理想の住まいとは、理想の暮らしができる住まいのこと。

そのためには、理想の暮らしを自分の中でしっかりとイメージしなければなりません。

 

あなたはどんな暮らしが理想ですか?

 

まずは思いつくままに書き出してみましょう。

生活シーンを思い浮かべると、書きやすいと思います。

「どこでどんなことをしているのか・・・」

 

ダイニングで家族揃って笑いながら食事をしている

リビングルームで、ゆったりと映画を見ている

書斎で読書を楽しんでいる

寝室でぐっすり眠っている  ・・・・など

 

できるだけ具体的に書き出してみるといいでしょう。

場面や状況をできるだけ言語化することが大事なのです。

 

また、文字だけでなく、いいなと思う写真などを切り抜いて貼り付けるといいでしょう。

そいうことをやっていると、自分の価値観がわかり、どういう暮らしを求めているのかが

見えてくるでしょう。

文字や写真などで目に見える形に残すこと、そしてそれを毎日見ることが大事です。

(新しい情報が入れば、追加したり入れ替えたりします)

 

それから、その暮らしが実現できる住まいを探すのです。

もちろん、全て叶えられるわけではないですが、優先順位をつけて上位のものを叶えるように

すると満足度が上がります。

 

予算や条件などの制限があるので、希望通りの広さや間取りが手に入らないこともあるでしょうが

理想の暮らしがイメージできていれば、暮らし方で工夫することができます。

 

ぜひやってみることをおすすめします。

 

 

 

 

住まい選びの場合、広さや間取りなどのハード面から考えがちですが、そもそもそれは