「PSP-3000」2008年10月に日米欧で新発売 | 忍之閻魔帳
新型コロナウイルスに関する情報について

忍之閻魔帳

ゲームと映画が好きなジジィの雑記帳(不定期)

▼さらなる高画質化を実現、「PSP-3000」2008年10月に日米欧で新発売


■PSP:「PSP本体 ピアノ・ブラック(PSP-3000PB)」


■PSP:「PSP本体 ミスティック・ シルバー(PSP-3000MS)」


■PSP:「PSP本体 パール・ホワイト(PSP-3000PW)」

今回発売する「PSP-3000」は、軽量・薄型化した「PSP-2000」の本体重量、
サイズ、基本機能を踏襲しながら、圧倒的な映像クオリティを追求した液晶ディスプレイ、
PSPの利用シーンをさらに拡げる内蔵マイクを標準搭載し、
多様化するPSPユーザーの皆様のニーズに対応しました。

反射低減技術の採用により、明るい場所でも画面が見やすくなり、
屋外での使い勝手が一段と向上しました。
また、標準搭載の内蔵マイクをご利用いただくことで、
対応ゲームソフトウェア※1はもちろんのこと、Skypeなどの
コミュニケーションツールを簡単にお楽しみいただくことが可能です。

また、PSPの高品位映像をテレビに映し出すためのビデオ出力機能を拡張し、
ゲームのインターレース出力にも対応しました。
プログレッシブ映像入力に対応していないテレビでも、専用ケーブルを用いて
PSPのゲーム画面をアナログ出力できるようにするなど、利便性をさらに高めました。

本体デザインは、定番カラーの「ピアノ・ブラック」に、
「パール・ホワイト」、「ミスティック・シルバー」を加えた
基本3色のカラーバリエーションにて展開してまいります。

*文字化けなどを防ぐため一部改変。


6月頃であったか、某メーカーの某氏より
「新型に合わせて新作を用意している」
「同発出来るかは微妙」
「本体の発売は秋頃」あたりの情報は聞いていたので、
夏休みが終了した頃か東京ゲームショウで発表かと思っていたのだが
GC2008 (Leipzig Games Convention)にて発表。

まずはPS陣営の好調な欧州にて10月に発売。

気になる日本での発売時期だが、PSP陣営にとって年内最大の話題作とされている
スクウェア・エニックスの「ディシディア ファイナルファンタジー」が
12月発売予定で、同梱版も予定しているので、
相乗効果を狙うならば日本では12月発売あたりが妥当か。


*9月2日、10月16日と正式発表。

見た目や機能面に関しては、正直まだ良く分からないが
周辺機器の互換性がどの程度保たれているのかは気になる。

今回の新型にかける期待やご意見など募集中。
コメント欄は承認制となっているため、
書き込みが反映されるまでに一定の時間がかかること、
内容によっては一部承認されない可能性もあることを予めお断りしておく。
(同一IPからの連投やネタバレ、誹謗中傷、本記事とは関係のない内容など)

*9月3日21時30分までの未承認コメント:3件/87件中

 表現が一部過激なもの・2件
 健全な運営維持のため、出入りをご遠慮したい方からのご意見・1件

PSP
■PSP:「PSP-2000 バリューパック メタリック・ブルー」
■PSP:「PSP-2000 ワンセグパック メタリック・ブルー」
■PSP:「PSP-2000 黒金(バリュー)」

現在、一律で8%引き。