昭和時代の子育て「決まり文句」 | 交心空間

交心空間

◇ 希有な脚本家の創作模様 ◇


テーマ:

「あんたは御幸橋の下で拾うてきたんじゃけえ」


 その言葉を信じて育ったわけではありませんが、橋の名前まで出されると幼
いころは現実性を感じたのではないでしょうか。
 私だけではないようです。昭和に生まれ子ども時代を送った友人たちに訊く
と「言われた言われた。ぼくは○○橋」「私は△△橋」と返ってきます。拾わ
れっ子……いや、贅沢をせぬよう戒めの言葉をもって育てられた子が多いよう
です。きっと愛情の裏返しなんでしょう。
 それにしても、みんな「橋の下」とは……。川の上流からドンブラコと流れ
てきたとか、山の竹藪で見つけたとか。桃太郎やかぐや姫のような発想を親が
してくれたら、子どもながらに夢も味わえたのになあ。
「お前は、クリプトン星からカプセルに乗ってやってきたんだ」


 ──ええッ、ぼくはスーパーマンなの!

坂本 博さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス