自宅にて、フランス料理教室レッスンを始めました。

詳しくはHPをぜひご覧くださいませ~。



フランス料理教室 「ねこのひげ」

http://softcreamcat.amebaownd.com
  • 04 Dec
    • ポロ葱のクルスタッドゥ

      先月自宅レッスンに来られたKさんが、極太のポロねぎを2本プレゼントして下さいました。いつも1本のポロねぎをケチケチ使っていますが、おかげでポロねぎたっぷりメニューに挑戦できます前回のブログに載せたエストファッドゥにもポロねぎを使っているんですよ。今回はポロねぎのクルスタッドゥ。フランス、フラミッシュ地方のお料理で「フラミッシュ・オゥ・ポワロ―」とも言います。ポロねぎの千切りを炒めて、生クリームで和えたものとカリッと炒めたベーコンが入ります。ポロねぎの炒め加減とちょっぴり効かせたカレー粉がポイントです。来月の自宅レッスンは、みんな大好きな「キッシュ・ロレーヌ」の予定です。15cmのキッシュを1台お1人で仕上げて頂き、まるまるお持ち帰りお楽しみに~

      5
      テーマ:
  • 28 Nov
    • 鎌倉の自宅で毎月ライブを開いていらっしゃるM様宅へ、久しぶりに伺いました ・ ・ お持ちし...

      鎌倉の自宅で毎月ライブを開いていらっしゃるM様宅へ、久しぶりに伺いました🎼 ・ ・ お持ちしたオックステールのサラダを、素敵なイッタラのガラス器に盛り付けて頂いて嬉しい〜😊 ・ ・ 2枚目はM様の作ったお菓子たち🍰 右がマニュ 左はニンジンのパウンドケーキ 下はココナッツのお菓子 ・ ・ いつも季節に沿ったインテリアやテーブルのしつらえが、大人の洒落た雰囲気なのです💕 ・ ・ #イルプルー#イルプルーシュルラセーヌ #自宅ライブ ねこのひげさん(@nekonohige46)がシェアした投稿 - 2017 Nov 28 5:03am PST

      2
      テーマ:
  • 27 Nov
    • 12月自宅レッスン 募集開始しました

      12月のレッスンメニューは、若鶏のフリカッセ 粒マスタードソース  です。家族が揃うクリスマスディナーに、ちょっと本格的なチキンのクリーム系シチューをご提案丁寧に撮ったフォンドヴォライユ(家禽のだし)で骨付鶏肉を煮込んで、生クリームと粒マスタ―ドを入れて優しい味のソースに仕上げます。マッシュルーム、にんじん、グリンピースも別々に作って最後に合わせます。「いつものシチューとは違う~」という感想が聞こえてきそうですね詳しい内容はHPをご覧くださいませhttp://softcreamcat.amebaownd.com

      3
      テーマ:
  • 26 Nov
    • フォン・ブラン・ドゥ・エストゥファッドゥを自宅で取ってみました イルプルー(家庭用)のルセ...

      フォン・ブラン・ドゥ・エストゥファッドゥを自宅で取ってみました😅 イルプルー(家庭用)のルセットです ・ ・ 1枚目は焼き色を付けた骨や肉🍖などの材料一式🥕 2枚目は出来立てのエストゥファッドゥです。これにワインを加えて煮詰めたものがドゥミグラスです。 ・ ・ 巨大な鶏ガラを入れたのでちょっと鶏味が濃い目ですが、まあまあ形になったかな😋 お料理のベースになるエストゥファッドゥを自宅で作る、という今年の目標をなんとか達成‼️ ・ ・ #イルプルー#イルプルーシュルラセーヌ#フランス料理 #フォンブランドゥエストゥファッドゥ #エストゥファッドゥ #イルプルーのスタッフさんの苦労が改めてわかった ねこのひげさん(@nekonohige46)がシェアした投稿 - 2017 Nov 26 5:15am PST

      2
      テーマ:
  • 23 Nov
    • 11月 自宅レッスン風景

      KさんとMさんが今月の自宅レッスンにお越しくださいました。豚のソテー プルーンとはちみつ風味 さつまいもと根セロリのピュレの秋らしい2品を作りました。豚肉は焼き色を付けたら、オーブンに入れてほぼ放置。プルーンとはちみつが入るので、ほんのり甘くてご飯にも合う味です。ソースのとろみのつけ具合・調味するごとの味の変化を、その都度味見しつつ仕上げて頂きます。フープロにかけてさらに裏ごしして仕上げるピュレも、なめらかで香り良い仕上がりキャラメル風味のさつまいもはまるでスイーツふんわり香る根セロリがお料理に合うのです。お料理自体の美味しさもさることながら、料理しながら私が感じた驚きや発見などもお伝えできたらいいなと思っていますさて、出来上がり今回はご試食として「海の幸のアスピック」を召し上がっていただきました。2017年ドゥニ・リュッフェル氏料理講習会で習ったものです。アップで見るとこんな感じ澄きとおったジュレに野菜やエビ、サーモン、グリーンペッパーなどがキラキラと散りばめられています。おいしいお料理を作る楽しさ・食べる楽しさ、そして尽きないおしゃべり興味がおありの方はぜひ一度いらしてみませんか~

      6
      テーマ:
  • 11 Nov
    • タルトゥ・オニオン

      気温が下がってきたのでクルスタッドゥの練習を日本ではたいてい「キッシュ」と呼ばれていますが、パータ・パテ生地に卵液を流して焼いたものを「クルスタッドゥ」といいます。日本で有名になった「キッシュ・ロレーヌ」とは、ロレーヌ地方名産のクルスタッドゥなのです。今回作ったクルスタッドゥもなぜか名前は タルトゥ・オニオン。クルスタッドゥはつかないけど立派なクルスタッドゥです。1時間じっくり炒めて甘味を引き出した玉ねぎとロックフォールチーズが入ります。玉ねぎとチーズで旨味は充分。それを引き立てるために、塩・コショウ・ナツメグも強めに効かせます。今までのクルスタッドゥで一番よくできた仕上がり1月のレッスンはクルスタッドゥにしようかな~と計画中種類がたくさんあるので、どれにしようか迷っています。ちょっとハードルは高いかもしれませんが、出来上がったときの達成感とイルプルーのクルスタッドゥの美味しさ是非味わっていただきたいです。やってみたいと思う方は楽しみにお待ちくださいね

      12
      テーマ:
  • 09 Nov
    • @kaemuroさんから、「野菜栽培販売をしている井上農園さんの野菜を買いに行かない?」と...

      @kaemuroさんから、「野菜栽培販売をしている井上農園さんの野菜を買いに行かない?」とお誘いがありました😄 ・ ・ 今回は、#紫ミズナ#カリフローラ#ミニニンジン を購入🥕 ニンジンはパリッと甘く、紫ミズナは香りが良くて微かな苦味がクセになりそう。 ・ ・ 湯葉を添えてサラダ仕立てに。 #チキンのディアボロ風 と一緒に晩ごはん🍴 ねこのひげさん(@nekonohige46)がシェアした投稿 - 2017 Nov 9 5:52am PST

      3
      テーマ:
  • 02 Nov
    • サーモンのアスピック & ボロネーゼのショートパスタ

      サーモンのアスピックを2回りくらい大きいプリン型で、再トライしました。前回の小さい型だと、せっかくの美しいガルニチュール(具)がよく見えないのです。この大きさの型だと、 ディルの一枝が綺麗に上面に収まる 上から眺めてアボカドムース、サーモンが見通せる 高さも十分にあるので立体的に美しく見える問題解決ですやったぁそれから、今回はサーモンをそぎ切りではなく角切りにしてみました。これはイルプルーのレッスンの試食の時、同じテーブルにいる生徒同士で「そぎ切りだとフォークを入れるとべローンと出てきちゃって、せっかくのアスピックが崩れるねぇ・・・」「もう少し小さいそぎ切りか、角切りの方が美しく食べられるねー」と、話していたのを思い出したからです。皆さんも作っているかしら。ボロネーゼソースのショートパスタと一緒に晩御飯でした。このボロネーゼのレシピは、なんと昔のNHKテキスト・イタリア語講座に載っていたもの。少しずつ余っていたフジッリとペンネをミックスしてみました。

      14
      テーマ:
  • 25 Oct
    • 11月 自宅レッスン 募集開始です

      11月のレッスンメニューは、豚のソテー プルーンとはちみつ風味 & さつまいものピュレ です。秋の雰囲気が味わえるほんのり甘い豚の煮込み。ソースも多めでシチューのように満足感がありますよ~。付け合わせは女性が大好きなさつまいもをピュレにします。シナモンと根セロリがふわ~んと香る、大人スイートなお味です。詳しい内容はHPをご覧くださいませhttp://softcreamcat.amebaownd.com

      7
      テーマ:
  • 24 Oct
    • ピカルディ風クレープ & グラーブラックスのサラダ

      冷凍庫にちょっと残っていたフォンドヴォライユ(家禽のだし)鶏ガラからきちんと取ったものです。普通にスープで消費しちゃうのはもったいないので、ピカルディ風クレープを作りますまずフォンでポロねぎを煮ます。ハムといっしょに炒めて、生クリームとグリュイエールチーズを少量。これがガルニチュール(具)になりますソースはポロねぎの煮汁とフォンと生クリーム仕立て。お皿に盛ったらクレープの上にグリュイエールチーズをのせてバーナーで炙ったら出来上がり自家製グラーブラックスを散らしたサラダを添えていただきまーす。生クリームというと、ベッタリしつこい味を想像されるでしょうか。しっかりしたフォンがベースにあり、使う生クリームは少量なので、全体の印象は味わい深くて穏やかな味です。前回の記事では缶詰のフュメにがっかりしましたが、やはりきちんと取ったフォンは味が全然違うのを再確認~

      1
      テーマ:
  • 23 Oct
    • サーモンのポワレ赤ワインソース、ル・ピュイ産のレンズ豆のヴァントゥレッシュ風味添え

      魚屋さんで半身におろしてある皮付きの鮭を見つけましたお魚丸ごと買うのはさすがにおろすのがめんどくさい、でも切り身になっているものはちょっと大きさが違う・・・。お肉も塊、魚も半身のものをもっとたくさんお店に置いてくれればいいのにと前から思っています。こう思うのは私だけかなぁ・・・?塊のままなら、そのまま焼く、角切り、ちょい厚スライスetc. いろいろできるのに、切り身や薄切り肉だとお料理も限られますしね~。話が飛びました。さてサーモンは皮と骨を取って、普通にソテー。レンズ豆は香味野菜と一緒に煮ます。彩り野菜は大きさを揃えて5mm角に切り、バターソテーにします。カリカリベーコンも作ります。香味野菜を炒めてから赤白ワイン、ドゥミグラス、フュメ・ドゥ・ポワソンを入れて、時間をかけて煮詰めた赤ワインソースを添えて出来上がりソースを全体に張ったらレンズ豆と見分けがつかなくなっちゃいました。このレンズ豆もホクホクで味わい豊かで大好きです。サーモン・野菜・お豆・ベーコン・・・様々な食材が一皿で摂れちゃうバランスの良いメニューですね!そしてこのお料理の主役、赤ワインソースイルプルーレッスンの試食の時に、今まで習った中で一番おいしいソース!と思いました。トリュフソースなどにはもちろん派手さはかないません。が、幅の広い旨味が喧嘩せずに一つのソースになっていることにビックリします。イルプルーのドゥミグラスとフュメ・ドゥ・ポワソンを味わったことのある方はぜひ想像してみてください。あの味が同時に味わえるのです・・・。今回はちょっと高めの市販のドゥミグラスと、ポピュラーな缶詰のフュメ・ドゥ・ポワソンを使用。結果はやはり満足できるものにはなりませんでした。最近魚屋で、鯛やヒラメのアラやほうぼうのお刺身(アラ目当て)を無言で見つめることが多くなりましたフュメ・ドゥ・ポワソンをいつか自宅で作りたい・・・。

      8
      テーマ:
  • 09 Oct
    • 豚のソテー プルーンとハチミツ風味&さつまいものピュレ

      先週習ったお料理のおさらいを早速。ひんやり肌寒い秋のディナーにぴったりなメニューですメインは豚肩ロースにこんがりと焼き目をつけてから、香味野菜やドゥミグラス、ワインなどとオーブンに入れるだけ。プルーンとハチミツも入るので、ソースに甘く濃厚なとろみがつきます。ソースの仕上げにコニャック(本来はアルマニャック)を入れると、ソースがぐっと重厚に今回はルセットの半量作りましたが、ちゃんと味が出ていました。オーブンに入れてからはほぼ放置なのにこの美味しさはスゴイ付け合わせも秋らしくキャラメルとシナモンでさつまいもと根セロリを煮て、裏ごししてピュレに仕上げます。これは、ほとんどスイーツと言っていい美味しさ根セロリがふわんと香るので、お料理とも相性が良いというわけです。今回このピュレはルセットの倍量作っちゃいましたレッスンの時、「これを死ぬほど食べたい!」と思ったからなのですが。でも流石に多かったみたい豚のソテー プルーンとハチミツ風味&さつまいものピュレ  の出来上がり豚はホロホロにやわらかく煮えて、半量なのに量もたっぷり。ドゥミグラスやワインで煮たのに、何となく「豚の角煮」に通じるものがあります。変な意味じゃなくて、気取っていない味ということです。白いご飯がどんどん進んじゃう味です。ドゥニさんの本「感動の味わい」では、この豚の付け合わせはもともとは「ポワカッセ(グリーンピースの半割)のピュレ」でした。ポワカッセが手に入りにくいということで、レッスンではさつまいものピュレに変更になりました。調子に乗ってさつまいもピュレを倍量作ってわかったのは、両方甘いお料理だと食べていてちょっとくどいということ。次回この豚プルーンを作るなら、じゃがいものピュレを合わせるかなでも何度も言いますが、このさつまいもピュレは絶品です

      15
      テーマ:
  • 05 Oct
    • 一昨日習ったソース・オ・バズィリック(バジルのソース)を昨晩作りました。 色鮮やかなグリー...

      一昨日習ったソース・オ・バズィリック(バジルのソース)を昨晩作りました。 色鮮やかなグリーン! ・ ・ 出来立てが一番美味しいけど、今日友達と会う約束があるので、これだけで我慢😁 だってすごいニンニクなんだもの。 ・ ・ #フランス料理 #イルプルー #バジルのソース#バジルソース #バジルぺースト #ソースオバズィリック #バジル#ニンニク#ニンニク臭い #ニンニク好きにはたまらない ねこのひげさん(@nekonohige46)がシェアした投稿 - 2017 Oct 4 7:31pm PDT

      5
      テーマ:
  • 04 Oct
    • フランス料理上級レッスン 8回目

      あいかわらず食欲は爆発中な私。さて今日はどんなおいしさなのかしら、と考えながら代官山に向かいます。★ ラ・スープ・オ・ピストゥフランス地中海地方では、バジルのことを「ピストゥ」というそうです。「バジルのスープ」ですね。トマト控えめ&野菜の種類多め版ミネストローネといったところでしょうか。たまねぎ、ポロねぎ、にんじん、じゃがいも、緑のいんげん、白いんげん豆、トマト等、野菜がもりだくさんです。細いパスタも入ります。そして ソース・オ・バズィリック。にんにくとバジル等を生のままフープロにかけたものです。このソースは調味料としてスープにも入れますし、バゲットに塗ってスープにも添えられます。本当に見た目は地味なのですが、ただの野菜のごった煮になっていないのは流石のイルプルーです。味わいが澄んでいて一つ一つの野菜の味がハッキリと感じられ、しみじみおいしいです。ソース・オ・バズィリックは、イルプルーのお料理の中で一番の強烈にんにく味でした。にんにく好きにはたまらないおいしさです。が、生なので「かぁ~~~っ」とくる後味翌日どこにも出かけない、誰にも会わないなら、パン・魚・肉・野菜・パスタ・・・好きなものにたっぷりつけて食べたいなぁ。★  サーモンのポワレ 赤ワインソース、ル・ピュイ産のレンズ豆のヴァントゥレッシュ風味添えヴァントゥレッシュはベーコンを使ったものに付けられる名前です。付け合わせのレンズ豆は香味野菜と水(!)だけで煮るのみ。これ簡単でおいしくていろいろなお料理に使えそう。小さな角切り野菜のバターソテー。カリカリベーコン。サーモンも普通にソテー。そして、香味野菜とワインで作ったソースを添えます。「ソースを添えます」と簡単に済ませられないほど、美味しいソースですフュメ・ドゥ・ポワソンとドゥミグラス、両方使っているからです。贅沢すぎる両方づかい!この濃いボルドーカラーの液体の中に、どれだけの素材と時間が使われていることか・・・。舌にのせるといろいろな味が広がって押しよせてくる・・・表現がむずかしーい。★  豚のソテー プルーンとハチミツ風味、さつまいものピュレこちらは実演のみでした。作り方はいつもの煮込みとほぼ同じです。こちらも見た目は地味ですねー。でも食べると「秋の味覚」という想いが浮かんできましたプルーンとはちみつの抑えた甘さとフルーティーな香りの柔らかい豚肉。刻んだクルミのトッピングもすごく効果的。そして、さつまいものピュレ!試食したとき、生徒全員の顔にまず驚愕の表情がうかんで、その後「おいしい・・・」と口々につぶやいていました。たぶん女性の95%は好きな味キャラメルとシナモンで煮た、さつまいもペーストですから。でもお菓子っぽくなくて、ちゃんとお料理の付け合わせのお味になっています。私ならどんぶり一杯食べられます今日のお料理は手に入りにくい材料もなく、復習しやすそうです。でも、サーモンのソース・・・あのぶっ飛んだおいしさは再現できそうもないなぁ

  • 02 Oct
    • 10月自宅レッスン募集開始しました ・ ・ 帆立貝とアボカドのサラダ サーモンのガレット ...

      10月自宅レッスン募集開始しました✨ ・ ・ 帆立貝とアボカドのサラダ サーモンのガレット 2品作ります😋 ・ ・ 詳しくはHPをご覧ください #フランス料理 #フランス料理教室#フランス料理レッスン #藤沢#湘南#藤沢料理教室 ねこのひげさん(@nekonohige46)がシェアした投稿 - 2017 Oct 2 3:50am PDT

      5
      テーマ:
    • 10月 自宅レッスン 募集開始しました

      10月のレッスンメニューは、帆立貝とアボカドのサラダ & サーモンのガレット です。フランス料理のサラダっていろいろなものが少しずつ入っていて、その一つ一つに丁寧な下ごしらえがされています。「こんな風に作るのかぁ~」「いつもすぐ食べちゃうけどすごく手がこんでいるのね~」作ってみるといろんなことがわかりますよ。ちょっとおしゃれにセルクル仕立てで作りますもう一品はサーモンのガレット。口に入れるとそば粉の香りがふわっと漂うガレットを焼いて、サーモンとクリームソースをトッピング詳しい内容はHPをご覧くださいませhttp://softcreamcat.amebaownd.com

      4
      テーマ:
  • 01 Oct
    • ムール貝のスープ & ローストポーク

      またムール貝なのーーというお声が聞こえますサフランパウダーを買ってしまった上に、活きムール貝を扱う魚屋さんを見つけてしまったので、ムール貝連投です。ちなみにその魚屋さんにアンコウも手頃な値段で売っておりました。しばらくシーフードが続きそう・・・今日の挑戦は  ムール貝のスープ。作り方は前回のムール貝のプロヴァンス風と似ています。違うところはスープ(フュメ・ドゥ・ポワソン)を入れるところ。今回はハインツの缶詰のフュメを使用。貝の口が開いたら身を外して、フープロ→ミキサーへ。調味して出来上がり手順は簡単です~。ハチミツでマリネしたローストポークと一緒にいただきますまさに海の幸といったおいしさです。ミキサーにかけた段階では食欲をそそる色ではないなと思いましたが、サフランパウダーを入れたら無事にあったかベージュイエローになりました。良かった良かった今月の自宅レッスンのご案内が遅くなっておりますムール貝と迷ったのですが今回は違うものにしました。近々お知らせいたしますので、お楽しみに!

      5
      テーマ:
  • 25 Sep
    • ムール貝のプロヴァンス風

      最近、シーフード料理にハマっています思い切ってサフランパウダーも買ってしまったので、ますますシーフード料理の幅が広がりそう。ずっと作りたかった  ムール貝のプロヴァンス風  を作ります。作り方は、一般的な貝の酒蒸しとほぼ同じです。にんにく、トマト、バジルを入れるところがプロヴァンス風なのですね!ソースが透明でないのは、サワークリームが入っているから。酸味とクリーミーさのバランスが絶妙です。材料を揃えておけば、短時間でできてしまいます。そのかわり作り置きはNG!できあがりをすぐいただきましょう「白ワイン欲しい~」というお声が聞こえてきそうお皿に山盛りですが貝殻が大きいだけで、それほどボリュームがあるわけではありません。これ一人前でもいいくらい。カンタンだし美味しいし、普通の晩御飯のおかずにしてもGOODです~

      8
      テーマ:
  • 20 Sep
    • サーモンのアスピック

      すっかり涼しくなりましたが、涼しげなメニューをご紹介サーモンのアスピック  です。自家製グラーブラックスとアボカドムースを、シェリー酒を効かせたジュレで固めたものです。イルプルーのレッスンで習った時はシェリー酒がきつ目に感じたのですが、ルセット通りに入れてちょうどよい香りに仕上がりました。型から外すのが難しい~どうしても崩れてしまいますね。本来オーバル(楕円)型で作りますが手に入りにくいので、プリン型で作りました。が、作ってみるとオーバルを使う理由がわかりました。ガルニチュールを美しく見せるためには、底面が広い方がよい。ならば、円よりもオーバルの方が大きい具が入れられるし、見た目も美しいというわけです。こういうことってやっぱり作ってみないとわからないですね~大きいプリン型で、また作ってみなければ!

      12
      テーマ:
  • 15 Sep
    • 鯛と野菜のヘーゼルナッツオイルのソース

      先週イルプルーで習ったメニューを早速おさらい鯛と野菜のヘーゼルナッツオイルのソース  です。いつもの魚屋さんには40cmくらいの立派な鯛がありましたが、今回は予算上20cmほどの小鯛で挑戦身が薄っぺらくなりますが、仕方ない。作り方はそれほど難しくありません。野菜をゆで、バターソテー。鯛をおろし、蒸す。ソースは乳化させないエマルジョンソースです。このメニューがただの魚料理に収まらないのは、たっぷりのハーブとヘーゼルナッツオイルソースがあるからでしょう。ナッツの香りがこんなに魚に合うなんて!口に運ぶたびに、驚きとおいしいものを食べる幸せが溢れますバジルと松の実でジェノベーゼソースも作りました。茹でたてパスタに絡めていただきます

      6
      テーマ:

プロフィール

アプリコット

性別:
女性
お住まいの地域:
神奈川県
自己紹介:
藤沢駅からバス15分。  自宅キッチンでのフランス料理教室です。 代官山 イルプルーシュルラ...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブックマーク

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。