コウノトリ

テーマ:

5月8日(火)孫の誕生日のため今帰仁村に行った

 

時間が早かったので、まず、古宇利島に立ち寄った

 

コウノトリに会うためである

 

写真:古宇利島から古宇利大橋を望む

 

先日の新聞で「コウノトリが古宇利島に棲み着いている」という記事を見た

 

コウノトリは大きな鳥でダイサギやアオサギなどより、かなり大きい

 

しかも真っ白であるため非常に目立つ鳥である

 

一周道路を走っていたら直ぐに見つかった

 

昨年、3月以来の再会である

 

 

昨年も新聞を見て島に行ったのだが、今回と同じ枝に止まっていた

 

島の人に聞くと

1年以上住み続けており、時々、島の上空を旋回しているとのことだ

 

 

先日、所用で島を訪れた際には見つからなかった

 

その時には島の最高峰と言われる農村公園(遠見番所跡)にも行ったが姿は見えなかった

 

そこに行くと、小さな島だと思っていた古宇利島が思った以上に大きく見えた

 

標高は106mもあるという

 

 

今日は、数枚の写真を撮った後に、近くの食堂で昼食をとった

 

その後、また、戻ってみたが、もう姿は見えなかった

 

できれば空を飛ぶ勇姿を撮りたかった。

 

 

※ヨーロッパでは、「赤ん坊はコウノトリのくちばしで運ばれてくる」という言い伝えがあるが、本種ではなく、シュバシコウのようである。なぜならヨーロッパにコウノトリはいないとのことである。

シュバシコウはコウノトリと同じ仲間で見た目もほとんど同じ、クチバシが赤である事が大きな違い?

 

 

先日、写真に収めた「富士山型のイジュ」にも立ち寄ってみた

 

今回は見事に満開で咲き誇っていた

 

 

残念なのは天気で、天気がよけでも、もっと映えたのではないかと思う

 

沖縄地方はその日から梅雨入り、お昼過ぎには大雨も降った