ギター関連ブログ

ギター関連ブログ

ジョイフルノイズギタースクール
https://joyfulnoise-guitar.com/

7th CODE札幌イーアス店
http://www.seventhcode.co.jp/music-school/sapporo.html


テーマ:

ギターのレコーディング案件、偶然プロデューサー宅で出会ってしまった「OX Amp Top Box」。

最近購入したそうで、「録る前にまずこれに耳を慣らして出音作ってー」とのことで早速弾きまくる。

 

ロードボックス自体は「Torpedoシリーズ」でかなり知られてきているとは思いますが、要はアンプ(プリ→パワーアンプ)までの音を

インターフェースなどにLINE OUTできるもので、アッテネータ機能もあって実物キャビに繋がなくてもアンプ本体に電気的負担を掛けることなく録音可。マイクモデリングでマイク、角度、距離も設定出来ます。

接続、操作もシンプル。

アタック、倍音の出方がまさにアンプそのもの。

ロードボックスに関して言うと以前はEx-Pro DMXを使用してました。当時としては革新的で他社のアッテネータと比べてもなかなかのアンプサウンドを自宅で収録できたのですが、どこか音に膜が張ってあるような、まぁこういうもんだろうなと割り切って使用していました。

IRはOwnhammer(このキャビシミュは今でも使用してます)

 

が、今回の「OX Amp Top Box」はそれを遥かに凌駕する生々しさで、プレイヤー側の気分も上がります。

録り音で左右されてはいけない部分ですが、やっぱり良い音するし、ニヤついちゃう。

発音後のディケイにあたる音質がもう惚れ惚れです。ヴィブラートに倍音を足した時なんかは感動。

クリーンも良いですが歪んでた方がより恩恵を感じることが出来ます。

 

そしてキャビシミュも高音質。

強めのバッキングには主に4発。マーシャル系グリーンバックを中心に。

アルペジオなど繊細なものはVoxタイプの2発キャビで収録。

まぁ、セオリーです。

 

今回のアンプはMesaのDual Rectifierのみ。

 

レクチは個人的にあまり使用経験がなかったのですがキャビシミュのお陰か、かなり万能な感じに。

ほぼ全てのテイクをアン直で収録終了。

 

最近機材に全然に注目していなかったのもあってか目から鱗でした。

おすすめです。

 

というわけで次回は先日入手した「Line6 HX STOMP」のレビューでも書きます。

 

札幌 ジョイフルノイズギタースクール

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス