あなたの選ぶことは全部正解 | 母も娘も『私がわたしの世界いち』心屋♡母親カウンセリング(お子様の摂食障害・不登校など)

母も娘も『私がわたしの世界いち』心屋♡母親カウンセリング(お子様の摂食障害・不登校など)

たくさんのブログの中から訪問して頂きありがとうございます。
私と一緒に心のブレーキを外して生きづらさを手放していきませんか?

*心屋リセットカウンセリングマスター
*コーチ・アヤコ式(R)認定カウンセラー

こんにちは!

 
 
心屋認定カウンセラー
じゅんです花
 
 
 
 
image
 
 
 
今の私と
以前の私、
 
 
娘達に対して何が違うのかなって考えてみたら
 
 
 
今の私は
 
「娘が選ぶことは全部正解」
 
って思ってるポイント。
 
 
 
 
それが私から見たら
 
 
ちゃんとしてないように見えることでも
 
何かやらかしてしまいそうに見えることでも
 
やめておいた方がいいように見えることでも、
 
 
それでも全部正解って思う。
 
 
 
 
image
 
 
 
私ね、
 
たぶん母親を心の底で
何となくだけどバカにして生きてきたと思います。
 
 
 
 
だから
無意識だったけど自分も
娘たちからバカにされるんじゃないかって
怖かったはず。
 
 
 
 
 
それが心の底にあるから
 
娘たちのやる事言う事には
先ずは否定して
 
親らしいアドバイスする、
 
 
それが私の日常だった。
 
 
 
 
 
それをして
娘たちに
バカにされないちゃんとした母親というか、
 
(そんなもの要らないのに)母親の威厳みたいなものを保っているつもりでいました。
 
 
 
娘たちに尊敬して欲しかったんだよね、
私きっと。
 
 
 
 
私のわずかな経験や知識なんて
今思えばどうでもいいくらいのことでしかないのに
 
 
私が正義として振りかざすから
 
子供からすればそれが「正解」になるよね。
 
 
 
子供にとって母親はそういう存在だもんね。
 
 
 
 
 
娘たちからすれば
 
自分がやる事言う事は
いつも間違ってるってことになる。
 
 
 
否定され続けてきて
悲しかっただろうなぁ。
 
 
 
image
 
 
 
 
娘たちにずっと伝わっていたであろう
 
「あなたの選ぶことはいつも間違ってる」
 
 
 
それが
 
 
「あなたの選ぶことはいつも正解」
 
 
 
これに変わったことはとても大きいと思います。
 
 
 
 
 
 
でね、
 
これも結局は自分よね。
 
 
 
 
「私の選ぶことはいつも間違ってる」
 
 
そう思って
いつも小さなことも大きなことも
頭の中は後悔ばかりだった私が
 
 
「私の選ぶことはいつも正解」に変わったら
 
 
娘達に対しても
(夫に対しても)
 
 
「あなたの選ぶことは全部正解」に変わったから。
 
 
 
 
 
でも、
 
今こうやって書いてるみたいな
今までしてきたことへの後悔みたいな気持ちが
もちろんまだあって
 
 
時々ふっと思い出すと(激減したけど)
 
無性に娘、
特に長女には謝りたくなる時があります。
 
 
 
 
 
それでもそう思う心のもう一方で
 
私がしてきたことは
全部正解だったという気持ちも
今はあるんだよね。
 
 
 
 
私はそれでいいと思っています。
 
 
 
 
 
 
だって自分が認めてあげなくてどうする?
 
 
 
 
底にあったのは愛でしかないし
その時の自分が精一杯やったこと、
 
 
何があったとしても
自分が味方でいてあげていいと思う。
 
 
 
 
 

 

全部正解だったよ

全部正解だよって
 
声に出して自分に言ってあげたらいいキラキラ
 
 
 
 
 
 
 
ぢんさんにブログでシェアしてもらった記事のご紹介

①1600を超えるいいねを頂いた

《摂食障害の娘、ほっといていいの?

質問してから1年が経ちました》は
 
こちらですぴっかーん

②《子育てが上手くいかない人は、

結局どこかに重大な欠陥が》は

こちらですぴっかーん

 

 
 
 

やまとじゅん*心屋認定カウンセラーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス