【ネタバレ有り】映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」 | 忍之閻魔帳

忍之閻魔帳

ゲームと映画が好きなジジィの雑記帳(不定期)


テーマ:


▼新作ゲーム予約受付中

 

06月28日発売■NSw:スーパーマリオメーカー 2 タッチペン付き

06月28日発売■NSw:スーパーマリオメーカー 2 はじめてのオンラインセット

06月28日発売■NSw:スーパーマリオメーカー 2 関連商品一覧

10月31日発売■PS4:ペルソナ5 ザ・ロイヤル 限定版

10月31日発売■PS4:ペルソナ5 ザ・ロワイヤル 関連商品一覧


▼Amazon Kindle&書籍キャンペーンまとめ

 

05月09日終了■Kindle:Kindle本 GWセール 40%OFF以上(対象:21,673冊)

05月09日終了■Kindle:小学館 GWセール(対象:7,057冊)

05月09日終了■Kindle:【50%ポイント還元】文春祭り(対象:4,321冊)

05月09日終了■Kindle:翔泳社春の電書祭り」 フェア(対象:1,111冊)

 

GW期間の需要増を見越した各社の大規模セールが本日より一斉に開始。

 

05月02日終了■Kindle:「NHK100分de名著」&「学びのきほん」フェア(対象:64冊)

05月02日終了■Kindle:ビジネスのお悩み解決本フェア(対象:58冊)

05月02日終了■Kindle:SBクリエイティブ 仕事力UP本フェア(対象:150冊)

05月02日終了■Kindle:『ねじれた家』『予告殺人』アガサ・クリスティーフェア(対象:104冊)

05月02日終了■Kindle:名作シリーズ テレビドラマ・アニメ化作品フェア(対象:57冊)

05月06日終了■Kindle:ぶんか社作品キャンペーン(対象:8,121冊)

05月07日終了■Kindle:連載29周年記念「クレヨンしんちゃん」フェア(対象:52冊)

05月09日終了■Kindle:新しい趣味に出会いたい! 趣味の本フェア(対象:38冊)

05月09日終了■Kindle:オツカレ女子のためのお助け本フェア(対象:103冊)

05月09日終了■Kindle:夏までに絶対痩せる ダイエット本フェア(対象:43冊)

05月09日終了■Kindle:ディスカヴァー21 GW特別フェア(対象:196冊)

05月09日終了■Kindle:GAノベル3周年「サンキュウ」フェア(対象:58冊)

05月09日終了■Kindle:小説から実用書まで『桃色電書』(対象:275冊)

05月12日終了■Kindle:令和記念 18円&99円キャンペーン|西東社(対象:347冊)


今回は完結編ということもあり、

【ネタバレ無し】【ネタバレ有り】の2つの記事を同時に公開いたします。

こちらはネタバレ有りで書いていますので

予備知識を全く入れたくない方はこちらの記事をご覧下さい。


▼【ネタバレ有り】映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」

 

公開中■映画:アベンジャーズ/エンドゲーム

 

全世界が公開を待っていた「アベンジャーズ/エンドゲーム」が本日公開。

世界の半分が消失してしまった衝撃のラストから

この日をどんな想いで待ったことだろう。

逸る気持ちを抑えて、まずは前作を簡単に振り返っておきたい。

 

   

配信中■Amazonビデオ:アベンジャーズ 字幕版

配信中■Amazonビデオ:シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ 字幕版吹替版

配信中■Amazonビデオ:アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 字幕版吹替版

配信中■Amazonビデオ:アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン 字幕版吹替版

配信中■Amazonビデオ:マーベル関連作品一覧

発売中■Blu-ray:マーベル関連 映像ソフト一覧

発売中■ETC:マーベル関連 ホビー商品一覧

発売中■ETC:アベンジャーズ エンドゲーム 関連商品一覧

 

指パッチンひとつで全宇宙を消滅させることも可能なインフィニティ・ストーン。

全て揃えるとインフィニティ・ガントレットによって真の力を解放することが出来る、

これまでのマーベル作品でも何度か登場していた

このアイテムを探し求めるサノスとアベンジャーズとの闘いを描いたのが前作だった。

”闘い”と言いながらほぼワンサイドゲームであり、

サノスの圧倒的な力の前にスーパーヒーロー達が次々と吹き飛ばされる

防戦一方の展開にストレスの溜まったファンも多かったことと思う。

最終章のテーマはおそらく「破壊と再生」であろうし、

二部構成の前編となる前作は、言わば「破壊の章」。

ラストで救助信号を送った「キャプテン・マーベル」を間に挟んで

いよいよ今作で大団円を迎える。

 

配信中■Amazonビデオ:アイアンマン シリーズ

配信中■Amazonビデオ:マイティ・ソー シリーズ

配信中■Amazonビデオ:ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー シリーズ

配信中■Amazonビデオ:ドクター・ストレンジ

配信中■Amazonビデオ:アントマン シリーズ

配信中■Amazonビデオ:ブラックパンサー

配信中■Amazonビデオ:スパイダーマン:ホームカミング

 

3時間は短かった。

楽し過ぎてあっという間だったという意味と、

3時間かけても全てを盛り込むことは難しかったという

ふたつの意味での「短い」である。

物語の根幹であるサノスとの闘いに決着をつけるのはもちろん、

個々のヒーローが背負っている物語や人間関係に言及し、

スピンオフ作品で披露されてきたエピソードを

出来る限り多く回収させなければならないのだから、

3時間程度で足りるはずがない。

未回収のままだった部分や話の辻褄が明らかにおかしい部分もあり、

脚本の完成までに相当な試行錯誤をしたであろうことがうかがえる。

 

世界の復活と同じぐらい気になっていたのが、

本作を以てアベンジャーズを引退するのは誰なのか。

公開前からキャプテン・アメリカを演じるルーク・エヴァンスや

長年アイアンマンを演じてきたロバート・ダウニー・Jr.が

MCUからの引退を表明していた通り、

2名にはそれぞれに特別な結末が用意されている。

もうひとり、スピンオフの控えているブラック・ウィドーにもまさかの展開が。

となると、単独主演作の時間軸がどこに設定されるのかは気になるところ。

 

前作で登場しなかったホークアイと「アントマン&ワスプ」で

量子世界へ行ったまま戻れなくなっていたアントマンが本作では大活躍。

ただ、アントマンについては映画で予習・復習が可能だが

圧倒的な力でアベンジャーズを牽引するキャプテン・マーベルについては

日本ではつい最近劇場公開が終わったばかりでまだ映像化もされていないため、

劇場で観ていない方には「誰これ?」となりかねない。

キャプテン・マーベルの強さは完全にチートレベル。

開始10分でアベンジャーズが束になっても倒せなかったサノスを伸してしまうのだから

チームワークを乱していると言えなくもない。(私はその壊れた強さも大好き)

 

基本的には前作で生き残ったヒーローが活躍する、

消えてしまった人々を取り戻す救出劇なので

私の大好きなスター・ロードやドクター・ストレンジ、

ブラックパンサーやスパイダーマンもほとんど出番はなく、

後半の一騎当千なアクションシーンを除けば

全体の7割ぐらいがキャプテン・アメリカ、アイアンマン、ソー、ハルク、

ホークアイ、ブラック・ウィドー、アントマン達だけで進められる。

「インフィニティ・ウォー」で冒頭で消えたロキは今作でもやはり空気で残念。

同じく改心キャラのネビュラが準主役の大活躍なのでそちらで我慢するしかないか。

 

時間軸を使った解決策については

さすがにとっ散らかってしまった印象は否めず、

タイムリープモノにありがちな綻びがあちこちに見られる。

中には決定的なものもあるが、辻褄合わせに躍起になるより

次から次へと繰り広げられる競演の妙を楽しんだ方が勝ちだと

途中からは頭を切り替えた。

 

アントマンのマイケル・ダグラスやミシェル・ファイファー、

ソーのナタリー・ポートマンまで、

超人気俳優が大量にカメオ出演しているのは文句なしに豪華で楽しい。

ただ真田広之のシーンは謎。

何度脳内で反芻しても必然性があったとは思えない。

ホークアイがなぜわざわざ日本までやってきてヤクザ(真田)と闘っていたのかも

良くわからなければ、真田を殺したホークアイが何事もなかったかのように

ヒーロー面してアベンジャーズで弓を射る姿にも違和感が残る。

家族を失った喪失感が無差別に悪を討つダークヒーローに変えたとしても

アベンジャーズの中でも理性的だったホークアイの変貌ぶりとしては

振り幅が大き過ぎると思う。

あの東京のシーンだけが本作の唯一の残念な部分。

 

10年以上続いてきた壮大な物語もこれで(一旦)終わりかと思うと正直寂しい。

MC4のフェーズ4からどんなキャラクター達が

どんな物語を紡いでゆくのだろう。

次のMCUは、スタン・リーのいない世界で創られる。

私が生きている間に、どこまで追いかけてゆけるだろう。

 

映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」は本日公開。


▼Blu-ray「スパイダーマン:スパイダーバース」8月7日発売決定

 

<Amazon限定スペシャル特典ディスク付き>

08月07日発売■Blu-ray:スパイダーマン:スパイダーバース プレミアム版

08月07日発売■Blu-ray+4K:スパイダーマン:スパイダーバース 4K ULTRA HD

08月07日発売■Blu-ray:スパイダーマン:スパイダーバース IN 3D

08月07日発売■Blu-ray+DVD:スパイダーマン:スパイダーバース

<特典無し>

08月07日発売■Blu-ray+4K:スパイダーマン:スパイダーバース プレミアム版

08月07日発売■Blu-ray+4K:スパイダーマン:スパイダーバース スチール仕様

08月07日発売■Blu-ray+DVD:スパイダーマン:スパイダーバース

 

私も大絶賛の「スパイダーバース」がBlu-ray化決定。

8月7日なので夏休みにはもう観られる。

劇場の興収はパッとしなかったようだが、

実写を含めた全アメコミ映画の中でもトップクラスの出来映えなので

劇場でスルーした方も今回は必ずご覧いただきたい。私は買うぞ。

マーベル映画ブームの火付け役となった「スパイダーマン」を

劇場用アニメーションとして製作したのが「スパイダーマン:スパイダーバース」。

製作・脚本は「ブリグズビー・ベア」のフィル・ロード&クリストファー・ミラー。

ヒーローだったピーター・パーカーを失い落胆する世界を舞台に

2代目スパイダーマンとなった少年マイルス・モラレスが

違う次元からやってきたスパイダーマン達と協力して巨悪に立ち向かう爽快アクション。

声の出演はシャメイク・ムーア、ヘイリー・スタインフェルド、リーヴ・シュレイバー、

リリー・トムリン、そして「グリーンブック」でオスカーを受賞したマハーシャラ・アリ。

 

”革新的”というフレーズが乱発されて久しい現代ではあるが

真に革新的という言葉が相応しい作品とは、本作のようなものを指すのだと思う。

アメイジング世代やアベンジャーズに組み込まれたトム・ホランドが気に入らないわけじゃない。

ただ俺達は初代のサム・ライミ版(トビー・マグワイア主演版)が大好きなんだとの

メッセージがビシビシ伝わってくる。

ここにアベンジャーズともチームバトルを展開できそうな

バリエーション豊かなスパイダーマン・ファミリーが加わり、

さらにはアメコミ特有の動きやコマ割り、吹き出しまで

製作陣が幼い頃から慣れ親しんだであろうコミックの魅力を

最新技術を駆使して隅々までアニメ化せんとするアメリカンなオタク魂に痺れる。

表現方法の追求よりもキャラクター人気がどうしても先行してしまう日本は

 

「スパイダーバース」の世界的な大ヒットによって

もう日本はアニメの後進国になってしまった感すらある。

アニメーションでしか表現出来ない映像表現を追及し、

可能性を見出すだけで終わらずに一気に完成形まで持っていった大傑作。

歴史が動く瞬間に立ち会うためにも、アニメ好きならBlu-ray購入は使命。

 

  

発売中■4K:スパイダーマン:ホームカミング 4K ULTRA HD

発売中■Blu-ray:スパイダーマン:ホームカミング

配信中■Amazonビデオ:スパイダーマン:ホームカミング 字幕版吹替版

配信中■Amazonビデオ:アメイジング・スパイダーマン 字幕版吹替版

配信中■Amazonビデオ:アメイジング・スパイダーマン2 字幕版吹替版

配信中■Amazonビデオ:スパイダーマン 字幕版

配信中■Amazonビデオ:スパイダーマン2 字幕版

配信中■Amazonビデオ:スパイダーマン3 字幕版



 

sinobiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ