今週発売の主な新作 | 忍之閻魔帳

忍之閻魔帳

ゲームと映画が好きなジジィの雑記帳(不定期)


テーマ:
▼今週発売のゲーム


■DS:「高速カードバトル カードヒーロー」

【紹介記事】DS「高速カードバトル カードヒーロー」PART1:7年越しの想い
【紹介記事】DS「高速カードバトル カードヒーロー」PART2:バトル再開
【紹介記事】DS「高速カードバトル カードヒーロー」PART3:応援団募集

今週のゲームは当然DS「高速カードバトル カードヒーロー」から。
カードゲーム未経験者でも入っていける間口の広さと
一度入り込むと抜け出せなくなる奥の深さを両立した
大傑作の血を受け継ぐ7年振りの続編ということで、
GB版でハマった方なら「買わない」「様子見」という選択肢は
無いのではないかと思われる。私もWi-Fiに参戦する予定。


■DS:「ドラベース ドラマチック・スタジアム ドラベース“クロえもん”ストラップ付き」

その「カードヒーロー」を脅かしているのが「ドラベース」。
雑誌の評価など微塵も気にしない低年齢層からの支持が厚く
予約の勢いは全く衰えていない。
Ristretto殿によると、既に流通在庫は切れ、次回入荷分は12月下旬とのこと。
初回特典である「クロエもんストラップ」の装着率は50%。
Amazonでも既に在庫切れとなっているので
クリスマスプレゼントとしてリクエストを受けているサンタクロースは
発売日にショップに急ぐべし。


■DS:「ファイナルファンタジーIV」

DS「ドラゴンクエストIV」の累計出荷が100万本を突破する中、
今週は「ファイナルファンタジーIV」が登場。
初回出荷本数はDS「ドラクエIV」より若干少なめとのことだが
リメイク回数が多いとはいえ、年末のDSの勢いを考えると足らなくなる可能性も。


■PS3:「タイムクライシス4+ガンコン3」
■PS3:「ガンコン3」

PS3は1本。
「隠れる」という要素を搭載した「タイムクライシス」シリーズ最新作が
アナログスティック2個を実装した新型デバイス「ガンコン3」と共に登場。
アーケード版で好評だったシステムはそのままに、グラフィックは
HDグラフィックに、サウンドは5.1chサラウンドへと変更されている。

シリーズの過去を辿ってみると、

PS1:「タイムクライシス」約52万本
PS2:「タイムクライシス2」約23万本
PS2:「タイムクライシス3」約7万本

「ガンコン1」は約122万個、
「ガンコン2」は約71万個が出荷されている。

根強いファンの多いシリーズであるという点や
PS3ユーザーに合致したタイトルであるという点を考慮し
バンダイナムコの目標は初回7万本。
「ガンコン3」の単品は1万個程度しか出荷されないようなので
2P同時プレイを予定している方は、まず「ガンコン3」を押さえるべし。


■PS2:「ひぐらしのなく頃に祭 カケラ遊び 通常版」
■PS2:「ひぐらしのなく頃に祭 カケラ遊び アペンド版」
■PS2:「Myself;Yourself 初回限定版」
■PS2:「Myself;Yourself 通常版」

【紹介記事】PS2「ひぐらしのなく頃に祭 カケラ遊び」は通常版メインで販売

「ひぐらし」は一度取り上げているので、詳しくはそちらで。

ここ2週間ほどで予約が急上昇しているのが
現在アニメも放送中の「Myself;Yourself」。
「プレミアムサウンドトラックCD」と「成瀬ちさと画絵本」が同梱される
初回版は既に在庫切れとなっており、品薄傾向に入っている。


■PS2:「NARUTO 疾風伝 ナルティメットアクセル2」

シリーズ最多の62キャラが登場する
「ナルティメットアクセル2」も今週発売。
購入後即全キャラクターが開放される
「全六十二忍即開放ディスク」の装着率は50%。
前作実績は約16万本。
本作の目標は初回15万本、累計20万本以上。


■PSP:「MAPLUSポータブルナビ2」
■PSP:「カースタンドセットポータブル」
■PSP:「GPSレシーバー」

PSPは、前作が10万本以上を販売するロングセラーとなっていた
「MAPLUSポータブルナビ」の第2弾から。
前作購入者から指摘された不満点をひとつひとつ潰していき
痒い所に手が届くナビへと進化しているのが大きなウリ。
ホリから同時発売される「カースタンドセット」は
専用スタンドにシガーライター経由の充電器と
トランスミッターセットになった優れモノ。
ワンセグチューナーも揃えれば、PSPを使ったカーライフが満喫出来る。
(ただしワンセグチューナーはPSP-2000専用)


■PSP:「英雄伝説 空の軌跡 完全版」

今週発売のゲームで予約数No.2なのがこちら。
ファルコム製のRPGを2本パックし、
同時発売の「マテリアルコレクション」も同梱した限定生産商品。
前2作を未経験の方ならばコストパフォーマンス的にもお勧め。


■PSP:「PATAPON パタポン」

ゲームのトリは「PATAPON」。
「勇者のくせになまいきだ。」に続き、PS1時代のSCEを思わせる
新機軸のコマンドカーニバルシミュレーション。

キャラクターデザインは、フランスのデザインチーム
「Semper Fi(センパーファイ)」にて活躍中の
マルチクリエイター、Rolito氏。
サウンドクリエイターは「LocoRoco」のKEMMEI氏。
ゲームデザインは「XI[sai]」「ブラボーミュージック」の小谷浩之氏。
スタッフの顔ぶれを見ても分かる通り
PSPの弱点とも言える「大人の女性ユーザー」をメインターゲットにした
簡単操作のリアルタイムシミュレーションゲームとなっている。

ジジィゲーマー向けに説明すると
「レミングス」+「リズム天国」+「LocoRoco」といった感じか。
「□□□○」ならば進め、「○○□○」ならば攻撃といった風に
音楽に合わせてボタンを押すことで、
弓を持った「ゆみポン」、馬に乗った「騎馬ポン」など
全部で6種類存在するパタポン達に命令を出すことが出来る。
私がいくつかプレイしたステージは、強制スクロールで右に進んでいき
ラストにボスが待っているというパターンであったが、
味方を救い出すことが目的のステージなども存在する。
ミッション数は全30以上。
ステージクリア後の報酬で武器や防具を整え
パタポンをカスタマイズする要素や
本編とは別にリズムゲームを5本収録するなど
新規タイトルにしてはなかなか盛り沢山な内容となっている。

惜しむらくは、序盤のステージが単調過ぎることと
コンボを決めた時の爽快感が今一歩なこと。
リズムアクションがベースになっているのならば、
「ボタンを押す」という行為そのものが快感であって欲しい。
マスターアップの期限を最優先したことで
体験版の配信なども間に合わなかったようだが
その辺のゴタゴタ加減がゲーム本編に悪影響を与えていないことを祈る。
個人的には「LocoRoco」も楽しめたので購入予定。

▼今週発売のDVD


■DVD:「主人公は僕だった コレクターズ・エディション」
■BD:「主人公は僕だった」

己の人生が、誰かの書いた小説の筋書き通りに進んでいるのではと
勘繰り始めた主人公が、自分の人生を取り戻すために奮闘するコメディ。
主演は「プロデューサーズ」「奥さまは魔女」のウィル・フェレル。
監督は「チョコレート」「ネバーランド」のマーク・フォスター。
ファンタジーや恋愛映画を通して深いテーマを描くフォスターらしく
コメディの形を取りながらも非常に哲学的な作品に仕上がっている。
BD版も同時発売。


■DVD:「消えた天使 デラックス版」
■DVD:「ドッグ・バイト・ドッグ」
■DVD:「ブラッド」

サスペンスやホラーをまとめて3本ほど。

「消えた天使」は、「インファナル・アフェア」3部作を手掛けた
アンドリュー・ラウ監督のハリウッド進出第1弾。
性犯罪の発生件数が多いアメリカ社会を舞台にしたサスペンス。
性犯罪登録者の監視を続けて来た退職間際の公共安全局員に
「シカゴ」「 Shall we Dance?」のリチャード・ギア。
ギアに同行する若手局員にクレア・デインズ。
アメリカを舞台にし、ハリウッドを代表する俳優のひとりである
リチャード・ギアを起用していながら、
映画はまさに「アンドリュー・ラウ作品」そのもの。
畳み掛ける後半の展開も含めて、第1弾としては上々では。

「ドッグ・バイト・ドッグ」は、「インファナル・アフェア 無間序曲」で
若き日のラウ(アンディ・ラウ)を演じたエディソン・チャン主演の
クライムアクション。監督は「カルマ2」のソイ・チェン。
監督、出演者、スタッフと若手揃いのためか
全体的に荒削りながら勢いがあり、いわゆる巨匠の手掛ける作品とは
また違った熱さ・楽しさがある。
ショッキングな映像も多いので、その辺はお覚悟を。

「ブラッド」は、「チャーリーズ・エンジェル」
「キル・ビル」のルーシー・リュー主演のバンパイア物。
パッケージはおどろおどろしいが、それほど過激な内容ではなく、
バンパイアにされてしまった主人公(ルーシー)と
娘の復讐を誓った人間の刑事がバンパイア退治に乗り出す物語。
そこはかとなく漂うB級っぽさも含めて、個人的にはやや好み。


■BD:「シザーハンズ」
■BD:「ベスト・オブ「世界遺産」10周年スペシャル」

リリース数も増えて来たブルーレイでは「シザーハンズ」のBD化と
「世界遺産 10周年スペシャル」がお勧め。

「シザーハンズ」は、ティム・バートン×ジョニー・デップの
最新作「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」も
公開間近に迫る中、黄金コンビのルーツを辿る意味で
是非持っておきたい1本。「スリーピー・ホロウ」も早くBD化して欲しい。

「ベスト オブ 世界遺産」は、BDの高画質を堪能したいという方や
シリーズ全作を揃えるのは大変という方に最適な1本。

「スパイダーマン3」の単独版も発売されるが、
3部作BOXのリリースやPS3購入者に向けた20万枚もの無料配布の後に
まだ需要があるのかは疑問。


■DVD:「未知との遭遇 製作30周年 アルティメット・エディション」
■BD:「未知との遭遇 製作30周年 アルティメット・エディション」
■DVD:「レイ・ハリーハウゼン コンプリート・コレクション」

「未知との遭遇」は、先週の「ブレードランナー」に続き
SFファンにとっては思い入れの強い作品。
「ブレードランナー」との最大の違いは、BD版も同時発売になるという点。
BD版のみの特典映像も多く、BD再生機を所有している
SF映画ファンならば是非持っておきたい1本だ。

「レイ・ハリーハウゼン」は、名前を聞いて
ピンと来る方ならおそらく既に予約済みであろう
レイ・ハリーハウゼンの作品を集めたBOX。
SFXという言葉すら存在しなかった1940~1960年代に
数々のヒット作を手掛け、ティム・バートン、ピーター・ジャクソン、
ジョージ・ルーカスといった巨匠達に多大なる影響を与えた
「特撮の父」が、レイ・ハリーハウゼンである。
全19枚組。8000セット限定生産。


■DVD:「トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディション」
■DVD:「トランスフォーマー オプティマスプライムBOX」
■HD-DVD:「トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディション」

ゲームも含めた今週発売の新作で予約数No.1なのがこちら。
映像のクオリティが面白さに直結する作品だけに
BD版が発売されないことが残念でならないが、
「オプティマスプライムBOX」を予約出来たのは嬉しかった。

【紹介記事】マイケル・ベイの執念が詰まった映画「トランスフォーマー」
【紹介記事】映画「トランスフォーマー」のDVDが12月19日に発売


■DVD:「サイドカーに犬」
■DVD:「天然コケッコー 特別版」

邦画はじんわり系を2本ほど。

「サイドカーに犬」は、「雪に願うこと」で東京国際映画祭の
最優秀監督賞を受賞した根岸吉太郎監督の最新作。
家出した母親の代わりに面倒をみに来た父親の不倫相手と、
小学4年生の少女との「ひと夏」を描いた作品。
ベタベタしない、気っ風の良い主人公・ヨーコさんを
竹内結子が非常に上手く演じている。

「天然コケッコー」は、くらもちふさこの原作を
「リンダ リンダ リンダ 」「松ヶ根乱射事件」の山下敦弘が映画化した青春映画。
美しい自然と飾り気のない少年少女達という素材が揃った時点で、
下手な物が出来上がるはずもなく、オーソドックスながら余韻の残る
良作に仕上がっている。
「ぼくのなつやすみ」などに惹かれる方なら一度レンタルしてみては。


■DVD:「ライフ DVD BOX」

「幸福な食卓」で映画初主演を果たした北乃きい主演の連続ドラマ。
陰湿な手段で北乃をいじめ倒す福田沙紀が恐ろしいほどのハマり役。
福田はつい先日、三池崇による実写映画化が決定している「ヤッターマン」でも
「ヤッターマン2号」の座を射止めたばかり
で、
北乃と共に来年はさらに活躍しそうだ。


■DVD:「アズールとアスマール」
■BD:「アズールとアスマール」

今週はアニメも話題作が多い。
まずは「アズールとアスマール」から。
当BLOGでも何度か取り上げた「キリクと魔女」でも監督を務めた
フランスアニメ界の奇才、ミシェル・オスロの最新作。
「キリクと魔女」同様、日本産のアニメでは
まずお目にかかれない色彩感覚にまず心を奪われ、
観終わった後はその深い物語性に唸ってしまう。
大人のアニメファンならば、あまり予備知識を入れずにまず観て欲しい。
私はBD版を購入予定。


■DVD:「機動戦士ガンダム 劇場版メモリアルボックス」
■DVD:「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか HDリマスター 限定版」
■DVD:「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか HDリマスター」

「機動戦士ガンダム 劇場版メモリアルボックス」は、
今週発売の新作で予約数No.2。
初回出荷分にのみ、DVDサイズのパンフ3冊セットや
ポスターアーカイブスが同梱される。
同日発売の「マクロス」も「ガンダム」ほどではないが人気が高く
予約は限定版に集中している。


■DVD:「ピアノの森 プレミアム・エディション」
■DVD:「ピアノの森 スタンダード・エディション」
■DVD:「電脳コイル 第4巻 通常版」
■DVD:「電脳コイル 第4巻 限定版」

「ピアノの森」は、「花田少年史」が実写映画化されたばかりの
一色まことの原作を「時をかける少女」のマッドハウス製作で映画化したもの。
一ノ瀬役を上戸彩が、雨宮役を神木隆之介が演じているのだが
二人とも好演しており、原作を所有している私でもさほど違和感は感じなかった。
ちなみに、昨日より公開中の「Little DJ」でも
神木隆之介と福田麻由子(丸山役)が共演している。

先日放送が終了した「電脳コイル」の4巻も発売。


■DVD:「細野晴臣イエローマジックショー」

これは完全に個人的な趣味。


■DVD:「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!
ダウンタウン結成25年記念DVD 永久保存版
浜田・山崎・遠藤 絶対に笑ってはいけない警察24時!!」

■DVD:「やりすぎ超時間DVD 笑いっぱなし生伝説2007」

緊急発売のため「トランスフォーマー」「ガンダム」に
届かなかったものの、猛烈な勢いで追い上げているのが
ダウンタウンの「絶対に笑ってはいけない警察24時」。
今年の大晦日には「絶対に笑ってはいけない病院」が放送予定。
今回はチーム分けはせず、番組史上初となるメンバー全員参加で
行われるとのことで、どうなるのか今から楽しみ。


■DVD:「ゲームセンターCX DVD BOX4」

ジジィゲーマー的に外せないのがこちら。
気がつけばもう第4弾まで来た。
初回特典として、DS版の初回特典として用意されていたものとは
違うバージョンの写真入り有野課長名刺が封入される。

▼今週発売のゲーム系CD


■CD:「アナタヲユルサナイ オリジナルサウンドトラック」
■CD:「THE IDOLM@STER Christmas for you!」
■CD:「BEFORE CRISIS FINAL FANTASY VII + LAST ORDER」
■CD:「バイオハザード アンブレラ クロニクルズ」
■CD:「DEVIL MAY CRY4 SPECIAL SOUND TRACK」
■CD:「テイルズ・オブ・イノセンス オリジナルサウンドトラック」
■CD:「ロストオデッセイ オリジナル・サウンドトラック」


スペードAmazon DVDは26%+1%、GAMEは20%、新作大幅値下げコーナー
ハートAmazon ゲームコーナー トップ
ダイヤAmazon ゲーム バーゲンセール
クラブAmazonモバイルはこちらから

sinobiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ