自然治癒力研究所のブログ

自然治癒力研究所のブログ

心と体の癒しのブログです。

ビタミンDの種類

ビタミンDにはD2からD7の6種類ありますが、D4~D7は食品にはほとんど含まれておらず、活性も低いため、一般的には高い生理活性を示すビタミンD2とビタミンD3の2つに大別されます。

 

ビタミンDの1日の摂取基準

ビタミンDの効果

ビタミンD2とビタミンD3はほぼ同等の生理的な効力をもっています。

ビタミンDは肝臓と腎臓を経て活性型ビタミンDに変わり、主に体内の機能性たんぱく質の働きを活性化させることで、さまざまな作用を及ぼします。

ビタミンDの生理作用の主なものに、正常な骨格と歯の発育促進が挙げられます。

また、小腸でのカルシウムとリンの腸管吸収を促進させ、血中カルシウム濃度を一定に調節することで、神経伝達や筋肉の収縮などを正常に行う働きがあります。

 

ビタミンDの働き

ビタミンDの主な働きは、ビタミンDは、カルシウムとリンの吸収を促進し骨を丈夫にしたり、遺伝子の働きを調節したりしています。

  • カルシウムとリンの吸収促進
  • 骨の形成と成長促進
  • 遺伝子の働きを調節
  • 筋肉を動かすための神経伝達
  • 細胞の成長と分化
  • 免疫の正常な働き
  • 糖尿病予防(インスリン分泌)
  • 発がんの抑制

ビタミンD不足の症状

ビタミンDが不足すると次の症状が出ます。

        クル病(小児)

        骨軟化症、骨粗しょう症(成人)

 

また、他のビタミンD不足の症状として、以下のことも研究されています。

        糖尿病

        動脈硬化

        免疫力低下

        自閉症

        うつ

        花粉症

        がん

        認知症

        不妊

 

ビタミンDを多く含む食品

ビタミンDは、きのこ類、魚介類、卵類、乳類に多く含まれています。

 

 

 

紫外線とビタミンD

ビタミンD3をつくってくれる紫外線。紫外線の中のUV-B(280~315nm)と呼ばれる光がつくってくれます。

UV-Bは、日焼けの原因になる光です。

そしてUV-Bのうち、300nm付近でいちばんたくさんビタミンD3がつくられます。

UV-Bは服やガラスを通れません。

ですので、いつも屋内で過ごしたり、外出するときに必ず日焼け止めを塗る人は、いつもビタミンD不足になっているおそれがあります。

紫外線(特にUV-A)が皮ふに悪いということも常識となっていますが、日光をおそれすぎずにビタミンD3をつくることのバランスを考えながら生活することが大切です。

 

それでは、どのくらい日光に当たるとどのくらいのビタミンDができるのでしょうか?

東京都内で夏に直射日光を30分浴びると、700~800IUのビタミンDが体内につくられるといわれています(肌の露出度10%)。

紫外線は季節によって届く量が違います。

そのため、季節によって体内でつくられるビタミンD量も違ってきます。

 

 

下記画像をクリックするとホームページに行きます、

 

主な人工甘味料には、アスパルテーム:、スクラロース、スクロース、アセスルファムK、があります。

人工甘味料が体に影響を及ぼすとされる健康問題には、以下のようなものがあります。

ただし、これらの影響が全ての人に同様に当てはまるかどうかは科学的に確定していない場合もあります。

 

 

1    メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームは、肥満、高血圧、高血糖、脂質異常症などが組み合わさった状態を指します。

一部の研究では、人工甘味料の摂取がこれらの症状を増加させる可能性があるとされています。

特に、血糖やインスリン反応に影響を与え、肥満の進行を助長することがあるとされています。

 

2    糖尿病

一部の研究では、人工甘味料の摂取が糖尿病の発症リスクを増加させる可能性があると報告されています。

これは、甘味料が血糖値やインスリンの調節に影響を及ぼし、体の糖代謝に対する正常な反応を阻害することが関連していると考えられています。

 

3    肥満

人工甘味料はカロリーが少ないため、ダイエット飲料やダイエット食品に使われることが多いですが、その甘さが脳に影響を与え、食欲や食品選択に影響を与えるとされています。

一部の研究では、人工甘味料の摂取が逆に体重増加を引き起こす可能性があるとされています。

 

4    心血管疾患

長期間にわたる人工甘味料の使用が、心血管疾患のリスク増加と関連している可能性があります。

これは、甘味料が体内の炎症反応や血管の健康に影響を与えることが考えられていますが、まだ完全に理解されているわけではありません。

 

5    腸内フローラの変化

一部の人工甘味料は腸内で分解されず、そのまま通過するため、腸内フローラに影響を与える可能性があります。

腸内環境の変化は免疫機能や消化吸収に影響を与え、全身の健康に関連する可能性があります。

これらの健康問題は、人工甘味料の摂取量や個々の体質によって異なる影響を与える可能性があります。

そのため、健康を考慮して人工甘味料の摂取量を管理することが重要です。

 

したがって、人工甘味料を過剰に摂取することは、健康に悪影響を及ぼす可能性があるとされています。

カロリーゼロとかの謳い文句で好んで摂っている方も多いと思いますが、ぎゃくにメタボリックや肥満の原因にもなりますので、気をつけましょう。

 

 

下記画像をクリックするとホームページに行きます、

 

『爪もみ健康法』をご存じでしょうか。

 

 

手足の爪の付け根をつまんで刺激する,

ただそれだけ! 

費用や道具も一切必要なし! 

何処でも誰でも簡単にできる! 

非常に簡単なの健康法なのです。

 

爪の付け根にある「井穴(せいけつ)」は自律神経のバランスをととのえるツボ。 

超シンプルでありながら、それを毎日刺激することで さまざまな辛い症状が改善され、病気になりにくく、太りにくい体質になるというツボです。

 

現代人が悩まされている病気や症状のほとんどは、ストレスで「自律神経が乱れている」状態なのだそうです。

自律神経とは、内臓や血管など私たちの体の機能を、意志とは無関係にコントロールしている神経。呼吸、血液循環、食物の消化・吸収と、生きるのに不可欠な制御を自動的におこなってくれています。

緊張・戦闘モードにさせる「交感神経」とホッとリラックスさせる「副交感神経」の二本立て。

ふたつがシーソーのようにバランスよく働いているときは、仕事も快調・休息もバッチリ、と充実した毎日を過ごせるのです。

 

ところが、ストレスの多い現代社会では 交感神経に傾きがち。

緊張は血管を収縮させるので、酸素や栄養が行き届かなくなり、老廃物や毒素が停滞! 

さらに、身体を病気から守る白血球のバランスも連動して乱れ、さまざまな病気を発生させるというのです。

「ストレスは万病のもと」といわれるのは、「ストレスで乱れた自律神経が万病を引き起こす」という意味だったようです。

ことに 寒い冬は、体が緊張して交感神経が優位になる時季でもあります。

 

 

下記画像をクリックするとホームページに行きます、

 

 

白衣を着ない・薬を出さない小児科医である真弓定夫医師はとても素晴らしい尊敬する方でした。

新医学研究会のメルマガに故 真弓定夫小児科医の記事がありましたので、抜き出して記載します。

 

 

――――――――――――――――――――

子どもに良い環境を整えてあげるのは大人の責任

――――――――――――――――――――

子どもはマインドコントロールされていないから、 なんでもすんなり入っていきます。

良い習慣も悪い習慣も大人から子どもへ 受け継がれていきますから、良い環境を整えてあげるのは大人の責任です。

 

―――――――――――――――――――
育児はその人が生まれ育つ20年前から始まる
―――――――――――――――――――

育児はその人が生まれ育つ20年前から始まるのです。
そしてお腹の中にいる間の十月十日が、生まれてからの80年よりもよっぽど大切なのです。

昭和20年以前は、みんな当たり前のように自然に育っていました。
それまでの小児科医はみんな今の私のようなスタイルで行っていたのです。

当時の病院において、薬をどうしても出さなければいけない時は、一人ひとりに合わせて薬を作っていたものです。

そもそも発熱、下痢、目やになどは、子供が病気を治そうと必死に闘っている症状です。
下痢なんて、水と人参で治ってしまうし、熱が1週間続いても、咳が1カ月続いても、病院に行く必要はありません。

みなさんのお家の台所には薬がいっぱいあるのですから。
ただ体温が低い場合には、免疫力が下がってしまうので気をつけなければいけません。
これについて詳しくは『37℃のふしぎ』を読んでください。

 

―――――――――――
病を見るな、人をみよ!
―――――――――――

もし子どもの症状が気になるときには、機嫌(精神面)、元気(身体面)、快食、快眠、快便といった、この5つをチェックしてください。
これらに何の問題もなければ気にすることはありません。
もし問題があったら、私のように出来る限り薬を出さない小児科医に相談してください(笑)。

基本的に当たり前の事をしていれば、病気になんてならないのですが、マスコミ報道にしてもお金儲けの事ばかりです。

インフルエンザがその最たるものですね。予防接種をすればするほど、体は弱くなり、自然治癒力は低下してしまいます。
私の所に来る患者さんは、誰一人としてインフルエンザの予防接種をしていませんよ。
タミフルなんて、もちろん使用していません。世界中のタミフルの75パーセントを日本が買っているのをご存知でしょうか?

日本の人口は世界のたった2パーセントなのに、これは恐ろしいデータですね。
しかもインフルエンザは若者が標的になっているのです。インドネシアは完全拒否しているというのに、日本ではワクチンとタミフルを売り込むために国民が煽られている事に、私は「目を覚ましてください!」とずっと言い続けているのです。

 

―――――――――――――――――――――
今こそ、日本人本来の食生活を取り戻しましょう!
―――――――――――――――――――――

教育、保健所の職員をはじめ、今はもう国全体がおかしくなっているのです。
これらのシステムは終戦の年にアメリカという国が意図的に行った政策(3R・5D・3S政策)の影響です。

戦後1945年から1952年はアメリカの占領下だったから仕方がなかったのです。
その間はモラルの低くて肩書きの高い大学教授、教育長、保健所長などに、「パンと牛乳は体に良い」などといったアメリカの代弁をさせ、食卓からごはんとみそ汁をなくそうとしたのです。

日本人の欧米化とは、日本を劣化させる政策でした。
そしてその7年間の占領が解けたときに、日本人本来の生活に戻そうと動いた心ある政治家、医者、教育者は、日本の経済発展を妨げるという理由で、左遷させられたりやめさせられたりしていったのです。

そうして戦後生まれの洗脳された人々が今、政治家や医者になってしまっているのですから、もう大変です。
正論を唱える人々はどこかへ飛ばされてしまいます。
私たちはそういう国に住んでいるとのだという事を、しっかりと自覚しなければいけません。

神武天皇のころから昭和20年までの人々は、二千年間みんな同じものを食べてきました。
それまでの全ての男性は聖徳太子と同じような食生活をしてきたし、
女性だったら紫式部や清少納言などと同じような食生活をつい65年前までしてきたのです。
そういった食事で優秀な日本人が育っていったのです。
歴史を振り返ると、どれほど急激なスピードで欧米化されていったのかがわかるでしょう?

 

――――――――
牛乳の影響とは?
――――――――

動物はその動物に合わない食生活を続けていると、その動物が一番よく使っている組織へ最初に被害が及びます。

魚ならば尾びれや背びれ、そして猿ならば手足、人間ならば脳です。
私が小児科医になって最初に診ていた子ども達は、もう還暦を過ぎています。
今も毎日のように診療を続けていますが、私はいつもお爺ちゃんやお婆ちゃんの知恵を教え、伝えているだけなのです。

戦後のアメリカの政策によって、国民は核家族化させられ、お爺ちゃんやお婆ちゃんの素晴らしい知恵を奪われてしまいました。
例えば牛の体温は38.5℃分ぐらいなのですが、その牛乳が36℃~37℃ぐらいの人体に入るとどうなると思いますか?
牛乳の中の脂肪は体内では完全に解ける事ができない為、少し牛乳を飲むと消化できない脂肪が皮下脂肪となり、
もっと飲むと内臓に脂肪がつき、ゆくゆくは人工透析などが必要になります。
しかも日本人の腸には牛乳のカルシウムを吸収するために必要なラクターゼという酵素が少ないので、消化しきれないのです。
こんなことは医者が言うことではないのです。本来であればお爺ちゃんやお婆ちゃんが教えてくれていた事なのです。

 

――――――――――――
母子手帳の知られざる真実
――――――――――――

みなさんはどうやって母子手帳が作られたのかご存知でしょうか?
アメリカの占領下だった昭和22年に、牛乳の普及の為に保険法が解約されます。
それまでは自宅分娩で生まれ、産婆さんの手によるお産がなされていたのです。
しかしアメリカの政策により、産婆さんは助産婦へと格下げさせられてしまいます。
そして昭和23年にアメリカで作られた母子手帳が、そのまま日本語に翻訳される形で作られたのです。

要するに、これはアメリカの乳業振興策として作られたもので、日本の医師や厚生省などはこの政策に関与していないのです。
つまり、アメリカの乳業が乳製品を日本へ売り込むために製作したものなのです。
そんな母子手帳の発端であるアメリカでは、1977年に発表されたマクガバン・レポートによって、この母子手帳の内容が子どもの健康上に不適切だとし、その後は母子手帳を使用しなくなったのです。

それでも尚、日本では今も当然のように使用しているのです。
そしてこの方法によって、アメリカが膨大な利益を得た為、昭和33年にはさらに学校給食へ牛乳を導入するようになりました。

そういった流れから、牛乳の消費が日本で急激に高まり、それと同時にアレルギー、成人病が増えていきました。
乳業界にとって学校給食は3兆円産業のマーケットであり、乳業は校長などの天下り先となり、
それらを批判する人々は左遷させられていきました。

保健所も学校も、政府の経済優先的政策にまんまと乗せられてしまったのです。
その上アメリカの占領期間中は、保健所に就職出来る栄養士は乳業の専従栄養士だけだったのです。
ですから、保健所では今も昔も乳製品を当然のように勧める訳です。

『病気にならない生き方』の中で新谷弘実さんは、この一連の出来事を「見事なビジネスモデル」と書いているぐらいです。
ですから今こそみなさんが、さまざまな世の中の事柄を見直す時なのです。

 

―――――――――――――――――
小さな頃から子ども達には良い習慣を!
―――――――――――――――――

小さな頃から子ども達には良い習慣を身につけさせてください。
生まれてからでは遅すぎる、受胎してからでは遅すぎるのです。
そしてこれからは極力電気を使わないように努め、薬や牛乳を飲まない事が大事です。
イギリスでは、携帯電話を16歳以下の子供の使用を控えるように指導しているというのに、
日本では厚生省が小学校の教室に携帯電話を導入してしまいましたが、これが何故だか判りますか?

要するに国の借金を返す為なのです。今、日本の年間税収は40兆円を切ろうとしています。
それに対して支出が95兆円なのです。その全てのツケは、今後あなた方のお子さんやお孫さんに回ってくるのです。
だから国は、国民に電気、自動車、薬、牛乳などをどんどん消費させているのです。
いいですか、人生は一度きりですよ! お金なんて人間にとって大事なことではありません。
それよりも、もっともっと大事なことが世の中には沢山あります。
みなさん、早くそういった事に気づいていってください。

 

小児科医 故 真弓定夫

 

 

下記画像をクリックするとホームページに行きます、

 

砂糖の原料は次の三種類に分類されます。

① サトウキビ

② ビート

③ サトウモロコシ

 

 

白砂糖を人工的に作るには、サトウキビの茎を砕き、圧縮して甘い汁を搾り取り、さらにそれを何度も加工して純粋な白い結晶になるまで精製します。

最初の精製で汁が不純物を取り除くために濾過され、化学物質で処理されます。

こうして粗糖が取り除かれたあとに糖蜜が残ります。 

糖蜜はさらに精製の過程を経て徐々に色が薄くなります。

精製の第一段階では、焦げ茶色で湿り気がありますが、加工を重ねる毎に色がどんどん薄くなり、乾燥し、そして最後に粒の細かい純白の結晶ができあがります。

 

白砂糖を摂取すると、胃と十二指腸の蠕動運動が停止してしまいます。

これは「糖反射」と呼ばれる現象です。

この糖反射は数十分から1時間以上も続きます。 

もしも、食前に甘いものを食べてしまったら、後から入る食物も糖反射が解けないうちは、未消化のまま胃内に停滞する事になります。

 

白砂糖を摂取すると、脳の神経伝達物質ドーパミンが大量に分泌され、 快感や多幸感が得られます。

ドーパミンが増えすぎると 感情の起伏が激しくなり、怒り、憎しみ、恐怖感などのネガティヴな感情が沸き上がってきます。 

一方で、優しさや思いやりが減り、どんどん自分勝手になっていきます。

 

ドーパミンの過剰な分泌は、統合失調症を引き起こすという見解もあります。

イギリスのジョン•ワトキンス博士は、「この世から白砂糖をなくしたら精神病はすべてなくなる」 と断言しています。

 

白砂糖の効力が切れると気持ちが不安定になり、さらに白砂糖が欲しくなるという悪循環に陥ります。

白砂糖は、人間の身も心も蝕む恐ろしい食品です。 

 

白砂糖を摂りすぎると、体内のカルシウ厶は失われていきます。

白砂糖は精製過程でヴィタミンやミネラルなどの 微量栄養素を失った酸性食品だからです。

人間の体は、基本的に弱アルカリ性です。

そのため、酸性食品が大量に体内に入ると、中和するために体内のミネラル分が使われます。

この時、最も多く消費されるのがカルシウムなのです。 

白砂糖は、カルシウ厶がほとんど含まれていないので、 

必要なカルシウ厶は体内の骨や歯を溶かして供給されます。 

これが甘いものを摂ると虫歯になったり骨が弱くなる理由です。

 

白砂糖には、ヴィタミンやミネラルが含まれていません。 

糖類は、体内で分解される時にヴィタミンB1が必要となり、そのため、ヴィタミンBの摂取量が少ないと欠乏症を起こし、 鬱、疲労、眩暈、貧血、頭痛、浮腫、湿疹、脂肪肝、心疾患、呼吸器病、記憶障害といった様々な症状を招いてしまいます。

 

白砂糖は、血中に取り込まれるのがとても速く、血糖値が急激に上昇します。

そのため、インスリンが大量に分泌され、低血糖を引き起こしやすくなります。

低血糖が続くと、今度は血糖値を上昇させようとして、 アドレナリンが放出されます。

アドしナリンは神経伝達物質の一つで、興奮した時に大量に血液中に放出されるホルモンです。                                             

アドしナリンが出すぎると、 思考力が減退し、集中力がなくなり、短気でキしやすくなります。

 

白砂糖の主成分であるショ糖は、悪玉菌の直接の餌です。

ショ糖は、果糖とブドウ糖がくっついてできたものです。 

果糖やブドウ糖は、単独ではすぐれた栄養素なのですが、この二つの分子がくっつくとたちまち悪玉になってしまい、胃酸や消化酵素が働きかけてもなかなか切り離す事ができません。

腸の胃中でも切り離すのに時間がかかり、 消化不良になってしまう事が多いです。

 

そのため、炭水化物分解酵素のマルターゼやアミラーゼを大量に浪費してしまいます。

この消化されずに体内に残ったショ糖は、胃でも小腸でも大腸でも、真菌や悪玉菌やウイルスなどの 大好物の栄養素となってしまいます。

 

結果的に悪玉菌が増えると、 全身の自衛組織である白血球が悪玉菌を退治しにかかります。

しかし、悪玉菌を殺した後の白血球の死骸からは、 活性酸素が生み出されてしまいます。

 

そして、その活性酸素で臓器が損傷を受け、様々な病気を引き起こす原因となるのです。

2014年3月、白砂糖が及ぼす影響を重く見たWHOは成人が1日に摂取してよい白砂糖の上限をこれまでの約50gから約25gに引き下げるべきというガイドライン案を公開しました。

 

白砂糖が体に悪いという事が 世界中で大きな話題になっているにも拘らず 白砂糖で利益を得ている関係者からの圧力により、この事実は日本では報道されず 国民に知られていません。

 

甘いものが食べたくなるのは、塩不足が原因です。

塩不足は、肝臓がブドウ糖を作る能力を下げます。 

血糖値が下がるので、疲れやすくなるのです。

 

甘いものは、肉体的に必要でなくても、精神的な栄養にはなります。

血糖が急激に増えると、脳の中でセロトニンという快楽物質が合成されます。

甘いものを食べると脳はリラックスしてCt波状態になり、脳下垂体から召-エンドルフィンという神経伝達物質が放出され、強い鎮痛作用と多幸感をもたらすと考えられています。

 

一方で思考力や判断力を司る重要なホルモンの分泌にも狂いが生じます。

甘味料を利用する場合は、蜂蜜、 黒砂糖、甜菜糖、椰子糖、本味_、 玄米甘酒、玄米水飴、ヤーコン•シロップ、メープル•シロップ、アガヴェ•シロップを少量使うようにしましょう。

 

東洋医学の世界では、白砂糖は陰性食品に分類されますが、黒砂糖は陽性食品に分類されます。

沖縄県には「黒砂糖は命を延ばすが、白砂糖は命を縮める」という古くからの言い伝えがあります。

500年以上もの間、黒砂糖をお茶受けにしてきた 沖縄、奄美、種子島、屋久島には長寿者が多いです。

 

黒砂糖はサトウキビの絞り汁を煮詰めて出てきた 糖を固めて作られた弱アルカリ性の食品です。 

その上、ヴィタミンBl、B2、鉄、亜鉛、カルシウ厶、カリウムなどが豊富に含まれています。 

ヴィタミンB1-B2は体を動かすエネルギー源になり、熱を効果的に生み出す作用があります。

また、黒砂糖の黒い部分に含まれるフェニルグルコシドという成分には、腸からの糖分の吸収を抑制する働きがあるので、 血糖値の急上昇を抑えてくれます。

 

東京農業大学の栄養学の教授が「黒砂糖は血糖を下げる」との研究結果を発表されていますが、黒砂糖にはインスリンの成分となる亜鉛が多く含まれ、体を強力に温める効果もありますので、黒砂糖が体温を上げて血糖の燃焼を促す事を考えれば当然と言えるでしょう。

 

黒砂糖の中には血清コレステロールや中性脂肪を低下させる成分が含まれています。

その成分は、サトウキビの茎皮に付着する脂質成分であるワックスです。 

茎皮ワックスの成分は、オクタコサノールと言って、小麦胚芽や野生植物などに含まれているアルコールの一種です。

 

動物実験で、黒砂糖から抽出したこのワックス成分を糖尿病の鼠に与えたところ、 血糖値が確実に落ち、善玉コレステロールも明らかに増加しました。

これは、糖尿病血管障害の合併症の一つである動脈硬化を防ぐ因子が 黒砂糖の中に含まれている事を意味します。

黒砂糖は美肌効果がある事でも知られています。

黒砂糖には、肌の保湿効果に有用な

ミネラルやアミノ酸がバランス良く豊富に含まれます。 

黒砂糖を配合した石鹼には粘着力と保湿力があり、効果的な潤いを与えてくれます。

 

最近では、アガヴェシロップがヘルシーな甘味料として注目されているようです。

アガヴェシロップは、メキシコの広大な砂漠で育ったリュウゼッラン科リュウゼッラン属のアガヴェの蜜を集めた100%ナチュラルな植物性甘味料です。

アガヴェシロップは、約80%が果糖で、ショ糖の含有率3%程度で、残りはブドウ糖とイヌリンです。

GI値はわずか25で、砂糖よりカロリーが25%も低いのに、 甘さは砂糖の1.3倍です。

生のアガヴェ蜜は、カルシウ厶、鉄分、リン、マグネシウム、カリウム、 ヴィタミンB、C、D、E、亜鉛、セレン、クロ厶を豊富に含んでいます。 

アガヴェシロップの中でも最高品種なのがブルーアガヴェシロップです。

しかし、アガヴェシロップは決してヘルシーではありません。

アガヴェシロップに含まれる糖分の70~90%はフルクトースなので、 肝臓に負担を掛けたり、善玉コレステロールを減らしたり、悪玉コレステロールを増やしたりします。

 

唯一、推奨できる甘味料はステビアです。 ステビアはミントの一種で、砂糖の約 300 倍の甘さ がありま すが、糖分ゼロなので血糖値は上がりません。

 

白砂糖の健康への影響

ミネラルの吸収阻害を起こす。 

免疫力を低下させる。

組織の弾力を損なう。

視力を弱める。

低血糖症を引き起こす。

早老を引き起こす。 

虫歯を引き起こす。

肥満の原因になる。

歯周病を導く。

関節炎を引き起こす。

喘息を引き起こす。

多発性硬化症を引き起こす。 

静脈瘤を引き起こす。

骨粗鬆症の一因となる。

インスリン感受性を低下させる。 

成長ホルモンを減少させる。 

収縮期の血圧を上昇させる。 

眠気をもたらす。

やる気をなくさせる。

食物アレルギーを引き起こす。

糖尿病の一因となる。

子供の湿疹の 因となる。

心血管疾患を引き起こす。

白内障を引き起こす。

アテローム性動脈硬化症を引き起こす。 

脂肪肝を作る。

頭痛を引き起こす。

学習障害を引き起こす。

心の落ち込みを引き起こす。 

消化不良の原因となる。

アルツ八イマー病の一因となる。 

目眩を導く。

癌を発症させる。

妊婦の早産の危険性が倍になる。 

月経前症候群を悪化させる。 

副腎の機能低下を引き起こす。

 

 

下記画像をクリックするとホームページに行きます、