自然治癒力研究所のブログ

自然治癒力研究所のブログ

心と体の癒しのブログです。

新医学研究会のメルマガからの抜粋です。

 

回転寿司に隠された真実。じつは「マンボウ、ウミヘビ、着色料」が・・・

コンビニやスーパーに並ぶ食品なら、おおよその原料と添加物がわかりますが、居酒屋やファミリーレストランなどの外食の場合、原材料は何も表示されていません。
消費者は食品の正体がさっぱりわからないまま食べているというワケです。

『今いちばん知りたい食べ物の話』(サンマーク出版刊)より、外食の中から回転寿司ネタの知られざる秘密を取り上げます。
あなたが口にしていたネタも、代用品かもしれません……。

⇒ 01.安いネギトロは植物油や着色料を加えた“人工食品”

ネギトロの軍艦巻きや手巻きといえば、回転寿司店、持ち帰り寿司店、スーパーなどでも人気の定番メニュー。
もともとは、マグロの骨の隙間にある中落ちと言われる赤身部分や、皮の裏や筋の部分から脂身をこそげ落と
したすき身にみじん切りのネギを混ぜたもの。
しかし、実際、高級寿司店を除き、マグロの中落ちを使ったネギトロなどはごくまれ。
ほとんどは安価で質の悪いキハダマグロやビンチョウマグロの端肉部分や、マグロに味が似ているというアカ
マンボウに、魚油や植物油、調味料、着色料などを加えた“人工ネギトロ”がスーパーでも幅を利かせて売ら
れています。

⇒ 02.アナゴの代用品はなんと、ウミヘビ!?

アナゴと聞けば、江戸前の魚のイメージがありますが、乱獲によって、真アナゴの値段が高騰。
その代わりに回転寿司店などでは、なんと南米産の巨大ウミヘビ(魚類・ウナギ目)がアナゴとして使われています。
例えばウミヘビのクロアナゴ種は、脂も強く脂質も悪いので、処理をしっかりしないとお腹を壊す恐れがあるのです。
胴径が10?、体長は1.5~2m ほどもあります。その流通の割合は、水産関係者でなければ、まったくの“闇の中”。
回転寿司や持ち帰り寿司、スーパーの寿司のアナゴはこの種のモノが使われている可能性があります。

⇒ 03.さらに、回転寿司のネタは代用魚のオンパレード

回転寿司で出されるネタについては、前述以外にもまだまだ代用魚が使われています。
その多くは、日本ではあまり流通・消費されてこなかった外国魚や深海魚など。

例えば、マダイならティラピア、スズキならナイルパーチなどで、クセのない白身は世界でも食用としての需要も高く、
品質や栄養の面では問題がないとされています。
この他にも、

カラスガレイ → ヒラメ
サルボウ貝 → 赤貝
オヒョウ → ヒラメのエンガワ
ヒラス → ブリ

……など、代用魚のオンパレードだといってもいいでしょう。

⇒ 04.養殖サーモンのオレンジは着色料!?

年代に関係なく回転寿司やスーパーで人気のネタと言えば、艶やかなオレンジ色が目を引く、
サーモンです。
今では一年中、季節を問わずに売られるようになっていますが、そこは、国産の天然もののサケから、
チリやノルウェー産
の養殖もののアトランティックサーモンの輸入品が主流になったためです。
しかし、輸入の養殖サーモンには、抗生物質が投与され、早く育てるための脂分の多い飼料などが
与えられています。
さらに、身をきれいなオレンジ色にするために「カンタキサンチン」や「アスタキサンチン」と
呼ばれる化学合成物質からなる着色料をえさに混ぜているのです。

⇒ 05.イクラを箸で潰してみよう!?

あれ、このイクラ、箸で潰せないよ!
そんなイクラの粒を発見したら即お湯に浸けてみましょう。
本物のイクラならオレンジ色から白くなります。
もし・・ならなかったら!? 

いくらは、本来は鮭の卵でも、かなり実際に使われているのが鱒の卵なんです。
それならまだましで、錠剤のカプセルを応用した化学製品・食品添加物だけの人造いくらも出回っています。
製薬材料会社が、錠剤の開発中に偶然できたものです。
カラギーナンという、天然でも発ガン性や催奇形性の危険が高い「食品添加物」の増粘安定剤で作られます。
あるいはサラダ油・アルギン酸ナトリウム(増粘安定剤)・着色料で作る方法もあります。

 

これ読んで、健康に害なく美味しいなら私はOKだと思いますが、人工着色料など食品添加物は何らかの表示をして欲しいですね。

 

 

下記人気プログランキングのボタンをクリックをしてね。

ポチッ!

 

 

クリックしてくれてありがとう。o(*^▽^*)o

 

コロナウィルスの影響で、テレワークが増えています。

テレワークは通勤時間が省けて時間を有効に使えることで大変便利です。

しかし、最近疲れが出ていませんか。

 

・気分が何となく優れない

・ちょっと動いただけで疲れる

・腰や肩が凝ったり痛くなったりする

・食欲がないあるいは食べ過ぎてしまう

 

これらの原因は

1.ストレスが溜まっている

2.運動不足

 

1はずっと自宅や近所のレンタルルームに籠っていると、環境が変化しないので少しずつストレスが蓄積してしまうことがあります。

週末にごろごろせずに、何か気分転換できることを行いましょう。

趣味があればそれでもいいですし、海や山にドライブなどもいいでしょう。

 

2は通勤しないのでどうしても運動不足になりがちです。

1日に1回ウォーキングがいいのですが、ここのところ夜でもまた暑いので、熱中症に気をつけなければいけません。

家の中で簡単にできるのは、スクワットです。

ゆっくり45秒ほどかけて腰を落とし、15秒ほどかけて立ち姿に戻します。

腰は、その人の体力によって落とせるところまででOKです。

姿勢は体を立てたまま真っ直ぐ腰を落とすのではなく、足は肩幅か少し広く足はやや外向き、股関節前面をグッと曲げて腰を後ろに突き出す感じで、膝が足の指よりも先に出ないようにし、背中は猫背にならないように真っ直ぐに伸ばします。

回数は3セットから始め、慣れてきたら少しずつ回数を増やすのもいいでしょう。

このスクワットはぽっこりお腹の防止効果もあります。

 

 

下記人気プログランキングのボタンをクリックをしてね。

ポチッ!

 

 

クリックしてくれてありがとう。o(*^▽^*)o

 

斉藤一人さんの記事から抜粋です。

 

 極端な生き方という原因に対して、体は「素直に」反応します。

体内に発生した害のある物質や、荒れた体内環境を整えようとし始め、その結果として体の不調、さまざまな症状が出てくるのです。

 この症状を「悪い」「間違っている」とだけ見ること自体が、実は間違っていると思います。

体の驚くべきメカニズムを知った時、自分の生き方が根本的に変わってしまうでしょう。

本来、体が持つパワーを引き出す生き方、疲れない、疲れを回復しやすい生き方を始めるきっかけになります。

 

では、3つのシステムのは…。

 

自律神経システム……活動と休息に適した体調をつくり出すために、体のほとんど全ての細胞を支配している、体のコントロールタワーのようなものです。

 

エネルギー代謝システム……体が活動する際に必要なエネルギーをうまく供給するシステムであり、

疲れに直接関係しています。

 

免疫システム……エネルギー代謝の材料となる食物や酸素を取り込む際、活動の過程で体内に侵入してくる外敵や異物、体内で発生する老廃物や癌細胞などを排除し、体を守る役割を果たすことで、疲れが悪化して生じる病気から、体を防衛する役割を担っています。

 

 疲れない体、あるいは疲れが回復しやすい体とは、「体力がある体」と言えます。

私達が、疲れを知らないように見える元気な人をさして、漠然と使う言葉です。

「体力」を、もう少し分析すると2つの体力に分けることができます。

 

活動のエネルギーが豊富な【攻撃的な体力】

病気にかからない【防衛的な体力】

 

 この2つで構成されていると考えます。

エネルギー代謝のシステムは、【攻撃的な体力】、免疫のシステムは、【防衛的な体力】が担っています。

そして、自律神経のシステムは、両方のコントロールタワーになっていると言えます。

体力のある体とは、3つのシステムがうまく機能し、活動のエネルギーが豊富で、かつ体を守る働きも強い、すなわち、【攻めも守りも両方強い体】だと言っていいと思うのです。

 

 

下記人気プログランキングのボタンをクリックをしてね。

ポチッ!

 

 

クリックしてくれてありがとう。o(*^▽^*)o

 

 米オハイオ大学の筋骨格・神経学研究機関のブライアン・クラーク博士は、神経学的因子が及ぼす筋肉への影響を探るため、ギプスで固定された腕の筋肉を使うことを「想像する」、という画期的な実験を行った。

 

 今回行われた実験では、29人の被験者たちを2つのグループに分けて、利き手ではない方の手首と手をギプスで固定。

4週間後に、全員の筋肉の様子を実験前の状態と比較するというものだ。

14人はイメージトレーニングをするグループ、そして残りの15人はイメージトレーニングをしないグループである。

 

 イメージトレーニングをする14人には、研究者らが「手を使って強く押す」「腕に強く力を込める」などを指示。

5秒間の想像と5秒間の休憩を交互に13回を1セットとし、各セットごとに1分間の休憩をはさみながら1日に4セット(計52回)を、週に5日間やってもらった。

また、想像する際には筋肉が本当にリラックスしているかどうかを確かめるため、筋電図で橈側手根屈筋をモニターしながら行われた。 

 

 1日に12分弱のイメージトレーニングで得られた効果は驚くべきものである。

4週間後、ギプスで固定された15人の被験者たちの筋力は45%も低下してしまったのに対し、固定されながらもイメージトレーニングをした14人の筋力の低下は23%にとどまった。

これは筋肉を使う場面を想像をしただけで、筋力の低下を約50%も予防できたことを示唆している。

 

 また、アメリカ・ルイジアナ州立大学医学センターでは、30分間のイメージトレーニングをするグループと何もしないグループに分け、4日間を終えると、被験者の大腿四頭筋の筋力が計測されました。

その結果、イメージトレーニングをしていない被験者と比べて、イメージトレーニングを行った被験者は、12.6%の筋力の増強を示したのです。

この報告を皮切りに、その後も各大学研究室でイメージトレーニングが筋力を高めるという研究結果が報告され、イメージトレーニングが筋力を増強させるエビデンスが構築されていきました。

 

      図 Cornwall MW, 1991より

 

 また実際の筋トレとイメージトレーニングを併用した効果についても研究報告がされています。

フランス・リヨン大学のルボンらは、イメージトレーニングが多関節トレーニングに与える影響について検証しています。

野球やサッカーなどのスポーツ選手が被験者として集められ、イメージトレーニングを行うグループと行わないグループに分けられました。

 

 被験者はベンチプレスとレッグプレスを最大筋力の70~90%の重量で行い、重量に合わせて回数とセット数を変更しました。

セット間の休憩時間は3~5分に設定されています。

 

 イメージトレーニングを行うグループにはこのような指示が出されました。

「休憩時間になったら目を閉じましょう。頭にカメラがあるように、トレーニングの一連の流れをイメージします。そしてトレーニング中の筋肉の収縮を感じて下さい。」

 

 被験者は、このトレーニングを週3回、4週間にわたって行い、その前後で最大筋力と運動回数が計測されました。

その結果、筋力、運動回数ともにベンチプレスでは有意な差は認められませんでしたが、レッグプレスでは有意な増加が示さました。

 

      図 Lebon F, 2010より

 

 この結果から、ルボンらはイメージトレーニングは多関節トレーニングにも有効であることを示唆しています。

また、ベンチプレスよりもレッグプレスでその有効性が示された理由ついては、トレーニング後のアンケート調査で、ベンチプレスよりもレッグプレスのほうが不快感が強かったことから、イメージトレーニングがレッグプレス時の不快感を軽減し、パフォーマンスの向上に寄与したと推測しています。

 

チュニジア・カルタージュ大学のスリマニらによっても同じような報告がされています。

 

どうですか?

この暑い夏に、ジョギングや筋トレは大変という方も少なく無いでしょう。

エアコンの効いた部屋で、イメージトレーニングしてはいかがでしょう。

 

下記人気プログランキングのボタンをクリックをしてね。

ポチッ!

 

 

クリックしてくれてありがとう。o(*^▽^*)o

 

 内観療法は、吉本伊信氏(1916~1988)が"身調べ"と呼ばれた自己洞察法をもとにして創始した日本発祥の心理療法。

 その方法は、部屋の片隅に屏風を直角にたて、その畳半分の空間に1人で静座し、トイレ入浴以外席を立たない、食事もその中でいただき他の人と一切話をしない遮断療法です。

 これまで自分の関わりの深かった人 (母,父,兄弟姉妹,配偶者など)に対して、次の内観3項目ついて生まれてから現在までの自分を調べます。

 

1.して頂いたこと

2.して返したこと

3.迷惑をかけたこと

 

 指導者の方が3時間毎に、何を内観されたか、どうだったか、次は何を内観されるのかを聴きに来ますが、ただ聴くだけでアドバイスは一切ありません。

 患者自身が思いを巡らすことで、自己中心的な思考から他者から生かされているという発想の転回を主眼にしています。

 原則一週間の集中内観を行うことで、いかなる逆境に遭っても感謝できる喜びの心境に辿り着き、「ありがとうございます。幸せでございます。」と感謝の気持ちで暮らせる境地に、大転換を図るということです。

それはこの世に人間に生をうけた目的と同一だともいえます。 

 

 私は静岡内観研修所で体験しましたが、全国に研修所はありますので興味ある方は調べてみてください。

一週間終わった後きっと何かが変わっています。

 

 

下記人気プログランキングのボタンをクリックをしてね。

ポチッ!

 

 

クリックしてくれてありがとう。o(*^▽^*)o