激流五鱗書+

激流五鱗書+

激流人生最高!

夏磯に

夏魚を求めた

文葉月

その勢いをそのままに

気付けば長月

赤トンボが舞う

秋磯に

彩り豊な秋魚を狙う。

豊丸
本日もお世話になります。

予約客は24名
キビナゴ師にルアーマン

磯周りは
「一つバエ」

その一つバエに近付き
船長から一番に呼ばれた。

船「海人君、親子三人で
     一つバエに行こうか」

私「かしこまりました」

で決まった
本日の舞台は
名礁「一つバエ」
大好きな磯の一つ
この一つバエは
足場が最高

息子達も
素早く準備を済ませ
いざ開始

一番に始めていた次男が
すぐに何かを掛けた。
走る相手を
力でねじ伏せた。
本命ソウダ鰹
次男は
今回の釣りの前に、
「鰹類が釣ってみたい」と
言っていただけに
喜んでいた。

その笑顔に安心し、
私もそろそろ
いざ開始

潮は上り潮

本命の潮

あの潮を探すのには
容易だった。

一投目

仕掛けが馴染む。

ウキが消し込み
ラインが走る。

が、しかし

針掛かりはせず。

すぐに打ち返す。

巨大化なウキは
しっかりと
あの潮を捉えている。

仕掛けも馴染んだ。

一瞬でウキが消え去った。

シモリに向け
激しく突っ込むその相手

重さは無いが強い

そして叩く

その剛を剛で征す。
大本命タマン
沖縄の三大高級魚

開始二投目にして
私の仕事は終わった。

気楽になる。

息子達の釣りを見学

長男が掛けた。
毎日、宿毛の海で
釣りをしているだけあって
竿捌きは手馴れたもので、
海の重戦車を
軽々と浮かせてみせた。
本命ヒブダイ
沖縄では人気魚
高知でもたぶん人気魚
知らんけど。

今の私は食べない。

石垣島では食べていた。

見ているだけでは暇なので
私も釣りを再開し、
一つバエの全方向を楽しむ。
本命アカハタ
本命アカササノハベラ
本命ダツ
本命キツ

遊びながらも潮を探す。

本日の潮は面白い

上げたり下ったりを
頻繁に繰り返す。

それは逆に
魚が喰うチャンスが増える。

一つバエの東側
50m沖に
気になる潮を見付けた。

下り流れの本流の下に
潮壁から
仕掛けを入れ込む。

ウキが消し込まれ
ラインが走る。

強いアワセを叩き込む。

沖に向け
一気に走る相手

力ずくで止めに掛かる。

ラインが根に触れる。

ベールを起こし
相手を沖に走らせた。

ラインが浮いた。

戦いを再開した。

尚、走る相手

タマンでは無いと確信

姿が見えた。
本命スマ鰹

紋が一つ有る
沖の島で釣りたかった魚

モンズマならぬ
本スマ鰹

タマンも嬉しいが
これには流石に喜んだ。

その潮の下に
またまた気になる潮

ウキが消し込む。

タマンに似た引き
本命イソフエフキ
別名クチナジ
名前通りに
口の中が赤い魚

石垣島での
リーフゲームでの人気魚

もちろん私も
ほぼ毎日釣っていた。

沖の島にて
久々に出逢えたクチナジ

嬉しかった。

あの潮探しに
奮闘する息子達二人
その謎解きに兄弟で挑み、
長男が勝った。
大本命タマン

流石に
海のプロフェッショナル

良くやった。

それに感化された
次男も頑張る。

が、しかし
本命モンツキ

となれば
当然、長男も
本命モンツキ

二人で掛け合い合戦を
楽しんでいた。

その光景は微笑ましい。

兄弟二人の戦いを
私は邪魔せず、
一人で潮を探し続ける。

あの潮探し

ただひたすらに

タマンの潮探し

そして見付けたあの潮を。

下り潮の本流

その際に見付けた。

そこに
巨大なウキを
そっと置く。

馴染む仕掛け

ウキ入れと同時に
スプールからは
ラインが一気に弾き飛ぶ。

真っ向勝負を征した。

タモ助は次男

一発で決めてくれた。
大本命タマン

最後の一投で決めた。

「私、失敗しないので」

今回も
そのセリフを繋げられた。

持ち帰りは
タマン50cm~
イソフエフキ40cm
アカハタ30cm
スマ鰹52cm
ソウダ鰹45cm
秋磯の幸を少しだけ。
モンツキ多数リリース
長男宅にて
すぐに捌き頂いた。

美味かった。

一つバエからの景色
北方向(ヒラバエ、二並島)
北西方向(裸島、鵜来島)
東方向(ビロウ島、柏島)
南方向(太平洋)

迎えが来た。
本日もお世話になりました。

沖の島よ
一つバエよ
ありがとう。

明日の朝まで暫しの別れ。

無事に帰港
同船の皆様
本日はお疲れ様でした。

明日はノコバエ周り

今日の釣り
終わればすぐに
明日の釣りに
気持ちは切り替わる。

その前に
福なが」で
鰹のタタキが待っている。
福なが


鰹のタタキと地の酒を
味わい尽くして
福ながく

永遠に。
高知の旅
















高原に
秋を感じ
肉を喰らいて
明日の釣り
まだ息子達には
負けてはなるものか。
アメブロ
ハッシュタグ
「高知県」
そのランキングで
恥ずかしながら
一位になっていました。
もちろん
閲覧数も連日凄い事に。

この連休も
全力で高知を!
釣りだけではなく
高知県を!
思いっきり
楽しみたいと思います。

食に酒
観光、
そして磯釣りと
全部が楽しい高知県
親ならば
 
子供の笑顔は宝物
 
親の喜び教えれば
 
自然と子供も真似をする。
 
親が笑えば子も笑う。
 
親子二人で釣りの旅
 
今週も沖の島
 
豊丸

本日もお世話になります。
 
予約客は10名
キビナゴ師とルアーマン
 
本日の磯周りは
「二並島」
 
その二並島を前に
船長から一番に呼ばれた。
 
船「海人君、タマンなら
     二並の一番も良いけど、
     潮を釣るなら
     高場にしようか
 
私「はい、お願いします」
 
で決まった
本日の舞台
 
グレ師なら
誰もが知り憧れる
天下の名礁
「二並島 東のハナ高場」
 
そこへ
キビナゴ師が降りる。
 
降りるには登る。
 
高さ8mの岩の壁
 
そこを
皆様のお力をお借りし
全力でよじ登る。
 
リポDのCMの如く
 
登り切った。
ありがとう御座いました。
登れば絶景が広がる。
 
始めての高場に
次男が喜ぶ。
 
次「ここって、美咲ちゃんや
     平和さん、松田さんが
     釣りをしてる場所じゃが」
     と興奮している。
 
YouTubeでしっかりと
予習をしている様だ。
 
本格的な磯釣りが
4回目の若造には
なかなか降りれない
場所だと言うことだけは
しっかりと伝えた。
先ずは、
上がる息を整え
釣りの準備を始める。
 
私は素早く済ませ
釣り座に立ち、
次男の準備を待つ。
 
その次男も、
今では自分で仕掛けが
作れる様になり、
少しばかり誇らしげだ。
 
準備が出来た次男を呼ぶ。
 
一旦、竿を置かせて
海を見させる。
 
今の潮を教える。
 
右斜め沖から
ゆっくりと突いて来ている。
 
その潮の先
20m沖にシモリが有る
 
そのシモリの潮表には
あの潮がある。
 
次男には見えてはいない。
 
「三投以内には喰うから
足場を固めて待て」
と次男に伝えた。
 
必ず決めたい。
 
次男の竿を取り、
手本に私がウキを置き
素早く次男に返した。
 
巨大なウキは
がっちりと
潮のマモタエを捉えている。
 
仕掛けが馴染む。
 
あの潮を掴まえた。
 
と感じた途端
 
前当たりも無く
一気にウキが消し込まれた。
 
焦る次男
 
それでも
巻きアワセから
竿を起こし
本アワセまで決めた。
 
竿は胴まで曲がり
ドラグが滑る
 
ヤバい
 
時すでに遅し
 
あっさりと飛ばされた。
 
悔しがる次男を
落ち着かせ、
すぐに次を狙う。
 
潮はまだある。
 
ハリスを換え
針を結び直させた。
 
次の投は
次男にさせた。
 
きっちりと置いた。
 
潮を掴む。
 
仕掛けが馴染む。
 
ウキが
落ちる様に
海中に消え去った。
 
次男は
それに素早く反応し
巻きアワセから
本アワセまで綺麗に決めた
 
剛竿が激しく曲がる
一瞬怯んだが、
隣で私が
「巻け巻け巻け」と
激を飛ばす。
 
勝負あり
 
もう安心
 
笑顔になれと促す
良い写真が撮れた。
 
普段はしない
いや、
滅多にしないタモ助が
とても嬉しかった。
 
8mの高さから引き上げる。
 
重かった。
大本命タマン
 
はしゃぐ次男
次男の眼が輝いた。
 
それは、
私の肩から
荷が下りた瞬間でもある。
 
溢れる涙が落ちぬ様にと
空を見上げた。
美しき南海の空
 
ふと我に返り
足元をみる。
 
台風10号の仕業なのか
うちわ珊瑚が
うち上がっていた。
 
珊瑚が、
次男の釣りに
華を添えてくれた。
 
そろそろ私も
いざ開始
 
肩慣らしから
本命メガネハギ
 
潮は変わり、
左斜め後ろから右沖に向け
やや速い潮が出ている。
 
南方30m沖
 
その潮壁に
あの潮を見付けた。
 
巨大なウキを丁寧に置く。
 
ウキは流されること無く
点で潮を掴む。
 
高場に対し
マモタエで止まるウキ
 
馴染む仕掛け
 
一気に消し込んだ。
 
強くアワセを叩き込む。
 
ここの魚は強い。
大本命タマン
 
「私、失敗しないので」
 
今回も言えた。
 
本音は毎回ドキドキだ。
嬉しさから
愛おしいタマンに
珊瑚を添えてみた。
 
その潮で
本命オオモンハタ
 
潮が消えた。
 
高場を遊ぶ。
本命カマス
本命ダツ
本命イサキ
キビナゴでは初めて釣れた。
本命キツ
通称ババタレ
可哀想なので珊瑚を添えて。
 
次男も遊ぶ。
 
本気で遊ぶ。

笛は吹いても
口笛は絶対に吹かない。
 
その次男のウキをみる。
 
必然か偶然か
あの潮を捉えていた。
 
声を掛けた。
 
私「その潮、喰うで
     すぐにウキが入るで」と。
 
次男が振り向き
私に言った。
 
次「ほんま?そうなん?」
 
と疑った瞬間
 
次男越しに見える
巨大なウキが
凄まじい速度で
一気に消し込まれた。
 
片手で竿を持つ次男
 
危ない!
 
海に引き込まれる。
 
とっさに大声で叫んだ。
 
私「喰った!アワセろ!」
 
体幹が強い次男は
瞬時に体勢を立て直し
アワセを叩き込んだ。
 
スポーツで鍛えた
自慢の体で
難なく魚を浮かせた。
あの御方の立ち位置で。
大本命タマン
 
次男よ、
おめでとう!
 
君はもう
立派なキビナゴ師だ。
 
父親である私は、
立派なタモ助になると
心より誓った。
 
持ち帰りは
タマン61cm~
オオモンハタ50cm~
イサキ40cm
高場だけに少しだけ。
 
高場からの景色
右側の釣り座
左側の釣り座
船着きの上
ここからロープを伝って
船へと乗り込む。
 
迎えが来た。
本日もお世話になりました。
 
乗り込む際、
疑似餌部の方々にも
手助けをして頂き、
大変お世話になりました。
 
次回からの高場では
釣れた魚の全てを
基本リリースとしたい。
その気持ち。
気持ちだけは。
 
ありがとう沖の島
またすぐに来ます。
中五日後には。
たぶん。
 
本日の風速
だったらしい。
 
高場では
風速2m程に感じた。
 
雨も降らず、
もちろん雷も無く、
最高の釣り日和だった。
 
磯釣り4回目にして、
念願だったタマンが釣れ
喜ぶ次男を
豊丸と一緒に記念写真
 
釣れた祝いに
南国PAにて、
お馴染みの店員さんに
「いつものをお願いします」
とお伝えすれば、
テーブルには
いつもの赤牛ハンバーグ
「どんだけ来てるの?」と、
驚く次男も
美味しいと喜んでいた。
 
南国PAの駐車場にて
釣友のシボレーと
相棒1号のツーショット
 
沖の島に毎週通い
大物を狙い続ける釣り師は
乗る車も当然凄い。
 
燃費などは気にしない。
 
そして、
本物のアメ車は迫力が違う。
 
相棒FJも
トヨタでありながら
元はと言えばアメ車扱い
 
それでも
今日ばかりは
相棒が軽自動車に見えた。
 
最後に、
 
本日、
我々親子の釣りを
裏から力強く支えてくれた
一本のタモの柄
 
この柄のお陰で
最高な釣りができた。
心の同志である
シバケン様に感謝致します。
 
タモ助の
気持ちを知った今
 
私も立派な
タモ助になるとここに誓う。