宮古島からメリークリスマス!
インストラクターの西村です

 

↑ 宮古島・インギャー海岸展望台にて

  20 ℃ 前後と過ごしやすい日が続いています

 

恵比寿校 X'mas 発表会が無事終了しました
ご出演者様、ならびに ご来場くださった多くのお客様
そして僕の個人レッスンやワークショップに
ご予約いただいた生徒さんに心から感謝を申し上げます

 

本当にどうもありがとうございます

 

↑ 本番当日の恵比寿は晴天日でした

 

いつも 「これが最後。」 と思いながら
驚くことに今回で 3 度目の参加となりました

 

ピアノ伴奏での共演もたくさん叶いました
演奏後は温かいお言葉を掛けてくださり
今も皆さんに支えられていることを実感しています

 

今回の発表会で感動した点は
ダイナミックな音楽のうねりを感じさせる
生徒さんの解放的な演奏に出会えたことです


その演奏や生徒さんとの交流のなかで
僕のつまらない考え事はパッと晴れ渡りました

 

=======================================
■ 恵比寿校発表会レポート !! ~ 自分らしさに自信を持とう
=======================================
  自分が思う 「自分らしさ」
  他人から思われる 「貴方らしさ」
これらが合致するべきなのか
答えを出せずに東京の地に立ちました


僕が悩んでいる時
答えを持っているのはいつも生徒さんでした


  個性を受け入れ、肯定し、
  周囲に還元してくれるもの
  それが "音楽"


ひとが今まさに成長しようとしているとき
客観的には必ずしも美しい姿ではないと思います

 

  「貴方らしくない」
  「なんか余裕ないね」
  「ちょっと無理してない?」

 

そう他人から評価されることも少なくありません


歌でもレッスンの過程で
これまで出なかった声が出るといった例がありますが
人によってはその歌が余裕のない歌に聞こえることがあります


ですが、目標を達成するための過程であると
受け止めることもできるかと思います


頑張ってでもその声を出せているという奇跡
大きなエールを贈りたい です
なぜなら僕には 魂の叫び に聞こえるからです
生徒さんの身体能力を信じて練習を継続すれば
1 年後、2 年後にはより豊かな声に成長していることでしょう


 頑張って無理しているときも人生の一部
 「自分らしくない」 のではなく、それも未来にとって必要なこと


自分が思う 「自分らしさ」
他人から思われる 「貴方らしさ」
これらを無理して近付ける必要は無いと今なら思えます
自分らしさを全力で表現しようとする生徒さんに胸を打たれました

 


さて、来年は自分の知識と技術を還元させて
より多くの方と信頼と感謝の輪を広げたいと考えています
離れ小島に引き篭もることなく
多様性社会にも身を置けるよう行動して参ります

 

また、本ブログも皆様の歌唱に役立てるよう
より充実した内容を心がけて参ります

今後もご意見・ご感想をいただけましたら幸いです

 

引き続き応援のほど何卒宜しくお願い致します!
良いお年を and Happy SMILE !!


2017/12/25
西村

 

AD