リスタ・カウンセリング・ルームのブログ

リスタ・カウンセリング・ルームのブログ

新横浜にある、リスタ・カウンセリング・ルームのスタッフブログ。
ルームの紹介やお困りの心と身体の問題解決について、認知行動療法や夫婦・家族療法、心療鍼灸の視点からセルフケアの方法や豆知識などを書いています。

前回の研究会での「自閉症スペクトラム症の認知行動療法・ACAT(エーキャット)」に続いて、今回も主に思春期から成人までの自閉症スペクトラム症への認知行動療法について、主催者である千田の希望で参加いただいた方と討論をさせていただきました。

 

参加者:公認心理師、シニア産業カウンセラー、教諭、作業療法士の方々。

 

 

ACATのやり方については、前回お話をしたのでざっくりとしか書きませんが、思春期以降の方を対象に、個人が持つASDの特性を明らかにして、それに絡んだ認知的・行動的問題に気付いて、その心理的不適応と社会的不適応に対して認知行動療法を用いて生活をしやすくする方法。

 

さて、前回もそうだったのですが、個人的な不適応感に対しては、特性を理解して問題解決方法を用いることで、特性を持ちながらの適応方法を考え出せるとは思います。ACATでは「自分でできる工夫」となっている。

 

 

問題となるのは「周りの人からの配慮」の計画で周りの人に配慮を要請するという行動である。

ただし、小学校や中学校、高等学校、大学校という学生の時は、参加者の教諭も言っていましたが、社会的にもそのような動きになってきているために「周りの人に配慮を要請するという行動」は少しずつではあるが学校という社会ではできるような流れになっている。

 

問題は社会人となったときの企業の対応である。社会人となって障害者雇用で入社したなら問題はないが、一般社員として勤めた場合である。

個人の得意分野や特性と合う職種であれば、問題なく働けるであろうし実際に問題なく勤められている方もたくさんおられます。

問題は合わない場合。

会社に対して「合理的配慮」を求めることはできるのかというと「建前はできる」でも実際は、発達障害についての知識を持ち合わせていない人々が多く、理解者となりえる人が少なすぎるので「できない」そのために悩まれている方がたくさんおられる。

 

もちろん、当研究会メンバーもそうであるが、セラピストとしては、合理的配慮に対して肯定的ではある。

 

また、千田は数年前から企業からのメンタルヘルス研修の依頼があったときには、発達障害について理解していただけるように講義で説明をするようにしている。

自閉症スペクトラム症ではない社員にも個性や特性があるわけですから、その方々と同様に個性や特性として理解してもらえれば、使う側の企業としてもメリットが大きいことも伝えるようにしている。

 

また、千田が考えていることは、ASDにしてもADHDにしても、乳幼児期、学童期、思春期以降大学生までそして、社会人というように単発的にそれぞれが対応する施設なりプログラムはあるが、それでは、現在のところこの問題は解決しないのではないか。

乳幼児期から成人(会社勤め)まで、継続しての長いスパンを考えたアプローチや関わり(本人・親・セラピストのチーム)を行うプログラムが必要であろうと考え、どのようなシステムが良いかを現在考え中である。

 

リスタ・カウンセリング・ルームでは、思春期以降のASDの方に対してACATを行っております。

 

リスタ・カウンセリング・ルーム

千田 恵吾

 

3月21日(日)に専門学校浜松医療学院同窓会の依頼で「認知行動療法」の研修をZOOMで行いました。

 

 

受講者は30名で、学校が鍼灸師、柔道整復師、アスレチックトレーナーを養成する専門学校なので3資格の方たちでした。

 

 

今回は入門レベルで3時間お話をさせていただきましたが、いつもは公認心理師や臨床心理士、医師、看護師、教諭等の方を対象に認知行動療法セミナーを行っておりますが、たぶんこれらの職業の方よりも心理学や臨床心理学など基礎ベースがない方がほとんどだったのではないかなと思っています。

なので、専門用語など理解するのが難しかったとは思いますが、認知行動療法をこれから学ぼうとするきっかけになってくれれば、講師を引き受けたかいあります。

 

 

3資格の施術場面では、ストレス疾患や慢性痛をはじめとする慢性疾患を診る機会が多いであろうと考えるので、それらの疾患に対してエビデンスのある治療方法を学ぶことは、患者さんにとってもとてもメリットのあることだと考えます。

 

 

今後も鍼灸師やマッサージ師、柔道整復師の養成する専門学校や大学、その学校の同窓会などが認知行動療法に興味を持って学んでいただいて、例えば、自身の施術方法と認知行動療法を併用することができれば、先ほども書いたようにストレス疾患や慢性痛をはじめとする慢性疾患で悩まれている患者さんにとってもメリットが大いにあります。

 

 

私については、鍼灸師やマッサージ師、柔道整復師の方たちの認知行動療法の研修をするときは、講義内容をもう少し考えないといけないということを学ばさせていただきました。

 

オンライン開催(ZOOM)

2021年度後期の3シリーズ認知行動療法セミナー 


認知行動療法を学ぼうとするものは、何をどこから学べばいいのかというほどに、様々な認知行動療法のスタイルが出てきており、また、それらが出版物となり書店に並べられております。ベックの認知療法をはじめ、行動分析学から発展したアクセプタンス、東洋思想などを取り入れたマインドフルネス、メタ認知療法、様々な職種がチームを組んで行う弁証論的行動療法、集団を対象とした認知行動療法、子供の認知行動療法、夫婦や家族の認知行動療法、また、統合失調症や身体疾患では慢性疼痛、過敏性腸症候群、不妊症のストレス問題に対しての認知行動療法など疾患や状態別に開発されている認知行動療法などなど、たくさんの理論と療法が作られております。

このセミナーは、2002年より、大学教授らと共に認知療法/認知行動療法を本格的に学べることはもちろんのこと、系統的にも、個別にも学べるシステムを提供できないものかと考えスタートしました。
「認知行動療法とは」から始まって、職種に関係なく臨床場面で個人が使い勝手の良い方法にしていくための方法などをお伝えできればと考えております。


このセミナーでは、
☆日常臨床に応用が利いて使える認知行動療法を学んでいただくことを目的に行ってまいります。
☆少人数で参加者が自由に質問できる雰囲気の中で行ってまいります。


セミナーの目標 
①認知行動療法の基礎:コース名・基礎から学ぶ 
  認知行動療法の基礎として必ず抑えておいて欲しいことを学んでいただきます。 
  認知再構成法の流れに沿ったレクチャーを中心に進めてまいります。


②認知行動療法の技法:コース名・技法を学ぶ 
 臨床場面で使えるいくつかの技法を学んでいただきます。 
 日常臨床では、うつや不安といっても様々なバックボーンをお持ちの患者さんや 
 クライエントの方が来られます。それらの方々に合う技法選択が大切になります。 


③症例(事例)検討:コース名・症例から学ぶ 
 症例(事例)の概念化の実習と症例の検討から認知行動療法の実際を学んでいただきます。 
症例(事例)検討ではケースを提示するに当たり、クライエントの了解をいただいたケース 
 で、匿名性の保持に配慮し本質を変えない程度に一部を変えていることを了解ください。 

 

受講対象者: 守秘義務が厳格な職業についている方及びそれらを目指している大学院生。
1、医師、公認心理師、看護師、精神保健福祉士、作業療法士、理学療法士、言語聴覚士、
  はり師・きゅう師・ あん摩マッサージ指圧師、薬剤師、教師、家庭調査官、弁護士、

  社会福祉士、その他、人と かかわる国家資格をお持ちの医療・教育・司法、福祉保健、

  産業関係の職業に携わってい る方。 
2、臨床心理士、カウンセラー(産業カウンセラー)、学校心理士及び、学術団体所属学会の 
  各認定資格(例、日本カウンセリング学会、日本行動療法学会、日本家族心理学会、

  日本教育心理学会、その他) 
3、公的、民間、専修学校等の心理資格所持者(例、心理相談員、メンタルヘルス・マネジメ 
  ント、その他)で、心理機関、医療機関、教育機関、福祉機関にお勤めの方。 

4、心理学部卒業者及び、心理、医療、教育、福祉系の大学院生。 

 

 

「技法を学ぶ」「症例から学ぶ」は実習を行うために定員を20名限定とさせていただいております。
テーマ:認知行動療法を基礎から学ぶ
F-日程:日時/2021年7月11日(日) 

G-日程:日時/2021年8月22日(日) 

定員:80
時間:午前10時30分~午後4時30分
受講料:一般・9,900円(税込)  学生 ・8,800円(税込) 

 

テーマ:認知行動療法の技法を学ぶ
H-日程:日時/2021年9月12日(日) 
I-日程:日時/2021年10月17日(日) 

時間:各コースとも:午前10時30分~午後5時 
定員:20名(限定募集) 
受講料:一般・13,200円(税込)  学生 ・12,100円(税込) 

テーマ:認知行動療法を症例から学ぶ
J-日程:日時/2021年11月14日(日) 
時間:午前10時30分~午後5時 
定員:20名(限定募集) 
受講料:一般・13,200円(税込)  学生 ・12,100円(税込) 


スケジュール・内容 
ホームページをご参照ください。 

http://www.y-sinrisoudan.ne.jp/cognitive-seminar-sp.htm
受講者の声も載せております。

一括申し込み費用:一括申し込みの場合、費用をお安くさせていただきます。 
コース
3シリーズ  一般・学生共に 5,000円割引 
2シリーズ  一般・学生共に 2,000円割引 

会場:オンライン・ZOOMを使用


講師の紹介 
千田 恵吾(リスタ・カウンセリング・ルーム代表)  公認心理師(第31101号)
著書 
・認知療法ケースブック(分担執筆,星和書店) 
・勝つためのコグニティブ・トレーニング(ベースボールマガジン社) 
・専門医のための精神科臨床リュミエール 7 (分担執筆,中山書店) 
・あはき心理学入門(分担執筆,㈱ヒューマンワールド) 
・パーソナリティ障害の認知療法-ケースから学ぶ臨床の実際(分担執筆,岩崎学術出版社) 
・カップルの認知療法(監訳,星和書店) 

講師歴(外部機関からの依頼研修<認知療法/認知行動療法のみを掲載>)
・日本臨床心理士会  ・日本精神神経学会
・日本認知療法学会  ・静岡家庭医養成プログラム
・静岡市こころの健康センター(医師・保健師・臨床心理士)
・CBTを学ぶ会  ・横須賀市教育委員会(教諭)
・横浜CBTに集う会(作業療法士会)  ・その他

横浜認知行動療法研究会主管(2002年より月1回開催中) 
メンバー:医師・公認心理師、臨床心理士、産業カウンセラー、看護師、作業療法士、教諭、調査官、 
     心理・看護系大学院生等 2021年1月現在・82名 


お申し込み方法: 
ホームページをご参照ください。 
http://www.y-sinrisoudan.ne.jp/cognitive-seminar-on2010.htm 

お問い合わせ 
株式会社 リスタ/リスタ・カウンセリング・ルーム 
(電話受付 AM10:00~PM5:00) 
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-8 
           オフィス新横浜 610 
TEL/FAX 045-548-8861

認知行動療法セミナー・風景
認知行動療法セミナー・風景
認知行動療法セミナー・風景