うちらしく 暮らしやすく~かんたん・たのしく・おもしろく~/シンプルing

うちらしく 暮らしやすく~かんたん・たのしく・おもしろく~/シンプルing

うちらしく暮らしやすく

『かんたんにすることから始めるお片付け(暮らし方)』
『カメラから覗く自分らしさ♪』
 ~暮らしをラクに楽しむ家族との”ホッとする”空間作りをサポートいたします~
      ライフオーガナイズ・フォトスタイリング



 

 

昨日、私が所属している協会サイトがリニューアルされました。

 

日本ライフオーガナイザー 協会

 

 

思えば、ライフオーガナイザー として活動を始め、10年が経ちます。

これまで、活動し続けてこられたのは、ライフオーガナイズ が本当に好きだから(笑)。

6年前に書いたブログには、こんなことを書いていました。


 

私にとって思いもしないまさかの出来事(主人の余命宣告が始まりでした)は、「暮らし」を考えるきっかけでした。亡くなった主人の「もの」を見て、彼が本当に幸せだったかがわからない、大切なものを知らないまま、もう聞くこともできません〜。ここで立ち止まっている状態でしたね。

 

そんな気持ちから「もの」を動かせないことが、片づけに興味を持ち始めたことでもあります。そんなとき、ライフオーガナイズ に出会い、モノより人に寄り添った片づけ方という考えがあることを知り、とっても腑に落ちたことを覚えています。

 

 

そこで、「片づけ方法探し」は終了し、ライフオーガナイザー となりました。

 

あれから、10年。

当時小学生だった子どもたちも、いまは、一人暮らしの大学生です。

こちらは、10年前の娘の部屋。

 

この頃は、ビーズを使った遊びが大好きでしたね。

 

 

息子というと、当時サッカーが大好きで一生懸命取り組んでたけど、なかなか上手くなれない彼は、サッカーで使ってきたものが捨てられませんでした。

 

 

捨てるから飾ろうに変えました。

 

 

一人でサッカーの準備ができるように、収納場所を変えたり

 

 

一方、片づけたがらない娘は、娘が片づけたくなるような「色」を使った収納にして見たり

 

仕切り収納

 

一言では言えない(笑)数々のリビングの散らかり。

リビングに専用引き出しを作ったことで、自分のタイミングで整理し管理する。

私の小言が減りました。

 

 

遠足や運動会だって、準備が自分でできるようなシステムつくりはどうしよう〜?

 

挟むだけのプリント管理

 

連絡プリントは挟むだけで、管理はカレンダーを使うことで、私に聞かなくてもできるように。もちろん、リュックやレジャーシートの場所も子ども達が自分で取り出せ収める場所はどこだろうと考え、収納してきました。

 

自分の部屋で寝るようになってからは、自分で布団の管理もしてもらいたい。

だとしたら、布団はどこに置く?どんな収納だと自分でできそう?

 

ふとんの収納

 

身長も伸びてくると、少し高い場所の収納にしても大丈夫そう。

 

洋服収納

 

洋服も自分で管理できるようになって欲しい。ん?管理ってどういうこと?

 

 

毎日の洗濯物と着替え、クローゼットにしまえる方法、衣替えまで。失敗を見返しながら、少しずつ、できるようになりました。

 

出発は、ハンガーの色をそれぞれ決めたことでした。

自分のものだと一目でわかると、行動が起こしやすくなる兄妹でした^^。

 

 

 

 

「カバンはちゃんと収めて欲しい」

 

 

リビングに置きっぱなしで、小言も何度も言い続けたことがあるけど(笑)、折り合うことの大切さも解り、休みの日だけ、来客のときだけとしたこの風景も今となっては懐かしく思います。

 

 

部屋も年齢とともに変化。

 

身体の変化も自分で気づき、行動できるように。

薬の置き場所、簡単に迷わない方法はどんな収納だろう。

 

小さな工夫も重ねてきました。

 

それでも、

「鍵を落とした」

「お弁当忘れた」

「バス乗り遅れた」

 

ため息つくようなこともたくさん起こります^^。

 

 

自転車通学が始まると、玄関に投げられているカッパ見てイライラ(笑)。

「どこだと、自分でできる?」そんな質問もしながら、干す場所は玄関。専用ハンガーを玄関に置いてました。

 

 

その度に「どうしたらいいだろう」と方法を考えられたのは、ライフオーガナイズ の考え方がベースにあったから。

 

 

 

 

振り返ると、決して順風満帆とは言えず後悔していることもたくさん。でも、テーマ(子どもが自分でできるを増やす)を持つ暮らしの整え方ができるようになり、協会の理念でもある「もっと楽にもっと心地よい暮らし」を実感できていると思います。

 

そう、思考の整理から始めるライフオーガナイズ のおかげで、当時頭の中がぐっちゃぐっちゃだった私が、

 

40代は子育て、

50台は自分の暮らし、

60台は社会貢献ができる

そんな暮らしの整え方をしよう

 

と、決めたことで、

結果、子育ての中でいちばん叶えたかった「子どもが安心できる暮らし」の整え方ができ、それなりにやりきった感がもてています。

 

高校卒業式1日前。

 

 

今は、一人暮らしを楽しんでいます。

 

上手くいかなかったこともたくさんだけど

image

 

でも、新しい場所で自分の人が始まってるかのよう

 

image

 

片づけの仕事をしていると、「いつもきちんとしてそう」と言われますが、そんなことありません。

 

 

 

でも、部屋を整えることで、小さなストレスが解消できる!そして、「私の基準でOK!綺麗である必要もない」。困ったときは、方法を知っている。困ったときは、頼ればいい。

 

 

改めて、ライフオーガナイズ の出会いが大きなこの10年の暮らしの支えだったと感じます。環境を整えるっていろんな方法があるけれど、私が良かったと思えるこのライフオーガナイズ を伝えサポートできるように、これからもライフオーガナイザー ®︎として活動していこうと、協会のホームページリニューアルから改めて思うのでした。

 

 

p>/

 

片づけで暮らしをハッピー♪

 

オンラインでサポートもしています(平日のみ)。

 

ご質問などLINEでお問い合わせください^^。

線

 

講座のご案内
ひらめき電球4月11日(日)と 4月18日(日)  9時30分〜12時30分 ZOOM開催
【対面講座】
 *2名以上 クローズド開催できます/ご相談ください
4月17日(土)10時〜17時 広島市 まちづくり交流プラザ
 *3名以上 クローズド開催できます/ご相談ください
6000円(税別)体験型ワークショップ/100冊の本からのコラージュ
*現在コロナの影響により中止
●生協・公民館等の開催はHPより  2020年上期下期中止
4月3日~4月10日(全2回) 
今も、この先も100才までも幸せに 『ライフマネジメント 講座』
AgeWell Living 2020年度オンライン講座 HP/お申し込みはこちら


 

 

 

 

シンプルing HP

 

 

 

オーガナイズサポートについてもお気楽にご相談ください。

 

❶LINE@

 

友だち追加

  

❷メールフォーム

 

                                          https://katazuke-happy.com/contact/

 

❸メール

simpleing12@gmail.com

 

❹もしくは、電話でも大丈夫です(折り返しかけます)

 

090-2291-1054

 

 

片づけた後の暮らしを楽しむ時間を切り撮っています/インスタ

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまで参加いただいた講座で、

「いちばん大切なものはなんですか?」

この問いに、

「家族」「健康」「自由時間」との回答が多い女性の中で、

「携帯です」

と答えることが多い学生さん。

 

1人1台携帯を持つような時代になったからこそ、携帯から始まることが多くなってる!

オンライン環境を整えるって、小さなことでもストレスは解消されるようです。

 

 

40代は子育て

50代は暮らしを楽しむ

60代は社会に貢献できる

そんな暮らしの整え方をしています

「片づけハッピー♪」

ライフオーガナイザーの秋山陽子

です。

 

年末な年始に、帰省した娘に、

「昨年、買っていちばんよかったものは何?」

と聞くと、

「充電ステーション」と言います。

どうやら、スマホやパソコンをどれだけストレスなく使うことができるのか。

ここに理由があったよう^^。

 

選んだ充電ステーションはこちら。

humor AC USB Type-Cタップ

 

 

●見た目が好きなこと

●コンセントがあること

●複数の充電ができること

●机上の机に置けること(充電しながら使いたい)

 

1人暮らしの部屋のコンセントは2箇所だけ。

少しずつ増えたアイテムだけど、充電するスペースがなくなると、何よりコンセント周りが渋滞することがストレスだったようです。

 

この充電ステーションについての記事はこちら。

 

 

【片づけ収納ドットコム】

「ごちゃごちゃしているコンセント周りは、充電ステーションを使えばスペースもスッキリ」

 

 

 

同じ学生でも、娘と息子では違います。

例えば、息子の場合は、「ゲーム」があります。

そして、洗面台が無いので、ドライヤーは部屋で使うし、、、。

娘は、ドライヤーとヘヤーアイロン2台使いだし、

常時使うものもあれば、アイロンのように時々しか使わないものもある。

掃除機も充電式・・・

ワイハイ 関連も・・・

 

キッチンの広さや使い方でも、部屋でコンセントを使うものが増えることもあります。

一人暮らしの場合は、こうした配線をどうするかを考えておくことは、今は、大切ですね^^。

 

ちなみに私が昨年買ってよかっったものの1つも「延長コード」。

実は、オンラインでの仕事が増え、仕事机を作り、いつもパソコンを出した状態な1年だったので、コンセントからの配線、私の暮らしでも大事でした^^。

 

 

image

 

その延長コードとはこちら。

『デザインコンセントタップPLUGO』

私の場合は、たまたま雑貨店閉店半額セールで購入したので、残っていた黒を買いましたが、こちら、側面に3つの差込み口を備え、延長コードを巻き取れるようになっています。

 

image

 

持ち運びにも便利なので、対面講座でも持ち運びに便利なので購入しましたが、私には黒がも気にならないビジュアルさで、気に入っています。


image

 

この商品、カラーが豊富で、今使っている部屋が杉板床材なので、ベージュだとさらに気にならないと思う気持ちも〜(笑)。半額でしたからね^^。

でも毎日使うようになって、「延長コード」に対する価値観が変わりました^^。

 

 

私自身、これからの暮らし方を考えたなかで、もう一度「オンライン環境」を見直したことで、実は楽しみに繋がったことがあります。お陰様で、暮らしの質アップ(笑)。娘も実は、同じように暮らし時間が豊かになってるようです。そのアイテムは別の別途ご紹介しますね。

そして、やはり見直し必要ですね^^。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月は新生活を始められる方も多いですね。

思えば、昨年のいまごろはコロナの影響で不安も多く持っていました。

ただ、振り返るとこの1年は、私にとって「人生観」変わる!

そんなときを過ごして来たように思います。

改めて、「ライフオーガナイズ 」「AgeWell Living」と重ねゆく出会いに、新たに、もう1つ大切なものを見つけました。

 

そんなことを、共に頷き合えた内藤さとこ一緒に、『Re:(Co:)LIfe 』(リコライフ)

を始めることになりました。

 

 

\子育ての終わりが見えたら/

 Re:(CO:)Life

  ~Compile your sensual story~

 

 

 

私たちが新しくスタートさせるRe:(CO:)Life。

子育てに仕事に、懸命に駆け抜けた時期が終わろうとしている女性のための五感復活プログラム(仮)です。

 

 

 

 

長い子育て期は、いうなればこんな感じではないでしょうか。

働きながら3食のことを常に気にし、片づかない家にため息、塾への送り迎えに奔走し、大人の階段を上がろうとする子どもたちとのやり取りに一喜一憂、、、、スケジュール帳とにらめっこし、身体を休める時間は少なく、頭の中や心の内側はいつも「オン」状態。

疲れ切っているのに倒れこめない、そんな日々の連続、、、。

 

 

仕事柄、そんな日々を潜り抜けて子育てが一段落し、ステージを一段上った女性たちとたくさんお目にかかる機会があります。

そんな女性たちの多くは、達成感や安堵感に浸っている一方で、エネルギーを使い果たし、懸命な日々のことは忘却の彼方、自分が何をしてきたか思い出せず、それでいてうっすら後悔を感じていたり、楽しみ喜ぶ感性アンテナが鈍くなってしまっている、そんなふうにお見受けします。

 

 

かつての私たちもそうでした。

必死だった日々は誇りですが、やり残した感はぬぐえなかったり、もう時間もできたのだから「自分事をしよう」「楽しもう」と思っていても、なかなか解き放たれない、そんな感覚にさいなまれました。

 

 

けれど、私たちは現在、とても健やかに幸せに「今」を楽しんでいます。

それは、私たちがRe:(CO:)Lifeを実践してきたから。

 

 

私たちが始めたのは、端折ってきた過去と向き合うことでした。 子ども優先・効率重視、自分をどこかに置いてきたようなかつての日々を、私たちの得意なことでどんどん見直しました。その結果、私たちが得たものは過去への感謝と家族の絆再編、自分を慈しむ気持ち、そして今を楽しむ行動力、こみ上げる幸福感です。

 

 

朝の散歩道で、昨日のつぼみが静かに花びらを開いている様子、淹れたてのコーヒーの香りを楽しみながら、スマホから流れる音楽の歌詞に深く聴き入る時間、LINEでやりとりする家族との何気ない会話、、、、今、普段の日々の中にある、うんと小さな幸せがすべていとおしく感じられます。もちろん悩みや迷いがないわけではありませんが、小さな幸せや感謝が前に進む力をくれているように感じます。

 

 

Re:(CO:)Life=リコライフ とは

英語のRe:[もう一度]に Compile[編集する、編纂する]をかけ合わせたオリジナルの言葉。 駆け抜けてきた「過去」とその積み重ねとしてある「今」を色々な角度から見直して、sensual[感性と知性を兼ね備えた女性の魅力]なストーリーを再編成することで、感性を復活させ「今をいっそう輝かせる」という意味を込めています。

 

 

その具体的な方法(メソッド)はユニークです。

私たちの得意なこと・・・・秋山陽子は「写真を読む」、内藤さとこは「言葉を編む」、そこに加えて「音楽の読書」「CM大喜利」「内なる自然観察」「色の声を聴く」「日々に額縁をつける」など五感を揺さぶる様々なセミナーやセッションで、過去と今をひも解いていきます。

そして専用サロンで仲間と共有・共感・共鳴することで、より一層、広げて深めていきます。

 

image

 

そう、私たちは面白いこと、楽しいことしかしません^^

楽しいこと、心躍ること、好奇心を刺激されることに取り組むと、人生の豊かさは増すと言われているからです。何よりも今まで頑張ってきたんだから、もう楽しむこと優先でいいじゃない!とRe:(CO:)Lifeは考えます^^

 

私たちのセミナーやセッションを通じて得られるものは、、

・自分をもっと好きになる

・五感の復活、研ぎ澄まし

・いとおしい過去との遭遇

・うんと小さな幸せにも気づける、感謝できる、

・家族と新しい関係を結びなおす、

・これからの人生の優先順位がわかる

等々、

 

さぁ、スケジュール帳をまっさらな「自由帳」に持ちかえて、楽しく心ゆくまで自分を掘り起こし、時間を巻き戻し、日々を味わいましょう。

それは私たちの今を生きるエネルギーとなり、人生100年の未来へと繋がっていくはずです。

 

ただいまサービスメニュー準備中。

6月より正式スタートいたします。

(ちょっとゆとりの持ちたい子育て中の方も歓迎です)

 

どうぞお楽しみに。

 

 

 

オフィスRe:(CO:)Life 内藤さとこ・秋山陽子