バニラビーンズ

テーマ:

最近、プリン作りにハマっています。

 

いつもは風味付けにバニラエッセンスを使っていますが、バニラビーンズでプリンを作ったらどんな風味になるのだろうと思いお店にバニラビーンズを買いに行ったら、以前は大きめのスーパーであればどこでもたくさん売っていたバニラビーンズが売ってないのです。

あちこち探し回って、やっとの思いで見つけたのですが、以前はそれほど高くも感じ無かったバニラビーンズが、かなり値上がりしていました。

それも2個だけ隠れるように売っていました。

 

当院のお客様で洋菓子店を経営されている方と施術中の会話の中で、「現地でのバニラビーンズが不作で収穫量が少なくなって、価格が高騰して質の高いものが入手出来なくなってきた・・・」とおっしゃっていたことがありました。

 

調べてみたら、

日本では9割をマダガスカル産のバニラを輸入しているそうです。

輸入価格は2017年3月で1kg5.7万円、その1年前の2016年4月は2.3万円、さらにその1年前は2.3万円の半値だったようです。

ここ3年で約5倍まで高騰しているようで、通販サイトでの小売価格は、1kg約30万円で販売しているらしいです。

 

流通経路などの問題があるので単純な比較はできないようですが、銀の小売価格は1kgで約6.5万円で(小売価格は2018年5月現在の価格)、天然バニラが貴金属の銀の価格を大きくこえるほど価格が高騰しているという状況だそうです。

 

 

天然バニラの価格が高騰した理由
天然のバニラは栽培が難しく異常気象による気候の変動や病気の流行で収穫が落ちたところに、2017年3月にマダガスカルをサイクロンが襲いバニラを栽培する多くの農園が被害を受け、さらに生産量が低下したことが原因だったり、バニラの需要がアイスクリームや洋菓子などの食品以外にアルコール飲料、化粧品などにも拡大し需要が増加していて、生産量が落ちたことでの高騰や合成品のバニラ香料ではなくて、自然志向が強まったことで天然バニラへの需要が増加したことも価格が高騰している原因だそうです。

他に、投機筋の業者による買い占めで、価格の高騰を見越した業者が需要以上の買い占めをしたことが原因で価格が高騰したことなどもあるようです。

 

 

私は趣味のお菓子作りで使うだけですが、洋菓子店やアイスクリーム店などを経営されている方は大変な事だと思います。

早く、価格が以前のようになって安定して欲しいものです。

 

 

先日、バニラビーンズで作ったプリンです。

プロの職人では無いので、なかなか上手く作れませんが、色々と試行錯誤して、以前よりは形も綺麗になり、口当たりもなめらかになってきました。

貴重な天然バニラなので、いつも以上に美味しく感じました。

 

 

 

今、『道の駅 しもつけ』で

『栃木の神社巡り 御朱印展』が開催しています。

 

 

 

御朱印展というのも初めてなので、見学してきました。

写真撮影が可能です。

最近の御朱印人気の影響もあって混雑していました。

女性の方が多いような感じでした。

 

御朱印の展示

 

 

御朱印帳の展示もありました

 

 

 

パンフレットを頂きました。

 

 

栃木県の御朱印展は、明日10月12日(金)まで開催しています。

興味のある方は行ってみてください。

奥日光 紅葉

テーマ:

竜頭の滝から小田代原までのハイキングコースを歩いてきました。

毎年、ミズナラの黄葉が見たくて、今の時期に行っています。

 

竜頭の滝

竜頭の滝は紅葉の見頃を迎えていました。

 

 

竜頭の滝付近の紅葉

 

 

男体山

 

 

お目当てのミズナラの黄葉ですが、葉が茶色くなっていて落葉している木も多く、中には黄葉している木も多少はありましたが、今年は終わってしまったような感じでした。

毎年、今の時期に行くと綺麗だったのですが・・・残念です。

 

 

 

竜頭の滝を出発する頃は晴れていたのですが、小田代原に着く頃には曇ってしまいました。

山の天気は変わりやすいです。

 

 

小田代原

草紅葉の色付きも進み、奥の山々の紅葉が色付いています。

 

 

先週も小田代原に草紅葉と小田代湖を見に行ったのですが、その時と比べると秋が深まったような印象を受けました。

 

夏の酷暑と台風の異常気象で奥日光の紅葉にも影響を受けてしまったのでしょうか?

毎年、楽しみにしていたのですが、自然が相手なので仕方がないです。

また、来年に期待をしましょう!