古畑奈和▷伝えたかった事。 | SKE48オフィシャルブログ Powered by Ameba
新型コロナウイルスに関する情報について

SKE48オフィシャルブログ Powered by Ameba

SKE48オフィシャルブログ Powered by Ameba


こんばんは、
チームK2の古畑奈和です。



今からの文章は悩みに悩んで‬
皆んなに伝えるかもどうするかも
‪自分の中で何度も葛藤したことを‬
‪皆んなに伝えようとしています。‬

‪今更なお話にな‬ってしまうかもしれません
そして、長文になってしまうので
お時間がある時にでも…☺️



‪皆さまに1つお願いがあるのですが‬
‪FRUSTRATIONの時に‬
‪奈和ちゃん、というコールをいただけたら…と

‪今まで代々のセンターの方の‬
‪コールがすごく羨ましくて‬
‪ずっとずっとなりたかったセンター
‪たくさんの気持ちを乗り越え掴んだセンター‬で

‪とってもとってもコールを楽しみに‬
‪していたのです。本当に。‬
‪皆んなが想像する以上にワクワクしか‬
‪していなかったです。‬

‪奈和ちゃんって名前を呼ばれること‬や
‪コール&レスポンス?の部分も‬
‪すごくすごく楽しみにしていて‬



‪でも、FRUSTRATIONの歌割の‬後は
今までの楽曲に比べたら名前を呼ぶ
タイミングが難しいのかな?‬

‪仕方ないなって、我慢しよう‬
‪名前呼んでなんてお願いするセンター‬
‪なんて不安にさせてしまうかなって‬
‪ダサい姿見せちゃうかなって‬

‪またいつか違うセンター曲を‬
‪自らの手で掴んで名前を呼んで‬いただこう…
と心に秘めていたの‬ですが‬



‪FRUSTRATIONは‬
‪ファンの皆さまと頑張った大切な曲の‬はず
なのにモヤモヤと寂しさが‬
やっぱり拭えなくて(ごめんなさい)‬

‪ここにきて‬
‪新しいシングルも発売されての
‪お願いになってしまい申し訳ないのですが‬
‪いつか、皆んなの前で披露することが‬あったら
その時は聞けたら‬いいな、なんて、




‪長年、期待しすぎていた自分のせいで‬
‪生まれてしまったこの感情だと思うので‬
‪披露する時には静かに待っています‬




私が初めてカップリング曲でセンターを
いただいた曲「愛の為に何を捨てる?」は
名前を呼ぶコールがAメロが難しいのと

初めてチーム曲でセンターをいただいた曲
「蹴飛ばした後で口づけを」は
できなくて

次こそは、次こそはって思うことが
多かったのでそれもあるのだろうな。

(曲はどちらもドストライクに大好きですし
愛していますし、センターで歌えることは
本当に幸せです。そこは間違いない☺️)






‪この文章では具体的には分からないので
書いてみますね!

‪Aメロの歌割で‬
‪「しょうがない」の後に名前を‬
‪呼んでいただきたく‬

‪歌詞に被ってしまう形で呼びにくい‬かも
しれませんが、私の名前で‬例えるとしたなら‬


‪「しょうがな(奈和ちゃーん)」と‬なります‬


‪そのAメロの時には私以外のメンバーも‬
‪歌っているので、それぞれの推しメンの‬
‪名前を遠慮なく呼んでくださいね‬!

‪皆さん優しいからなんだか‬
‪気を使わせてしまいそうなので、念の為




‪だけど誤解してほしくないのは‬
‪今までのFRUSTRATIONで‬
‪愛を感じなかったことはないよ‬!ということ
‪ちゃんと届いています‬
‪嬉しい気持ち、いただいています‬

‪コール&レスポンス‬
‪最初の時よりすごくすごく‬
‪声が聞こえるようになりました‬
‪ほっとしました‬☺️




‪SKEの中でも挑戦的な曲だからこそ‬
‪ファンの皆んなを困らせないように‬
‪一緒に楽しめるように頑張らなきゃ‬
‪と私なりに考える時間もあった

‪だからこそ不安になったのかもだけど‬
‪最近のフラレの時間は皆んなのおかげで‬
‪少し気が楽になったよ
ありがとう!




何度も伝えたくなっては
やっぱり自分の中で終わっておこう
という気持ちを披露するたびに繰り返して
いたのですが

披露する度に寂しい気持ちになるのは
やっぱり、んー。

過去の自分にも申し訳ないし
ファンの皆んなにもこの気持ちを抱えて
フラレを表現することも申し訳ない。

センターが夢で必死に生きてきたからこそ
アイドルとしての幸せを欲張りかもだけど
いただけたら、幸せこの上ないです。




もしかしたら、ちっぽけな事って
思わせてしまうかもしれないですけれど
私にとっては大きな事だったみたいです…

かと言って強制的ではないですし
このタイミングで実は声出せるんだよー
ということを伝えたかったのかー
くらいで受け止めてください…笑




‪長文失礼しました‬!




最後にハートを作ろうとする私を笑




それでは、またここでお会いしましょう☪︎*。꙳