ソースコードはプログラマの履歴書 |     ✤ We Love Softbrain ✤ 

    ✤ We Love Softbrain ✤ 

        日々の仕事や、プライベートな趣味まで掲載しています。


テーマ:

こんにちは。
ソフトウェア開発部のまっちゃんです。

最近他の人が書いたソースコードを見る機会が多く・・・
ふと、思ったことがあったので記事を書いてみます音譜

それは、タイトルのとおり、「ソースコードはプログラマの履歴書」

システムは規模が大きくなればなるほど、

ソースコードの自由度は大きくなります。
例えば、「Hello World」と出力するシステムであれば、

ほとんどの人が同じコードを書くと思います。
(そのようなシステムはないですが汗)

しかし、みなさんにも馴染みがあるところだと、

メールソフトやよく使うアプリなどシステム規模が

大きくなればなるほど、要件を満たすソースコードは

いろいろな書き方があります。

そして、人それぞれの書き方ができるからこそビックリマーク
その人は何を意識してコーディングしているかはてなマーク
だったり、


コードの書き方からその人がメインで開発してきた言語が見えたり、
開発言語に対する知識レベルが見てとれたり・・・
 

まるで履歴書のようにいろいろな情報が読みとれます!!

例えば、
ネストが深かったり、スパゲッティコードを書くような人は
あまり事前設計をせずにコーディングしながら考える人で、
後々のことをあまり考慮しない傾向にある・・・や

他の処理をコピペでバンバン貼り付けていく人は
せっかちで汎用的な関数設計が弱いなどビックリマーク
※一応、あくまで私個人の意見です・・・



現在、私は詳細設計の作業中~
先輩のレビューを通過すれば、コーディングに入るので、
他の人が見ることを意識してわかりやすいコードを書きたいと

思います。


みなさんも、他人のソースコードに触れる機会があったら、
気にしながら見てみると面白いですよ音譜

 

 

P.S.

猛暑日が続いています。

みなさま、熱中症に気を付けてお過ごしください。

私は営業時間内で2リットルは飲んでいます汗

 

 

 

現在弊社は、2019年度新卒の方向けに、会社説明会を開催中です。
是非お越しください!
マイナビ2019

ソフトブレインさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります