多くなり少し大変かもしれませんが、自我が芽生えてきてご両親を認識してきています。保護者にしか満面の笑みを見せない子もいます。育児を楽しんでください。9-10ヶ月では人見知りが少しおさまり、おしゃべり(喃語)が増え、ものまねができ、ハイハイ、つかまり立ちができ、指で物をつまめるようになります。動きが活発になり、小さなものをつまめるようになるため事故が増えてきます。要注意です。 すべてのこどもが皆このように発達するかと言えば、成長曲線にも幅があったようにこどもの発達にも幅があり、寝返りをする前におすわりをする、ハイハイをせずにいきなりつかまり立ちをしてしまうなど順番が変わることもあります。小児科医はその一つの項目だけでなく総合的にみて、時に時間経過をあわせてみて判断します。 よく「もっと聞きたいことがあったのに。」と言われる方がよくいます。 心配なことはメモをして健診に臨まれるとよいでしょう。

  • 28May
    • 新型コロナウイルスとマスクの画像

      新型コロナウイルスとマスク

      小児科学会から下記のようなお知らせがありました★マスクについて乳児のマスク使用ではとても心配なことがあります。・乳児の呼吸器の空気の通り道は狭いので、マスクは呼吸をしにくくさせ呼吸や心臓への負担になる・マスクそのものやおう吐物による窒息のリスクが高まる・マスクによって熱がこもり熱中症のリスクが高まる・顔色や口唇色、表情の変化など、体調異変への気づきが遅れるなど乳児に対する影響が心配されます。2歳未満の子どもにマスクを使用するのはやめましょう★新型コロナウイルスについて世界の新型コロナウイルス小児感染症からつぎのような点がわかってきました。・子どもが感染することは少なく、ほとんどが同居する家族からの感染である・子どもの重症例はきわめて少ない・学校、幼稚園や保育所におけるクラスター(集団)発生はほとんどない・感染した母親の妊娠・分娩でも母子ともに重症化の報告はなく、母子感染はまれです。子どもの新型コロナウイルス感染症は今のところ心配が少ないようです。正しい知識で、正しく気を付けましょう。

  • 15May
    • ゲップの画像

      ゲップ

      「ゲップがでない」と悩むことが多いですよね。ゲップは医療用語では「曖気(あいき)」といいます。 げっぷは、胃や食道、口に空気が逆流する症状のことです。人は食事や会話、呼吸をする時にも無意識的に空気を飲み込んでいます。飲み込んで胃にたまった空気は胃と食道のつなぎ目:噴門が緩んで逆流すればゲップに、胃から腸にそのまますすめばおならになります。 赤ちゃんは母乳やミルクを飲むときに、一緒に空気も飲みこんでいます。母親の乳首から直接母乳を飲むときも、哺乳びんでミルクや母乳を飲む場合も空気を飲み込んでいます。とくに新生児の頃など吸い方が上手でないときは大量の空気を一緒に飲みこんでいます。また、授乳の時だけでなく、赤ちゃんは泣いているときも空気を飲み込んでいます。泣いた後おなかが張っているのに気づくことがあるのではないでしょうか。 赤ちゃんの胃の形は大人と比べて吐きやすい形をしています。お坐りをするようになり、立って歩くようになるとだんだん大人と同じような形になっていきます。授乳の後に少し吐くことをいつ乳といい、問題ありません。   しかし赤ちゃんの噴門の筋肉は弱いため、少しの刺激で開き、しばしば母乳やミルクなどを吐きます(いつ乳)。 空気をたくさん飲み込んだままにしておくと胃の中が空気と母乳やミルクといっぱいになり、吐きやすくなってしまいます。おとなでも食べ過ぎたとき大きなゲップをすると食べ物が上がってきたということがあると思います。それと同じ状況です。 またその他にもおなかが張ったり(腹部膨満)、しゃっくりやおならが増えたり、うなることが増えたり急に不機嫌になったりとさまざまな症状を見ることがあります。 個人差がありますが、最初から哺乳が上手で空気を全く飲まないこどもや5-6か月ころまで空気を飲み込んでおなかが張ってしまうこどもまでさまざまです。 哺乳が上手になるまで、ゲップが上手になるまで大変ですがゲップをさせるように頑張ってください。ゲップをさせるタイミングゲップをさせるタイミングは「授乳直後」という方が多いですが、途中でさせても構いません。むしろ、途中にさせたほうがゲップを出しやすいこともあります 。途中とは飲みながらむずかっているときや飲む勢いがなくなって、ちょっと休んでいるなというタイミングや、おっぱいの左右を変えるときなどがチャンスです。ゲップの出し方簡単にゲップが出るときもあれば、なかなか出ないときもあります。2-3分でと書いているものも20分は頑張れと書いているものもあります。いろいろな態勢・方法がありますので、親も赤ちゃんも楽な態勢で試してみましょう。①床に座っても椅子でも親が楽な姿勢になる。 背中をやさしく下から上へなでる、優しくトントンしてあげます。②その1 肩にタオルなどをおいて、赤ちゃんを縦抱きにして、肩に赤ちゃんの胸をのせて肩にかつぐようにして背中をやなでる・トントンしてあげましょう。 その2 親の膝の上に赤ちゃんが横向きに座るような形にして、頭がぐらぐらしないように顎を親指と人差し指で支え、手のひらで胸を支えるようにして背中をやなでる・トントンしてあげましょう。 げっぷが出なくても大丈夫?結論から言えば、赤ちゃんのげっぷは出なくても大丈夫なことがほとんどです。しかしおなかは張っているとかうなっているなどの症状があるときは頑張ってあげてください。そしてミルクを飲んだ後に寝かせて吐いた場合、吐いたものが気管に詰まらないように気を付けてあげてください。タオルをどちらかの肩の下に少し入れて少しだけ顔が横を向くようにするとよいかもしれません。また上半身を少し高くするような位置でもよいかもしれません。上手になるとゲップをさせようする姿勢をするだけで出る赤ちゃんもいます。また寝返りと同時にする赤ちゃんもいます。「あなたはゲップがでなくて苦労したのよ。」と将来笑い話になると思います。ほんとうに一時のことです。楽しんでください。

  • 02May
    • 都筑区の巨大生物の画像

      都筑区の巨大生物

      都筑区に住んで19年たちますが大学病院に勤務していた時は心に余裕がなかったのか区内をゆっくり歩こうなどということをしなかったと最近気づきました。 あらためて歩いてみると緑道や公園がすごく多く、微妙につながっていて散歩コースがいっぱいあるのに驚きです。散歩している親子を見るとそういうことをしてこなかったことを少し後悔( ;∀;) 外出自粛がいわれているなか、週に1回の他院での外来以外全く都筑区から出ていません。そのため健康、気晴らしのために人通りの少ないところを選んで少し遠回りしながらクリニックに通っています。 定番ですが都筑区の巨大生物を紹介。都筑まもる君  私の世代だとキングコングを連想させます。 2001年に当地に着任したときには区役所通りにドンと構えていて「なんだ」とびっくりしました。最初は違和感だらけでしたが何回も見ていると不思議と愛着がわき、歴博通りに移動したときは「えっ、なくなっちゃたの」と早とちりしてがっかりしたのを覚えています。うちの娘も好きでした。今のこども達にも愛されているのでいつまでも都筑区を守ってほしいですね。トトロ都筑中央公園近くの区役所通りにかかる桜山歩道橋からセンター北駅方面を見ると、「となりのトトロ」に登場するトトロのシルエットが浮かび上がっています。車どおりが少なく、いつもよりきれいに見えていました。 お散歩の相手のカメラはGR digital IVです。もう8年くらい使っているかな。写真のセンスはありません。

  • 29Apr
    • 外出自粛とこどもたちの画像

      外出自粛とこどもたち

      外出自粛のこどもの健康への影響を考えてみました。乳幼児事故に気を付けましょう家の中どこでも転落事故が起きます。寝返りをして移動をし、小さいものをつかめるようになると事故が増えてきます。ベットやソファに寝かしていたのに、2階にいたはずなのに、玄関の段差から転落したということはよくあります。注意しましょう。誤飲も多い事故です。およそトイレットペーパーの芯を通る物はこどもは飲み込めるといわれています。ボタン電池やおもちゃ、ヘアピン様々なものをこどもは誤って飲み込んでしまうことがあります。小さいこどもの手の届くところに小さなものを置いておくことはやめましょう。溺水も危険です。実はお風呂も危険です。毎年水の事故のニュースを目にしますが、実はプールや海より家の中で多くおきています。浴槽には水を張っておかない、幼児が1人で浴室に入り込まないように、浴室のドアに鍵をかけましよう。たり、幼児用の柵を置けば安心です。入浴中の子どもから目を離さないようにしましょう。保護者が髪の毛を洗っているうちに溺れることもあります。浴室以外の水にも注意してください。洗濯機や子どもは10㎝程度の深さの水でも溺れてしまうことがあります。 家の中には興味を示すもの、危険なものがいっぱいあると考えておきましょう。生活リズムの乱れ生活リズムが乱れて朝起きずにごろごろしていると自律神経のバランスが乱れて、年長児でいう起立性調節障害の症状が出やすくなると考えられます。立ち眩みやめまい、頭痛、腹痛、だるさなどがよくある症状です。朝早起きして窓を開けて強いしっかりをしっかり浴びるようにしましょう。おねしょは大丈夫でしょうか。いままで日中は暴れて夜はぐっすり寝ていたのに、一日中家の中でゴロゴロして、食べたり飲んだりする時間も不規則になると、熟眠感が減り夜間にでる利尿を作りにくくするホルモン(抗利尿ホルモン)の出方が乱れて、治っていたおねしょがでることはないでしょうか。規則正しい生活と夕食後の水分摂取は控えましょう。精神的ストレス外に出られない。大きなストレスですよね。通勤時人通りの少ない所を選んですこしだけ遠回りして歩いたりしています。でも2月からラーメン屋も定食屋も我慢しています。医療を知っている私でもこうですから、知識のないこどもたちはなおさらだと思います。最近、チックや円形脱毛の相談を受けました。チックはうなってしまったり、舌打ちをしたり、体の一部を動かしたり、いろいろな症状がみられ、その程度もさまざまです。治療が必要なことは稀です。指摘せずに温かく見守ってあげてください。「ほら、またやった!」と指摘をすると緊張して余計に悪くなることがあります。便秘運動不足で便秘になるかもしれません。しかし便秘を治すチャンスかもしれません。便秘は学校などで便をしたいのに恥ずかしいから我慢しちゃおうということを繰り返すと便秘になりやすくなります。家にいるからこそ便意を感じたらいつでもトイレに行けます。食事で便通が改善しなければお薬を使って便通を規則正しい状況にするチャンスかもしれません。

    • 便秘の画像

      便秘

      便秘便秘で困っているこどもが増えており学童の6-30%位に便秘があるという報告があります。「人間が初めて知る快感、それは排便である」と有名な精神分析家フロイトは言ったそうです。こどもは大量に便が出た後は穏やかになる感じがしませんか。逆に便が出なくて困っているのが便秘です。便秘とは便が溜まった、または出にくい状態で、便秘症は便秘で腹痛や腹部膨満など症状が出て治療の対象となるものです。便秘のとらえ方は人それぞれで排便回数だけでは表わせません。慢性の便秘症の診断基準というものがあって、排便が週2回以下、おむつが外れたのに便失禁が週1回、大量の便の貯留、排便時の痛みなどです。便秘は乳児では母乳から人工乳への移行期、離乳食開始時期に、幼児期以降ではではトイレトレーニングや集団生活の時期になりやすいといわれています。 母乳栄養児では腸内細菌はビフィズス菌が多くなっており、人工乳や離乳食の開始により腸内環境が変化し便が出にくくなることがあります。年長児でも腸内環境を整えることは大事で、食物繊維、発酵食品、オリゴ糖などがよいとされています。 トイレトレーニングのときにはトイレや排便に悪いイジメージをもつと失敗しやすいと言われています。トイレでできなくても、汚してしまっても叱らないようにしてあげてください。できたことを褒めてあげてください。また排尿は自立したのに排便の自立が遅れる場合には便秘のサインかもしれません。腹圧を上手にかけることができずに排便できないこどももいます。足台があった方が腹圧をかけやすくなり、また補助便座よりオマルの方が上手にできるこどももいます。 集団生活にはいったことがきっかけで便秘になることがよくあります。成人でも旅行中など生活リズムがかわるだけで便秘になることがあります。今までは、自分がしたい時に排便できていたものの、集団生活にはいると、したいときにできなくなり、また周りの友達に知られると恥ずかしいという思いから、うんちをしたくても我慢してしまい便秘になってしまいます。そのためには子供が便意をがまんしなくてすむよう、トイレに行きやすい環境をつくることがひつようです。各地の学校で「和式から洋式に」「照明を明るく」「男子トイレ完全個室化」「擬音装置設置」などハード面の取り組みが行われ始めています。また今後は「うんちをすること、排便することは体のために大切で、決して恥ずかしいことではない行動なんだ」という意識教育も必要ではないかと思います。こどもたちは本来“○んこ”といったりするのは好きですから流行った“うんこドリル”などでそれに対する嫌悪感を和らげられたらいいなと思っています。便秘症便秘は排便が週に2回以下、痛みを伴う硬い便通、便失禁、便の貯留、トイレが詰まるくらいの大量の排便などがあると診断されます。硬い便は注意です。おとなは硬い便で疼痛があっても我慢して頑張って排便しますが、こどもは痛みのために排便を怖がってしなくなり、さらに便秘傾向になるという悪循環になりやすいです。また通常は便が直腸にたまると便意を感じますが、常に硬い便が直腸にあるようになると便意を感じにくくなるという悪循環もあります。そのためこどもの“便秘のサイン”を見逃さないようにしましょう。コロコロした便が少量しか出ない、硬いゴツゴツした大きな塊の便が出る、立って足をクロスさせて便を我慢するような姿勢をとる、排便時に苦しそうだったり痛そうだったり、お腹が張るなどです。またパンツがよく便で汚れている、肛門の前にひだができているというのも便秘のサインかもしれません。家庭でできる便秘対策便意を感じたら排便を我慢せずにトイレに行くように指導する便の状態をチェック   排便があったかどうかだけでなく、排便時容易く出たか、辛そうだったかなどの様子やかかった時間、便の状態も確認します。規則正しい生活をする  朝は早めに起きて朝食をとり、朝食後に必ずトイレに行く習慣をつけましょう。  ガイドラインは”朝に”と書かれています。しかしどうしても朝に時間が取れないこどもは、夕食後にゆっくりトイレに座る時間を設けることで  規則正しい排便の習慣を得られることもあります。体をつかう遊びをたっぷりと  体を動かすと腸が刺激されて活発に動くようになるため、便意が起こりやすくなります。水分補給をこまめに  脱水になると便が硬くなり出にくくなります。過剰な発汗による水分不足汗に注意しましょう。食事摂取量もしっかりと  ダイエットなどで食事摂取量が減ると便秘になりやすくなります。食物繊維をしっかりとる  食物繊維には腸の動きを活発にし、腸内環境を整える働きがあるため、便秘の予防・改善に有効です。  食物繊維が豊富な食材は海藻や大豆類、豆類、なめこなどきのこ類、こんにゃく、芋類、ゴボウなどの野菜・果物などです。発酵食品をとりましょう。乳酸菌(ヨーグルトや乳酸菌飲料)、オリゴ糖も有効です。マグネシウムをとりましょう    マグネシウムは腸管内の水分を保持する作用があります。ミネラルウォーターの硬水にはマグネシウムなどのミネラルが多く含まれているため、硬水を飲む便を柔らかくしてくれます。トイレトレーニングは焦らずに、叱らずに、褒めて進めよう失敗して叱られた、汚して怒られたなどの経験が排便をがまんする原因となる可能性があります。こんな時には小児科受診を!体重が増えない、体重が減る。嘔吐を繰り返す。便に血液の混入。下痢と便秘を繰り返す。腹部膨満(おなかが張れている)などは早めに受診。3日以上排便がない、排便時に嫌がる。トイレトーニングはうまく進まない。特に排尿は自立したのに排便はおむつじゃないとという場合。足をクロスさせて便を我慢するポーズをよくとる。

  • 17Apr
    • 子育て支援の画像

      子育て支援

       大学病院に勤務していたとき、発達、発育や離乳食の進め方、湿疹や胸の変形など、医者にとってはさほど重要に思わないことを保護者が誰にも相談できず悩んでいることをしばしば経験しました。相談内容も私が医師となったころとあきらかに変化していると感じました。あふれている情報であったり、転居などで継続した地域で横のつながりが持ちにくいなどの状況がそうさせているのではないか。なんとかそういうことにお手伝いできないかと思うようになりました。 そこで大学病院時代の同僚たちと”Pepeファミリーケア研究会”を立ち上げました。 人々が安心して楽しく育児ができる環境を確保できるよう、地域との繋がりを大切にした、継続的で包括的な保健・福祉・医療を行うことを目指しています。 おそらく保健師や医師会が育児支援を行っている地域はあると思います。 私たちは社会福祉士、看護師、助産師、保健師、保育士、医師、教諭など育児環境に関わるもの皆が集まって、それぞれの立場からの意見を交わして地域のこどもを持とうとしている人や妊婦、こどもや親、養育者など育児に関わる方々に多方面から貢献したいと考えています。

  • 16Apr
    • 不思議の国アリス症候群の画像

      不思議の国アリス症候群

      ときどき物が大きく見えたり、小さく見えたり、自分の体が大きくなったり、小さくなったりしたように感じると相談を受けることがあります。大視症、小視症として眼科を受診し異常ないといわれ、でも症状は残っているのに・・・。というこどもがいます。インフルエンザやEBウイルス感染症に伴い発症することがありますが、てんかんや片頭痛の一症状として現れることがあります。繰り返し症状を認め原因が見つからないときは不思議の国アリス症候群でしょうとお話しします。以前経験したのは女子中学生でときどき物がゆがんでみえる。頭がいたくなることも痛くならないこともあるということで2-3年眼科や複数の小児科、児童精神科に通っていました。発熱、頭痛、吐き気で受診され、口唇色も悪かったため輸液をしながら話をしていたら、上記のことをいわれ、「片頭痛と不思議の国アリス症候群じゃないかな。」片頭痛の治療をしてみましょう。と説明をし、その後経過は良く、数か月で「もう大丈夫。」といってくれました。原因がわからず不安に思っていたこどもが診断名をつたえて悪い病気じゃないよと言ってあげただけで症状を訴えなくなることを何回も経験しています。症状より不安感が強かったんだろうなといつも思っています。それでも症状がつらそうなときは片頭痛に準じて治療をしています。(プラセボ効果かもしれません。)心配な時はかかりつけ医にご相談ください。

    • こどもの頭痛の画像

      こどもの頭痛

       こどもが「頭が痛い」と言うことはよくあります。感冒やインフルエンザなど発熱性疾患、蓄膿(副鼻腔炎)の時などに訴えることがあります。 突然発症する、今まで経験したことがないような、どんどん痛みがひどくなると言ったり、また夜、頭痛で起きてしまう、外傷後、発熱、嘔吐、意識障害、けいれんなどを伴うようなものは危険なものが隠れているかもしれません。 持続的な頭痛で、毎日眠れないほど痛い、日に日に痛みが強くなっていくというのは危険なサインです。 繰り返し頭痛を訴え基礎に疾患のない頭痛の代表的な疾患は片頭痛や筋緊張性頭痛、起立性調節障害ですが明確に分けられない、併存していることもあります。 その頻度は片頭痛は7.4%、筋緊張性頭痛は13.3%程度で併せて約20%で、また片頭痛は3歳ころから発症することもあり、頭痛はこどもで決して珍しいものではありません。  片頭痛は頭の片方がズキズキと拍動するように痛み、歩いたり、階段の上り下りなど日常的な動作で頭痛が強くなるのが特徴で、1-72時間持続します。また前兆がある人もいます。閃輝性暗点といって中心にキラキラした光が見え、その周辺のギザギザした光が大きくなり、その内側が見えなくなっていくことが多いようです。そのほかチクチクした感じや知覚鈍麻、嗅覚や聴覚の異常を感じることもあるようです。生あくび、眠気、空腹感、首肩こりを認めたり、まれに運動麻痺を認めることもあります。 こどもの片頭痛は朝起こりやすく、両側性前頭側頭部痛が多く、光過敏や音過敏、吐き気・嘔吐を伴うことが多いです。「周りがなんかザワザワしていると思ったら急に頭が痛くなった。」と言うこどもがいます。またご家族に片頭痛の方がいることが多いです。 筋緊張性頭痛は肩や首の筋肉の緊張で血流が悪くなり頭痛が生じ、頭全体が締め付けられるような痛み、特に後頚部に痛みを感じることが多いようです。夕方から夜に多く30分から1週間程度持続することがあり、日常生活では増悪しません。同じ姿勢を続けていると筋肉が緊張して頭痛が起きてきます。スマホやゲーム、PCで下を長い時間向いていると生じやすくなります。 精神的なストレスも頭痛の誘因になるようです。以前、テスト前やテスト終了後に頭痛を訴えるこどもがいました。「ほっとしても痛くなるんだ。よく頑張ったね。」とお話ししました。 頭痛の原因は明確に分けることはできずにこども個々で原因、予防、治療を考えるべきと考えています。生活が不規則になりめまいや立ち眩みがひどくなったら頭痛の頻度も増えたというこどももいます。起立性調節障害と片頭痛の併存かと思います。 また繰り返し痛みを感じると「悪い病気じゃないか。」という不安がどんどん大きくなり精神的な緊張、ストレスでさらに頭痛が増悪しているこどももいると思います。 頭痛のために受診され「大丈夫だよ。」といわれただけで、またはCTを撮っただけでほぼ毎日我慢できずに鎮痛剤を飲んでいたのに全くお薬を必要としなくなったというこどもを何人も診ました。 ★頭痛の予防に下記のように説明しています。早起きの規則正しい生活をしましょう。姿勢を正しく、同じ姿勢を続けないようにしましょう。適度な運動をしましょう。ストレッチでもよいです。入浴をして体を温めましょう。精神的なストレスの原因をよく観察しこどもと一緒に考えてみましょう。頭痛が心配な方はかかりつけ医にご相談ください。

  • 13Apr
    • 生活リズム

      新型コロナウイルス感染症のために外出できず生活リズムを整えるのが難しくなっています。子どもたちの健やかな成長には、「早寝早起き朝ごはん」をはじめとした規則正しい生活習慣が大切といわれています。私はまず「早起き、日中は活動的に」を頑張ってと説明しています。生体時計は1日25時間といわれており、少し油断をすると生活リズムは次第に後ろにずれやすくなります。朝寝坊が簡単なのはそのためです。1日のリズムはしっかりと強い朝陽を浴びると、体にスイッチが入って体内時計を24時間リズムにリセットされます。太陽の光を浴びて、運動をすると代謝も活発になり、適度に疲れる事で、寝つきやすくなります。 また夜に明るい光を浴びると、体内時計のリセットが上手くいかず、リズムが乱れて、体が朝と勘違いして寝つきにくくなり昼夜逆転するようになることがあります。夜、特に寝る2時間前はスマホ、テレビ、DVDなどを視聴しないようにしましょう。そして明るく騒がしい寝室では、浅い睡眠になってしまい、照明を暗くすると深い睡眠を促します。子どもたちの生活リズムの乱れが学習意欲・体力・気力の低下の要因の1つといわれています。また学童期では立ちくらみやめまい、倦怠感、頭痛といった症状が出やすくなります。子どもの生活リズムや睡眠の重要性を理解し、子どもの生活リズムを見直し、まずは、早起きし朝しっかり太陽の光を浴びましょう。Youtubeでプロスポーツ選手が家の中でできる運動をたくさん教えてくれています。日中は体を動かすことから始めてみましょう。#都筑区 #小児科 #新型コロナウイルス感染症 #生活リズム

  • 11Apr
    • 成長曲線

      よく体重が増えない、身長が低いと相談を受けます。そんなときは母子手帳などの成長曲線にいままでの成長をプロットしていただきます。多くの保護者は線から外れていると不安に感じることが多いようです。そこで成長曲線の見方です。パーセンタイル曲線といって7本の曲線が体重の基準線になっているものがあります。この7本の基準線は上から97、90、75、50、25、10、3パーセンタイル曲線といい、同じ年齢の子ども100人を身長もしくは体重の低い方から高い方に並べた場合、低い方から高い方に数えてならべて97パーセンタイル値は97番目、3パーセンタイルは3番目にあたる身長または体重を意味しています。母子手帳は一番下の線が3パーセンタイル曲線で一番上の線が97パーセンタイル曲線です。そのため100人中6人は必ずその枠から外れます。35人のクラスでは先頭のこと最後尾の子は外れることになります。この子たちは異常でしょうか。多くの場合違います。わたしは小学校時代とても背が小さく、並ぶと6年間で3-4年間は一番前であったと思います。「前へならえ」で手を前に伸ばすことにとても憧れました。 “チビ”といわれるのがすごくいやであったこと、ごまかして少し背伸びをしたけどやはり一番小さくてショックを受けたことを覚えています。それでも一応普通の社会人になったつもりでいます。たとえ成長曲線の枠から外れていてもこの曲線と並行してゆるやかに育っていれば異常がないことが多いです。思春期発来時期は個人差が大きいですが、それ以外の時期に急に大きくなった。背が伸びなくなった。というのは何らかの異常が生じた可能性がありますのでご相談いただいた方がよいと思います。また乳児期では母乳や人工乳など栄養により成長曲線に沿わないこともあります。完全母乳栄養児の発育は人工乳の子に比べると、緩やかであることが多く、完全母乳栄養児の発育を成長曲線にプロットすると標準以下をしめすことがあり、それを根拠に母乳不足と判断されてしまうこともあります。完全母乳栄養児の体重、身長は男女とも成長曲線の10%タイル近くで, 頭囲はやや大きいことがわかっています( Acta Pediatrica 2013 )心配なときはご相談ください。

  • 10Apr
    • 予防接種の画像

      予防接種

      ときどきワクチンは意味がないという話を聞きます。また副反応を大きく取り上げて害だという人も。ワクチンで防げる病気(VPD)は、子どもたちの健康、生命を脅かす重大な病気です。VPDに感染して、後遺症で苦しんだり、亡くなったこどもを何人も診たので私は積極的に接種を勧めています。例えばヒブ、肺炎球菌の定期接種はそれによる細菌性髄膜炎をあきらかに減らしてくれました。インフルエンザワクチンは感染することは減らさなくても脳症、肺炎などの重症化の予防には効果があるといわれています。また流行性耳下腺炎(おたふく)を発症した人のうち、0.2~1.1%の頻度で難聴をきたし、それは治らないといわれています。昨日まで元気で健康なこどもが一つの感染症をきっかけにまったく家族を認識できなくなったり、耳の聴こえが悪くなったりします。無数にある感染症の中で、VPDはわずかですが、防げる病気だけでも罹ること重症化することを予防して、大切な子どもたちの健康を守りたいと考えます。アメリカでは2000年に麻疹の撲滅が宣言されましたが、ニューヨーク市で2018-19年に麻疹の集団感染が発生しました。イスラエルから帰国したワクチン未接種の麻疹にかかった小児1例が発端となり、649例の麻疹感染が発生しました。患者は18歳以下で81.2%、MMRワクチン未接種が85.8%でした。(NEJM. 2020; 382 (11): 1009-1017)一度撲滅されたとおもわれたウイルスでもワクチン接種率が低下すると大流行をきたすことがあります。 勧められているワクチンについては接種することをおすすめします。

    • ○○病院小児科 と こどもクリニックの画像

      ○○病院小児科 と こどもクリニック

      横浜市都筑区 小児科専門は先天性心疾患や川崎病などを主とした小児循環器学で、2001年から18年間都筑区にある昭和大学横浜市北部病院に勤務をしていました。大学病院では健常児の健診や予防接種、下痢や咳といった一般的な病気をはじめ、手術や移植医療、世界に数例しか報告のない稀少疾患など様々なこどもたちに関わり経験させてもらいました。数年前、心臓外来を見学していた学生にふいに「先生って、心臓の話をしないんですね。」といわれ、たしかに乾燥肌、おねしょ、癖、落ち着きのなさなど“病気”といってよいのかどうかわからない症状について話していることが多いのに気づきアッと衝撃を受けました。その頃から専門分野に偏らず保護者の不安の一部分でもやわらげられたら良いなという思いが強くなりました。受付クリニックでは受診するのに紹介状は必要なく、いつでも同じ顔が座っています。できる検査は限られています。しかし今までも検査をしないとわからないことは数%しかなかったので今までとスタイルは変わりません。心電図、レントゲン、エコーなど心臓の検査は大学病院にいたときとほぼ同じようにやっています。気楽に受診してもらえるクリニックを目指します。自分で解決できなくても適切なところを紹介できるこどもたちのとりあえずの相談窓口になりたいと思います。