フラワーカンパニーズ、通称フラカンっていうバンド、音楽ファンなら知っている人も多いと思うけどご存知でしょうか?

 

一度もメンバー変更も活動休止もないまま30年間続いている奇跡のバンド。

自分がはじめてフラカンに出会ったのは、名古屋のElectric Lady Land、いわゆるELL(エル)と呼ばれているライブハウスで。

たしか19歳のときだったと思います。

 

名古屋のメジャー志向なバンドマンたちなら避けては通れないストイックで老舗なライブハウスELL。

そこで初めてフラカンを見たときには衝撃的でした。ボーカルかっこいい。ライブ盛り上がる。大人気。

ELLのフロントモニター踏んづけて、天井のパイプに鉄棒みたいに捕まって暴れている鈴木さんに憧れたもん。

あんなの他のELLのバンドがやったら社長から絶対怒られると思うw

フラカンだから許されていたと今でも思ってます。

で、あれよあれよとメジャーデビュー。

 

テレビでもPVがヘビーに放映されていたり、アニメ「はれときどきぶた」の主題歌になったり、とってもとっても羨ましく悔しくいつか自分たちも・・・って勝手に思ってました。

 

自分も同じライブハウスでトータル5年くらいお世話になっていたこともあって、雲の上の大先輩にも関わらず勝手に身近に感じていたものです。

フラカンはじめてのホールツアー?だったと思いますけど、ライブハウスの社長茂さんに鶴舞の勤労会館のライブに連れて行ってもらったのもいい思い出。いつかは自分たちも・・・って思ってたなぁ。

 

そんなフラカン、好きな曲はいっぱいあります。ただ自分が現役時代しか聞いていなかったこともあり古い曲ばかり。

起業してからは音楽とは完全に距離を置いていたこともあるし、音楽を聞かないようにしていた時期もあったけど、その間もずっとフラカンはフラカンのまま活動していた訳です。つまり新しいフラカンを知らないまま30代を過ごしていました。

 

で、フラカン自身も本にもなっているけど、すごく苦労してメジャーからインディーズに戻ったり、公私とも大変な時期があったみたいです。

そんな苦しみや苦悩の中からなのか、とんでもない曲が生まれました。

 

それが「深夜高速」。

 

初めて聞いたとき、本気で泣いちゃいました。

ちょうど自分も事業で苦しんでいたとき、なんなら自殺未遂までやらかしたり人間不信に陥っていたとき。

この曲を聞いて歯を食いしばれた、感情移入して自分に置き換えてがんばれた。

 

歌:フラワーカンパニーズ

作詞:鈴木 圭介

作曲:鈴木 圭介

 

青春ごっこを今も 続けながら旅の途中
ヘッドライトの光は 手前しか照らさない
真暗な道を走る 胸を高ぶらせ走る
目的地はないんだ 帰り道も忘れたよ

壊れたいわけじゃないし 壊したいものもない
だからといって全てに 満足してるわけがない
夢の中で暮らしてる 夢の中で生きていく
心の中の漂流者 明日はどこにある?

生きててよかった 生きててよかった
生きててよかった そんな夜を探してる

年をとったらとるだけ 増えていくものは何?
年をとったらとるだけ 透き通る場所はどこ?
十代はいつか終わる 生きていればすぐ終わる
若さはいつも素裸 見苦しい程ひとりぼっち

生きててよかった 生きててよかった
生きててよかった そんな夜を探してる
生きててよかった 生きててよかった
生きててよかった そんな夜はどこだ

僕が今までやってきた たくさんのひどい事
僕が今まで言ってきた たくさんのひどい言葉
涙なんかじゃ終わらない 忘れられない出来事
ひとつ残らず持ってけ どこまでも持ってけよ

生きててよかった 生きててよかった
生きててよかった そんな夜を探してる
生きててよかった 生きててよかった
生きててよかった そんな夜はどこだ
いこうぜ いこうぜ 全開の胸で
いこうぜ いこうぜ 震わせていこうぜ
もっともっと もっともっと見たことない場所へ
ずっとずっと ずっとずっと種をまいていく
全開の胸 全開の声 全開の素手で
感じることだけが全て 感じたことが全て

生きててよかった 生きててよかった 生きててよかった
生きててよかった 生きててよかった
生きててよかった 生きててよかった

この曲は、自分が起業したこと経営していることで直面してぶつかってきた葛藤や苦しみがそのまんま重なりました。

 

バンドマン時代の自分も、いつまでプロを目指し続けて良いんだろう、いまさら引き返せないし辞め時もわからない、つらいって感情で胸の中をかきむしられるような時期があった訳で、なんとなくそんな時にしっくりとくる歌詞なんです。

ところが会社を創業して経営を続けている今も同じような感情、心情だったのかもと。

 

答えなんかわからない、真っ暗な道を走っている訳です。

もう引き返せるような退路なんてとっくに断っています。

それもこれも実現したいこと、実現したい未来、夢があるからで、目標に向かってひたむきに走っているといつの間にやらこうなっちゃう。

目的地なんてもうわかりません。15年前、10年前、5年前にあった目的地なんてとっくに通り過ぎて、次から次へと新しい目的地が出てくるし、本当の目的地がなんなのかも本当は誰もわからないんだと思う。

それくらいストイックに向上心と上へ上へと進むしか生き残れない、やっと目的地に来たとおもったらそれじゃ全然足りない。

ここで退いたらおわり、もう退路なんてない、こういったあたりがバンドマンと経営者って似ているのかも。

 

それもこれも、自分は会社を自分の利益のために売るつもりもないし、従業員や取引先、そしてその家族に対しての責任を負うと覚悟を決めているから。

だから目的地はこれからもどんどん変わってハードルも高く難しくなっていくだろうけど、退路なんてもともとないし、真っ暗な道の中を手探りで失敗を重ねながらでも進んでいきます。

 

世の中の社長さんたち全員にこの曲を聞いてもらいたいな。

 

 

 

 

参考)フラカンの好きな曲7選

・深夜高速

・冬のにおい

・夜明け

・SOUL BONE ATTACK

・ロックンロール

・ヒコーキ雲

・夜空の太陽

 

 

「夜明け」は当時テレビでむちゃくちゃヘビロテされてたなぁ・・・。

いま聞いてもカッコいい。

 

 

これも当時テレビで何回もPVみたけど、もう声がかっこよすぎる。

 

 

 

ちなみに深夜高速のもうひとつ凄いところがこのアルバム。

 

 

1枚のアルバム15曲全てが深夜高速w

延べ13組のアーティストが同じ曲をカバー、こんなアルバム他に知らない。

それくらい音楽やってきた人たちの人生というか魂を震わせる曲ってことなんだと思うけど、これは会社経営者の魂にもきっと響く曲!

 

この曲、もう5年間くらいずっと聞き続けてます。

きっとこれからもずっと聞き続けていくんだと思います。

 

 

今年は梅雨明けるの遅かったですね。

なんか7月がまるまる暦から消えていたんじゃって思うくらい、季節感を感じないまま8月突入、もう今期の3分の1が過ぎました。

 

3分の1が過ぎてしまいましたが、そういえば振り返っていなかったなと。

 

第14期決算では対前年比135%の売上成長。

売上・利益ともに順調にこつこつ伸びています。

これで5年連続30%以上の成長。

第9期のイレギュラーな突発的な大きな売上を除けば、8年連続30%以上成長を続けています。

決してブレイクして一気に何倍って成長ではないけど、コツコツと少しずつ進んでいます。

 

何の取り柄もない、こんな未熟な自分が経営している会社なのに出来過です。

全部いま頑張ってくれているスタッフみんなのおかげ。

 

ありがとう。

 

 

たまにこういう話を書くのは、6〜7年前にあった死ぬほど痛い目にあったことと、その時に助けてくれた仲間たち、一緒に頑張って寄り添ってくれてきた仲間たちとの時間や感謝の気持ちを忘れないようにするためというのもあります。

 

自分が未熟だった訳で、自分も傷ついたけど、それ以上に多くの人達を傷つけたことを忘れちゃいけない。

いろんな人の人生に関わる職域だからこそ、きっといろいろな人の人生に謝らないといけなかったかもしれないことも忘れちゃいけない。

 

いつまでも過去に縛られるのは好きじゃないし、過去の栄光も挫折にも囚われることなく未来を見るべき。

ただ、絶対に忘れちゃいけないことがあるし、そこが初心だったり軸だったりする。

だから、自分がフワフワしている時、軸がぶれそうな時には絶対に立ち返るようにしています。

別に囚われているわけじゃないけど、大切なものがそこにあります。

 

 

自分の人生は、自分や家族のためだけにある訳じゃない。

社長になった以上、人を雇用した以上、ここにいて一緒に頑張ってくれるついてきてくれるみんなの人生に責任を持たなくちゃいけない。

社外にもたくさん助けてくれる、力になってくれる人たちがいる。

その人達にも自分には責任がある。

 

絶対にみんな幸せにする。幸せになれる会社にする。

もっともっと上にいく。

「冷やし中華はじめました」的なくらい目立つことなくシレッとはじめてみました。

 

ウェブマーケティングの領域って本当に幅広い。

手段も手法も数え切れないくらいたくさんあります。

そしてほとんどのものがブツブツと細切れ状態で、言われてるほど、言うほど連携していないのが実情。

GAがハブになる程度で、結局の所はそれぞれが独立してそれぞれのマーケティングを頑張るって状況が大半かなと感じます。

もちろんGDPRなどの影響も大きいし、どこまでいってもデバイスに依存している以上分断が起こるのは仕方がない。

 

それでも、出来る限り効率的かつ最適に、といったあたりを目指すと自ずと扱うサービスや手段、それらを導入していく順番などが整理されてくる訳です。

 

LTC

アフィリエイト 

リスティング・ディスプレイ

DSP・DMP

SNS

コールトラッキング

と、こんな感じで順番にデジタルマーケティング事業の領域を、つながっている枝葉を重ねて広げてきました。

面白いくらいに繋げられる連携できる形で広げてますので、個人的には納得感あります。

 

で、このタイミングでAmazon広告の運用を投入するわけです。

ここはまだ実は完全につながっていません。APIの仕様などもあるため仕方がない部分ではありますが。

ただビジネスアカウントなり、次にリリースを予定している取り扱い商品を駆使すればひょっとしていけるのかな?とも。

ここで少しひねらないと行けなさそうです。何が何でもつなげる!

 

 

9月には、アメリカ西海岸に行ってきます。

そこで答えが見つかるといいな。

 

ようやく武器が整ってきて、下地も整地されてきて、プロダクトの強化目標はクリアできそうです。

次は販売力の強化。ひとつひとつコツコツ地道に積み上げていきます。

 

 

 

IVSに参加してきました。
知り合いもいますし、新しい顔なじみも増えてきましたし、毎回何かと新しい刺激をもらえる素敵な集まり。
 
image
 
気になるセッションもいくつかあったり。
友人が出資している宇宙ベンチャーの会社とかも登壇していたり。
 
image
 
堀江さんの話は、2週間前くらいに聞いた話と被っている内容が多かったけど、それでもやっぱり面白かった。
 
あと一番の目玉はやっぱりLAUNCHPAD。
 
image
 
image
 
友人も挑戦者としてプレゼンしていたのですが、残念ながら優勝できず。。。
 
優勝はFundsさんで、どんな会社でもお手軽にすぐ社債発行できるようにするサービスでした。
第二種をお持ちなので私募債をクラウド化する感じなのかな。
 
 
あと、YouTuberに関してのセッションも他とは内容が大きく異なっていて面白かったです。
個人的にVAZの森社長の顔を見れたことがちょっとうれしかったり。
 
image
 
 
あとは、つい最近テレビでみたロボットも展示されてました。
社長自らいろいろ教えてくれました。
 
image
 
このロボットは正直むちゃくちゃ欲しい〜。
30万くらいするって話なので、お小遣いためなくちゃ。。。
 
 
で、いつかお会いしてみたいって思っていた、おくりバントの高山さんにもお会いできました。
ややや、メディアでみてきた想像どおりのキャラの方で面白い。優しい!
またゆっくりお話してみたいです。
 
image
 
いろいろなセッションを聞いて吸収できたこともたくさんあったし、夜は夜で有名社長とお酒ご一緒させていただいて熱い話を聞いたりと、IVSは毎回濃密です。
せっかく神戸にまで来ても缶詰状態の2日間でしたが、いい出会いと学びがたくさんありました!
 
 
 
で、神戸からその足でcontents.nagoyaに顔を出したり。
 
image
 
contents.nagoyaは、国内外の様々のCMSを提供する企業や、ウェブ制作・マーケティングなどに従事している人たちが集まる、アップルップルさん主催のイベント。
サイトスコープの本社が入っている名古屋国際センタービルで開催されています。
 
今年はペライチさんも出店されてて、おーって。
なにせ東京支社が入っているビルのひとつ下のフロアがペライチさんw
こんなに近いのに、名古屋のこのイベントで初めて社長に挨拶できました。
 
 
 
少しずつ少しずつですが、サイトスコープの世界を広げていきます。
もっと多くの企業に、もっと多くの人に知ってもらえる会社、サービスを目指して頑張らないといけない。

 

こと服装に関しては年々ラフになっていっている自分ですが、ついにコートエシエルのISARに手を出してしまいました。

これずっと欲しかったけど、なんかラフになる最期の一線を越えるような気がして躊躇ってました。


3泊〜4泊程度の出張が多いけど、夏場は多分このリュックだけで全部収納出来そう。
実際、この写真でも4泊5日分の荷物を収納してますw

Tシャツ、クロップドにリュックというラフっぷりで、今日から神戸のIVSに参加してきます!

現地でもみなさんよろしくお願いします。




日本では関口宏さんの息子が使っていたから関口リュックとか言う人いるけど、本当はスティーブジョブズが愛用していた逸品ですよ。
網走市にご招待いただきまして、経営者仲間で網走にお邪魔してきました。
 
image
 
かなり要約すると、網走ってフィンランド、ヘルシンキっぽい空気感で、夏は涼しく過ごしやすそうで、自然もいっぱいあり、流氷がきて、かの網走監獄があって、美しい芝生のグランドでは世界からラグビーのナショナルチームが合宿にくる素晴らしいエリアでした。
 
市の職員の方にご案内いただき、本当に多くの場所を訪れ、人と出会い、網走という土地のことを学ぶことが出来ました。
交通の便や、人口動態的な問題はもちろんあるけど、「おためしナガノ」的なアプローチも十二分にありえるな、という印象です。
 
 
 
で、訪問先で一番のキラーコンテンツだったのは、やはり網走監獄。
 
image
 
image
 
アニメにもなったゴールデンカムイの舞台に網走監獄が出てきます。
のっぺらぼうの偽物の独房がここで、本人がこの教誨堂の地下にいて・・・とか想像しながらガイドさんの説明聞いていました。
 
キュレーションオフィス、シェアオフィスに改築できそうな廃倉庫や建物もいろいろ見て回りましたが、やはり流氷が目の前までくる港の倉庫が一番インパクトあったな。
 
網走硝子館は廃倉庫(というより港に隣接した漁業の加工工場)をおしゃれなガレージ風なテナントに改装した店舗で、一般客は上がれない2階に急遽お邪魔させていただいたんですけど、そこでニコニコ動画の流氷接岸ライブ中継をやっていたそうで。
 
流氷を眺めながら、温かい快適で小洒落たオフィスで仕事するのも、ある意味すごく贅沢なシチュエーションだな・・・と思わず思いを馳せてしまいましたよ。
 
 
 
長時間、遅い時間まで水谷市長にもご一緒いただきお酒を酌み交わし、市の職員の方々にも朝から夜遅くまですっかりお世話になりました。本当にありがとうございます。
これでもか、というくらい網走市の魅力やポテンシャルを体感できました。
東農大の職員のみなさんもありがとうございました!
 
次は2月ごろに流氷を見に来たいと思います。
 
 
 
あ、古い映画で網走番外地ってありますよね。
あの番外地って何の意味がご存知ですか?
地番がない、地名だけで郵便物が届いたりする場所のことを番外地って云うらしく、網走番外地は網走監獄の住所が「網走市字三眺官有無番地」っていうので番外地というようになったとか。

 

本日新しいサービスをリリースいたしました。

 

もうすでに国内でもいろいろなサービスがあり後発も後発ですが、一般的なものを高機能にした形でリリースすることができました。

 

 

ADVellコールトラッキング

 

アドベルは簡単に説明すると「どこで何を見て、何て検索して電話を掛けてきたのか?」を、リアルタイムで簡単に計測、分析するサービスです。

さらに、よくフリーダイアルなどである、◯◯の方は◯番を・・・◯◯な方は◯番を・・・といったアナウンスのコール・ルーティングやIVRオプション、それに録音機能などベーシックな機能も標準装備の無償提供。

 

一番のポイントは、どの検索キーワードで架電になったのかまで計測し、そのデータを活かしたリスティングなどのPPC広告に展開できる点です。しかもKenshooとも繋がります。ということは・・・

 

リスティング広告で電話がたくさん掛かってきてほしい!

 

という要望があれば、おそらくこれ以上にないくらいの最適化をすることができます。

 

さらに、サイトスコープが運営するアフィリエイトASPアドバックとつなぐことで、Pay Per Callといった電話が1回掛かってきたら成果報酬発生といった旧来からあるマーケティングも可能です。

もっと突っ込むと、5分間通話したら成果発生、といった条件指定もできます。

さらにもう少し作り込めば電話で通販の購買をコンバージョンにして金額に対しての成果報酬もいけます。

ん?もう対応できるのかな。

 

といった感じで、サイトスコープの提供する様々なサービスとも連携できて、お互いに好循環、シナジーのある枝葉となる新サービスです。

 

サービス導入のためには、0120 0800 050 06 03といった電話番号を発番することが必要になります。

で、このサービスをリリースするために先日ブログでも書いたとおり届出電気通信事業者になったりしたわけです。

 

ウェブサイトやLPやチラシなどに電話番号を掲載して事業をしている方はぜひ一度アドベルをご検討ください!

 

14年ぶりくらいにコーポレートサイトを完全フルリニューアルしました笑

 

 

創業から15年ほど。

 

これまで2006年につくったコーポレートサイトを、htmlやcssなどのルールが変わるのに無理やり対応したり、Google先生がスマホに最適化しろとか言い出したから無理やり対応したりと、ちょっとずつ手を入れたり写真差し替える程度でずっと使いまわしてきてました。

 

あまりコーポレートサイトの重要性とか考えていなかったり、どうせ名刺代わりか、会社の概要を取引先が調べるくらいしか使われてないだろうな・・・って。

 

ただここ数年、新卒採用や中途採用を積極的に始めたりするとそれは大きな勘違い、間違いだったと認識を改めました。

なんだか求人に応募してくれる方々は、サイトスコープのサイトはもちろん社長ブログまで、隅々まで見てから面接に来ている人が多い!

 

きっと応募するかしないかってタイミングでは、コーポレートサイトで判断するウェイトもある程度あるに違いない。

 

 

それに事業も人も増えてきて、これまでのサイトでは何をやっている会社なのか説明できない。。

というより、むしろ手の内を明かさないようにわかりにくくしよう、なんて考えていたくらい。

でも結果として応募を検討してくれる人たちにも、サイトスコープが何をやっている会社なのか、社内がどんな感じなのか伝わらず、離脱されていた可能性がある訳です。

 

ひょっとしたら素敵な出会いがあって、今頃会社を背負ってくれたであろう人材が何人もいたのかも知れません。失敗したのかも。

 

 

 

で、今回のリニューアルでリカバリーしてみせますよ!

 

なんとなく今風なサイトにしつつも、創業時からの会社のスタンスは変えない。

いわゆる経営理念的なものは15年間一緒。絶対にぶれない、ぶれちゃいけない。

それでいて今はどんな規模感どんなステージなのか、これからどんな会社になっていくのか、成長していくのかもなんとなく想像できそうな感じで、かつ各事業ドメインやサービスもきちんと整理して掲載。

あわせてリクルートページもはじめて作り込んでみたり。

 

これで素敵な人財と出会えたら嬉しい限りです。

妻の実家の親戚が一同に集まるということで、どんな食事を用意しようか?ってことになったんです。

 

いつもどおりだと仕出しの弁当を頼んだりするんですけど、今回は少し趣向を凝らして友人のナチュールメイ神谷社長に相談してみました。

 

ナチュールメイさんの「べべのおそうざい」は、名駅のタカシマヤとかのデパ地下をはじめ、セントラルキッチンを要したフレンチ惣菜屋さん。今回、ホットウォーマーとかも準備して温かい料理もくわえてケータリングみたいに届けてくれるということでお願いしてみました。

 

で、神谷社長自ら届けてくれて配膳まで。ありがとうございます。

 

image

 

狭いキッチンでスミマセン。。。手際の良いこと手際の良いこと。

 

 

別に注文していた寿司桶と、フレンチ惣菜のコラボ笑

仕出し弁当とも違い、なんか華やかな雰囲気になりました。

 

image

 

 

親戚女性陣からもインスタ映えすると大好評!

撮影会になってました。

 

image

 

男性陣はお座敷。

お座敷とフレンチ惣菜はちょっと雰囲気違ったかな。

ただ、普段なかなか食べることのないメニューなので、年配男性陣にも喜んでもらえたようです。少しずついろんな種類があるので、お酒のおつまみにもピッタリですし。

 

image

 

神谷社長、遠方にも関わらずありがとうございました!

代わり映えしない仕出し弁当ばっかりじゃあな・・・って時には、ぜひまた相談させてください笑

 

週末は、愛知県西尾市吉良町の海岸で開催されたライブピアノパーティーに行ってきました。
 
お取引先でピアノの中古買取や販売・輸出などをされているグランドギャラリー司馬社長にご招待いただいて、図々しくも家族4人で参加です。
 
 

吉良町にこんなパーティー向けなビーチがあったの初めて知りました。

会場中央には、グランドギャラリーさんが所有しているクリスタルピアノが設置してあるステージ、向かうようにしてBBQ会場。

 

もちろん会場の眼の前はビーチ。

まだ肌寒さのある季節ですが、海岸はとてもきれいで気持ちよかった!

 

一番楽しんでいたのは子どもたちかな。今日知り合った同い年くらいの子たちはすぐに打ち解けて仲良しに。

子どもたちのコミュニケーション能力は素晴らしいものがあります。

 

 

ワイキキビーチというだけあって、まるでリゾート気分の味わえる外構。

 

 

アメリカンな感じの豪快なBBQもいいカンジ。

自分が運転手じゃなかったらお酒飲めたのに残念。。。

 

 

ピアノの調律をされている方、ピアノの運搬をされている方、ピアニスト、などなどピアノに関する仕事をされている方々も大勢いらっしゃっていました。

ピアノの構造の話とかも面白かったし、撤収時にクリスタルピアノをパッキングしてクレーンで運び出す様子を拝見できて、とても貴重な体験が出来ました。

グランドピアノって横向きにしてパッキングするんですね。

 

ピアノの素敵な演奏や、ひょっとしたら知っているプロの歌手?みたいな方が歌っていたり、米津玄師の家族カバーとか、花火やスイカ割りとか最初から最後までイベントも盛りだくさん。すごいホスピタリティ笑

 

会場にいらっしゃっていた方みなさん素敵な方ばかりで、とても穏やかで愉しくて気持ちの良いパーティーでした。また参加したいな。

司馬社長、ありがとうございました。