シンザン記念の予想2019。登録馬、出走予定馬データ

シンザン記念の予想2019。登録馬、出走予定馬データ

シンザン記念(G3)2019のレース傾向、展開予想、軸馬予想など、レースの予想に役立つ情報やデータを掲載してます。


テーマ:

京都競馬場 芝1600m外


向正面直線を2コーナー側に延長したポケットからスタート。3コーナーまでの直線距離は712mと長く、まるで新潟の直線競馬のように出たなりで横広の状態のまま先行争いになる。よってテンからペースは速めで、中盤で緩むことも少ない。淡々とした流れで脚をタメることが出来るかどうかがポイントとなる。

芝のマイル戦は逃げ切りが難しいが、京都外回りも同様。特にクラスが上がると差し・追い込み馬の活躍が目立ち、重賞での逃げ切りは滅多に見られない。最後の直線に向いた時に、馬群がバラけるのと内ラチが開くので、後続馬が抜け出しやすくなっていることも要因の一つだろう。

 

 

京都芝1600mで成績が良い騎手、悪い騎手

 

 

 

■騎手


このコースで良い成績を収めている騎手は、

池添謙一
岩田康誠
福永祐一
浜中俊
武豊
和田竜二


などです。


人気馬に騎乗したときに好走する確率が高いのは、

池添謙一
岩田康誠
和田竜二
浜中俊
ルメール
M.デムーロ
福永祐一


などです。


人気馬で連対を外す確率が高いのは、

藤田伸二
武豊


などです。



6番人気以下の馬で穴をあけそうなのは、

ピンナ
武豊
池添謙一
藤田伸二
岩田康誠
和田竜二
幸英明
福永祐一


などです。



上記は、あくまでもデータを参照したものなので、
必ずしもこの通りになるわけではありませんが、
予想の参考にしてみてください。^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

1/08(月)京都11R・芝1600m(別定)にて
《シンザン記念》が開催されます。

 

 




毎年のようにG1級の名馬を
輩出している出世レース。


果たして2018年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


まずは出走馬を見ていきましょう。


============
シンザン記念の出走馬
============


枠 馬番 馬名 斤量 騎手
0 0 アーモンドアイ 54.0 戸崎圭太
0 0 エアアルマス 56.0 福永祐一
0 0 カシアス 57.0 浜中俊
0 0 カフジバンガード 56.0 藤岡康太
0 0 スターリーステージ 54.0 川田将雅
0 0 ツヅミモン 54.0 秋山真一郎
0 0 ヒシコスマー 56.0 幸英明
0 0 ファストアプローチ 56.0 M.デムーロ
0 0 ブランモンストル 56.0 松田大作
0 0 プリュス 54.0 武豊
0 0 ベルガド 56.0 松山弘平
0 0 マイネルエメ 56.0 丹内祐次


以上、出走馬12頭になります。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


ファストアプローチ

2歳戦線で安定した活躍を続けてきた実力馬。

前走の朝日杯FSは6着だったが、
器用な立ち回りから見せ場は作った。

今回は一度使った上積みがあり、
前走以上の状態なのは間違いない。

また、続けてのマイル起用なので
最後の粘りも増してくるはず。

鞍上にはM.デムーロを確保。


エアアルマス

デビュー2戦目の阪神芝マイルの未勝利を
1分34秒2の好タイムで4馬身差の圧勝。

能力の違いを見せつけるようなレースぶりだった。

秘めたるポテンシャルはかなりのもので
今回はその真価が問われる一戦。

鞍上は前2走に騎乗したルメールから
福永騎手へと乗り替わり新コンビ結成。

春の大一番へ向けきっちり賞金を加算できるか。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


カシアス

函館2歳Sを快勝した唯一の重賞馬。

放牧を挟んだ京王杯2歳Sでも2着と
実績なら間違いなくNo.1の存在。

前走の朝日杯FSは強力メンバーに加え
初めてのマイルとあって7着に敗れたが
2着とは0秒2差で悲観する内容では無い。

他馬より斤量が1kg重いがそれを差し引いても
上位に挙げられる一頭だろう。


スターリーステージ

全兄は14年の覇者ミッキーアイル。

半兄タイセイスターリーも昨年2着と
このレースと相性抜群の血統。

兄たちに続きディープ産駒の同馬が
牝馬ながらのVを狙う。

4戦目で勝利と出世は少し遅れたが
持っている能力は間違いない。

12年ジェンティルドンナ以来の牝馬制覇へ好気配だ。
 

アーモンドアイ

東京芝1600mの未勝利を快勝。

母が06年のエリザベス女王杯の勝ち馬
フサイチパンドラで血統も一流だ。

初の長距離輸送になる今回は落ち着いて
競馬に臨めるかどうかが焦点になるだろう。

その為、パドックの様子は注視したい。

関西への遠征を克服し、
重賞初挑戦で勝利するようなら
注目度はさらに増しそうだ。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【3-0-1-6】
2番人気【3-2-0-5】
3番人気【0-1-2-7】
4番人気【1-1-1-7】
5番人気【0-1-1-8】
6番人気【0-0-1-9】
7~9番人気【3-4-0-23】
10番人気以下【0-1-4-56】


単勝100倍以上の大穴は来ていないが
波乱傾向の強いレース。

三連単も10万馬券以上の配当が6回と多く
高配当も数多く出ている。

ただ、5番人気内の上位独占も2回あり
年によって波乱度が大きく異なるので注意。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【2-2-1-10】
2枠【1-2-2-12】
3枠【2-1-2-13】
4枠【2-2-1-14】
5枠【1-0-1-18】
6枠【0-1-1-18】
7枠【1-0-1-19】
8枠【1-2-1-17】


基本的に先行争いはそれほど無く
枠による有利不利は少ないコース。

ただし、多頭数になった場合は
外枠が不利になるので注意が必要。


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【2-1-1-6】
先行【5-3-4-26】
差し【1-4-4-45】
追込【2-2-1-44】


前目で競馬が出来る馬が強い。

外回りコースで長い直線のため、
33秒台のキレのある馬も届くケースが多い。

極端な追込みはほぼ決まらない。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


===========
予想情報局の総括
===========


8日京都メインは第52回シンザン記念。


明け3歳馬のまだまだ人気と実力が
伴っていない若駒たちのマイル戦。


施行時期や距離を考えると、
クラシックを狙っている馬はあまり出てこない。


キャリアも浅くマイル適性も未知な段階で
手探り状態なまま使ってくるパターンが多く
波乱も少なくない。


過去10年のデータを見ていくと
前走が重賞で特に朝日杯FS組が中心となるが
前走新馬・未勝利組にもチャンスはある。


ただ、前走から距離延長になる馬は活躍が難しく
同距離か距離短縮の馬がねらい目。


最近は差し馬の台頭もあるが、
逃げ、先行する馬の活躍が目立つ。


よって、前走が重賞で特に朝日杯FS組の中で
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
逃げ・先行の脚質を持つ馬を中心視したい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


本命は【ファストアプローチ
==============

前走は朝日杯FSを二番手追走。

粘りきれなかったが、
今回はチャンスがありそうだ。


対抗は【カシアス
=========

こちらも同じく朝日杯FSで前目につける走り。

実績だけなら間違いなくNo.1。


以上を加味した馬券戦略は

◎:ファストアプローチ
◯:カシアス
▲:スターリーステージ 
△:エアアルマス 
△:ツヅミモン



波乱も多いレースなので手広く勝負したい。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

P.S.

最新の競馬ニュースをお届けする
Line@が遂にスタートしました!

ココだけの限定情報が盛り沢山。

下記リンクよりお友達追加して頂き
限定情報を完全無料でお受け取り下さい。

⇒ https://goo.gl/ugA81i

 

 

P.S.2

その他にも下記の無料アプリや各種SNSにて

最新の競馬ニュースをリアルタイム更新しております。

【無料アプリ】
https://goo.gl/kmm86A

【Facebook】
https://goo.gl/qFdToS

【Twitter】
https://goo.gl/V5XAhv

【LINE@】
https://goo.gl/ugA81i

 

こちらも併せてフォロー頂けますと幸いですm(_ _)m


テーマ:
1/08(日)京都11R・芝1600mにて《シンザン記念》が開催されます。




毎年のようにG1級の名馬を
輩出している注目の一戦。


果たして2016年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?




まずは出走馬を見ていきましょう。


============
シンザン記念の出走馬
============


枠 馬番 馬名 斤量 騎手
1 1 ミルトプリンス 56.0 先 古川吉洋
2 2 ブレイヴバローズ 56.0 先 和田竜二
2 3 メイショウソウビ 56.0 逃 武幸四郎
3 4 テイエムアニマンテ 56.0 先 松若風馬
3 5 ペルシアンナイト 56.0 先 デムーロ
4 6 ブラックランナー 56.0 先 幸英明
4 7 アルアイン 56.0 差 シュミノー
5 8 トラスト 57.0 逃 柴田大知
5 9 キョウヘイ 56.0 追 高倉稜
6 10 マイスタイル 56.0 先 福永祐一
6 11 エテレインミノル 56.0 追 藤岡康太
7 12 ケンシン 56.0 先 フォーリー
7 13 イエローマジック 56.0 追 浜中俊
8 14 タイセイスターリー 56.0 先 川田将雅
8 15 コウソクストレート 56.0 先 ルメール


以上、出走馬15頭になります。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


ペルシアンナイト

デビューから3戦2勝しており
唯一先着されたのは、
のちに阪神JFを制したソウルスターリング。

3戦とも上がりはしっかりしていたし
今週の京都は開幕週のいい馬場。

落ち着いたテンションで
身のこなしも柔らかい。

道中で折り合いがつけば、
高いパフォーマンスが期待できる。


アルアイン

京都が得意のディープ産駒。

まだ2戦しか走っていないが
2戦とも1番人気1着としっかり期待に
応えている素質馬で、
この2戦の内容は個人的には高評価。

馬体も大きくマイルにはもってこい。

3連勝で重賞制覇を狙う。




コウソクストレート

ここまで3戦2勝。

加速性能の高さが魅力。

3戦連続で1400mを使ってきて
今回が初めてのマイル。

先々のことを考えるとこの距離は
こなしておきたいところ。

鞍上はルメールに乗り替わり。


トラスト

メンバー中、唯一の重賞馬。

札幌2歳Sで逃げて完勝。

朝日杯FSでも5着と一定の
パフォーマンスを見せ続けている。

地力の高さで重賞2勝目に期待。


タイセイスターリー

前走のデイリー杯2歳Sでは
1番人気に推されながら、
外にもたれ通しで8着に終わった。

まだまだ子供だけど、
いいモノは持っている。

経験を積んで今後に期待したい。




============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【3-1-0-6】
2番人気【3-2-1-4】
3番人気【1-1-2-6】
4番人気【1-0-1-8】
5番人気【0-1-1-8】
6番人気【0-0-1-9】
7~9番人気【2-4-0-24】
10番人気以下【0-1-4-51】


単勝100倍以上の大穴は来ていないが
波乱の多いレース。

穴党の方は10年のうち半数を占める
3連単20万円台の組み合わせに
注目するのが面白そう。




~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【2-2-1-10】
2枠【1-2-2-11】
3枠【2-1-1-13】
4枠【2-2-1-13】
5枠【0-0-2-17】
6枠【0-1-1-17】
7枠【2-1-1-17】
8枠【1-1-1-18】


基本的に先行争いはそれほど無く
枠による有利不利は少ないコース。

ただし、多頭数になった場合は
外枠が不利になるので注意が必要。


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【2-1-1-6】
先行【5-4-4-25】
差し【2-3-4-41】
追込【1-2-1-44】


前目で競馬が出来る馬が強い。

外回りコースで長い直線のため、
33秒台のキレのある差し馬も台頭。

極端な追込みはほぼ決まらない。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!



競馬の最新ニュースはコチラから

【無料アプリ】
http://keiba-headline.com/mobile-app/

【Facebook】
http://keiba.simple-url.net/ads/facebook

【Twitter】
http://keiba.simple-url.net/ads/twitter


また新たな情報を入手しましたら、ブログ更新させて頂きます。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス