若者と社会をつなぐ支援NPO/ 育て上げネット理事長工藤啓のBlog
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

若者支援に「ゲーム」をインストールしたのは、支援職ではないたったひとりの存在だった。

 

「ウチの子はずっとゲームばかりしている」

 

僕は、自分のゲーム(ファミコン)を持つことをしばらく禁止されていました。理由はよくわかりませんが、小学校高学年になったとき、なんとなく許された記憶があり、持ってよくなった理由は思い出せません。

 

ただ、20人、30人のお姉さん、お兄さんとともに暮しており、みんなゲームを持っていました。適当に不在部屋を探して、そこにあるゲームはやってよかった。そのため個々に持っているゲームソフト・ハードがやり放題になるので、とてつもないゲーム質量でした。

 

いま振り返ると、「自分のゲーム」はないけれど、「誰かのゲーム」に入れさせてもらうことができました。結果として不在なら自分でやりたいものをやるけれど、たいてい存在しているので、一緒にやれるゲームをやってもらいました。対戦系も、一緒に旅する系も、二人以上でやります。そこにはコミュニケーションが発生するし、(僕は小さかったので)教えてもらうこと、反対から見れば教えることや、もしかしたらケア(子守り?)も入っていたかもしれません。

 

友だちの家に行ってゲームすることももちろんありました。サッカーの前に集まってやってから部活に行くとか、やっぱりみんなでやってました。自分の部屋にゲームを持ってから、本格的にまとまった時間を持ってRPGとかやり始めたかもしれません。

 

どうでもいいですけど、本当にたくさんゲームやりましたけど、一番時間を費やしたのはストリートファイターⅡじゃないかと思います。キングオブキングスやボコスカウォーズが好きでした。桃太郎電鉄もとてつもない時間、みんなでやりました。

 

いま、工藤家にはWiiがあって、子どもたちがときどきスマブラやってます。もうSwitchとか買ってもいいとは伝えているのですが、ちょうどほしそうなときに手に入らず、いまもほしがるそぶりがありません。子どもたちは自宅で自由に過ごす時間が限られており、外で遊ぶことも多い。消灯も20:00なので、平日は保育園や小学校や習い事から帰宅すると、ご飯、お風呂、ちょっとした時間ですぐに布団に行きます。

 

双子(5)は、ゲームやりたがりますが長男(9)と次男(7)がいないとセットアップできません。ときどき二人でやらせると無限にやりたがります。ゲームをやりたいのか、双子同士で何かよくわからない会話しながら遊びたいだけなのかよくわかりません。不思議なのは、長男と次男もゲームは好きなのですが、ひとりになるとやらないか、やってもすぐやめてしまいます。特に次男はひとりだと「つまんない」と言ってゲームしません。

 

彼らにとって、限られた時間とソフトですけど、ゲームはコミュニケーションツールであって、自分でハマるものという認識は(まだ)なさそうです。

 

若者や子どもを支援するNPOなどでは、昔からゲームが置いてあるところ、多いと思います。育て上げネットに限って言えば、基本的な説明として、誰かと一緒にやるものを中心に当初は揃えていて、やっぱり、みんなでやりました。僕が好きというのもあってウイニングイレブンをよくやりました。若かったときは職員同士で集まって夜中までご飯食べながら遊んでいたりもしました。いまは定時でみんな帰りますけどね。やるとしても忘年会みたいなところで「たまにはやろっか」くらい。今年はやり(れ)ません。

 

だいたい、ゲームは若者や子どもたちのために置いてあっても、僕なんかは自分が好きでやりたいというのが大きかったため、支援プログラムが終わったら、放課後みたいな時間として「みんなでやろーぜ!」というところでした。

 

しかし、時代は変わりました。自分たちから変えていったといってもよいと思います。

 

もともと準備はしていたのですが、そこにコロナ禍の影響が大きくなりました。「ゲーム」は、余暇時間のものではなく、専門的な言葉で「アウトリーチ」、若者や子どもたちと出会うためのツールとなり、チームで共同することや、新しいことにチャレンジするためのツールとなりました。

 

 

ジョブトレのオフィスには、eSportsに耐えられる機材が入りました。インターネット回線の工事も行いました。そして、若者や子どもたちとの出会いや接点のため、そして新しいことにチャレンジしてみる、みんなでやるという支援コンテンツになりつつあります(まだ途上)。

 

 

 

育て上げネットではYouTubeチャンネルを持っているのですが、ゲームをしながら動画配信もしています。自宅から出づらい若者も、対面だと緊張してしまう子どもたちも、ときに参加して、ときにチャットで会話。必要なら別でオンライン相談に切り替えたりと、必ずしもその「場」にいなくても、一緒に居場所として遊べることも、時代の変化だと思います。

 

先日は、大阪や沖縄の若者、子ども支援団体でスマブラのオンライン大会を開催しました。施設から入るひともいれば、自宅から入るひともいました。ただゲームをやっていたというには、ここかしこで発生するコミュニケーション、自分だけではなく関係性のある対戦相手がおり、チャットなどでの会話もありました。

 

自分だけでゲームに没頭する楽しさとはまた別に、ひととつながる、つながり続けるためのツールとして、ゲームというのは支援団体でも存在感を増していくはずです。このとき、ウチの子どもたちが職場見学的に観に来ました。彼らは、ただゲームをするのではなく、後ろで地域を越えたいひとたちが、ひとつの空間に集まるため、裏側で仕事をしているひとがいるんだ、ということを理解したようです。この仕事やりたいとまで言ってました。

 

 

会場は参加者とスタッフの数をしぼりながら、自宅から入れるひとには自宅から参加してもらいました。モニターで参加しながらも、観客はプロジェクターで、解説者の音を流しながら、プラ板越しに、チャットでコミュニケーションが発生しました。ここかしこで。

 

 

沖縄でも同じような環境だったようですが、めちゃくちゃ強いひとがいて、どうしたらそのひと(キャラ)を倒せるのか、なんて議論も生まれてました。課題解決のため、チームで話し合って、というのはゲームを楽しんでいるのと同時に、仕事をしていても同じです。そこには目的と戦略、チームワーク、本当に同じです。

 

 

さて、こういう活動を始めてから何が起こったかというと、参加したい若者や子どもたちが増えました。全国の支援団体から一緒にやりたいという声がたくさん出てきました。支援にゲーム?という感覚も、近くでそれを見ているなかで「これは使えるかも」となってきました。ゲームをやる機会がなかった支援者も、リアルにゲームがどのような効果があり、当然リスクもあり得るのかがわかってきたようです。

 

長くなりましたが、ここまで来るにはひとりの職員の存在があります。彼は「支援者」ではありません。専門的な勉強をしてきたわけでもありません。ただ、彼にはゲームと技術があり、ゲームを支援と掛け算した際に生み出されるものを想像する力と、実際に創造しながら、巻き込んでいく力がありました。

 

なぜ、ゲームなのか。そもそもゲームとは何なのか。支援におけるゲームの再定義とともに、お子さんがゲームばかりしているというご家族に、彼の話を届けます。ゲームばかりしているかもしれませんが、それをネガティブに捉えるだけでいいのでしょうか。再定義してポジティブな側面を考えられる知識が獲得されたとき、目の前のお子さんの光景が全然別の可能性に見えるかもしれません。

 

2020年12月4日(金)20:00- 家族支援「結(ゆい)」の動画配信、みなさんに視聴していただきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えっ、このひと官僚なの?半袖、短パン、ロン毛にキャップで現れた千正さんの話。

 

 

友人である千正さんの新書『ブラック霞が関』が広く読まれているようです。実際にはどのようなひとが読まれているのかはわかりません。ただ、僕の周辺で読んでいるのは千正さんと実際に会っていたり、話していたり、そういう機会があったひとたちがとても多い印象です。知人や友人が出版したから買うというのもあるかもしれませんが、千正さんがこのテーマでどんなこと伝えようとしているんだろう、という好奇心から購入というひとも多いんじゃないでしょうか。なんとなくですけど。

 

¥千正さんと僕の出会いのエピソードがあったよ」(P121)と何人かから声をかけてもらいました。それは僕と千正さんとの出会いでありながら、厚生労働省と若者を支援するNPOとの出会いでもあったように思います。詳細は本書に譲ります。

 

きっかけは、僕と千正さんの共通の友人が立川に千正さんを連れてきてくれたことです。

 

友人の後ろにいる方・・・厚生労働省の官僚と言っていたけど、半袖に短パンだし、ロン毛にキャップで、「えっと・・・その官僚の友人は、本日は来られなくなったのかな」と思うほど戸惑いました。それまで少しは官僚というひとたちとも仕事をしていたことはありましたけど、プライベートで会うということはあまりなかった気がします。

 

多くのはスーツでお会いすることが多いので、プライベートの服装はもちろんのこと、そんなにカジュアルに遊びに来てくれるひとがいるなんで想像すらしてませんでした。とてもびっくりしました。

 

※厚労省の前を歩いているとき、偶然、業務中の千正さんに会ったことがあるんですけど、アロハシャツみたいな服で・・・

 

同じ年代ということもありましたけど、育て上げネットのジョブトレに通う若者たちと一瞬で仲良くなり、車座の中心で笑いを取っている姿に感動しました。別に官僚であるかどうかではなく、もともとあまりコミュニケーションが得意でない若者も少なくないです。誰でも初めてのひとと打ち解けるのは時間がかかります。

 

それなのに千正さんは本当に速攻で打ち解けていて、「なんなんだろうこのひとは」と、職業を越え、人間としての驚きはいまも鮮明です。そういうひとに出会ったのは数えられるくらいです。

 

そんな千正さんとは長く、いろいろなひとを交えてコミュニケーション取ってきました。インドに赴任されているエピソードありますが、時差を越えて飲み会しながら話していたとき、僕がちょっと席(スクリーン)を外さないといけないとき、そのときやってたお笑い番組にカメラ合わせて放置してたりとかなつかしいです。

 

で、バイタリティーにあふれ、政策と現場を、官僚とNPOのひとたちをつなげるため、仕事にプライベートに、エネルギッシュに活動されていた千正さんが休職すると。心身が壊れてしまったと。静養すると。いや、仕事がらどんなひとでも心身体調を崩すことがあることくらいわかってはいます。それでも、千正さんが、まさかと。

 

その後、厚労省を退職し、千正組を立ち上げられたわけですが、本書を読んで何よりも感動したのは、ブラック霞が関の改革を訴える理由です。なぜ霞が関を変えないといけないのか。何のためなのか。そこには大きくは国民のためでもありますが、なにより官僚として働く仲間たちが、当初の志をカタチにするため、仕事も家庭も社会も大切にできるようにするためでもあると。それが結果として日本のためにもなる。心の底から官僚という職業への愛情と敬意を感じました。

 

どうしたらいいのかという解決策は提示されていますし、書籍を読んだ一人ひとりに、霞が関を遠い世界の出来事ではなく、身近なひとたちが働き、僕らが声をあげないと変えられない構造のなかで奮闘していることを伝えています。

 

つらつらと千正さんとの思い出と、書籍を読んでの感想めいたものを書いています。霞が関の働き方が変わり、官僚の志と能力が最大限生かされながら、個人の生活も豊かにしていただきたいです。そのために、僕もできることはやっていきたいと思いました。それでも、この書籍のもっとも読んでほしいところはどこなのかと考えると迷います。

 

たぶん、僕は『ブラック霞が関』を、霞が関内外を旅しながら、仲間とともに苦楽をともに、どんどん世界を広げていく千正さんという人間ヒストリーに、もっとも共感してます。たまたま舞台のひとつが霞が関というところなんですけど、その舞台に着目する以上に、こんな官僚がたくさんいることを、千正さんを通じて知り、官僚みなさんのために何ができるかを官僚のひとたちとそうでないひとと一緒に考えたいんだと思いました。

社会課題を解決する事業のプロジェクトマネージャーってどんなことしているの?

 

育て上げネット、キズキ、NPO放課後アフタースクール合同で「社会課題解決事業のプロジェクトマネージャー」の立場で働くPMイベントやります!!

 

プロジェクトマネジメントは、法人格または法人格の有無にかかわらず発生するもので、僕は保育園の保護者の会や小学校のPTAでも、プロジェクトを回す担当は重要なんだと認識しています。

 

もちろん、営利企業におけるPMとPTAの役員では、やるべきことやスキルセットも異なるところはあります。それでも、営利・非営利で共通・通底するものってあるのではないかと思います。

 

このようなイベントではとかく代表者(だけ)が話すことが多いのですが、今回3団体で話し合って、普段はなかなか前面に出て話すことのない、でも極めて重要な役割であるプロジェクトマネージャー同士が話す機会を作ろうとなりました。

 

家庭と仕事のバランス、それぞれの団体のカルチャー、何より社会課題を解決していこうとする事業をマネジメントするというのはどういうことか。

 

そんなお話をしながら、さまざまな場面でマネジメントとしてお仕事されているひとたちに聞いていただき、何か一緒にできることや、将来キャリアのひとつに僕らの活動も視野に入れてもらえることを目指して、楽しくやりたいです!

 

3つの団体それぞれの特徴も出ると思いますし、プロジェクトマネージャーって何してるの?を知っていただきたく、ぜひ、ご関心ある方、ご参加ください!!

 

詳細、お申し込みはこちらから! ---

 

 

 

目に見えない脅威に、新たな日常を強要された2020年「社会的分断」が加速し、どうにかしたくても、どうにもできず悩む声が私たちのもとには届いています。

 

自助も共助もままならない。


セーフティネットから抜け落ち、公助にも期待できない方を支えることは、私たちNPOの重要な役割です。そして、近い時間軸で私たちの活動の社会的な需要は高まると考えています。

 

私たちは「NPOで働く2020」と題し、「子ども・若者を支える」活動をする3つの団体が合同で行う企画を立ち上げました。


第1回目として「社会課題解決事業のプロジェクトマネージャー」では最前線の支援現場にいるスタッフが登壇します。

 

これから「社会課題の解決」を人生のテーマに加えたい方や、培ってきたマネージャーとしての技術や能力、経験を発揮したい方に、現場の声をお伝えすることで、よりリアルなイメージの湧くオンラインセミナーを目指しています。
 

<プログラム>

19:00- 参加団体の紹介
19:30- 所属PMディスカッション
20:10- 参加者からの質疑応答
ディスカッションテーマ:なぜ転職したのか?業務内容、これまでとの違い等
 

<視聴方法>

Microsoft Teamsを使ったウェビナー形式
・通常のビデオ通話とは異なり、名前やビデオは表示されません
・Q&Aとして登壇者に質問をすることができます

 

<参加団体・登壇者紹介>

 

=放課後NPOアフタースクール=

WEBサイト


 
◆平岩国泰 (代表理事)
東京都出身。好きな食べ物はしらす、明太子、しめじ、ソフトクリーム。苦手な食べ物はタケノコ(誠に申し訳ございません)。1996年慶應義塾大学経済学部卒業。株式会社丸井入社。長女の誕生をきっかけに、子どもたちの世界を豊かにすることに人生をかけ、放課後NPOアフタースクールを起業。

これまでに21校のアフタースクールを開校。 2019年新渡戸文化学園理事長就任。2017年より渋谷区教育委員。2019年「自己肯定感育成入門」出版。2児の父。

◆島村友紀 (理事・事務局長)
東京都出身。好きな運動はテニスと縄跳び。上智大学文学部社会学科卒業後、株式会社ベネッセコーポレーション入社。保育事業、子供向け商品開発に携わる。その後、一橋大学国際・公共政策大学院への進学を経て、2006年より野村総合研究所にて勤務。主に福祉・医療・子育て支援分野の調査研究、コンサルティングを行う。保育事業や自身の子育てを通じて「子どもが集う場」にもっと関わりたいという想いを抱いている時に社会を巻き込んだ活動をしている放課後NPOアフタースクールに出会う。

人事中心に事務局業務全般を担当。

◆押塚岳大 (理事・ソーシャルデザインチーム チーフマネジャー)
東京都出身。小学生の頃の夢はミュージシャン。前職タワーレコードではJAZZバイヤー、ミュージシャン、ライター、制作ディレクター、イベントプロデュースなど幅広く携わる。2006年長男が誕生し、大きな人生の転機に。子どもを社会で育てることの楽しさに気づき、2010年重度障害を抱えた次男の誕生を機に、ライフワークと思ってた音楽ビジネスを卒業。家族とその周りの子どもたちの明るい未来づくりをライフワークとビジネスにできる方法を考えていた時、大きな可能性を持った「放課後NPOアフタースクール」に出会い、2013年に始まった重度障害児支援事業責任者からキャリアをスタート。

多くの企業プロジェクト、被災地支援活動の運営・立ち上げを、経て現在は企業連携事業のチーフマネジャーを務める。


=キズキグループ=

WEBサイト


 

◆安田祐輔 (代表取締役)

1983年生まれ。国際基督教大学卒業後、大手商社勤務を経てうつによる離職を経験。その後、「何度でもやり直せる社会」を創るという理念を掲げキズキを設立。

不登校・ひきこもり経験者向けの学習塾、行政から委託を受けた貧困世帯の支援、うつや発達障害の方向けの就労移行支援など、福祉・教育に関わる事業を関東・関西で展開。明治学院大学非常勤講師2019年度。

著書『暗闇でも走る発達障害・うつ・ひきこもりだった僕が不登校・中退者の進学塾をつくった理由』講談社

◆林田絵美 (キズキビジネスカレッジ事業 マネージャー)

1992年生まれ。在学中に公認会計士論文式本試験合格。早稲田大学政治経済学部卒業後、PwCあらた有限責任監査法人に入社。本業の傍ら、NPO法人ARUNSeedでプロボノ活動も行う。

在職中に自身が発達障害(ADHD)の診断を受けたことを契機に「発達障害当事者のための会計士の予備校を作りたい」と考える中、プロボノ活動中にキズキ代表の安田と出会う。当時キズキで計画中だった新規事業(うつと発達障害の方向けのビジネススクール)に参画したいと転職を決意。周囲からは、転職への反対もあったが収入と同じくらいに時間や経験、社会課題への解決へ取り組めるやりがいも大事と思い、2018年9月株式会社キズキに転職。

代表の安田と共に、新規事業「キズキビジネスカレッジ」の立ち上げに従事し、現在はビジネスカレッジ事業のマネージャーを務める。

◆松本沙織 (株式会社キズキ 管理部人事担当)

1984年生まれ。主にドキュメンタリーを制作する映像制作会社でディレクターを務めたのち、ビジネスで不登校・引きこもり支援などの社会課題に取り組むキズキに魅力を感じ株式会社キズキへ転職。

入社後は、学習教室事業で教室運営スタッフとして現場支援に従事し、現在は管理部で人事採用・労務を担当。支援業務も人事労務もどちらも未経験からスタートで現在は入社4年目。
 

=育て上げネット=

WEBサイト


 

◆古賀和香子 (プロジェクトマネージャー)

慶應義塾大学卒業後、学童保育や児童養護施設での非常勤職員やボランティアを経て、社会福祉士を取得。2006年に入職。

たちかわ若者サポートステーションの立ち上げから運営を行い、その後、若年者就労基礎訓練プログラム「ジョブトレ」を担当。年間を通じて若者やその保護者の面談を行いながら、就労訓練のインターン研修先となる企業の開拓を行っている。

東京都若年者雇用就業事業運営協議会委員(07~08年)、東京都若年者就業推進ネットワーク会議委員 (07~08年)、内閣府青少年目安箱事業委員(2009年)など歴任。

『N女の研究』(フィルムアート社)、『子どもがひきこもりになりかけたら』(KADOKAWA/監修)

◆中町康弘(プロジェクトマネージャー)

1984年生まれ。大阪府出身。転職回数6回、2児の父。
前職は某飲食チェーン店の店長。人手不足もあり無茶な働き方、働かせ方をしていたが、そんな生き方に疲れを感じてNPO法人育て上げネットに入職。
大阪事業所の現場責任者として委託事業を運営。現在5年目にして自己最長勤続年数を更新中。

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>