連続写真のアニメーション化 |     ✤ We Love Softbrain ✤ 

    ✤ We Love Softbrain ✤ 

        日々の仕事や、プライベートな趣味まで掲載しています。

こんにちは、シニアTです。
 前回の続き(説明)です。

 手取りの写真を動画にするには、ブレ補正が必要で、
 その補正には、opencvを使うと、ほぼ4ステップですみます。

 その、キーワードと内容は
  ①AKaze
    全写真の特徴点を抽出する
  ②BFMatcher
    基準の写真と特徴の一致する点のペアを、個々に選び出す。
  ③RANSAC
    上記結果から幾何学的に矛盾の少ない組み合わせを選び、
    その写真の変換に必要なパラメータを計算する。
  ④warpPerspective
    上記③の結果を使って、写真を変換する。

 これだけです。プログラムの記述やアルゴリズムの選択は様々でしょうが、手順はたぶん、似たようなものでしょう。
 
  複数の写真から、動画を作るには、imageio.imsaveが便利です。
 写真のリストを渡せばよいのです。
 この際、もとの画像の読込みには、imageio.imreadを使いましょう。
 opencvで読むと、青と赤が入れ替わってしまいます。


 写真は、かみさんの、本日のお昼のおかずです。
 子供と自分用には、同じものを詰めました。