《 感想 》セクシャルセラピー カルテ1 円城寺司 | 毎日恋をする

毎日恋をする

毎日のちょっとした出来事&溢れ出る感情をポツポツと。

一日一記事。
月の半分はシチュエーションCDの感想。
残りの半分はスピ系の話を中心に置いたうえでの日常のお話。

 

今日のメニューは…

 

* サポートに感謝

* 催眠で睡眠

* シチュCD感想

 

 

 

≪シチュCD感想の注意事項≫

ネタバレが困る、嫌いという方、こういうのに興味がない方はスキップすることをお勧めします。

 

 

 

――――〆―――〆――――

 

サポートに感謝

 

――――〆―――〆――――

 

 

とーこエリアの今日の天気予報は、雨。

しかも予想を見ると、出勤てくてくの時にはすでに土砂降りの様相。

 

朝起きて…

うん、降ってるね。

 

そこで、シオンとアポロンにサポートをお願いして…。

ちょうど出勤てくてくの時間帯、とーこエリアは小降り状態。

(アメダスを見ると、他はかなり降ってる)

職場到着後、程なく雨は再び本降りに…。

帰りは、どうせ家に帰るだけだから濡れたって平気。

ってことで、サポート無しでてくてくして…そこそこ濡れました。(苦笑)

それでも、家に入ってから土砂降りになったところをみると、お願いしてなかったけど、多少サポートしてくれてたのかな?

(シオン、アポロン、ありがとう💗)

 

 

そんな今日の折り込み仕事は、そこそこ時間がかかって…

帰宅したのは14時。(お昼休憩無し)

お昼ご飯を食べながら録画してあったものを見て…

 

そうそう。

鋼の錬金術師、全64話見終わりました。(昨日)

面白かった。

これで実写版映画が見れる。

 

それから、やはり今さらながら…

偽物語の三部作を見終わりました。(今日)

これも面白かった。

思わず原作を買ってしまおうかとセブンネットで検索かけたくらい。

あまりにもたくさんあったので止めましたけどね。(危ない危ない)

こうなると、化物語を録っていなかったことが悔やまれます。

 

 

 

 

 

――――〆―――〆――――

 

催眠で睡眠

 

――――〆―――〆――――

 

 

昨夜、4本目に催眠音声を聞きました。

このところ連日Dose & Dreamsさんの作品だったので、別のサークルさんの作品にしよう。

ということで選んだのが、HypnoLifeさんの”こたつ彼氏”(CV:zero)

 

ところが…

催眠導入部分で寝落ち…

催眠解除に入ったところで意識が戻り…

安眠移行バージョンだったので、そのまま再び眠りに…

 

いったい何のために聞いてたの?状態。(苦笑)

実は、この作品…催眠導入部(トラック確認してないけど)に眠らせるような部分があります。

一応、作中の彼が起こしてくれるんだけど…。

そこで起きなかったら、寝続けるよね。(笑)

それでも解除のところで意識が戻ってるってことは、眠ってる状態…つまり潜在意識に直接働きかけがあるってことなのかも?

なんて思ってみたり。(なので解除はしっかり聞きました)

 

 

 

 

 

――――〆―――〆――――

 

シチュCDの感想

 

――――〆―――〆――――

 

 

セクシャルセラピー カルテ1 円城寺司

CV:茶介

 

 

GOLDさんからのシリーズ1枚目。

 

聞き終わって最初に思ったことは…

 

『学習能力がないな、自分』

 

 

タイトルから想像できるように、『セクシャルな悩み』専門の女性専用クリニックのお話です。

お相手の『円城寺司』という人物はこのクリニックのドクター。

ということは…

 

『わたし』は患者で、『彼』は担当医で、そこには恋愛感情が一切無いということ。

これ、私が一番苦手とするところのシチュエーションです。

 

今までも、この手のクリニックを舞台にした作品を聞いて…

「私には向かないな」って思ったというのに。

 

自分の好みの問題なんだけど、ビジネスライクなエッチっていうのは萌えません。

私は相手のことを好きだと思いたいし、相手からも好かれたい。

あるいは相手の思いに当てられて、ほだされてしまうとか。

いずれにしても、そこには何らかの『愛』が欲しいと思っちゃう。

たとえそれが行きずりの相手であったとしても。

 

せめてキャスト買いにとどめておくべきだった。

ついつい、キャラ設定の『ドS気質』ってのに惹かれてしまったのよね。

 

とはいえ、これはあくまでも聞いている私の好みの問題。

気に入ったリップ音とガッツリエッチシーンがあれば、特に問題ないという方には面白い作品なんじゃないかな。

 

 

ということで、作品の中に入ってみましょう。

 

 

『わたし』は『ひとりエッチ依存症』。

彼氏ができても、こんな自分を知られるのが怖くて、関係を持つ前に別れるという悪循環に陥っている。

さすがにこの状態ではマズイだろうと、このクリニックのセクシャルセラピーを受けることにした。

わたしの担当医は円城寺先生。

このクリニック設立当初から在籍しているベテランドクター。

しかも、もの凄くキレイな顔立ちをしている。

思わず、それを口にすると…

 

『よく言われます』

 

何でもないことのように受け流された。

 

問診票を見ながら、もっと細かく突っ込んだ質問をされる。

わたしが最終的にどこまで望むのか、ということも。

 

わたしは依存症から脱却したい。

 

『現在、彼氏がいないとなると、ロストヴァージンの相手は私となる可能性が高いですが、それでも良いですか?』

 

治療方針が決まったところで、わたし…ひとりエッチを強要されます。

もちろん、先生の見ている前で。

普段の様子を見るということなんだけど…

 

『次回の予約は二週間後に』

 

そして、わたしには課題が出された。

 

『ひとりエッチ禁止です』

 

治療のたびに次の予約と課題が出される。

課題をクリアできなければペナルティが科せられる。

 

 

というところで、リップ音などのお話を少し。

GOLDさんは効果音もしっかりとつけてくれるので、いろいろな状況判断がしやすいですね。

リップ音もエッチシーンもたっぷり。

声の位置や息遣いも良い感じ。

 

なんだけど…

やっぱり『好み』の問題が顔を出しますね。

 

作中の『わたし』は最初からノリノリだから、聞いている『私』は余計に冷静になっちゃうみたいな。(苦笑)

 

こればっかりは好みの問題だから仕方ないことなんだけど、担当医と患者という関係でも良いんですよ。

ただ、例えば、出会いはこのクリニックの担当医と患者でも、治療に入る前とか1回目の治療のあとという最初の段階のうちに、院外で偶然出会うなど何らかのエピソードがあって、お互いに担当医と患者という立場以外の『感情』ってのを持つような話しの流れが入れば、ね。

 

なんか、治療だけの関係って…嫌じゃない?

いくら治療だからって、いくら美形の人だとしても、好きでもない人に、好かれていないと分かってる人に、抱かれるって…嫌じゃない?

そういう風に感じるのって、私だけ?

…そもそも、シチュCDにそこまで深く求めるなってことかもしれないけど。(笑)

 

そう、だから、何度も言うけど…

これは私(とーこ)の好みの問題ですからね。

 

 

そして、次こそは別の展開で進むストーリーかもしれない…と、またこんなシチュエーションの作品をポチるんだろうな。

 

 

 

 

 

 


人気ブログランキング

 

ブログランキングに参加中

 

物語シリーズの原作、全部持ってますって人も

 

アニメは見たことあるって人も

 

よかったら、ポチッとしてあげてくださいな