《 感想 》 やさしい楽園△イグニスの章

テーマ:

 

今日のメニューは…

 

* 山羊座祭りと細胞たち

* 新作情報

* シチュCDの感想

 

 

≪シチュCD感想の注意事項≫

ネタばれが困る、嫌いと言う方、こういうのに興味が無い方はスキップすることをお勧めします。

 

 

 

 

――――И―――И――――

 

 

 

 

昨日書いたお肌の調子のお話の続き。

 

今朝は『普通に良好』の状態に戻ってました。

『めちゃくちゃイイ感じ』はまる2日間。

そして、友達から報告があったのが、やはりここ数日お肌の調子が良いということ。

これらを総合すると……

 

やはり、お肌の調子というのは山羊座が鍵になってきそうです。

山羊座も土星も肌と骨を管轄するということですから、土星が山羊座にいることと山羊座にいろんな星が集まってることで山羊座パワーが増してるのかも。

ということは……

 

お肌の調子が悪いとか、もっと良い状態になりたいというのなら、山羊座に星たちが集まってる時に普段よりも気持ちを向けながらお手入れすると効果倍増…なんてことになるかもしれません。

 

まあ、これは私の勝手な考えですけどね。

 

 

 

さ、私が感じた『めちゃくちゃイイ感じ』のことですが…。

突然、『普通に良い状態』に戻ったことを考えると、細胞たちがパワー全開だったのでは?ということ。

《自分は自分の心に嘘をつくことがあるけれど、細胞たちは嘘をつかない》そうなので、考えても分からないことは『身体に聞くと良い』のだとか。

そうは言っても、どこをどう意識すれば良いのかも分からずにいたんですが、これは指標になりそうです。

まるで、コインをひっくり返したように、あるいは、ここからここまで、といった感じでパッキリと仕切るように、感覚が”突然”変わりましたから。

始まりと終わりがハッキリ分かるんです。

 

今回、顕著だったのは顔の皮膚なんですが、前日の夜と朝ではハッキリと手触りが違いました。

そして、昨夜までの感触と今朝の感触もハッキリと違う。

肌が荒れるなら突然ってのもありそうだけど、改善すると考えると徐々に…ってのが普通ですよね。

 

これは、それぞれ”見極める場所”が違いそうですね。

私の場合は肌(特に顔)かもしれないけど、他の人は肌じゃなくて別のものになるかもしれない。

例えば、普段よりも物が鮮明に見えるとか、色の鮮やかさが違うように感じるとか。

普段、聞こえない小さな音まで聞こえるとか。

髪の毛がツヤツヤになる人もいるだろうし、ウエストがキュッとしまる人だっているかもしれない。(コレ良いな)

しかも、一つじゃなくて複合で…ってことだってあるかも?

 

今回はまる2日でしたが、この期間についてはまだ謎です。

でも、何となく”コツ”を掴めた感じがするので、次に身体の声が聞こえたときに検証してみようと思います。

 

 

 

 

――――И―――И――――

 

 

 

 

chocolat blancさんから3月10日発売の新作情報です。

≪危篤恋愛~二人だけの夜話~≫CV:五月天峰さん

ジャケ絵を見ると、可愛い系なんですが、タイトルから想像もできるように病み要素が入ってる作品のようです。

五月天峰さんって最近聞いたぞ?

と思って調べてみたら…

今年最初に聞いた作品(おやすみ彼氏2)でした。(笑)

ということで、せっかくなので(笑)買いリストに投入です。

 

 

 

 

――――И―――И――――

 

 

 

 

やさしい楽園△イグニスの章

CV:平井達也さん

 

 

ダブリルムーンさんからの新シリーズです。

ジャケ絵で分かる通り、今回の彼は『人』ではありません。

 

失敗や不運が重なり落ち込んでいた『わたし』は、気分転換のためにカフェに寄ることにしました。

いつもの扉を開けた。

 

でも、目の前に広がる光景はまるで違うもの。

通い慣れたカフェではない。

 

銀髪で……あれは、角(つの)?

 

突然ドアを開けて入ってきた『わたし』を彼も少し驚いたように迎える。

そして、驚いて声も出ずに固まっているわたしに…

『人がここに来るなんて滅多にないことだから』

人ならざる者の姿をしていることの言い訳を口にする。

 

人間に角なんてないんだから、目の前にいるこの人は人じゃない。

…悪魔?

 

彼は悪魔だとも、違うものだとも答えない。

ただ、不思議と怖いとは思わなかった。

彼の名は『エンキドゥ』という。

そして、ここは彼のアトリエ。

人形師をしているという。

 

『さあ、俺の目を見て―――』

 

彼の視線に絡め取られた。

視線を外すことができない。

 

彼はわたしの心に小さな穴が開いていると言う。

そこから零れていってしまうから…満たされないのだと。

 

『寂しい?』

 

彼は源になる強いエナジーを注いてくれると言う。

 

『もっと、しっかりと口を開けて』

 

優しい口づけが胸に小さな炎を点した。

それは螺旋を描くように身体の中心を流れていく。

 

『この器ではこれが限界かな』

『これをあげよう』

『キミが望めば、またここに辿りつけるよ』

 

わたしの手には不思議な模様が描かれている鈴が握られていた。

 

 

 

というところで、声などのお話。

この作品は完全ではないけれど催眠効果があるかもしれません。

催眠効果のある作品として有名なのは『感応時間』。

感応時間の催眠効果が80だとすると、この作品の催眠効果は30といったところかな。

感応時間のように催眠に入るフレーズがきちんとあるわけではないです。

途中でほんの少し呼吸を整える部分があるくらい。

なので、感応時間を聞いたことが無いとか、感応時間でも催眠状態になった経験が無いという方は、この作品を聞いても催眠状態に入ることはないと思う。

(それゆえに判定は30)

 

催眠と言っても、決して恐ろしいものではありません。

超リラックス状態、とでも言いましょうか。

催眠に入るコツは身体の力を全部抜いてしまうこと。

そして、自分の呼吸と聞こえてくる彼の声に集中すること。

感応時間は催眠導入の流れがしっかりしてるので、慣れてくると自然に催眠状態に入れてます。

ただ、その日のコンディションによって、催眠の深さは違いますね。

催眠状態から抜けるのも、作中のプロセスを聞くか眠ってしまえば大丈夫。

 

 

今作はまだ1回しか聞いてないから断言はできないけど、ちょっと意識してあげると催眠状態に入れそうな気がします。

 

実際、昨夜は催眠状態には入ってなかったんですが、平井さんのリップ音と吐息と息遣いでかなり追い上げられましたから。

催眠状態に入ったら、それはそれは凄いエクスタシーを感じられそう。

ただ、催眠に入れたとしても、物語的にワンシーンではないってのが難しいところ。

3回とも催眠状態に持っていくには相当慣れてないとダメかも。。。

 

 

 

このエンキドゥですが、自分では悪魔とは言わず『大いなる力を持つ者』と表現してますが…。

やっぱり、どう考えても悪魔ですよね。

これは、見た目だけの問題じゃなく。

 

彼が作っている特別な人形。

これを完成させるために必要なものは…人の魂。

 

何故、彼のアトリエへ迷い込んでしまったのか。

彼が欲する『人』と、満たされない『わたし』。

望んだのは…どちら?

 

わたしは『人』の器から、『彼の人形』という器に。

老いることもなく、ずっと彼と一緒に過ごすことになる。

 

 

ということは、人としてのわたしは死を迎えたってことですよね。

自分では魂の契約をしたつもりなんて全然ないのに。

 

彼がわたしの胸に描いた淫欲の印のせいなのか、彼の瞳に魅入られてしまったのか…。

 

 

 

2巻目はエンキドゥの弟のようです。

3巻目の情報はまだ出てませんが、彼らは三兄弟ということなので、たぶん3巻目は一番下の弟なんでしょう。

 

 

 

 

 


人気ブログランキング

 

ブログランキングに参加中

 

感応時間で催眠に入ったことがありますって人も

 

感応時間でも催眠状態になったことがありませんって人も

 

よかったら、ポチっとしてあげてくださいな

 

 

AD