SE道場(4ビットCPUとの格闘) |     ✤ We Love Softbrain ✤ 
新型コロナウイルスに関する情報について

    ✤ We Love Softbrain ✤ 

        日々の仕事や、プライベートな趣味まで掲載しています。

こんにちは。シニアAですクローバー
 
本日からSE道場なるものを開設しますダンベル
この道場は私が体験してきたシステム話や、設計のコツ、コーディングの技などを披露していきたいと思うビックリマーク
乞うご期待・・・
 

私が29歳の時の話である。
皆さんは4ビットCPUなどはご存じだろうか?
64ビットCPUの時代にそんな小さいビット数のCPUなんか知らないっていう人がほとんどだろう。
仮に知っていた人でもせいぜい8ビットCPUまでだろう。
 
4ビットCPUのプログラム領域は256バイト、拡張領域を付けて512バイトがすべてだった。
こんなに少ない領域でも1バイト命令と2バイト命令で結構なことができるものだニヤリ
 
4ビットCPUのプログラミング方法は、コンパイラとかないため、直接マシン語で入力するひらめき電球
マニュアル片手に入力することでも十分やっていける。
引き合いに出ていた仕事は、先人が作ったポータブル端末料金制御装置を改良する仕事だった。
 
あるタイミングでメッセージをだすだけだ。これは簡単ひらめき電球と思い、仕事を引き受けた。
 
いざ仕事を始めてみると、空きは1バイトもなく埋まっていた。
これではなにもできないあせる
そこで私は領域を空けることから開始した。
 
複数バイト命令語を調べてはバイト数の少ない命令語で書き直すビックリマーク
同じ処理があれば、サブルーチンを横から呼び出して、同じ処理を1つにする!!
 
ようやく5バイト領域だけ空けることができたが、これではまだ使えない。
1ヶ所にまとめる工夫を施して、とうとう連続5バイト領域を確保したグッド!
 
で、無事に仕事を終えることができたクローバー
先人ががちがちに作っていたら、空き領域は作れなかったに違いないニヤリ
先人に感謝しつつ、祝杯をあげた生ビール