私、ひどい母親でした | 母も娘も『私がわたしの世界いち』心屋♡母親カウンセリング(お子様の摂食障害・不登校など)

母も娘も『私がわたしの世界いち』心屋♡母親カウンセリング(お子様の摂食障害・不登校など)

たくさんのブログの中から訪問して頂きありがとうございます。
私と一緒に心のブレーキを外して生きづらさを手放していきませんか?

*心屋リセットカウンセリングマスター
(心屋塾マスターコース34期2015年卒)

こんにちは!
 
 
心屋認定カウンセラー
じゅんですブルー音符
 
 
 
 
私、ひどい母親だから
 
あの頃、
こんなことを娘に思っていましたよ~
 
 
 
 
image
 
 
 
 
あなたさえ普通になってくれたら幸せなのに
 
あなたがそんなだからやりたいことが出来ない
 
あなたのせいで自由がない
 
あなたのせいで…
 
 
 
 
もちろん私は良いお母さんぶってたから
そんな言葉を娘に言ったことは無かったけど
 
 
娘からすれば
 
全否定されてること
 
伝わっていたよね。
 
 
 
はい、
何もかも娘のせいにしていました。
 
 
 
ほんと、ひどいっ汗
 
 
image
 
 
 
学校に行かなくちゃと思っても行けない辛さ
 
 
ちゃんと食べなくちゃとどんなに思っても
食べられない苦しみ
 
 
無茶食いなんてしたくないのに
どう頑張ってもしてしまう悲しみ
 
 
 
 
もちろんそれも辛くてたまらないけど、
 
大好きなお母さんから
あなたのせいでと思われていることが
 
苦しんでる子供にとっては
きっと何よりも辛くて
絶望感半端ないと思うの。
 
 
 
 
 
私もそうだったから
 
お母さんがそう思ってしまう気持ちはよくわかるし
思うのは思うんだもん、
 
仕方ないと思う。
 
 
思ってもいいよー♡
 
 
 
 
 
でも
そう思ったままで
 
どんな言葉をかけても
どんな行動しても
なかなか伝わらないんだよね。
 
 
お見通しだもん。
 
 
 
image
 
 
 
お母さんが、
 
やりたいことをやれない理由
 
やりたくないことをやってる理由
 
頑張っても報われない理由
 
言いたいけど言えない理由
 
幸せじゃない理由
 
 
それに自分が使われることが
子供にとってどんなに辛いのか。
 
 
 
で、理由にしているってことは、
 
子供に縛られているようで
 
実は
自ら縛られにいってるってこと。
 
 
誰が縛ってるのっていう話ですあせる
 
 
 
image
 
 
 
子供を理由に使えなくなったら
困ることないかな?
 
 
子供を理由に使えなくなったら
他の理由が出てきたりしないかな?
 
 
子供を理由に出来なくなったら
やりたいことやれちゃうよ~
 
 
困らないかな(笑)
 
 
 
 
子供(の問題と思えること)を理由にして、
 
お母さんが本当はやりたいけどやらなかったり
 
本当はやりたくないのにやっていることが
 
 
実は一番守りたい大切な子供を
苦しめているかもしれない。
 
 
 
 
 
子供を理由に使うこと
 
少しずつでいいから
やめていけたらいいね♡