忍之閻魔帳

ゲームと映画が好きなジジィの雑記帳(不定期)


テーマ:
▼七瀬葵氏がアメブロで「SEVENTH GARDEN」開始

読者登録していただいて初めて知った。
人気イラストレーターの七瀬葵氏がアメブロにおいでになられたので紹介。
「かみけもチャンネル」がお気に入りに入っていたのを発見し、
勝手にシンパシー。今後はかなりの人気ブログになるのでは。

▼任天堂一色のクリスマス商戦


■Wii:「Wii (Wiiリモコンジャケット同梱)」
■Wii:「Wii Fit/Wiiフィット」
■Wii:「スーパーマリオギャラクシー」

いよいよ本番を迎えたクリスマス商戦。
週間販売本数が10万本を超えたタイトルが8本もランクインする
ハイレベルな市場を圧倒したのは、やはり任天堂陣営。
DS Liteが約32万台、Wiiが約26万台と、盤石なDSにWiiの急伸が加わり、
据え置き機・携帯用機の両面で圧勝した。

ソフト面でもWiiタイトルの伸びが顕著で
「Wii Fit」が約21万本(累計約74万本)
「マリオギャラクシー」が約10万本(約68万本)
「Wii Sports」が約10万本(約237万本)
「はじめてのWii」が約10万本(約192万本)
「マリオ&ソニック AT 北京オリンピック」が約10万本(約30万本)と、
10万本以上を販売した8タイトルのうち、5本がWiiタイトルであった。
他にも「マリオパーティ8」が約6万本(約100万本)を販売し
Wiiに新たなミリオンタイトルが誕生した。

「マリオ&ソニック」は正直意外。
出来は良いが売れないタイトルの筆頭だと思っていたのだが・・・
「ヨッシーの万有引力」すら30万本近く販売してしまう
年末商戦のパワーを見誤っていた。反省。


■DS:「マリオパーティDS」
■DS:「高速カードバトル カードヒーロー」
■DS:「ドラベース ドラマチック・スタジアム」

ヒット作が連発しているDSでは、「マリオパーティDS」がここに来て爆発、
クリスマス特需を受けて約30万本を販売し、
発売から2ヶ月弱であっさりミリオンを突破した。
同じくミリオンを突破したWii「マリオパーティ8」と並び、
年末年始に強い「マリオパーティ」シリーズらしさを存分に発揮している。

今年末最大のチャンスロスタイトルとなっているのが、
追加出荷分も瞬間的に市場から姿を消し、
現在も品薄が続いている「ドラベース」。
初週販売本数は何と約9.5万本と、通常週ならば
トップを獲得しても不思議ではない数字だが、
手に入れられなかったというサンタは多いのではないか。

【紹介記事】DS「高速カードバトル カードヒーロー」PART1:7年越しの想い
【紹介記事】DS「高速カードバトル カードヒーロー」PART2:バトル再開
【紹介記事】DS「高速カードバトル カードヒーロー」PART3:応援団募集
【紹介記事】DS「高速カードバトル カードヒーロー」PART4:応援団員名簿


当BLOGイチ押しの「高速カードバトル カードヒーロー」は約5万本、
控え目な目標を初週で達成したのは大健闘と言って良かろう。
購入者の反応もすこぶる良好で、Amazonのカスタマーレビューも
絶賛の声で埋め尽くされているようだ。
クオリティからすればこの程度で止まるようなソフトではないので
まだまだ伸びて欲しい。

その他では、やはりクリスマスということで低年齢向けソフトが活躍している。
一時は値崩れを起こしていた
「ポケモン不思議のダンジョン 時の探検隊/闇の探検隊」が
約8万本(累計約122万本)でV字回復を見せたのを筆頭に、
「流星のロックマン2」が約5万本(約20万本)
「マリオカートDS」が約5万本(約266万本)
「パワプロクンポケット」が約5万本(約13万本)
「太鼓の達人DS」が約3.5万本(約26万本)
「ニュー・スーパーマリオブラザーズ」が約3.5万本(約496万本)
「古代王者 恐竜キング」が約3.5万本(約13万本)
「たまごっちのプチプリおみせっち みなサンきゅ~!」が約3万本(約20万本)
「きらりん☆レボリューション」が約2.5万本(約4.5万本)
「ワンタメ ミュージックチャンネル」が約2.5万本(約9万本)
「おいでよ どうぶつの森」が約2.3万本(約450万本)
「ポケットモンスター ダイヤモンド/パール」が約2.2万本(約537万本)など。

ドラゴンクエストIV DS
■DS:「ドラゴンクエストIV 導かれし者たち」
■DS:「ファイナルファンタジーIV」

年末年始の休みを利用してRPGでも、というユーザーの受け皿となっているのが
スクウェア・エニックスのDS2タイトル。
「ファイナルファンタジーIV」が約30万本、
「ドラゴンクエストIV」も約10万本(累計約96万本)を販売し、
「ドラクエ」は年明けのミリオン突破が確定。
リメイク2作で130万本という驚異的な売り上げを叩きだしている。
同じく大人向けとして健闘しているのが「レイトン教授と悪魔の箱」。
約7万本を販売し、累計は早くも約55万本に達している。

▼新型投入で前年超えのPSP


■PSP:「PSP Deep Red/ディープレッド ワンセグパック」
■PSP:「PSP Deep Red/ディープレッド バリューパック」
■PSP:「英雄伝説 空の軌跡 完全版」
■PSP:「PATAPON パタポン」

活況とはいえ、ゲーム市場全体が前年比で2割ほど落ち込んでいる中、
唯一前年超えのハードとしてひとり気を吐いているのがPSP。
限定の「ディープレッド」効果もあって2種連続で10万台を突破、
約16万台を販売し、昨年比130%とハード面は好調。
これだけハードを売りながら、上位に顔を見せたソフトが
未だに「モンスターハンターポータブル2nd」1本のみというのは寂しい限り。
「ハードは売れるがソフトは売れない」という弱点さえ改善されれば
来年はさらなる飛躍が望めるのではないか。

ちなみに、PSPの新作では「PATAPON」「はじめの一歩」が約1.5万本、
「MAPLUSポータブルナビ2」が約8000本、
「空の軌跡 マテリアルコレクション」が約3500本、
「空の軌跡 完全版」は、初回出荷分約3000本をほぼ完売したようだ。

26日21時現在、Amazonに「ディープレッド」が再入荷中。
限定生産品につき、まだの方はお早めに。

▼PSPのプラス分を相殺するPS3


■PS3:「PS3 40GB 白40GB 黒20GB60GB」
■PS3:「グランツーリスモ 5 プロローグ」
■PS3:「タイムクライシス4+ガンコン3」「ガンコン3 単品」

PSPのプラス分を相殺し、SCE陣営全体の数字を
マイナスにまで持って行ってしまっているのがPS3。
新型投入やブルーレイ市場の好調など、プラス要因はいくつもあったのだが
クリスマス本番も販売台数は約5万台に止まった。
頼みの綱であった「グランツーリスモ5プロローグ」も
発売2週目にして早くも失速し、約3万本(累計約13万本)と
キラータイトルと呼ぶには寂し過ぎる数字。
「タイムクライシス4」は約2万本とそこそこ健闘したが
本体を牽引するには至らず、PSPよりも問題は根深い。

とりあえず、ガツガツしたCM作りを根本から見直してはどうか。
「PATAPON」CMしかり、「ドデカワンセグ」CMしかり、
「フリーズパパ」CMしかり、
最近のSCEのCMは「売りたい層」への媚びがあからさま過ぎて引くのだ。
もっと遊び心に富んでいた頃のCM作りを思い出して欲しい。

▼今年最後の品薄ソフト?PS3・Xbox360「COD4」


■PS3:「コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア」
■Xbox360:「コール オブ デューティー4 モダン・ウォーフェア」

雑誌での評価が高かったこともあってか
PS3と360の2機種で同時発売になる
「COD4」への市場の評価が高まっている。
発売が年内最終週ということもあり、
追加手配が困難なこと等から市場価格も急騰中。
「真・三國無双5」や「ウイニングイレブン2008」と異なり
360版の比率がかなり高くなると思われるので
360ユーザーの方はさらに注意しておいた方が良さそうだ。

▼「ファミレータLite」2008年1月2日発売(ITmedia)


■DS:「CYBER・ファミレータLite(DS Lite専用)」

「CYBER・ファミレータLite」は、テレビへのビデオ接続機能を
標準装備しているので、DS Liteでのプレイはもちろんのこと、
付属の専用AV接続ケーブルを用いて、テレビにビデオ接続すれば
家庭用ゲーム機として楽しむこともできる。

当然、DS Lite対応なので単三電池4本を使用することで外部への持ち出しも可能。
標準のACアダプターにも対応しているので、
部屋の中ではそちらを利用して遊ぶこともできる。
なお、電池での稼働時間は約4.5時間(アルカリ電池使用時)とのこと。


以前も紹介した「ファミレータLite」の正式発売日が発表。
今週中には店頭に並ぶはずなので、Amazonで買い逃した
奇天烈パーツコレクターはショップ店頭を探してみるべし。

【SALE開催中】最大70%OFF!DVD在庫一掃 年末大バーゲン
【SALE開催中】売り切れ御免!在庫一掃年末大バーゲン(音楽CD)
【SALE開催中】輸入盤 大特価市!(音楽CD)
【SALE開催中】おもちゃ&ホビー 秋のほっとセール
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

sinobiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。