絵描き環境 - アナログ編 |     ✤ We Love Softbrain ✤ 

    ✤ We Love Softbrain ✤ 

        日々の仕事や、プライベートな趣味まで掲載しています。

こんにちはビックリマーク
ソフトウェア開発部のNですクローバー

絵を描くのに普段使っている画材や環境を紹介しますひらめき電球
今回はアナログ編です音譜


アナログで描く際に主に使っている画材はこんな感じです!!


下に敷いているのは30cm×24cmのスケッチブックです。

ペンは右から、鉛筆、線画ペン、水彩マーカーです音譜


作業工程としては

①鉛筆でラフを描き鉛筆



②線画ペンで線を描き鉛筆



③水彩マーカーで色を塗るカラーパレット


といった順ですビックリマーク
作成時間は、写真の絵だと2時間ほどでした音譜


と、簡単に画材と工程を説明しましたが、最近はほぼデジタルで描いているので、苦戦させられた久々のアナログ絵でしたあせる


アナログでしか出せない味もあり、絵とは中々奥が深いものです音譜


それでは、次回デジタル編で爆笑