DS「FFCC RoF」初週20万本、PS3が再びPS2に抜かれる、他 | 忍之閻魔帳

忍之閻魔帳

ゲームと映画が好きなジジィの雑記帳(不定期)


テーマ:
▼DS「FFCC RoF」初週20万本


■DS:「FFCC リング・オブ・フェイト」
■DS:「逆転裁判3 ベストプライス!」

初日で10万本以上を販売し好スタートを切った
DS「FFCC RoF」は週末も順調に数字を伸ばし、
初週で約20万本を販売した。
2006年8月発売の「ファイナルファンタジーIII」比で約41%、
2007年4月発売の「FF レヴァナント・ウイング」比で約71%。
前2作より週末で伸びたため、初日の比較からは5%ほど詰めている。
発売初日に買いに来たユーザーが、
後日友人を連れ立って購入したケースも多かったとのこと。

「FFCC」に僅かに及ばなかったのがPS2「戦国無双2 猛将伝」。
不具合の発生率がよほど高かったのか、
ここ数日、「戦国無双2 猛将伝 不具合」などの検索ワードで
当BLOGへ辿り着かれる方も非常に多い。
コーエーからの公式コメントはこちら。

【関連記事】DS「FFCC RoF」初日で10万本突破、PS2「戦国無双2 猛将伝」不具合続報、他

「FFCC」「戦国無双」には届かなかったものの
大健闘したのがDS「逆転裁判3 ベストプライス!」。
廉価版でありながら初週で約6.5万本を販売し、
強豪犇めくランキングの上位に食い込んだ。

その他の新作では、
PSP「ドラグナーズアリア」が約2万本、
DS「ハヤテのごとく! ボクがロミオでロミオがボクで」が約1.5万本、
DS「ビックリマン大事典」が約1万本など。
初日から危険信号のともっていたDS「エコリス」は約1500本、
DS「酒匠DS」は3桁と惨敗。

準新作、定番タイトルでは、
Wii「マリオパーティ8」がいよいよ70万本を突破。
再出荷後も人気が衰えず、依然品薄となっている
DS「がんばる私の家計ダイアリー」が約15万本に。
DS「ドンキーコング ジャングルクライマー」は10万本、
DS「SDガンダム Gジェネレーション クロスドライブ」は
20万本をそれぞれ突破した。
値崩れの進むPS2「FFXII ゾディアックジョブシステム」も
ようやく10万本を目前にしている。

▼PS3、再びPS2に追い抜かれる


■PS3:「みんなのGOLF 5」
■PS3:「PLAYSTATION 3 ビギナーズパック 60GB」

SCEが今夏の戦略タイトルとして位置づけている
PS3「みんなのGOLF5」は30万本を前にして
週販が1万本ペースまで下がり、本体も再び1万台前半へ。
ビギナーズパックの投入も空しく、
再びPS2の売り上げに逆転されてしまった。

その他の本体も盆が明けて一段落し、
DS Liteが約11万台、Wiiが約5万台、
PSPは約2万台、PS2は約1.5万台と
どのハードも軒並み数字を落としている。

▼キャメロット新作、Wii「WE LOVE GOLF!」今冬発売

「みんなのGOLF」「マリオテニス」「黄金の太陽」などを手掛けた
キャメロットが久々にコンシューマーで新作を発表。
ジャンルは同社の十八番であるゴルフゲーム。
発売元は任天堂ではなくカプコン。

▼PSP「アナタヲユルサナイ」11月15日発売。(名前のない部屋

「弟切草」「かまいたちの夜」「街」と、
傑作サウンドノベルを多数手掛けた後チュンソフトを退社した麻野一哉氏
「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる植松伸夫氏が
タッグを組んだ新機軸アドベンチャー。
PSP「鬼嫁日記」でアドバイザー的な役割も担当していたはずなので
AQインタラクティブとはこれが2度目のタッグとなる。
かなり期待出来そうな1本。

▼DS「レイトン教授と悪魔の箱」11月29日発売


■DS:「レイトン教授と悪魔の箱」

累計出荷67万本まで到達し現在も伸び続けている
「レイトン教授と不思議な町」に続くシリーズ第2弾。
前作の2倍の大容量ロムを採用し、謎解きはもちろん、
アニメーション部分も大幅に強化されている。
メインテーマはSalyu。
出演者は、前作の大泉洋、堀北真希は続投し、
新たに大沢たかおと大後寿々花が加わる。
実写映画化も決まったとのことだが、
くれぐれも、くれぐれも堤幸彦あたりは止めていただきたい。

スペードAmazonモバイルはこちらから
ハートAmazonベストセラーランキング(ゲーム)
ダイヤ人気商品を値下げ!新作ゲームを一斉値下げ
クラブ売り切れ御免!最大70%OFF DVD在庫処分セール