パナソニック 陶芸の、ジャポニズム |  創業60年 オーダー婦人服店  赤いクマノミのブログ  at 渋谷

 創業60年 オーダー婦人服店  赤いクマノミのブログ  at 渋谷

私らしい装いをご一緒に捜しましょう。  

ブティック モロ

クチュール素材のオンリーワン

寒いビル風、汐留のビルにビル群が

映り込んで、、

まるで、ビルがビルを飲み込んだみたい。(^^)



強い風。

歩くのは、日陰ばかり、、

かなり、、寒かった!!



予約をとって、こちらに向かいました。

パナソニック美術館


1860年頃からの

ヨーロッパへ影響を与えた、

日本の芸術ジャポニズムの影響。


それを焼き物の歴史でたどっています。



ヨーロッパだけでなくて、ニューヨークにも影響

あのティファニーも、

金属の光を放つ作品群

陶芸の作品を沢山残していました。

ポスター右のブルーがそれ。


ハンガリーの陶芸が、なんとも、

東洋西洋混ざり合っていて、、好きです


ガレに見られる、ジャポニズムは

どこかで知りましたが、、

それににたどり着くまでのハンガリーの作品が、

日本の心を知りつくしちゃった??ってほどの

「ざ!日本の陶器!!」

興味深かった。


釉薬が窯で焼いたらどうなるか、、

自然に任せてしまう。日本の流しがけ。

自然に色を任す事は、

ヨーロッパには無かった感覚とか、、、



クレマチス、オダマキ、枯れた花までも、

美しく取り入れてる反面、

リアルな蛙のお皿‼️それも何匹も、

足伸ばしてて、、、繊細なタッチ💦ギヨ!


この芸術家達、迷いなく、描いた?

使う人の事は、考えてないわねーー、、、なんて

失礼な事を考えながら、、(^^)



出口では、ジャポニズムのムービーを

自由に観れます。

自分の為に使う贅沢な時間でした。



素敵です。