▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

12/17 (日) スマイルヴォイス恵比寿校発表会

西村寿彦が宮古島から参加決定 !!

ご出演者様によるピアノ伴奏依頼随時募集中

 

・・・・・・・・・・・・

 

西村寿彦の特別レッスン枠ご予約可能 !!

12/16 (土) or 12/18 (月) の指定時間にて実施予定

教室またはフリーダイヤルにてお問い合わせ受付中

 

・・・・・・・・・・・・

 

西村寿彦の 「初めての声楽ワークショップ」 実施決定 !!

12/18 (月) 12:00 ~ 1h ※ 複数名参加可

教室またはフリーダイヤルにてご予約受付中

 

たくさんのご参加、お待ちしております

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 

宮古島からこんにちは!
インストラクターの西村です

 

「第 40 回宮古の産業まつり」
JTA ドーム宮古島にて開催されました
11/25 (土)  ~ 11/26 (日) の 2 日間
宮古の地域資源の情熱と触れ合うことができます


このイベントで最も印象を受けたことは
人を笑顔にする資源」 についてです


特に 「宮古の宝物グランプリ」 では
マンゴー や ドラゴンフルーツ といった
宮古の地域資源を活かして、島の魅力をわかり易く
効率よくアピールする商品
が入賞していました

↑ 上からマンゴー、ドラゴンフルーツ、そして知人のお店が今年も入賞していました


前年比率 146 % と右肩上がりな観光客数が示すように
ますます注目されていく宮古の資源
その資源でより多くの人を笑顔に変えられるよう
事業者同士で知恵を出し合い、切磋琢磨する様子が伺えました


ここにも歌に役立つ情報があります
早速、レッスンしていきましょう

===========================================
■ これだけはやっておきたい !! ~ 歌わなくてもできる 5 つのひらく
===========================================
先月東京フィルを振ったロシアの巨匠
ミハイル・プレトニョフは、指揮に無駄な動きが一切なく
その一振りで空間が歪んだように見えると言います


サッカー界の神リオネル・メッシはプレーの中で
単にボールを追いかけるのではなく常に先を予測して誰も行かない場所に行き
最も効率の良い方法を取った結果、走行距離がどの選手よりも少ないと言います

 


  無駄を省き、効率を上げること


歌う前に十分に身体を開いておく ことも、効率よく声を出す方法のひとつです
歌わなくてもできる 【5 つのひらく】 を以下にご紹介します

 


■ 1. 眉間をひらく
→ 眉間に最も近い場所は鼻腔です
  鼻腔共鳴する声をより解放するための役割があります

 


■ 2. 口をひらく
→ 下記画像の表情筋下顎を使い、口を縦にひらきます
→ 口先を尖らせて、唇を花びらのように美しく開花させます
  すべての母音で 上の前歯が見えるように ひらきます

 

こちらも鼻腔共鳴する声をより解放するための役割があります

 


■ 3. 喉をひらく
あくびの状態を保ち軟口蓋をひらきます
  蓋 (ふた) がひらくことで鼻腔への通り道を作る役割があります

 


■ 4. 胸をひらく
肩甲骨を交互にひらきます
  豊かな息を循環させて、歌声を鼻腔へと運ぶ役割があります

 


■ 5. 脚をひらく
→ 電車でも倒れない 【逆ハで 45 度】 が最も安定した立ち方です
  そのまま片足をどちらか前に出して身体の縦の動きに適応します
かかとを少し上げて重心を腰に置きます
体重移動を加える ことで上記 4 つのひらくを促進する役割があります

 


【5 つのひらく】
呼吸や発声と組み合わせることでより効果を発揮します


身体を開くと必然的に笑顔のフォームになります
私たちは Smile (笑顔) Voice (声) の一員です
自分から笑顔をあげるとお相手も笑顔になるように
笑顔の歌声は素敵な資源となって周囲を笑顔に変えることでしょう


最後まで読んでいただきありがとうございます


2017/11/26
西村

 

AD