私はどうせお母さんに愛されてる | 母も娘も『私がわたしの世界いち』心屋♡母親カウンセリング(お子様の摂食障害・不登校など)

母も娘も『私がわたしの世界いち』心屋♡母親カウンセリング(お子様の摂食障害・不登校など)

たくさんのブログの中から訪問して頂きありがとうございます。
私と一緒に心のブレーキを外して生きづらさを手放していきませんか?

*心屋リセットカウンセリングマスター
(心屋塾マスターコース34期2015年卒)

心屋認定カウンセラー

 

じゅんですブルー音符

 

 

 

image

 

 

 

「私はどうせ愛されてる」

 
 
「私はどうせ愛されていない」
 
 
 
 
人はこれを
証明しようとする。
 
 
その思いに合うように
現実を見るし、
 
更にその先の現実を作り上げていきます。
 
 
 
 
 
だとしたら子供に
 
あなたを愛してると伝えることは
とっても大切なこと。
 
 
 
 
image
 
 
 
 
それは
 
言葉で伝えることだったり
 
信頼することだったり
 
失敗させてあげることだったり
 
点数で評価しないことだったり
 
コントロールせずに
自由にさせてあげることだったり
 
結果で決めつけないことだったり
 
お母さんが不安な日々を送っているのではなく
安心していることだったり
 
お母さんは
あなたが生まれてくれて超幸せだから
毎日楽しいわ〜って
笑って生きてることだったりするのかもしれないなと思うのです。
 
 
 
 
これ全部、
私が出来ていなかったこと…
 
 
 
 
image
 
 
 
私は勘違いして、
 
家や教育の環境を整えることや
 
親らしい厳しい発言をしたり(親らしいってなんだ・笑)
 
ちゃんとした良いお母さんでいることが大切だと思ってたなぁ。
 
 
 
 
 
私の場合、
 
特に長女にはそれでは
愛しているが
伝わっていなかったように思います。
 
 
 
 
 
 
長女の
 
「愛されていない」が
 
摂食障害という出来事での
母娘の関わりで
 
「愛されてる」に
 
ひっくり返ったように感じています。
 
 
 
 
 
 
お母さんが
 
子供を愛し慈しんでる気持ちが
 
お子さんに届きますようにと
 
いつも願っています。