魂の想い。

テーマ:

何もかも自分の想いの反映であることは、

最近の様々な書籍等で書かれている。

 

しかしながら、「想い」をどのように持ち、

その「想い」がどのように反映していくのか?

そうしたデザイン的な内容は、まだまだ目にすることは少ない。

 

それは、一つ、魂は芸術的なものと捉えられるからだろう。

それを言及することはたやすいことではない。

 

ただ、その美しさを観ることはできるだろう。

日常で。