大阪ガスビル
 
御堂筋に立つレトロな外観は
 
この界隈の企業に勤務していた頃から
 
とても好きな存在でした
 
そして昨日大阪ガス様の仕事をして
 
教えて頂いたお話とネットで調べた内容から
 
色々学ぶことができました
 
 
現在登録有形文化財となっている建物は
 
昭和8年に生まれたそうです
 
同じ年に大阪地下鉄の
 
梅田~心斎橋間が開通
 
4年後には御堂筋が完成しています
 
(御堂筋より先にビルがあったんですね~)
 
そしてその4年後昭和16年12月8日
 
太平洋戦争がはじまり
 
ガスビスからネオン塔やエレベーターなど
 
色々金属が供出されていきます
 
昭和19年8月に建物は真っ黒になります
 
自社で生産されていたコールタールによって
 
白亜のビルが
 
真っ黒に迷彩塗装が施されたというのです
 
(すでに焼けげたかのような外観・・・?)
 
そして昭和20年の大阪大空襲
 
7~8階の一部が焼けただけで
 
無傷といってもいい残り方をしたのは
 
このコールタール戦略のおかげだったのですね
 
いわゆる英知と英断
 
時のどなたが言いだして
 
どんな面々が力を出し合って
 
コールタールを塗装されたのでしょう
 
そこには組織愛があるように思います
 
塗装が解かれたのは昭和24年
 
進駐軍に接収されたりの歴史も超えて
 
今受け継がれているガスビルがあるということ
 
 
人の人生は長くはないですが
 
人々が残したものが
 
ときに長く伝わっていくことがあります
 
それは有形かもしれないし
 
無形かもしれませんが
 
私たちが目や耳を傾けることができたら
 
そこから色々学ぶことができるなあと思います
 
 
今ガスビルは外観の改修工事中
 
またきれいになったガスビルが御堂筋を飾りますね!
 

◇☆★☆★☆~いろんな世代の元気をつくる~☆★☆★☆◇ 


★ソーシャルスキル・プログラム合同会社 HP
  ☆季節のコラム 最新号 ⇒ 『喧嘩の流儀』

★月刊メールマガジン『吉田真知子<ごきげんさん>の創り方』
  ☆最新号 ⇒Vol.201 人生100年時代のキャリアデザイン

フェイスブック 吉田 真知子

 

インスタグラム machiko.jinzaikassei

 

著書『人を育てる 人が育つ“YES職場”の創り方 ~私たちの組織を活性し☆私たちの組織を育て続ける☆小さなメソッド~』 ギャラクシーブックス発行 Amazonオンデマンド


◇☆★☆★☆~いろんな世代の元気をつくる~☆★☆★☆◇

 

チコちゃん風に言ってます

テーマ:

もう11月ですって

 

信じられない

 

どこでどう時間を跨いじゃったのか

 

頻発した台風に持っていかれちゃったのか

 

もう11月ですって

 

信じられない

 

そして

 

ぜめて自分の時間を確かめたくなって

 

今年の手帳をパラパラ見返してみる

 

うん確かに足跡はある

 

どうやら地上を歩いてきたようだ

 

誰のものでもない「あんた」の時間を

 

 

第16代アメリカ大統領リンカーンは

 

「40歳を過ぎたら自分の顔に責任を持て」

 

と言ったということですが

 

オトナになったら

 

自分の顔はもとより

 

自分の時間にも責任を持たんといかんなあと

 

「ボーッと生きてんじゃねーよ!!」

 

チコちゃん風に

 

「あんた」に言うのであります

 

◇☆★☆★☆~いろんな世代の元気をつくる~☆★☆★☆◇ 


★ソーシャルスキル・プログラム合同会社 HP
  ☆季節のコラム 最新号 ⇒  『茶坊主という言葉を借りてのハラスメント対策』

★月刊メールマガジン『吉田真知子<ごきげんさん>の創り方』
  ☆最新号 ⇒Vol.200 100年生きる確証はないながら

フェイスブック 吉田 真知子

 

インスタグラム machiko.jinzaikassei

 

著書『人を育てる 人が育つ“YES職場”の創り方 ~私たちの組織を活性し☆私たちの組織を育て続ける☆小さなメソッド~』 ギャラクシーブックス発行 Amazonオンデマンド


◇☆★☆★☆~いろんな世代の元気をつくる~☆★☆★☆◇

新幹線さくら

 

隣の通路側席はマクド中

 

(関東圏ではマック中)

 

なかなかのフライドポテト香る中

 

お食事終えるとパソコンカチカチ

 

仕事モードに入られます

 

キャリー(私のです)が

 

車両最後尾から通路に姿を現しますと

 

「あ、荷物が・・・」

 

つぶやき(私のです)聞くか聞かないか

 

パソコンの手を止め立ち上がり

 

キャリーを元の位置に戻し

 

「背もたれで挟みましたので

 

もう出てくることはありません」と

 

照れくさそうにおっしゃるのです

 

すでにポテトの香りは消え失せて

 

車内には

 

彼のステキさが充満しています

 

キャーーーー!!(私のです)

 

自転車を盗まれました

 

たまたまぼんやりしていて

 

(「いつもやんか」という声もある)

 

駐輪場で鍵をかけ忘れて

 

電車に乗って仕事して

 

電車に乗って帰ってきたら

 

自転車ありましぇん

 

たまたま帰り道に自転車屋さんがあり

 

赤の渋い系自転車が

 

私を呼んでいたので買いました

 

自転車買い何年振りでしょう

 

うれしくなって

 

携帯片手に発信しだして

 

おっと!!!

 

これはいけないぞと

 

ながら運転になりそうで自戒しました

 

自転車の「ながらスマホ」では

 

視界95%減だそうです

 

軽い気持ちで乗っちゃあいけません

 

飲んだら乗るな乗るなら飲むな

 

と同じように

 

見るなら乗るな乗るなら見るな

 

しゃきーん!と守っていきましょう、はい!

 

(もうあの自転車は帰ってこないのですね~)

 

 

◇☆★☆★☆~いろんな世代の元気をつくる~☆★☆★☆◇ 


★HP ソーシャルスキル・プログラム 代表 
     人材活性コンサルタント 吉 田 真 知 子
  ☆季節のコラム 最新号 ⇒  『茶坊主という言葉を借りてのハラスメント対策』

★月刊メールマガジン『吉田真知子<ごきげんさん>の創り方』
  ☆最新号 ⇒Vol.200 100年生きる確証はないながら

フェイスブック 吉田 真知子

 

インスタグラム machiko.jinzaikassei

 

著書『人を育てる 人が育つ“YES職場”の創り方 ~私たちの組織を活性し☆私たちの組織を育て続ける☆小さなメソッド~』 ギャラクシーブックス発行 Amazonオンデマンド


◇☆★☆★☆~いろんな世代の元気をつくる~☆★☆★☆◇

エクスペディア・ジャパンの調査では

 

チェックインした際に

 

日本人客が嫌がることの多くは以下だそうです

 

「ベッドに髪の毛が落ちている」(50%)

 

「タバコなどの悪臭がする」(43%)

 

「トコジラミがいる」(34%)・・・う?トコジラミ?

 

 

ホテルの部屋を変えてもらう理由では

 

「悪臭がしたり、シーツが汚れていたりと部屋が汚い」(80%)

 

「近隣の部屋や外でうるさい人がいる」(51%)

 

「部屋自体が気に入らない」(25%)

 

となっています

 

 

私自身も出張でホテル泊、確かに一度

 

入室したらいきなり真っ白いベッドの上に

 

長い毛がにゅ~と弛んでいるのが目に入って

 

ましてや窓の前に

 

大きな木が被さっている暗い部屋で

 

思わず「怖い・・・」と

 

部屋を変えてもらったことがあります

 

 

またかなり有名な歴史のあるホテルにおいて

 

枕カバーにチョコレートが付いている

 

というのもありました

 

よく見るとシーツも薄汚れていました・・・

 

ベッドは歴史があってもいいですが

 

シーツは新しい方がいい!

 

こちらはリネンだけ換えて頂きました

 

 

やはりホテルでは

 

自分だけの空間を楽しみたいもの

 

清潔感はそのための大事な舞台装置ですよね

 

そしてもちろん

 

できるだけきれいに使って部屋を出ることも

 

清潔なお部屋へのお礼ですし

 

客としての矜持です

 

 

◇☆★☆★☆~いろんな世代の元気をつくる~☆★☆★☆◇ 


★HP ソーシャルスキル・プログラム 代表 
     人材活性コンサルタント 吉 田 真 知 子
  ☆季節のコラム 最新号 ⇒  『茶坊主という言葉を借りてのハラスメント対策』

★月刊メールマガジン『吉田真知子<ごきげんさん>の創り方』
  ☆最新号 ⇒Vol.200 100年生きる確証はないながら

フェイスブック 吉田 真知子

 

インスタグラム machiko.jinzaikassei

 

著書『人を育てる 人が育つ“YES職場”の創り方 ~私たちの組織を活性し☆私たちの組織を育て続ける☆小さなメソッド~』 ギャラクシーブックス発行 Amazonオンデマンド


◇☆★☆★☆~いろんな世代の元気をつくる~☆★☆★☆◇

フロイド・シュモーさんは

 

米国の森林学者・自然学者だったそうです

 

そしてなによりも平和活動家

 

第二次世界大戦中

 

強制収容所の日系アメリカ人支援を行い

 

原爆投下から4年後には

 

手を尽くしてやっとのこと広島に入り

 

家を失った日本人のために

 

住宅の建設に乗り出したそうです

 

日米のボランティア協働での事業

 

その後は長崎でも同じ活動をなさっています

 

 

原爆を落とされた側の人間と

 

原爆を落とした側の人間が

 

共に汗を流し合って家を建てる

 

戦争の足跡もただならぬ中

 

広島長崎にやってきたシュモーさんはすごいし

 

シュモーさんと力を合わせた広島長崎の人はすごいし

 

この活動と出会いを長く記憶に留めている人はすごいし

 

その後シュモーさんの姿勢に影響を受け

 

平和活動に入っていく人たちはすごいし

 

 

平和って国単位の概念と見ていましたが

 

ひとり一人の心の遺伝子なんだなと思いました

 

今年の夏の学びです

 

 

◇☆★☆★☆~いろんな世代の元気をつくる~☆★☆★☆◇ 


★HP ソーシャルスキル・プログラム 代表 
     人材活性コンサルタント 吉 田 真 知 子
  ☆季節のコラム 最新号 ⇒  『茶坊主という言葉を借りてのハラスメント対策』

★月刊メールマガジン『吉田真知子<ごきげんさん>の創り方』
  ☆最新号 ⇒Vol.200 100年生きる確証はないながら

フェイスブック 吉田 真知子

 

インスタグラム machiko.jinzaikassei

 

著書『人を育てる 人が育つ“YES職場”の創り方 ~私たちの組織を活性し☆私たちの組織を育て続ける☆小さなメソッド~』 ギャラクシーブックス発行 Amazonオンデマンド


◇☆★☆★☆~いろんな世代の元気をつくる~☆★☆★☆◇

お盆と「ほうかいさん」

テーマ:

ほうかいさん

 

法界さん

 

という字を当てるのかもしれません

 

お盆の供養において

 

ご先祖様にお供えをするとき

 

必ずほうかいさんの分もお供えします

 

お茶ひとつにしても

 

精進煮ひとつにしても

 

そしてほうかいさんのお供えは

 

ご先祖様の分よりも

 

容量沢山お供えをするのが慣例です

 

 

ほうかいさんは

 

無縁仏のことと教えられました

 

いわゆる祭られることがない死者の分も

 

供養をしてさしあげるのだという習わし

 

小さいときに知ったことですが

 

今夏あらためて

 

先人のまなざしや考え方を

 

見上げるような気持ちです

 

◇☆★☆★☆~いろんな世代の元気をつくる~☆★☆★☆◇ 


★HP ソーシャルスキル・プログラム 代表 
     人材活性コンサルタント 吉 田 真 知 子
  ☆季節のコラム 最新号 ⇒  『実存は本質に先立つ』

★月刊メールマガジン『吉田真知子<ごきげんさん>の創り方』
  ☆最新号 ⇒Vol.200 100年生きる確証はないながら

フェイスブック 吉田 真知子

 

インスタグラム machiko.jinzaikassei

 

著書『人を育てる 人が育つ“YES職場”の創り方 ~私たちの組織を活性し☆私たちの組織を育て続ける☆小さなメソッド~』 ギャラクシーブックス発行 Amazonオンデマンド


◇☆★☆★☆~いろんな世代の元気をつくる~☆★☆★☆◇

足立区の給食の取り組みがすばらしい!

 

2008年より

旬の食材や天然出汁を使った

栄養バランスがいい「おいしい給食」に

取り組み始めたそうです

 

近藤やよい区長のお話がまたすばらしいです

 

「今の子どもにとって、

給食は単に1日3食のうちの1食ではありません。

とくに経済的に厳しい家庭の子どもにとっては、

重要な栄養の補給元であり、身体をつくる基盤になります。

今から親世代の生活習慣を変えるのは難しい。

だとすれば、子ども世代から

正しい食生活の習慣や健康を守る知識を身につける必要がある。

給食で、子どもたちに生きる力を身に付けてほしい

給食に子どもの、そして町の未来を託せるのではないか、と」

 

保護者に子どもに野菜を食べさせましょうと言ったら

ある母親がこう言ったそうです

「大丈夫です。

うちではポテトチップスを毎日1袋食べさせています」

 

足立区が解決すべき四つの課題

「子どもの学力、健康寿命の短さ、治安、そして、貧困の連鎖」

この四つの課題はそれぞれが独立しているのではなく

互いに連鎖して負のスパイラルを作っているということ

 

これは足立区だけの課題ではないと思います

貧困や虐待や孤立などにより

心身共に

充分な支援を受けられていない子どもたちが増えると

負のスパイラルはどこでも起りえます

 

将来の社会を支える健康度の高い人材を育てる

これは現存の私たち大人の使命ですものね

 

そのためのまずは給食の充実

できるところからまず始めようという取りくみ

いいニュースを聴けたと思いました

 

 

◇☆★☆★☆~いろんな世代の元気をつくる~☆★☆★☆◇ 


★HP ソーシャルスキル・プログラム 代表 
     人材活性コンサルタント 吉 田 真 知 子
  ☆季節のコラム 最新号 ⇒  『実存は本質に先立つ』

★月刊メールマガジン『吉田真知子<ごきげんさん>の創り方』
  ☆最新号 ⇒Vol.200 100年生きる確証はないながら

フェイスブック 吉田 真知子

 

インスタグラム machiko.jinzaikassei

 

著書『人を育てる 人が育つ“YES職場”の創り方 ~私たちの組織を活性し☆私たちの組織を育て続ける☆小さなメソッド~』 ギャラクシーブックス発行 Amazonオンデマンド


◇☆★☆★☆~いろんな世代の元気をつくる~☆★☆★☆◇

ソニー損保のCMで

 

自動車事故を起こした女性が

 

損保に電話をする

 

損保さんが

 

「代わってお相手と話しましょうか」という場面

 

 

電話をつながれるいわゆる事故の相手

 

その男性の演技が

 

めっちゃ上手なんだなあ

 

 

ちょっと戸惑いがち

 

ちょっとやってくれたな的なイラつき

 

ちょっと冷静さ

 

ちょっと温和さ

 

そのブレンド感がたまらない

 

 

電話を手渡されるその瞬間に

 

その人の感情背景を

 

こんなに表わす演技ができるなんて

 

上手すぎで~~すあなた

 

◇☆★☆★☆~いろんな世代の元気をつくる~☆★☆★☆◇ 


★HP ソーシャルスキル・プログラム 代表 
     人材活性コンサルタント 吉 田 真 知 子
  ☆季節のコラム 最新号 ⇒  『実存は本質に先立つ』

★月刊メールマガジン『吉田真知子<ごきげんさん>の創り方』
  ☆最新号 ⇒Vol.200 100年生きる確証はないながら

フェイスブック 吉田 真知子

 

インスタグラム machiko.jinzaikassei

 

著書『人を育てる 人が育つ“YES職場”の創り方 ~私たちの組織を活性し☆私たちの組織を育て続ける☆小さなメソッド~』 ギャラクシーブックス発行 Amazonオンデマンド


◇☆★☆★☆~いろんな世代の元気をつくる~☆★☆★☆◇

男子よ日傘を!

テーマ:

西武池袋本店によると

 

紳士用の日傘

 

販売数は前年比で約2割増

 

だそうです

 

会社帰りに買いに来て

 

「すぐに使うから包装は不要」

 

という男性もいるそうで

 

もう暑くてたまらない!

 

日傘でも買おう!

 

という人が増えているということでしょうか

 

 

でもまだまだ

 

女性に比べて男性の日傘シーンは

 

少ない少ない

 

どうぞお願いします!

 

男性陣日傘を買ってください

 

日傘をさしてください

 

この史上まれなる暑さを生き抜くには

 

あなたにも日傘は必要です

 

男性だけじゃなく

 

炎天下を歩いている学生さんたちも

 

どうぞせめて日傘で

 

安全な日陰を

 

少しでも自分に与えてください

 

 

みなさん日傘を~~~!!

 

◇☆★☆★☆~いろんな世代の元気をつくる~☆★☆★☆◇ 


★HP ソーシャルスキル・プログラム 代表 
     人材活性コンサルタント 吉 田 真 知 子
  ☆季節のコラム 最新号 ⇒  『実存は本質に先立つ』

★月刊メールマガジン『吉田真知子<ごきげんさん>の創り方』
  ☆最新号 ⇒Vol.200 100年生きる確証はないながら

フェイスブック 吉田 真知子

 

インスタグラム machiko.jinzaikassei

 

著書『人を育てる 人が育つ“YES職場”の創り方 ~私たちの組織を活性し☆私たちの組織を育て続ける☆小さなメソッド~』 ギャラクシーブックス発行 Amazonオンデマンド


◇☆★☆★☆~いろんな世代の元気をつくる~☆★☆★☆◇