大根おろしの上手なおろし方 | 料理を仕事に。平井一代の「フードコンサルタント養成講座」

料理を仕事に。平井一代の「フードコンサルタント養成講座」

料理家、料理研究家、料理教室主宰…、いろいろあるけれど、料理を仕事にするにはどうしたらいいの?
料理教室を9年経営、延べ5500人の生徒様を育て、現在も企業や飲食店のレシピ開発を手掛ける「フードコンサルタント平井一代」が料理の仕事についてお教えします。

大根おろしの上手なおろしかた

「怒りながらおろすと辛くなる」って聞いた事ありませんか?

あれは、力いっぱい早くおろすことで、大根の繊維が壊れて

辛味が出てきてしまうからなんですね。

逆に、丸く円を描くように、ゆっくりおろすと

辛味の少ない、きめ細やかな大根おろしになりますよ~。


さらに、大根は

葉に近い部分は甘くて、下に行くほど辛くなっています。

ピリッとした薬味として使いたい場合は下の部分を使いましょう。


もし、「辛いな~あせる」と思った場合は

少しだけ酢を加えるか、

おろした後に放置しておくを少し辛味が抜けますよ。


ちなみに、夏大根と冬大根では

夏大根のほうが辛味が強いと言われています。



大根おろしを使ったおすすめレシピは

「モロヘイヤのみぞれ和え」 です。


でもモロヘイヤは夏が旬なので、今作るなら、

ほうれん草がおススメですね~♪


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

千葉県佐倉市王子台5-25-8

料理教室

smike kitchen (スマイルキッチン)携帯から

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「料理上手になれるコツとレシピ」を無料配信しています♪

PCの方→メルマガ登録 携帯の方→メルマガ登録