【暮らしの整理術】50歳からのRe:スタート うちらしく 暮らしやすく~かんたん・たのしく・おもしろく~/シンプルing

【暮らしの整理術】50歳からのRe:スタート うちらしく 暮らしやすく~かんたん・たのしく・おもしろく~/シンプルing

本当にだいなこと・物を大切にできる暮らしへ
住む私 住む家 住む街が好きになる
そんな暮らしの整え方を実践中

40代50代と暮らしテーマを持ってみる。優先優先順位を持てるようになり、結果、暮らしのゆとりや余白ができ、叶うことができる暮らしの整理術


 

 

早いですね〜

もう2月も終わり。

 

今年もなんとか雛人形を無事出すことができました。

娘が生まれて、母からの贈り物。

22年前のことです。

 

当時は、引越しの繰り返しを想定していたのもあり、小さくて、段飾りのものを探しました。

 

実家では、カラスケース入りのものを飾ってることが多くケースなしの飾りが欲しかったのです。今思えば、ここでも「好き」が購入の判断基準に^^。

木目込人形の5段飾りです。

 

 

この雛人形。

娘が生まれて22年毎年飾れるように、収納方法を変えました。

社宅に住んでいた頃は、購入したままの箱に入れてましたが、段ボールが何重にもなっていたので、場所もとり、手間もかかりました。

 

シンプルにしたいと思い、桐の箱に収納する方法を検討しましたが、わが家のようなコンパクトサイズの人形には大きすぎるサイズばかり。「他に、何かないかな」っと探しているとき、教えてもらったのがタッパーウエア。ほこりや湿気を防ぐ効果から、和装小物の保管に、使われていました。値段は予算以上でしたが(笑)、あの大きな段ボールから解放されたかったので、購入してみることに。

 

 

飾り棚の箱と人形のケース2つになると、

収納スペースも小さく済む上、出し入れが簡単になりました。

 

 

雛人形の収納

 

時間を計ってみると、「出す」「収める」それぞれ、20分程度。

 

 

シルバニアのように、人形に小物を持たしたり、小さなものを扱うので、無くさないように、段ごとで袋に入れて収納したことで、さらに飾ることが簡単になり、楽しむことが大きくなりました。

 

こうして、毎年、楽しむことができるようになると、20分の時間は確保するようにもなり、さらに自分専用のガラスの雛人形も購入(笑)。

 

 

 

下に敷く紙を変えて楽しんでいます。

 

今年から就職する娘も、3月から1ヶ月は、実家に滞在します。

雛人形をじっくり眺めてほしいな〜^^。

 

 

 

スターイベント:講座のお知らせ

 

◉3月15日(金)10時30分〜15時

ドキドキ暮らしマイスタイル&アドバンスセラピー

「やりたい暮らしをビジュアル化」暮らしマイスタイル〜体験型ワークショップ

ドキドキ色にフォーカス!心を整える私だけのエール

 

 

お申し込みはこちらかから

 

◉ライフオーガナイザ2級資格認定講座

3月19日(火)9時30分〜16時30分

ZOOM オンライン

 

お申し込みはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年残すところ1日となりました。

本来なら、大掃除を終えて、新年向けて準備も落ち着き、元旦を迎えるために、穏やかに過ごし、、、、。

となりたいのですが、今のわが家の2階の状態はこんな感じです。

 

image

 

これは、手放すもの・捨てる物です。

 

 

来年から、2人とも就職します。

ライフスタイルが大きく変わる前に、

もう一度持ち物を見直して欲しいと、

年末の帰省前に、子どもたちにお願いをしていました。

 

実は、これまでも帰省のたびに少しずつはやっていたのですが、

今回は、部屋の中のものを全出ししました。

 

ちょうど秋にやった「暮らし見学会」で物を全て、コンテナに詰め替えてたので、ある意味チャンスでもありました(笑)。

 

「え〜もう見直しても変わらん」

 

と言っていた娘も、

心動いたようです。

 

image

 

箱の中をざっくりみて決めるのではなく

ここでも全部出してみる。

 

今回やった分け方は、

普段私がやっている分け方を採用。

 

未来のもの

過去のもの

現在のもの

手放すもの

わからない

 

5つに分けました。

 

やっぱり見るだけより、

小さな引越し気分でやった方が、

これまでの物と向き合えたり、

これからのことも意識しやすくなり、

 

 

image

 

途中からスピードアップ。

これからの自分に焦点を当てたようです。

 

残ったものはこちら

image

 

右の棚は、使う予定のもの

2024年にまだ着る夏服(現在、一人暮らし先から、季節外のものを少しずつ持ち帰っています)、マグカップも1つ

 

 

机の上のものは、過去のもの(思い出やまだとっておきたいもの)

ディズニーのぬいぐるみの着せ替え服

雑貨

かごには、アルバムや写真、思い出のものが入っています。

クローゼットにかかっている洋服は、思い出のものばかり。

まだ高校の制服を1年だけ残してみるそう。

 

だけど、ずっと手放せなかったランドセルは、

「もういいや」

「写真撮ればいいや」

でもね、自分のスマホでは撮らないというんですよ。

どうなん〜(笑)

もしかしたら、スマホは、一軍エリア。

そこまで大切なわけではないけど、忘れるのが少し頭にあるのか。

少しずつ手放せ準備なのかもしれないと思い、私が写真を撮りました。

 

image

 

 

「いつか使うかも」

「使いたい」と思うものを

未来収納と読んでるんですが、

 

4年間居なかったので、

この未来収納として保管していたものは、

今回残るものがゼロでした。

 

どうやら、娘は

私と同じ分け方の方が、頭の中の整理もしやすいようです。

 

 

わが家の中の

「未来収納エリア」

「過去収納エリア」

この場所を作り、見直すことが、私の

頭の中や気持ちの整理がやりやすいのです。

 

10年やってきて、

今、好きなものに囲まれた暮らしが実現しつつあるのは、

こうして、分けて、時期が来たら使える、忘れない収納ができただなっと今は、はっきり言えたりします。

 

そんなことを

片づけ収納ドットコムの今日の配信記事で書いてみました。

 

 

 

来年は、写真の整理に取り組みたいと思っています。

この写真も

私にとっての

「未来」と「過去」に分けて、

未来の部分は、今楽しめるように仕組みを作るつもりです。

 

さて、わが家の2階は、手放すものを仕分けして終わりそうです。

年明け、ここのものが無くなると、きっとスッキリする(笑)。

 

 

 

10月から、ライフオーガナイズサポートのご依頼がコロナ前戻ったよう。リフォーム前のご相談も増えてきました。

 

私が伺うクライアント様は、1日でビフォーアフターのように一気にやってしまう方より、どちらかというと

 

①じっくり向き合うタイプ

②家まるごとオーガナイズ

 

の方が多いのです。

 

①のクライアント様は、

思考の整理、メンタルオーガナイズを組み合わせて、考えや想い願いも一緒に整理することからスタート。ゴールを決めてスタートする場合もありますし、モノを動かし分けていくことを始めながら、ゴールを決めていくこともあります。決めたゴールと、物の持ち方。

クライアント様も、出しては選択していくうちに、違和感に少しずつ気づかれることも多く、この違和感を整理するのも私の仕事です。これを繰り返すうちに、作業の途中でアハモーメントが起こるとことが多く、そこからのスピードがすごい^^。

 

すぐに、自分のモノサシを持てる人ばかりじゃないです。悩み、行動しながら、選び直していくうちに、自分の本当の願いに気づかれると私も嬉しくなります。

 

このアハモーメントが12月になぜか集中!!

数年、どこか迷いながらのクライアント様も、決心したメッセージ。そのメッセージがすごくて、描かれている部屋づくり、そこで過ごしやりたいこと、気持ちがはっきりされてきているよう。さらに、リセットができるようになったとメッセージを下さるクライアント様も。

 

 

「どうやったら選びやすくできるだろう」

オーガナイズ後の空間だけでなく、毎回、要因となることを解決する「その人にあったやり方」を見つけます。だから、インプットの学びもやめれません(笑)。

 

 

②のクライアント様も、家丸ごと=家族の想いがが叶う家へ。

「ファミリーオーガナイズ」と呼んでいるのですが、一緒に暮らす家族が家に対する思い、願いを知ることからスタート。

 

 

願いを知ると、さぁ、どうする!

家族全員の願いを叶えるために、

理想をどうする?

優先順位を決める?

もしくは、

全員の願いを叶えるアイデアを考えてみる?

 

ナビゲートが、私の仕事でもあります。

家族全員の思いをどうオーガナイズするのか。

それを限られた空間で叶えるためにできることを一緒に考え、優先順位を提案していきます。

 

一昨日は、この②の現場へ。

まずは、誰のどんな物がどれだけあるのかを、物を分けながら知ることからスタート。

「見直したはずなのに、まだ不要と思えるものあるんですね」

うふふ、そう、全部出す。

見るだけではなく、全部出して、手に取りモノを動かすことで、心も動く(笑)。

心が動くと選ぶ物にも変化が出るのです。

 

改めて、自分のやりたい暮らしを考える。それだけではなく、家族の想いを聞く機会って、案外持たないですよね。でも、願いってね、知ること、理解できることで、片付けることが目的ではなくて、家族の願いを叶えるために片付けるんだと、何のために片付けるのか目的が明確になると、できることも見つけやすいのです。

 

ご家族全員がご参加いただく現場。

先月の現場でも、「家族皆が同じ方向に向き合っているように思います」と、こうした時間を大切にしたいと言っていただきました。

 

この仕事を始めたときに、決めたブログタイトルが「うちらしく 暮らしやすく」でした。その家らしさが、どの現場もその家の暮らし物語があって、叶うことができるうちらしさが見える部屋づくりが、たまらなく楽しいのです。

 

今年もまだまだ伺います。

皆さんに刺激され、わが家もちょこちょこ見直しちゃっています。

 

 

片づけハッピー/ライフオーガナイズ初回サポート

シンプルing<片づけハッピー>のライフオーガナイズサポートは、

〜空間・生活・気持ち、3つの変化のサポートを目指しています〜

 

 

インスタではライフオーガナイズ後の私の毎日の暮らしを載せています

youko akiyama

 

毎日の朝ごはんはこちら

Oisi_kurasi