中岡富茂公式ブログ | 株式会社スカイネットシステム | 愛媛県松山市
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

ハードディスク物理破壊

]

 

株式会社スカイネットシステムでは
お客様から廃棄依頼されたパソコンの記憶装置
ハードディスクを物理破壊して廃棄します
今回は約30個(数カ月分にしては少ないです)

ソフト的にダミーデータを上書きして消去する方法も有りますが
産業廃棄物の処理業者に渡す時は物理破壊した後にしています。

物理破壊
わかりやすい方法で情報を廃棄します(笑)

農作業の合間にちょっと15分だけ・・・・

記憶部分(円盤)の半分までカットします



2021/04/17(日曜日)のある昼下がり・・・でした

破壊中のビデオ(約30秒)
 

機密文書で焚火


枝打ちした枝の整理の「ついで」に
会社の機密文書(10年以上前の伝票他)で
焚火をしました

とっても良く燃えました

目の前で自分で処理する安心感
シュレッダー他のように電気代や処分代がかからないし(笑)
 

焚火のビデオ(数秒)

佐川急便 全軽自動車をEV化(読売新聞より)

 

佐川急便さんが
保有する軽自動車を全て(7,200台)EV化する記事が掲載されていた
7,200台は、四国で1年間に販売される軽自動車(軽貨物+軽乗用)の数とほぼ同じである。

EV化は時代の流れでいいと思うが
生産手段がなんとも喜べない

「中国のメーカーが生産する」とのことである

何故国内で生産しないのか
コストが高い?
だったら国策として補助金を出すなど
国内企業の雇用を創出するべきではないだろうか

コロナで職を失う人も居るなか
どこにお金を使うのか
折角補助金を出すなら、職を失った人にも必要だが
雇用を拡大できる方に力を入れるべきでは?

国会議員の先生(先生にふさわしくない人ばかりだが)
どうぞ自分の利権のためにではなく
日本国の利益の為に仕事をして下さい

お願いします

50年後、100年後の我々の子孫に
自立した素晴らしい国を継承していきましょう
だって、
日本は 世界 第3位 の 経済大国なんだから

読売新聞 2021年4月13日(水曜日)8面(経済欄)より
 

中長期計画(漁夫の利)

 

漁夫の利

シギ(鳥)とハマグリ(貝)が争っているところへ漁夫がやってきて、やすやすと両方とも捕えられてしまった。

鳥も貝もバカだなと思う人がどれほど多いだろう

視線をかえて
国会討論のくだらなさ
与党の足を引っ張ろうと野党が質問するが
国民から見るとどうでもいい的外れな論戦ばかり
海外から見ると今が(ここ数十年ずっとかも)日本を乗っ取るチャンス

あからさまに戦争を持ちかけ侵略するのは現代の手法ではない

脱炭素で日本の自動車産業を壊滅させてやろう
と狙っている  などなど
でも
本当は
野党はすごく賢くて、「日本を壊滅させる目的」を持っているのだろうか

明治維新も
国内分裂の末、討幕派が勝ち文明開化が行われた・・・・
とみている日本人がほとんどだが
イギリス等欧米の思い通りに内部紛争させられ武器を売り込まれ・・・・
と観ると腑に落ちる

日露戦争
勝利できたが、その戦費の一部をイギリスから借入れ
返済に80年間もかかっていたことを知っている日本人はどれくらいいるだろう
返済を終えたのは1986年
とたんにバブル崩壊
これは偶然なんだろうか・・・・・


致知 2021年4月号より

自らを知る者は明なり

僕は自分のことをどれだけ知っているのだろう
株式会社スカイネットシステムは自社のことをどれだけ知っているのだろう
それが、中長期計画
自分の会社を知る

社員の皆さんと進む方向を明確に共有して
仕事を楽しもう

株式会社スカイネットシステムは
コンピュータ関連技術の研究、開発、普及を通して
人々の暮らしを豊かにします

令和3年4月6日
株式会社スカイネットシステム
代表取締役 中岡富茂

変化への対応

 

変化への対応

4月2日朝刊より

昨日は多くの企業で入社式が開催された

各企業、それぞれの業種に応じたメッセージであるが
やはり
変化への対応
新しいアイディア
チャレンジ

などが多い

コロナの時代だからではなく
いつの時代も求められることだ

人間は
今から生きていくなかで
今一番若い
今が一番成長できる時期である

そう思って
社員の幸せと
取引先の発展を喜びとし
チャレンジして行こう(^_^)v
 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>