百人の諭吉っちゃん | 交心空間

交心空間

◇ 希有な脚本家の創作模様 ◇


テーマ:

 時代劇『座頭市』を観ていて、もうひとつ「ア!」と思わせる台詞がありま
した。今風にいうと「タイム・リミット」にあたる言葉です。勿論時代劇なの
で、そんな言葉はありえません。では、どう表現するかです。「時間切れ」も
違和感があります。むしろ江戸時代の言葉としてはNGでしょう。適切な表現
は『刻限』になります。


 ドラマおいてどんな台詞(言葉)を使うかは、時代背景を物語るにとても重
要です。時代に限らず、その業界や人物個性でも言葉の使い方ひとつで際立つ
ものです。


  女「(ウロウロして)サイテーの夜ね……大体何びびってんのよ、あいつ。
   まさか女知らないなんてことは……ないよなァ。金に物言わせて女好き
   勝手にするタイプだよ、あれは。それもキャッシュで……どのくらい持
   ってんだろ。ホテル代でしょう。でもって私を一晩だから、ま、最低五
   十万は財布ん中にあるわな。結束で持ってたりして。となると……(ベ
   ッドの脇に置いてあるバッグの所へ行き、しゃがみ込んで、鞄にパンチ
   パンチ)鞄の中は、大結束? ホホ……」


  *----------( 中 略 )----------*


  男「まァ、九時まで付き合わすんじゃし。同郷じゃろう。これも何かの縁
   じゃ。一本払ォたらええかいね」
  女「一本って、結束のこと?」
  男「何、結束って?」
  女「諭吉っちゃんが百人いて、それをこう、帯でとめたやつ」
  男「はーい……うん。それでええじゃろ」
  女「キャハハハハハ……好き。あんた、大~好き(と男に抱きつく)」
  男「オーイ……」
  女「(身体中にキスの嵐を浴びせて)しよ……いっぱいしよ……」
  男「ちょっーと、くすぐったい……」
  女「ここはどうだ(と強烈なキッス)」
  男「オオ~!」
  女「ウフフフフフ……」


                【ドラマ『ミッドナイト・プラン』より】


 女は銀行員でありながら夜はコールガールに身を転じています。ホテルのス
イートルームに出向いた女が、呼んだ男の素性を詮索したり、支払ってくれる
金額の心配をしてのやりとりです。
 男は銀行強盗を企んでいます。展開上「銀行」は重要な設定でした。そこで、
銀行に勤めている人に取材していろいろ話を聞いているうちに、百万円の札束
を『結束』と呼ぶことを知りました。『大結束』は一千万円を意味します。


 のちに女が銀行員であることを明確にするため、やりとりにその裏付けとな
るよう伏線として、銀行で日常使われる用語を織り込みます。まだ物語の始め
のほうなので、お互い素性や目的を隠すのが当然の心理です。あからさまに銀
行を持ち出す設定はありえません。したがって、やりとりのコンセプトを「女
を買う男と、身体を売る女の会話」に置いて、時折本性を覗かせる形が自然の
流れになります。
 特殊用語を用いるときのポイントは、「用語の意味」をいかに伝えるかにあ
ります。「結束って百万円を帯でとめて束にしたもの」では説明台詞になる気
がしました。そこで「百人の(福沢)諭吉っちゃん」にしたわけです。この台
詞で説明だけでなく、女のテンションが跳ね上がる様子もだせました。取材の
成果がふんだんに生きた一語でした。(笑顔)

坂本 博さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。