忍之閻魔帳

ゲームと映画が好きなジジィの雑記帳(不定期)


テーマ:
スイス・アーミー・マン


▼今週発売の新作ダイジェスト


10月04日発売■Blu-ray:「美女と野獣 MovieNEX」
10月04日発売■Blu-ray:「美女と野獣 MovieNEX コレクション」
<Amazon>
10月05日発売■ETC:「ニンテンドークラシックミニ SFC」
10月05日発売■ETC:「ニンテンドークラシックミニ SFC Amazon限定特典付き」
10月05日発売■ETC:「ニンテンドークラシックミニ SFC Amazon特典&AC付き」
10月05日発売■Book:「ニンテンドークラシックミニMagazine SFC特集号」
10月05日発売■Book:「スーパーファミコン通信 ニンテンドークラシックミニSFC発売記念号」
10月05日発売■ETC:「ファイティングコマンダー ニンテンドークラシックミニSFC」
<セブンネット>
10月05日発売■ETC:「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」
<楽天ブックス>
10月05日発売■ETC:「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」
10月05日発売■ETC:「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン + ACアダプター」



▼次世代のミシェル・ゴンドリー現る。映画「スイス・アーミー・マン」

年間平均で100本程度の映画を観ていると
キャストや監督といった周辺事情を飛び越えて
一目惚れに近い印象を抱く映画に出逢う。
今回紹介する「スイス・アーミー・マン」はまさにそんな1本。
無人島での生活に疲れて死を覚悟した青年の前に、
腐りかけの水死体が漂着したことから始まる奇想天外な冒険譚。
出演は「ラブ&マーシー 終わらないメロディー」のポール・ダノと、
「ハリー・ポッター」シリーズのダニエル・ラドクリフ。
全編ほぼ二人芝居で進行する作品で監督を務めたのは
これが長編デビューとなるダニエル・シュナイナート&ダニエル・クワン。



この作品の良さを分かり易く説明するのは難しい。
ジェットエンジンの如きおならを連発するダニエル・ラドクリフに跨がって
ポール・ダノがジェット・スキーを楽しむ導入部はまさにコメディのそれなのだが、
「死に損ないの青年」と「とっくに死んだはずの青年」との
奇妙なサイバイバル生活は生きることに前向きな二人の友情物語にも見えるし、
全ての謎が明かされる後半は主人公ハンクの解放へと繋がって
大感動のエンディングへと着地する。

「はて、私はいったい何を観ているのだろう」と思わせておいて、
しかしヒントや答えは提示せず、種明かしは終盤までお預け。
こうなると思考が謎解きに持っていかれて多少集中力が途切れるものだが、
スクリーンに映っているもの以上の情報を入れさせまいとするかのように
映像も音楽もとびきりファンタジック&ポップに彩られていて、
あまりの心地良さに全て許して身を任せてしまいたくなる。
監督の二人はMV畑の出身だそう。
どうりでセンスが良いわけだ。
「劇場版 クレヨンしんちゃん」をミシェル・ゴンドリーが撮ったような、
不思議で可愛くてお下品で泣ける映画なのである。




発売中■Blu-ray:「レッドタートル ある島の物語/マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット作品集」
発売中■Blu-ray:「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」
発売中■DVD:「恋愛睡眠のすすめ」

主人公ハルクは、浜辺に打ち寄せられた水死体のメニーとの生活で
何を見つけたのだろうか。
彼にとっては死を決意するほどの重大な出来事も、
現実世界では鼻で嗤われてしまう程度のことかも知れない。
死んでいるメニーとの会話は、自分自身と向き合っているに等しい。
ハンクが何を望み、何に絶望しているのかを
誰よりも理解しているメニーは唯一無二の親友か、
それともハンクの心の底に眠る自分の声なのか。

「メニーと二人でここまで来たんだ」と語るこの物語が
実はハンク独りの冒険譚であったのかどうかは、
観た人によって解釈が違って良いと思う。
「ライフ・オブ・パイ」のように夢に溢れ、
「レッドタートル」のように示唆に富んだ物語。

ポール・ダノもダニエル・ラドクリフもとにかく楽しそうで
私にとっては掘り出し物の1本だった。
お下劣・不謹慎の要素が多分に含まれているため
ダニエル君目当ての女性客にはお薦めしないが、
ひねくれた映画を愛する方ならば上映劇場を探してでも足を運ぶ価値あり。

映画「スイス・アーミー・マン」は現在上映中。




▼Blu-ray「トランスフォーマー/最後の騎士王」12月13日発売

トランスフォーマー 最後の騎士王
<Amazon>
12月13日発売■Blu-ray:「トランスフォーマー/最後の騎士王
Amazon限定 スチール・ブック仕様 3D」

12月13日発売■Blu-ray:「トランスフォーマー/最後の騎士王」
12月13日発売■Blu-ray:「トランスフォーマー/最後の騎士王 4K ULTRA HD」
12月13日発売■Blu-ray:「トランスフォーマー/最後の騎士王 3D」
<セブンネット>
12月13日発売■Blu-ray:「トランスフォーマー/最後の騎士王 セブンネット特集ページ」
12月13日発売■Blu-ray:「トランスフォーマー/最後の騎士王
セブンネット限定「TLK-EX オプティマスプライム クリアver.」セット」


Blu-ray「トランスフォーマー/最後の騎士王」の予約が開始。
セブンネットでは限定特典付きを用意しているようだ。
今年の夏は「トランスフォーマー」「スパイダーマン」「ワンダーウーマン」と
大人オタク向けの良作が集中していたために先陣を切って公開された
本作がやや埋没してしまった感はあるが、私は充分楽しめた。
「トランスフォーマー」シリーズはハリウッドの技術的進化を背負った
マイケル・ベイの執念を確認することが出来れば良いのであって、
最終的に地球の平和が守られてめでたしめでたしならば後はどうでも良い。
本作の感想で「脚本が酷い」などと書かれているのを見るにつけ、
「え?『トランスフォーマー』で脚本が優れていたことがあったっけ?」と
割と本気で思ってしまったりもする私だ。
4K視聴が映えるタイプの作品なので、環境の整っている方ならば持っておきたい。


10月25日発売■ETC:「Fire TV 4K・HDR 対応 音声認識リモコン付属」

4Kと言えば、4K Ultra HDに対応した
最新の「Fire TV Stick」が今月25日より発売決定。
メモリが2GB(現行モデルは1GB)に増え、
オーディオがDolby Atmosbに対応するなど各所がパワーアップしているが
価格が4,000円ほど高くなるので4Kが整っている方でなければ
乗り換える必要はなさそう。というか、現行モデルの完成度が高過ぎるのだ。



▼Kindleセール情報まとめ


【10月04日終了】★Amazon Kindle【50%OFF以上】1,200冊以上対象! 新書フェア
【10月05日終了】★Amazon Kindle【50%OFF以上】 スポーツマンガフェア
【10月05日終了】★Amazon Kindle【50%OFF以上】ファンタジー・SF作品特集
【10月05日終了】★Amazon Kindle【30%OFF】新本格ミステリ30周年記念フェア
【10月05日終了】★Amazon Kindle【期間限定無料&99円】この女、どうかしてるぜ!
【10月12日終了】★Amazon Kindle【50%OFF】大人の学びなおし特集
【11月30日終了】★Amazon Kindle ニコカド祭り2017




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

sinobiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。