☆FIORE☆ライトワーカー・コンサルタント☆リコネクション☆

☆FIORE☆ライトワーカー・コンサルタント☆リコネクション☆

FIORE ~フィオーレ~
イタリア語で「花」という意味。
それ以外にも「美しいもの」「最高級」「上品」といった意味があるそうです。
あなたの中から沸き起こる無限の光が最高に美しい、
たったひとつのあなただけの花を咲かせるように、応援します。

◆ご提供中のメニュー◆価格等、詳しくはリンク先をご覧ください

ブルーミングコンサルティング 自分らしさや自分の強みを活かした副業・起業をしたい方に最適なコンサルティング


リコネクティブ・ヒーリング® すべてのバランスを調整し、本来の自分に戻っていくセッション


リコネクション® 一生に一度だけのセッション


 


お申込み・お問い合わせはこちら からお願いします。


24時間以内にお返事いたします。


※セッション・セミナー中は携帯の電源をOFFにしています。

NEW !
テーマ:
わたしの世界観「マイストーリー☆ふかみゆうこができたワケ」   ほぼ毎日、22時頃に更新しています。

【まとめ☆第一章~わたしと母の確執編~】 全12話
これまで誰にも話したことがない、放置子・毒親・自傷行為といった暗黒時代の幼少期を思い出して書きました。

【まとめ☆第二章☆中高生時代~モテ期の裏側で・わたしと父との確執編~】全10話
母が家出したことをひた隠しにして生きていた中学時代。モテ期到来?と見せかけて、自分軸で生きていなかった高校時代。

【まとめ☆第三章☆短大・就活編〜こんなはずじゃなかった〜】全7話
無知でおばかで浅はかだった学生だったあの頃を書きました。

◆現在は【第四章☆20代社会人編】 を連載中です。

人との距離感の取り方がわからず、あっちこっちぶつかりながら生きてきた軌跡を綴っています。
 

 

こんばんは。ふかみゆうこです。

 

前回のマイストーリー☆ふかみゆうこができたワケ 

「カード地獄」でした。

 

に続き、今回は【20代・社会人編】の最終回

「バブルの終焉と転職」です。

 

 

 

周囲にも相談しましたが、みんながくれるアドバイスはいつも

 

お父さんに相談しなさい、と言うものでした。

 

それができたら苦労しないよ。。。と思っていましたが

 

もういよいよ切羽詰まって。

 

どんなに考えても、他に方法がない。

 

仕方なく、最終的に、父に全てを話すことに決めました。

 

 

 

 

ちょっと話がある、と改まって父の前に座りました。

 

ただならぬ雰囲気を感じたのか、父は黙っています。

 

最初から話す、と言っても

 

どこが最初なのか、よくわからなかった。

 

どんな順序で話すかも、事前に考えることはしなかった。

 

考える余裕がなかったって言うのは正直なところかな。

 

そして、わたしが父のお給料を知ってしまったことは

 

父には絶対に知られたくなかった。

 

頭の中はぐるぐるとどうしようもない考えが駆け巡っていました。

 

ではどうするか?

 

証拠を見せながら、事実を話すしかないだろう。。。

 

と腹をくくりました。

 

・・・って言うと聞こえは良いですが。

 

実際は、嫌で嫌でたまらなかったです。

 

でも、もうどうしようもなかったので。

 

 

 

銀行の通帳と、隠していた督促状を見せて。

 

以前と比べて、契約がなかなか取れなくなり。

 

お給料が下がっていったこと。

 

最初は少しだけ、と思って手を出したクレジットカードのキャッシング。

 

少しずつかさんで行って、その返済に困るようになり、

 

A社の返済用に、B社から借り入れて返していたこと。

 

それがさらにもう1社増えて・・・

 

結果、こう言う状況になってしまったこと。

 

貯金もなくなって、自力で返済できなくなっていること。

 

督促も来ていて、家の電話がなるたびに怖い思いをしていること。

 

 

わたしが話し終わるまで、黙って話を聞いていた父。

 

何も言わずに立ち上がると、電話をかけに行きました。

 

電話の相手は、会社でした。

 

明日は午前中急用ができたから、出社が遅れますと言う連絡でした。

 

 

 

そして戻って来て、こう言いました。

 

「今回だけは、お金は立て替える。

 

明日の朝、一緒に銀行に行って

 

全額返済を済ませること。

 

それと、今の仕事を辞めて、

 

アルバイトでもなんでもいいから、

 

まともな仕事をしなさい。」

 

 

この時、わたしは生まれて初めて、父に頭を下げました。

 

ほんとのことを言えば、ありがたい、と言う気持ちは、

 

後になってから湧いて来た気がします。

 

父に「立て替える」と言われた直後は、

 

とにかくホッとした・・・と言う思いでした。

 

どこまでも自分勝手なむすめですが・・・

 

 

 

 

この頃にはバブル景気は崩壊。

 

かつて日本一の成績を誇っていた支社でも、

 

成績が伸び悩むようになってきていました。

高額所得者だったベテラン営業の方たちも、

 

今までのような成績はなかなか出せなくなっていて。

 

1人辞め、2人去り・・・という状況になっていました。

 

わたしの場合、こうなった直接の原因は

 

バブル崩壊ではなかったのですが

 

仮にその会社に残っていたとしても、遅かれ早かれ、

 

やっていけなくなっただろうな・・・と思うこともあります。

 

 

 

 

 

翌日、返済を終えた夜。

 

「ありがとうございました」

 

と改めて頭を下げてから、父が見ている前で、

 

10枚以上持っていたクレジットカードの解約手続きをして、

 

カードにハサミを入れて捨てました。

 

 

 

 

会社も辞めることになりました。

 

退職の挨拶に回った時。

 

担当企業の方達は、心から惜しんでくれました。

 

「うちで働けば?」

 

と言ってくれる方もいましたが、

 

そこまで甘えてはいけないと思いお断りしました。

 

 

 

わたしを再雇用するために尽力してくれた当時の所長や

 

M先輩も、仲間たちも、とても惜しがってくれました。

 

でも、2度と振り返ることはありませんでした。

 

 

 

退職後は、普通にハローワークへ。

 

当時のハローワークは、今と違って、もう完全なお役所仕事で。

 

認定日に行ってみましたが・・・

 

感想は、「2度とここには来たくない」と言う感じでした。

 

 

 

 

でもどうやって仕事を探したらいいのかな?

 

転職ってどうやればいいんだろう?

 

新聞の折り込み広告は毎日のようにチェックしましたが

 

正直ピンとくる仕事はなく・・・

 

そんな中、ふと目に留まったのが、人材派遣という働き方でした。

 

 

 

ある人材派遣会社の新聞広告を見かけて、

 

合同登録会に参加申し込みしてみました。

 

営業しかやったことがなく、事務経験がないわたしにも

 

すぐに仕事紹介があって。

 

外資系アパレル企業の営業事務の仕事を1年続けました。

 

時給は1,500円。月収は、手取りで20万ちょっと。

 

賞与はないので、年収は税込で250万円行かないくらいです。

 

正直、営業時代に比べたらかなり下がりますが、

 

それでも返済がないので(笑)当時のわたしには十分でした。

 

サポートしていた営業さんもみなさんとても親切で。

 

わたしも元営業でしたから、営業さんたちの苦労はよくわかりましたし。

 

そこの契約が終わったあと、別の仕事を紹介されましたが、

 

もっと大手の人材派遣会社だったら、仕事がたくさんあって

 

選べるんじゃないか。

 

そんな甘い考えがよぎり、別の会社へ登録に行ったその日の夜。

 

担当コーディネーターさんから自宅に電話がかかって来ました。

 

なんでも、その会社の社員さんにおめでた退職する人がいるので

 

そのポジションに応募してみませんか?という、

 

いわば「スカウト」でした。

 

あーーー、どうりで。と思いました。

 

というのは、面接の時に、なぜか何度も何度も

 

「残業は多くても大丈夫ですか?」

 

と、確認されていたから。

 

それには理由があって。

 

今はかなり改善されていますが、

 

当時この業界は、毎月50〜60時間の残業は当たり前でした。

 

人によってはもっと残業が多かったです。

 

だから、残業ができるかどうかを何度も確認されたんですね。

 

もし落ちたら、別の仕事を紹介するということでもあったので、

 

ならば断る理由はないからと受けることにしました。

 

人材派遣のことは、実は何も知らなかったのですが

 

営業歴がtotalで6年というのが評価されたのか、

 

とりあえず採用ということになり、試用期間がスタートしました。

 

結局、この会社に通算で14年ほど在籍することになります。

 

この時点で、まもなく28才になろうとしていました。

 

 

〜続く。

 

 

どこまでも続くかと思われた(笑)【20代・社会人編】

この回で一旦終了です。

 

あ、安心してください!

 

世界観ブログ☆マイストーリー☆ふかみゆうこができたワケ は、まだまだ続きますよ♬

 

 

ここまでお読みいただき、ほんとうにありがとうございました。

ではでは、またお会いしましょう!

 

皆さんが押してくださる「いいね」が、まじめに励みになっています。

 

感謝、感謝です♬

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス