iOS/Android「ドラゴンクエスト・ウォーク」は「ポケGO」を超えるか | 忍之閻魔帳

忍之閻魔帳

ゲームと映画が好きなジジィの雑記帳(不定期)


▼増税前最後のAmazonタイムセール祭りが9月20日9時より開催

 

09月20日9時開始★増税前、最後のビッグセール Amazonタイムセール祭り

 

通常は毎月に月を跨ぐ形で開催されるタイムセール祭りが今月は20日9時より開催決定。

10月1日から増税が控えているため、

セール期間中に税率が変わるのを避けたものと思われる。

今週はiPhone11、メガドライブミニ、Switch Lite、ゼルダなど

話題の新商品が多数発売されるので、関連商品も含めて駆け込み需要は相当ありそう。


▼今週発売の新作ダイジェスト

 

09月19日発売■ETC:メガドライブミニW

09月19日発売■ETC:メガドライブミニ

09月19日発売■ETC:メガドラタワーミニ

09月19日発売■雑誌:BEEP! メガドライブFAN メガドライブミニ総力特集号

09月19日発売■ETC:メガドライブミニ 関連商品一覧

09月20日発売■NSw:Nintendo Switch Lite イエロー関連商品一覧

09月20日発売■NSw:Nintendo Switch Lite グレー関連商品一覧

09月20日発売■NSw:Nintendo Switch Lite ターコイズ関連商品一覧

09月20日発売■NSw:ゼルダの伝説 夢を見る島

09月20日発売■NSw:ゼルダの伝説 夢を見る島 関連商品一覧

09月20日発売■iPhone11/iiPro/11ProMax ソフトバンクオンラインショップ

09月20日発売■iPhone11/iiPro/11ProMax auオンラインショップ

09月20日発売■iPhone11/iiPro/11ProMax docomoオンラインショップ

<Amazon ストア内検索>

発売中■ETC:iPhone 11 関連商品一覧

発売中■ETC:iPhone 11 Pro 関連商品一覧

発売中■ETC:iPhone 11 Pro Max 関連商品一覧


▼iOS/Android「ドラゴンクエスト・ウォーク」は「ポケGO」を超えるか

 

配信中■iOS:ドラゴンクエスト・ウォーク

配信中■Android:ドラゴンクエスト・ウォーク

 

9月12日よりサービス開始になったiOS/Android「ドラゴンクエスト・ウォーク」

もう皆さんは遊んでいらっしゃるだろうか。

配信2日で累計DL数が300万を超え、開発のコロプラの株価も急上昇中の本作は

世界中で大ブームを巻き起こしている「ポケモンGO」系の位置情報ゲーム。

「妖怪ウォッチ」「ハリー・ポッター」など、人気のコンテンツを使った

後追い作品もいくつか発売されたものの、いずれも大きなブームには至っていない。

満を持して登場しただけあり、痒いところまで手の届いた作りで勝負をかける

「ドラゴンクエスト・ウォーク」が「ポケモンGO」に並ぶ日は来るのだろうか。

 

私も絶賛プレイ中。

18日現在のプロフィールを簡単に紹介すると

主人公のレベル24、冒険ランクは18、おでかけランク8。

メインストーリーは3章に入ったあたり。

本記事では、現時点まで遊んでみた印象をまとめてみる。


<ドラクエらしい咀嚼力で間口の広い作り>

 

「ドラクエウォーク」の基本システムは非常に単純。

フィールドを歩きながらモンスターを倒してレベルを上げ、

自分で設定した目標地点で発生するクエストをクリアする。

RPGらしいストーリーも用意されていて

広大なフィールドに放り出されて何をすれば良いか分からないということはない。

ファミコンで初代「ドラクエ」が発売された時には

「ウルティマ」を分かり易くした和製RPGが登場したと大きな話題になった。

「ドラクエビルダーズ」もまた、「マインクラフト」系のサンドボックスゲームに

筋道を用意することでプレーヤーの目的意識を明確にし、遊び易くしていた。

「ドラクエ」とは、海外からやってきた自由度の高いゲームを

若干窮屈にする代わりに、格段に遊び易く・分かり易くしてきたシリーズでもある。

 

私の場合、もともと「ポケモンGO」で下地は出来ていたので

慣れ親しんだ「ドラクエ」の世界観とクエストクリア方式のシンプルさが合わさって

プレイ開始当日からほぼ迷い無く、楽しく遊べている。

後発だけあり「ポケGO」の良い点・悪い点が良く研究されており

フィールド画面の美しさと、否応にも気分の盛り上がるBGMで

第一印象は圧倒的に「ドラクエウォーク」の方が良い。

序盤で脱落者を出さず、このジャンルの面白さを理解してもらうために

あちらこちらに細やかな気遣いが見える。


<WALKモードをアプリ内に実装した英断>

 

私的に「ドラクエウォーク」の最大の特徴だと思っているのが「WALKモード」。

「ポケGO」ではフィールドでの敵との戦闘やスポットでのアイテム回収は

基本的にスマホを手にしながらプレイする必要があり

代行するには別売りのGOプラスを買わなければならなかった。

「ドラクエウォーク」はGOプラスに該当する機能を予めアプリ内に用意してあり

一度WALKモードに切り替えてしまえば、あとはスマホを鞄やポケットに入れてしまっても

勝手にモンスターと闘い、アイテムを回収してくれる。

しかも、パーティ全体のHPが減ると戦闘はせず、

HP回復とアイテム回収のみに専念するなど隙の無い作り。

スポットは1箇所立ち寄るごとにHP・MPが40%も回復するサービスぶりで

2箇所も回れば満タンに出来てしまうため

回復アイテムを使用する機会はボス戦であるか・ないかという程度。

 

ただ、戦闘シーンを飛ばしたり結果のみ表示する機能がないため

WALKモードにしても通常のプレイと電池消費速度が変わらないのは惜しい。

【19日追記】

設定の項目にあるバッテリーセーバーをONにすると

端末の上下を逆にするだけで画面が暗転するようになっている。

しばらく使ってみたところ、確かに若干の節電にはなるようだ。

 

「ポケGO」など位置情報ゲームは常に本体に負担をかけるため総じて電池消費が激しい。

私の使っているiPhone7 PLUSは昨年バッテリー交換をしたばかりで

まだ97%の超優等生なのだが、それでも小1時間ほどぶらぶらしていると

フル充電から30%ほど電池が減っている。

今後のアップデートがあるなら、バッテリーセーバーのさらなる改良をお願いしたい。


<収集ではなく育成に重きを置いた、No.1RPGとしての矜持>

 

*最初の10連でいきなり出て大満足

 

「ポケモン」の最大の楽しみはレアなポケモンの捕獲・収集や育成。

「ポケGO」は収集の楽しさに注目し、大幅に特化した。

「ドラクエ」の最大の楽しみはストーリーと育成。

「ドラクエウォーク」は、収集の楽しみは「ドラクエモンスターズ」に任せて

キャラクター育成の楽しさに注目し、大幅に特化している。

プレイヤーレベルが単なる目安でしかない「ポケGO」と違い

「ドラクエウォーク」はプレーヤーの操るキャラクターはもちろんのこと、

プレーヤー自身のレベルアップが肌身で実感できる。

RPGの醍醐味である、育成する楽しさがきちんと味わえる。

ザコとの戦闘を繰り返しジワジワと強くなるパーティを見ていると

「ドラキーを楽に倒せるぐらいまで育ててから次の町に行くか」と

自分なりの目標を立てて遊んでいた頃を思い出してワクワクする。

”レベル上げ”にハマっていた時代を彷彿するシステムが

「ポケGO」のプレーヤーにどう映るかは難しいところだが

ファミコン時代から「ドラクエ」を遊んでいる世代にはむしろ歓迎されるはず。

 

プレーヤーの好みに合わせて転職するも良し、

武器の育成や魔物の心を組み合わせてさらなる強化に励むも良し、

様々なスタイルでパーティを強く育てる仕掛けが用意されている。

レアなポケモンの重要度が高い「ポケGO」に対し、

こちらはザコとの戦闘を繰り返しているだけでも楽しい。

「ポケGO」のように、モンスターボールを投げる際の

速度アップやカーブといったアクション的なテクニックが必要ないのも

ジジィゲーマーとしては大きな利点。

 

クエストは、設定されている推奨レベルに近いパーティで挑めばほぼクリア可能。

推奨レベルを無視して先へ先へとストーリーを進めると

運良くボス戦は勝てたとしてもその後のフィールドに出演する敵まで強くなってしまい

WALKモードに任せるのが困難になってしまうので注意したい。

ちなみにフィールドの敵はその時に発生している

クエストに準拠したレベルのザコが登場する。

厳しいと感じたら一度現在のクエストを取り止め、

ひとつ前のものを再度スタートさせるのも良いかも知れない。

私は常に推奨レベルのひとつかふたつ上まで育ててから挑んでいるので

今のところそれほど苦労はしていない。

これからプレイする方のために注意しておくと、

キメラが登場するあたりからザコの強さが急激に上がってくるので

2章半ばからはストーリー進行を急がずじっくり育てるプレイスタイルに変更しておくべし。


<広く浅く課金の「ポケGO」、複合型課金の「DQウォーク」>

 

*トロール討伐戦にて1位いただきました

 

さて、基本無料アプリで気になるのが課金要素のバランスについて。

圧が強すぎればライトユーザーは一斉に逃げてしまい、

弱過ぎると今度は運営費すら出なくなってしまう。

「ポケGO」は世界中に存在するプレーヤーの多さを利用して

重課金ユーザーが無課金ユーザーの分まで担うのではなく

広く浅く徴収する微課金で成功を収めて来た。

ライト課金者はレイドチケット目当てのことが多く、

希望のポケモンを手に入れれば再び無課金生活に入る。

 

「ドラクエウォーク」にはストーリー進行や

モンスターの図鑑登録数などに応じてもらえる無料ジェムと、

実際に購入して使う有料ジェムの2種類が存在する。

強い武器や防具はガチャで入手する必要があり、

さらに「ポケGO」のレイドにあたる「巨大モンスター討伐」に必要な

「特別とうばつ手形」を手に入れる際にもジェムが必要。

これらは無料ジェムでも交換可能だが、

歩行数やスポットの立ち寄り回数に応じてもらえるマイレージの量が増加する

ゴールドパスなど、一部には有料ジェムでなければ手に入らないものもある。

マイレージを貯めることでレアな武器と交換したり

ガチャの補助券と交換出来たりするので、

週末だけのプレイで友達に追いつきたいといった方や

誰よりも先を走っていたいリーダー気質の方は

ゴールドパスを買ってしまうのが最も効率が良いだろう。

 

今のところ、巨大モンスター討伐のスポットには

レベル15もあれば倒せてしまうトロールしか出現していないので

課金圧は全く感じていないが、歴代の魔王系モンスターが出るとなれば

一気に盛り上がってくるはず。

今後はクリスマスや年末年始など特別な時期を狙って

人気のモンスターが出てくるイベントも仕込んでいるであろうし

メタル系の武器や防具が手に入る今のガチャで全部吐き出してしまわないように

ジェムはいくらか温存しておきたい。

 

課金についてもうひとつ。

ゴールドパスはマイレージの項目で購入出来るのでまだ良いとして

特別とうばつ手形や上級においぶくろ(フィールドの魔物を呼び寄せる)などが

準備→福引きの項目でしか手に入らないのは分かり辛いことこの上ない。

なぜ交換所にひとまとめにしてしまわなかったのか理解に苦しむ。

この辺りもアップデートで何とかしていただきたい。


<クリアがあってもいいかも知れない>

 

最初に書いた通り今のところ私の主人公はレベル24、冒険ランクは18。

聞いたところ、キャラのレベルは50が上限になっているらしい。

「ポケGO」と同じでいずれ上限開放が来るのだろうが、

私としては本作が位置情報を使ったRPGである以上、

クリアがあっても良いのかも知れないと考えている。

終わりを無くし際限なくユーザーから巻き上げられたとしても

それは商売として上手いだけで、ゲームとして上手いわけでは決してない。

きちんとエンディングを迎えて「あぁ面白かった」と完結する

位置情報ゲームだってあっていい。

 

ストーリーには一応の終わりを用意して、

クリア後の遊び込み要素を充実すればいい。

例えば自宅のシステム。

現状プレーヤーの自宅は「トモダチコレクション」や「どうぶつの森」のように

カスタマイズが可能なアバター的な意味しか持っていないが

今後のさらなるアップデートで出来ることが増えると楽しい。

余った武器やアイテムを陳列して通りかかったプレーヤー相手に

売買が出来たりすると楽しいが、さすがにそれは難しいか。

 

全国のマップを使うらしい「おみやげ機能」もまだオープンしていないし

今後まだまだやることは増えそう。

遊ぶ前は「一応遊んではみる」などと冷ややかに書いていたのに

いざ遊んでみるとベタ惚れでした。

スクエニ様&コロプラ様、ごめんなさい。

「ポケGO」から乗り換えるユーザーがどのぐらい居るかは不明だが

「ポケGO」から離脱して位置情報ゲームを遊ぶための席が空いている方ならば

是非一度遊んでみることをお薦めする。

ただし、バッテリー消費はかなり激しいのでモバイルバッテリーは必携。

 

iOS/Android「ドラゴンクエスト・ウォーク」は現在配信中。

 

09月27日配信■NSw:ドラゴンクエスト

09月27日配信■NSw:ドラゴンクエストII 悪霊の神々

09月27日配信■NSw:ドラゴンクエストIII そして伝説へ…

09月27日発売■NSw:ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S

09月27日発売■NSw:ドラゴンクエストXI S Amazon限定ノート付き

09月27日発売■NSw:ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S ゴージャス版

09月27日発売■NSw:ドラゴンクエストXI S ゴージャス版 Amazon限定ノート付き

09月27日発売■NSw:ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S ロトエディション

09月27日発売■NSw:ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S 関連商品一覧


▼Kindle版「進撃の巨人」29冊セットで実質100円セール本日最終日

 

09月18日終了■Kindle:「進撃の巨人」99%OFFキャンペーン

 

連載開始から10年を記念して開催中の

「進撃の巨人」(28巻まで)全巻無料キャンペーンは本日18日21時で終了。

現在最新29巻が100円で販売中。

無料配信バージョンはキャンペーン終了と同時に読めなくなってしまうのでご注意を。

 

09月19日終了■Kindle:小学館デジタル 文庫キャンペーン 第1弾(対象:973冊)

09月19日終了■Kindle:講談社 30%ポイント還元セール(対象:9,027冊)

09月19日終了■Kindle:秋田書店 50%ポイント還元セール(対象:9,786冊)

09月26日終了■Kindle:話題の小説 & ノンフィクションフェア(対象:826冊)

09月26日終了■Kindle:KADOKAWAラノベ一気読みフェア(対象:99作品)

09月26日終了■Kindle:KADOKAWAビジネス & 実用本フェア(対象:806冊)

09月26日終了■Kindle:講談社 秋のロングセラー祭り(対象:200冊)

09月26日終了■Kindle:宮城谷昌光フェア(対象:26冊)

09月26日終了■Kindle:TOEIC Listening & Reading対策フェア(対象:47冊)

10月03日終了■Kindle:全ウルトラマン フェア(対象:28冊)