忍之閻魔帳

ゲームと映画が好きなジジィの雑記帳(不定期)


テーマ:



▼ニンテンドープリペイド番号が一律5%OFFセール


【9月4日終了】★Amazon【額面価格から5%OFF】ニンテンドープリペイド番号セール
5%OFF■3DS/WiU/NSw:「ニンテンドープリペイド番号 9000円」
5%OFF■3DS/WiU/NSw:「ニンテンドープリペイド番号 5000円」

バーチャルコンソールやDL版を買う時に便利な
プリペイド番号が一律5%OFFで販売中。VCの大人買いには最適。



▼Kindleセール、さらに拡大中


【31日終了】★Amazon Kindle【50%ポイント還元】全点対象!小学館キャンペーン
【31日終了】★Amazon Kindle【最大65%OFF】秋のガンダムコミックフェア
【31日終了】★Amazon Kindle【50%OFF以上】 4コママンガフェア
【31日終了】★Amazon Kindle【1巻&合本30%OFF】司馬遼太郎作品フェア
【31日終了】★Amazon Kindle【全タイトル50%OFF】夏☆電書 ラノベ文庫フェア


55%OFF■Kindle:「べーしっ君 完全版」

夏休み終盤に向けてか、Kindleストアでのセールが本日よりさらに増加。
目玉は5,000冊を超える小学館のセールだが、
読み応え抜群の司馬遼太郎作品のまとめ買いや
既発の作品をまとめた「べーしっ君 完全版」の55%OFFなども見逃せない。

【31日終了】★Amazon Kindle【40%ポイント還元】西尾維新フェア
【31日終了】★Amazon Kindle【50%OFF以上】夏のプログラミング特集
【9月7日終了】★Amazon Kindle【20%OFF】夏☆電書2017 まとめ買いセール



▼新作Blu-ray/DVD予約開始情報


12月22日発売■DVD:「ゲームセンターCX DVD-BOX 14 早期特典A5ノート付き」
12月22日発売■DVD:「ゲームセンターCX DVD-BOX 14」

有野に続いて濱口までゲーム関連の仕事が増えてきて、
もうよゐこ自体がゲーマー芸人のようになってきたところで第14弾。
それにしても息の長いシリーズになった。




11月03日発売■Blu-ray:「ハクソー・リッジ スペシャルエディション」
11月03日発売■Blu-ray:「ハクソー・リッジ SP Amazon限定プレス付き」

2017年上半期の映画では、「人にとって信仰とは何か」
「信じるものを信じ抜くことの難しさ」を問うた傑作が3本登場した。
1本目が「沈黙 -サイレンス-」、2本目は韓国映画の「哭声 コクソン」、
そして3本目は、戦争を通して信仰の尊さを描いた
メル・ギブソン監督の「ハクソー・リッジ」。
俳優と監督の二足わらじで活躍しているメル・ギブソンが
監督としては2004年公開の「パッション」以来の大成功を収めた戦争ドラマ。
実在する衛生兵のデズモンド・ドスが、武器を持つことを拒否しながら
75人の兵士の命を救ったエピソードを映画化したもの。
戦場は熾烈を極めた沖縄戦。
主演は「沈黙 -サイレンス-」のアンドリュー・ガーフィールド。
共演はサム・ワーシントン、テリーサ・パーマー、ヒューゴ・ウィーヴィング。

戦争映画の多くは製作国の視点から作られていることが多く
その結末も「相手が悪い」に着地することが多い。
本作に登場する日本人(日本兵)もまた、ほとんど言葉を話さず、
命すら惜しまずに無言で突撃してくる狂人のような描き方をされていて、
その部分に不快感を持ってしまうと本筋を見失うことにもなりかねないが、
「戦場における信仰とは」「殺すのではなく生かす」ことに
重点が置かれていて、「沈黙」とはまた違った仕上がりになっている。
さっきまで生きていた人が一瞬で物言わぬ物体と化すことの恐ろしさは
「プラトーン」の比ではないほどに容赦がない。
それでいてドラマ部分ではイーストウッド(「硫黄島からの手紙」)のような
冷静さも持ち合わせていて、メル・ギブソンの監督としての凄みを
この1本で見せつけられる思いだった。

「沈黙」と本作の2本で同じクリスチャンを演じながら
全く異なる人格を演じ分けたアンドリュー・ガーフィールドは
オスカーの主演を穫っても良かったような気がする。

Blu-ray「ハクソー・リッジ」は11月3日発売。




12月03日発売■Blu-ray:「美しい星 豪華版」

三島由紀夫作品の中でも異色と言われたSF小説「美しい星」を
「桐島、部活やめるってよ」「紙の月」など、
新作を発表するごとに大きな話題を集めている吉田大八監督が映画化。
時代設定を現代へと翻案し、平凡な家族が地球の危機を救うべく奮闘する姿を描く。
主演はリリー・フランキー。
共演は亀梨和也、橋本愛、中嶋朋子、佐々木蔵之介。

「パーマネント野ばら」「桐島」「紙の月」など、
原作に絶妙なアレンジを加えて映画化することにかけては
邦画界No.1の吉田監督が、よりにもよって三島を手掛けるとは
冨永昌敬監督が「パンドラの匣」(2009年)を撮って以来の大事件。
(「パンドラの匣」については後述する)


発売中■Blu-ray:「団地」

演出は吉田監督の第1作目にあたり、当BLOGでも何度も取り上げて来た
「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ 」に近く、
突拍子もないストーリーに普遍的な家族の物語を織り交ぜた作りは
「桐島、部活やめるってよ」や「紙の月」といった
人間ドラマを期待して観ると返り討ちに遭うことは必至。
どこにでもある日常の風景にSFがなだれ込んで来るあたりは
阪本順治監督の「団地」にも通じる。
「団地」も藤山直美と岸辺一徳というどこから見ても平凡な夫婦を
主人公にして作られたSFで、終盤の展開には口あんぐりだった。

本作はリリー・フランキーも亀梨和也も橋本愛も中嶋朋子も、
皆マニアックな作品を経験済みなだけあって「団地」ほどの驚きは無いが、
吉田監督の脳内で展開する絵コンテをほぼそのまま映像化したように
役者とストーリーが乖離していない。
リリーはもともと変なお父さんに見えるし、
寡黙な橋下愛は生まれつきそういう子に見える。
吉田監督の爆発する原作愛を1mmも損なうことなく運ばれた物語は
長い長い奇妙なトンネルを抜けるとまさかの大感動エンディングへ。
これはやられた。
やはり吉田監督はただものではない。


発売中■CD:「美しい星 オリジナル・サウンドトラック」

もうひとつ特筆すべきは音楽の渡邊琢磨。
聞き覚えがなかったので思わず調べたほど。
Twitterのフォロワーもまだ驚くほど少ない。
今後映画やドラマからのオファーが増えるのではないか。




発売中■DVD:「パンドラの匣」

監督・脚本・編集は「パビリオン山椒魚」の冨永昌敬。
太宰のサニーサイドとして知られる「パンドラの匣」は
日本が太平洋戦争に負けた1945年に突然喀血し、
結核療養所での生活を余儀なくされた主人公と
同じ病気で療養中の友人や看護婦との生活を描いた青春映画である。

「死」という存在がすぐ隣に見えている結核療養所での生活が
不思議なほど暗くならず、好意を素直に表せないひばり(染谷将太)や
いつも元気なマア坊(仲里依紗)の甘酸っぱい若さが映画全体を覆っている。
太宰の原作を活かした台詞回しと菊地成孔の音楽との相性も最高。
キーキャラクターである竹さんに川上未映子をキャスティングしたのは
意外だったが、これが奇跡的にハマっている。
ひばりの兄貴分であるつくしを演じた窪塚洋介も久々に良い仕事ぶり。
太宰治に興味がない方でも、ちょっと古めかしい青春映画として観て欲しい。



▼NSw「Proコン」8月29日入荷分を予約受付中


08月29日入荷■NSw:「Nintendo Switch Proコントローラー」
08月29日入荷■NSw:「Proコン + microSDXCカード(128GB) セット」




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

sinobiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。