Netflix映画「イカロス」その汗の成分は、、、他 | 忍之閻魔帳

忍之閻魔帳

ゲームと映画が好きなジジィの雑記帳(不定期)


テーマ:

 


▼今週発売の新作ダイジェスト

 

  

発売中■Blu-ray:マイティ・ソー バトルロイヤル MovieNEX

発売中■Blu-ray:ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス 4K UHD + 3D

発売中■Blu-ray:三度目の殺人 スペシャルエディション

発売中■PS4:北斗が如く


▼Kindleセール情報

【3月8日終了】★Kindle【50%ポイント還元】SBクリエイティブキャンペーン

【3月8日終了】★Kindle Hobby Japan 50%ポイント還元キャンペーン

【3月8日終了】★Kindle【50%OFF】仮想通貨&投資・マネー本セール

【3月8日終了】★Kindle 春に読みたいKADOKAWA文芸フェア

【3月8日終了】★Kindle【30%OFF】電子書籍ベスト100 2017年

【3月8日終了】★Kindle【50%OFF】1巻完結マンガ厳選35作品ぜ~んぶフェア 第1弾

【3月8日終了】★Kindle【30%OFF以上】現代新書クラシックスフェア

【3月8日終了】★Kindle【50%OFF】春間近フェア

【3月29日終了】★Kindle【200円均一】講談社春のお料理本100冊フェア

 

大半のセールが本日で終了。

明日から総入れ替えて新たなセールがやってくるはずなので

上記のカテゴリーに興味のある方はお早めに。


Netflix映画「イカロス」その汗の成分は、、、

 

 

羽生&宇野の金銀を始め、たくさんの感動を与えてくれた平昌オリンピック。

厳しい練習に耐えた各国の代表が肉体の限界に挑むスポーツの祭典だが、

国を挙げた組織ぐるみのドーピング疑惑に揺れていたロシアは

国際オリンピック委員会(IOC)の判断により

ロシア選手団としての参加が禁止されることになった。

2014年のソチでは25人もの違反者が見つかり合計で11個のメダルが剥奪されたが

一昨年のリオデジャネイロへの参加は何故か容認され、

IOCは弱腰だと批判が殺到した。

結果として平昌にでは潔白が証明された選手のみ

ロシアからの個人参加という形で出場が決定。

女子フィギュアはザギトワとメドベージェワの金銀ワンツーが話題になった。

メドベージェワのファンである私はザギトワの

「跳びゃあいいんだろ、跳びゃあ」という演技構成には言いたいこともあるが、

そこから先はいよいよ映画とは無関係なのでひとまず置いておく。

 

先日発表されたオスカーのドキュメンタリー賞に輝いた「イカロス」は

劇場公開ではなくNetflixで配信中のコンテンツである。

ロシア人科学者が暴露した国家ぐるみのドーピング疑惑に迫った作品。

監督はアマチュアの自転車レーサーでもあるブライアン・フォーゲル。

 

映画はブライアン本人が自らの身体を使ってドーピングの効果を確かめる、

いわゆる「やってみた」なYouTuber展開で始まる。

厳しいと言われるアンチ・ドーピング検査の実態を確かめるため

世界アンチ・ドーピング機関(WADA)で所長を務めていた

グレゴリー・ロドチェンコフにアドバイスを依頼すると

グレゴリー氏はいとも簡単に「抜け穴」の存在とその「抜け方」を伝授する。

しかし、マイケル・ムーアと同じエンタメ系のドキュメンタリーだと思わせておきながら

1時間ほど経過した段階から徐々に核心へと迫り始め、

映画「スノーデン」も真っ青なサスペンスフルな展開に

口が半開きになりっぱなしになる。

いかにしてドーピング検査をすり抜けることが出来たのか、

その巧妙な方法を具に紹介し、そもそもこの『一大プロジェクト』が

誰の支持で動いていたのかまでが赤裸裸に明かされる。

獲得メダル数が国に与えるイメージの重大さ、

政権への影響などについて日本人の大半は無頓着だが、

単なるスポーツの祭典として捉えていないのはロシアだけではあるまい。

 

相撲やレスリングなど、爽やかとは程遠い陰湿な内幕暴露が続いており、

スポーツ観戦への意識が変わってしまいそうな今日この頃。

勝利を渇望する選手と国のエゴイズムが手を結び

複数の権力者のサポートを得れば隠蔽できないものなど無いのかも知れない。

東京を間近に控えた今こんなものを観てしまうと、選手達の流す美しい汗にも

長期投与された薬剤の成分が含まれているのだろうかと考えてしまいそうで怖い。

 

映画「イカロス」はNetflixで配信中。


 

発売中■DVD:シチズンフォー スノーデンの暴露

配信中■Amazonビデオ:シチズンフォー スノーデンの暴露 字幕版

発売中■Blu-ray:スノーデン

配信中■Amazonビデオ:スノーデン 字幕版

 

映画「スノーデン」はアメリカ政府による個人情報の収集と

監視システムを暴露し、世界中を騒然とされた

元NSA(米国国家安全保障局)職員エドワード・スノーデンの

隠された真実に迫る実録ドラマ。

主演はジョセフ・ゴードン=レヴィット、監督はオリヴァー・ストーン。

あくまでも『映画』なので、本人そっくりのジョセフの熱演があるとはいえ

第87回のオスカーで長編ドキュメンタリー賞を受賞した

「シチズンフォー スノーデンの暴露」ほどの緊張感は無い。

フィクション部分があった方が受け入れ易いならば「スノーデン」を、

より深く事実を知りたいなら「シチズンフォー」がお薦め。


 

発売中■Blu-ray:疑惑のチャンピオン

配信中■Amazon:疑惑のチャンピオン 字幕版

発売中■DVD:ランス・アームストロング ツール・ド・フランス7冠の真実

配信中■Amazon:ランス・アームストロング ツール・ド・フランス7冠の真実 字幕版

 

「イカロス」の序盤にも登場する

元自転車ロードレース選手ランス・アームストロングの

ドーピング疑惑を再現した伝記映画が「疑惑のチャンピオン」。

癌を克服し、奇跡の復活からツール・ド・フランス7連覇の偉業を達成したランスが

組織ぐるみのドーピングに手を染めていく過程が描かれている。

監督は「クィーン」「あなたを抱きしめる日まで」のスティーブン・フリアーズ。

ドキュメンタリー「7冠の真実」は私は未見。

「イカロス」でまた興味が出てきたので時間を見つけて観たい。



sinobiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス