肉ときどき脂

肉ときどき脂

大田区蒲田在住、銀座で働く「食い道楽」の食べ歩き放浪記。

お洒落なグルメには媚びません。「どうせ太るならいいカロリーで太りたい!」なんていう考えの、崇高な同士に捧げます。


テーマ:

創業50年を超える老舗とんかつ店の逸品!ねぎ塩で食す銘柄豚の極上とんかつと、唯一無二の攻めた夏季限定メニュー!氷が入った冷たいカツ丼!?


千代田区水道橋。東京ドームの最寄り駅というのが多くの方の印象だと思います。


駅周辺には飲食店の名店が数多存在するのですが、今回はそんな中から創業50年越えの老舗とんかつ店の、ここでしか味わえない発明料理をご紹介致します。


駅のほど近く、水道橋交差点から白山通りを春日方向に進むと東京ドームシティ・ミーツポート向かいにある「かつ吉(かつきち)」。


食に明るい方なら水道橋でトンカツといえばこのお店を連想すると思います。


入口は地下にあります。


階段を下り店内に入ると、木材を基調とした古民家のような内装。趣があります。


メニューはとんかつ専門店としてはかなり豊富なラインナップです!


一部をご紹介しますね.



国産銘柄豚ロースかつ定食

(小…2100円 上…2300円 特上…2800円)

国産銘柄豚ひれかつ定食

(小…2200円 上…2400円 特上…3000円)

海老かつ定食

(130g…1900円 160g…2100円)

天然特大海老フライ定食

(1本…2500円 2本…4000円)

天然特大海老フライ盛合せ定食

(海老フライ、ひれかつ…3000円)

国産銘柄豚てごねかつ定食

(160g…1700円)

ねぎ塩ロースかつ定食

(小…2200円 大…2400円)



その他、ビフテキやらハンバーグステーキ、生姜焼きなど、目を引くメニューがラインナップ!

どれも拘りの逸品だというのが伝わってきますが、実は気になっていたのは名物の冷たい「かつ丼」.


しかし、夏季限定ということで初訪時は「おあずけ」。


お目当ての品がなかった時のメニュー選びは苦労します。


定番のロースやひれかつにしようか?あるいは海老フライか?熟考し選択したのは「ねぎ塩ロースかつ」!


この店のロースかつを味わうことと、ねぎ塩でとんかつをいただくという新しい試みを一度に楽しめるというもくろみです!というわけで「ねぎ塩ロースかつ定食」を注文!「ねぎ塩」は別盛りでお願いしました。


ところでこちらの「かつ吉」。いささか価格設定が高めなのですが、それでもお得感を感じさせるほど魅力があるんです!


①「野沢菜」「キムチ」「千枚漬け」の3種類の漬け物が食べ放題!ご飯にどこまでもお供します!


②キャベツもおかわり自由!


③ソースに加えドレッシングも2種類!調味料が豊富!


④ご飯は白米としそご飯が選べ、こちらもおかわり自由!「しそご飯」を選択します!


⑤赤出汁の味噌汁もおかわり自由。


至れり尽くせりであります!


やや高めな値段も納得の充実感!


程なく、メインのとんかつが到着します!


先述した脇を固める副菜の数々!しそご飯に赤出汁の味噌汁を従えたキャスティング!


極上の定食ですよ!


こちらが座長のロースかつです!


なんという美しい揚げ色でしょう!低温でじっくり火を通されているようです。


そして別盛りの「ねぎ塩」!


8等分されたとんかつの半分にオンします!


最初はそのままのロースかつをいただきましょう!肉の断面のピンク色の部分が残るか残らないかの絶妙な熱の通し方!


とんかつの調味料も充実!


「わじまの海塩」「特製とんかつソース」「超辛口ソース」。


まずは塩でいただきます!


脂身がジューシーなのは勿論、お肉がしっとりと柔らかく仕上げられた、まさに職人技のとんかつ!塩でそのポテンシャルを堪能!


コクのある特製とんかつソースとの相性も抜群です!


続いてねぎ塩とともに!これが美味い!


最近、とんかつを塩で食すというトレンドが浸透していると思いますが、ねぎ塩でいただくのはまさに塩のソースという印象!


葱と塩とごま油ですから、かなり優秀な調味料ではありますが万能調味料とまでは言えないと思います。


しかしながらこのトンカツの衣の軽さ、肉の柔らかさがあってこその絶妙なバランスを生み出すのです!


しそご飯、最高です!


赤出汁の味噌汁も嬉しいですね!


とんかつはご飯のすすむおかずとして上位に君臨する料理ですが、個人的にはただご飯と一緒に放り込むのではなく、できるだけそのままの肉の旨さを味わうのがおすすめです!


そして、せっかくのしそご飯を脇を固める副菜の数々とともに満喫するのです!


最上の俺流定食!お腹一杯で幸せになりました!


「かつ吉」へお越しの際は、最高の采配であなただけのとんかつ定食を作り上げてみてください!



さて、気になっていた冷たい「カツ丼」を求め夏に再訪!


今回も地下へと続く階段を下ると入口に「冷やし中華」ならぬ「冷やしかつ丼はじえました」!


メニューにもラインナップされてました!


冷やしかつ丼(ロース…1600円 ひれ…1700円)


念願の冷たいカツ丼にありつけました!


今年も5月8日から販売が開始されたそうです。今年で17年目の夏季限定メニュー!


サックリと揚げた極上とんかつに冷たいだし汁と薬味を合わせた冷たいカツ丼!細かい氷も散りばめられ涼やかな見た目!


出汁に浮かぶカツに玉子とじではなく、とろろ、茗荷、オクラ、梅肉と一緒にいただく唯一無二の豪華な冷たいお茶漬けという感じ!


途中から添えられた山葵を出汁に溶きながら食せば爽やかにどんどん食べ進んでいきます!


2017年からロースはリブロース、ヒレはシャトーブリアンと呼ばれる極上部位を使用した「特上」も登場!


これから到来する厚い夏に、唯一無二の冷たいカツ丼で夏バテを吹き飛ばしては!?





かつ吉 水道橋店

東京都文京区本郷1‐4‐1 全水道会館B1F

03‐3812‐6268

月~金 11:30~15:30(14:30L.O.)

     17:00~22:00(21:00L.O.)

土曜日 11:30~22:30(21:30L.O.)

日曜祝日 11:30~22:00(21:00lL.O.)

無休(年末年始を除く)


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス